ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

工学博士は工学分野の学位だというのはわかるのですが、学術博士というのは何の分野の学位なのでしょうか?
また、本などの著者欄の著者紹介で同じ本の中でも工学博士と書いてある人や博士(工学)と書いてある人がいるのですが、工学博士と博士(工学)は別物でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=729671
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1124753
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E4%BD%8D

上記あたりが詳しいと思いますが、
工学博士と博士(工学)の違いは平成3年あたりを境にして、それより前か後かの違いです。この年に学位に関する規則(文部科学省令の大学設置基準および学位規則)の内容が変わり、種類が増えるとともにどの内容の博士号を与えるかは大学の自主性が認められました。なので、以前なら工学分野からならすべて工学博士だったものが、博士(○○)の場合だと博士(情報学)とか博士(環境科学)とかいう表記も取れるようになっています。博士論文のテーマに近い表記が使えるわけですね。

博士(学術)については、比較的伝統の浅い大学が博士課程を設置した場合には、以前からある伝統的な大学と比べるとどうしても幅広い分野をあつかう研究科になってしまいがちなために、オールマイティな学位名が必要になって作られたものですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A3%AB_(%E5%AD%A6%E8%A1%93)
    • good
    • 1

我が国の教育制度によるものです。

我が国では、学部(研究科)単位で学位を審査するので、学部・研究科の名前で学位を出しているということです。すなわと工学博士、理学博士、医学博士、農学博士などです。しかし、現在では、学部レベルの学位も希望すれば学術博士という学位も所得できるところが増えていると思います。

工学博士と博士(工学)とは同じことです。しかし、専門分野は個々に違うので、工学博士と言っても個々の学位の審査分野は異なります。電気工学、土木工学、応用化学などの違う分野で学位を取得しても全て工学博士と呼ばれます。
    • good
    • 0

 その2つの違いは,他の方が書いているとおりです。

ただ,「学術博士(○○学)」というのは,アメリカの学位の「Ph. D. in ○○」のまねというか追従であることは容易に想像できます。

 以前は,日本の博士号は,工学博士ならDoctor of Engineering,理学博士ならDoctor of Scienceと称していたのですが,アメリカに行く人が増え,アメリカ的なアカデミックな響きが欲しい,ということで変えたと見るのが当たらずとも遠からずでしょう。実際,学術博士(○○学)の人の名刺を見るとほぼ確実に「Ph. D. in ○○」と書いてあります。
    • good
    • 0

まあ受けてきた教育や研究のスタンスで明確に違う場合もありますが、似たような研究をしていても、


工学研究科に所属していたら工学博士になり、
理学研究科に所属していたら理学博士になるといってよいと思います。
そして、昔、教養部といっていて名前が変わってしまったところもありますが、
その上の大学院を出た人が取得するのが学術博士だというイメージです。
例)東大 教養学部・総合文化研究科
まあ個別に見るとやってることは理学や工学、その他と変わらなかったりもすると思います。
    • good
    • 0

>工学博士と博士(工学)は別物でしょうか?


制度がかわったからでしょう。前者は旧、後者は
新です。
学術博士は、割と幅が広いようですね。
奈良女子大で学位を取った人がいますが、その方は
家政科でしたが、学術博士となっていました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング