最新閲覧日:

マンションを賃貸にしています。最近同じように自分の持ち家を貸している人から、賃貸物件を視察に行くと言う名目で、その旅費、宿泊費等を雑費として計上できるときいたのですが、本当ですか?また、計上できるとしたら、その、領収書は必要なのでしょうか・・・・?

A 回答 (4件)

#2の追加です。



通常、交通費については領収書がなくても、異常な金額でなければ認められますが、その他のものは領収書が必要です。

その知人は、「視察に行く名目」で、経費を計上しているのでしたら、#3の方の回答の通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。無事申告しました。

お礼日時:2002/03/05 20:34

貴方が話を聞いた方と同じように、架空の経費を算入してこれから申告をしても、その申告に対し必ず税務調査が有るわけではないので申告通りの額で課税が行われるでしょう。


 
でもそれは脱税をしている事なのです。サッチーと大小の違いがあるものの同じだと思います。嘘の申告をして自慢する人のアドバイスは聞いていいのでしょうか。

税務署から呼び出しがあったときに、領収書の提示や経費にした理由を求められたらどうします?

正確な申告をして、枕を高くして寝ましょうよ。20万の経費をいれて安くなるといってもせいぜい10万ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。無事申告しました。

お礼日時:2002/03/05 20:33

不動産所得の対象となっている賃貸物件を、視察(物件の現状の確認など)に行くのでしたら、旅費・宿泊費などは必要経費として計上できます。


経費として認めてもらうには、支出したことを立証するために領収書が必要です。

ただし、宿泊費の中に晩酌程度は別として、過大な酒食や宴会などがある場合は、遊興目的の旅行と見られ、経費として認められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。私が話を聞いた方のニュアンスでは20万位を毎年雑費として書くだけで、領収書などは添付していないようなのですが・・・。そういう訳にはいかないのでしょうね。

お礼日時:2002/01/30 18:41

 視察目的と、視察先、経費にもよるでしょう。

事業として必要と認められれば、ある程度までは認められるでしょうが、観光や慰安的な要素がありそのような場所への視察であれば、難しいかもれません。
 視察に行くのであれば、視察先の写真やパンフレットを残しておいて、有意義な視察であったことの証明にすると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、有り難うございました。自分の持ち家を賃貸にしているわけですから、視察にいくということではないのですが・・・。

お礼日時:2002/01/30 18:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報