これから自営業をしようと思って今準備中です。交通費がかなり高くなってしまいそうです。営業であちこち行く予定ですが、決まった場所じゃないので定期を買ってもしょうがないし・・・その場合いちいち切符をかうのでしょうか?都内1ヶ月
乗り放題なんてフリーパスみたいなものはないのかなあ?よく電車を利用する自営業の方たちは、どうされているのでしょうか?なにか安く交通費をあげる方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 定期券をお買い求めになられてはいかがでしょうか。


*営団地下鉄全線定期券 1か月16820円、3か月47940円、6か月90830円
http://www.tokyometro.go.jp/eigyo/joshaken/zense …
*都営地下鉄全線定期券 1か月=14790円、3か月=42160円、6か月=79870円
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/info/0301-2-3.htm
*山手線内均一定期券(JRのみ) 1か月13860円
などですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうものもあるんですね。知りませんでした。教えていただいて、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/31 06:15

ケースに当てはまるかどうかわかりませんが、原付等のバイクを使うのはどうでしょう?事故などのリスクはもちろんありますが。

私は会社にバイクで通勤していましたが営業のときにもよく乗っていました。(いいことではありませんが)ガソリン代と移動距離を考えるとコストパフォーマンスはいいと思います。ただし、服が汚れたり、今の時期寒かったりするので一長一短です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

原付って手ごろでいいですよね!ただ環状線を走るのは怖い気がする・・・
一人で営業するならみんな原付にすればいいのかも?家のそばの道路はいっつもこんでいるので不満だったんです。そしたら怖くないし・・・でもそうしたら昼食後にエンジンつけっぱなしで昼寝をする習慣のある人は困るのかな?
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 05:47

都電・都バス・都営地下鉄、営団地下鉄、都区内のJR線を6か月間のうち好きな一日に限り乗り放題という「東京フリーキップ」1,580円



都電・都バス・都営地下鉄を一日中何回でも乗れる「一日乗車券」700円

営団地下鉄「一日乗車券」710円

都内では、5分も歩けばどこかに地下鉄の駅があります。
思いっきり安くはなりませんが、ちりも積もれば・・・。

参考URL:http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/info/info0301-2. … http://www.tokyometro.go.jp/eigyo/joshaken/ichin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1日に限りなのですね・・・でも知らなかった。ありがとうございます。営業であちこち1日に行くときなんかは、いいですねえ。

お礼日時:2002/01/31 06:18

私鉄なら回数券・・だめですか?時差なら12枚、休日だけなら14枚、普通に回数券なら11枚が10枚分の金額で、3ヶ月間有効です。


JRは確か時差とかなくて、11枚だけだと思います。
時差平日の10時~16時しか使えません
各社私鉄ならやっているはず
    • good
    • 0
この回答へのお礼

求めている定期券がなさそうなので、回数券というテがいいみたい。忘れていました。3ヶ月有効なら安心だし・・・ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/31 06:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自営業について

自営業シロウトなのですが、起業するにあたって必要な知識はどんなものがありますでしょうか?

Aベストアンサー

業種によって、ちがいます。

共通なものとしては、
・商品知識。
・資格や、届出の必要性。
・帳簿の作成。
・マーケットリサーチ。
・(必要により)求人の方法。
などでしょう。

Q自営業とアルバイト

法律に詳しくないので教えてください。例えば個人事業(個人でやる町の小さな自転車屋など)を営みながらどこか他のお店や会社でアルバイトや派遣社員として働くことは法律上問題はないのでしょうか?将来独立をした際に開業当初に利益が出ない場合を考えてアルバイトなどする事が出来るのかどうか、もしわかる方がいらっしゃいましたら教えて頂ければ幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この不景気で個人事業者だけでなく経営者自身がバイトしている姿
結構見かけますよ(びっくりするけど、明日は我が身ですね)
そのアルバイト先などが知っていて了承していればOKです。
隠してやるのは問題ですので辞めましょう。(当たり前の事ですけど)

Q自営業

飲食店で年間売り上げが3千万以下で赤字が何期も続いているので有限会社を解散自営業に切り替えて厚生年金を退会したいと思うのですが難しいでしょうか?
自営業と有限会社のメリットどデメリットを教えてください。
自営業にする時は娘に営業権を譲りたいとも思っています。

Aベストアンサー

30代自営です。

回答の前に、法人と個人の差もわからずに商売をされてたんですか?

ある意味凄いですね。

おおまかにですが、社会的信用と給与の扱い方の違いです。

法人の場合、代表の給与は役員報酬です。

それは、売上げの一部をその給与と見なしますが、売上げが上がっても下がっても給与は固定です。

つまり、赤字で役員報酬を貰ってなくても、実質貰ってる事になり、所得税やら市県民税までがっつり取られるという事です。

他に均等割りとか赤字でもかかってくる税金もありそれらがデメリットです。

個人の場合は、売上げから経費を差し引いた残り全てが給与という扱いになります。

売上げが少ないなら給与も少ないという事になり、無駄な税金を払わなくて済みます。

個人事業には法人税はありませんし。

売上げが少ない法人が個人にする方に一番多い理由がそれです。

が、大きなデメリットもあります。

個人事業は、店や会社の所有物全てが個人財産という事になります。

つまり、商売が失敗しても逃げようがないという事。

法人の借金なら、自分名義で借り入れしてない限り法人の借金で、それは法人の大きなメリットですが、個人の場合は、あくまでも個人の借金になります。

車から家財から全てが差し押さえの対象となるわけです。

リスク回避に重きを置くなら法人。

目先の収入を取るなら個人です。

30代自営です。

回答の前に、法人と個人の差もわからずに商売をされてたんですか?

ある意味凄いですね。

おおまかにですが、社会的信用と給与の扱い方の違いです。

法人の場合、代表の給与は役員報酬です。

それは、売上げの一部をその給与と見なしますが、売上げが上がっても下がっても給与は固定です。

つまり、赤字で役員報酬を貰ってなくても、実質貰ってる事になり、所得税やら市県民税までがっつり取られるという事です。

他に均等割りとか赤字でもかかってくる税金もありそれらがデ...続きを読む

Q自営業について

今は起業する場合、株式会社しか作れないのですよね?
株式会社以外を作りたいのなら、自営業をすればいいのですか?
自営業は会社ではないですよね?
何になるのですか?

Aベストアンサー

現在の法律で作ることができるのは、
合名会社、合資会社、合同会社、株式会社
の4種類です。

有限会社は、株式の譲渡制限をする株式会社と実質的にほとんど同じなので、会社法が作られたときに廃止されました。

自営業は「自営業」という事業形態になります。

株式会社を避けたい理由が何かおありですか?

Q自営業

こんにちは
自営業をしています。企業でも合弁でもありません。
自営業者が必ずすべきことは確定申告であるように記憶していて、其れ以外はとくに考えてなくていいと思うのですが、
他にも何か必要なことはあるのですか?

Aベストアンサー

>自営業者が必ずすべきことは確定申告であるように記憶していて、其れ以外はとくに考えてなくていいと思うのですが、他にも何か必要なことはあるのですか?

いえ、「稼いだお金にかかる税金」に関しては、「所得税の確定申告書」を税務署に提出すると「個人住民税の申告」「個人事業税の申告」もしたことになるので、原則として【それでおしまい】です。

なお、「所得税額0円」で、「赤字の繰越し」などもしないということなら確定申告書は提出しなくてもよいですが、結局「個人住民税の申告」が必要になりますので、何はともあれ提出しておいたほうがよいです。

---
ちなみに、「稼いだお金にかかる税金」【以外】では、「償却資産税」というものもあります。
「地方税」なので、詳しくは「市町村の課税担当の部署」にご確認ください。

(参考)

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『住民税の申告について|町田市』
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/tax/shimin/shimin02.html
---
『個人事業者の償却資産について|綾瀬市』
http://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000024100/hpg000024020.htm


*****
◯「社会保険」について

「個人で事業を行っている人(≒法人を設立することなく事業を行っている人)」、【なおかつ】「従業員もいない人」という場合は、「会社などに勤めていない人(無職の人など)」が加入する「社会保険」と特に変わりません。

・「公的年金保険」は、「国民年金第1号被保険者」として「国民年金保険料」を納めるだけです。

・「公的医療保険」は、「国民健康保険(国保)」の被保険者(加入者)になります。(「労災保険が適用にならない事業主」などであれば「業務上のケガや病気」でも「国保」が適用になります。)

・「労働保険」は、その名の通り「労働者(雇われて働いている人)」しか加入できませんので、「自営業者(個人事業主)」は(原則として)加入できません。(「一人親方」などは「労災保険」に加入できることもあります。)

(参考)

『社会保険|kotobank』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen
---
『第1号被保険者|日本年金機構』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
---
『公的医療保険の分類・種類(体系)|WEBNOTE』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/_1_22.html
『国民健康保険が使えない場合|津和野町』
http://www.tsuwano.net/www/contents/1000000147000/index.html
>>…事業主ご本人や一人親方等義務づけされていない方を【除いて】、仕事中のけがや病気に関する治療には、労災保険が適用される…
---
『労働保険とはこのような制度です|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html



*****
(補足1.)

「自営業者(個人事業主)」は、前述のように「受けられる社会保障が無職の人とほぼ同じ」なので、自分なりに「将来や万が一のとき」に備える人も多いです。

ただし、あくまでも「自分の意思で」備えるものですから、ご質問のような「自営業者が必ずすべきこと」には【当てはまりません】。

「自営業者(個人事業主)」が【任意で】加入できる保険については、「商工会議所・商工会」などで相談できます。

『起業・独立開業の相談相手は、商工会議所・商工会が一番!!|商工会議所・商工会徹底活用ガイド』
http://www.shoko-navi.com/kaigyou/soudan
『事業者サービス|全国商工会連合会』
http://www.shokokai.or.jp/somu/main_service.htm
※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

---
なお、「会社員だが事業も行っている」というような場合は、「会社員(労働者)としての社会保障」は問題なく受けることができます。

*****
(補足2.)

「法人ではなくても、自営業者(個人事業主)でも」、【仮に】人を雇った場合は、「雇われた従業員(労働者)の社会保険」については「必ずすべきこと」が生じます。(前述の「労働保険」と条件次第で「厚生年金保険と健康保険」)

(参考)

『適用事業所と被保険者|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962
『強制適用事業所・任意適用事業所|大坪社労士事務所』
http://www.otsubo-office.jp/article/13344891.html



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?|個人事業の開業の届出 やり方』
http://kojinjigyou.columio.net/
『青色申告と申告義務|さいたま市 税理士 小暮巌のブログ』(2009.01.24)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d146.html

***
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何|日経トレンディネット』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
---
『2012年 第3回 社長が仕事中にケガをしたら?|マイアドバイザー』
http://www.my-adviser.jp/column/detail.php?id=637

***
『~年金が「2階建て」といわれる理由|厚生年金・国民年金web』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html

***
『個人事業主|Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%B8%BB
>>…小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではない…
『合弁事業|Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E5%BC%81%E4%BA%8B%E6%A5%AD
>>合弁事業…は、複数の異なる組織(国家、企業など)が共同で事業を興すこと、およびその事業を指す。

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

>自営業者が必ずすべきことは確定申告であるように記憶していて、其れ以外はとくに考えてなくていいと思うのですが、他にも何か必要なことはあるのですか?

いえ、「稼いだお金にかかる税金」に関しては、「所得税の確定申告書」を税務署に提出すると「個人住民税の申告」「個人事業税の申告」もしたことになるので、原則として【それでおしまい】です。

なお、「所得税額0円」で、「赤字の繰越し」などもしないということなら確定申告書は提出しなくてもよいですが、結局「個人住民税の申告」が必要になります...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報