ペイオフについて教えて下さい(ちなみに素人です)。

 簡単に、銀行などが破綻しても、そこに預けている預金のうち1000万円とその利子までは返ってくるというのがペイオフだと理解しています(これが間違ってたらどうしよう・・・)。

 もしそうなら、日本にある各銀行・信用組合などに対して、それぞれ1000万円ずつ分散して預金しておけばいいんじゃないかと思ってしまいます(つまりテレビなどで話題になるような深刻な問題ではないんじゃないか、と考えています。特に個人にとっては)。それでも余ってしまう分についてはそれこそCITIBANKにでも預けておけば良いでしょう(CITIBANKは潰れないという方針で)。

 私の認識不足なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ペイオフ」に関するQ&A: ペイオフ対策

A 回答 (2件)

>簡単に、銀行などが破綻しても、そこに預けている預金のうち1000万円とその利子までは返ってくるというのがペイオフだと理解しています



その通りです。

>日本にある各銀行・信用組合などに対して、それぞれ1000万円ずつ分散して預金しておけばいいんじゃないかと思ってしまいます

その通りです。

>それでも余ってしまう分についてはそれこそCITIBANKにでも預けておけば良いでしょう(CITIBANKは潰れないという方針で)。

これだけが意見が分かれる所でしょう。ちなみに同銀行がかつて現在の日本の銀行のように過少資本に陥ったことがあることをご存知でしょうか。従って、絶対安全とまでは言い切れないと思います。

今まではどこも全額保証されていたのでどこに預けても同じでしたが、これからは1000万円までになります。このため信用力のない金融機関から預金が流出して、それらが倒産に追込まれるという面でペイオフを行うことは問題となり、預金者側には問題がないと思います。金融機関が潰れると連鎖的に企業が潰れ、失業者が増えるという流れで言えば国民にとって全く関係がないともいいきれませんが。
    • good
    • 0

ご質問の通りです。


1000万円も預金のない、一般庶民にとってはそれほど深刻な問題ではないのです。

又、1億くらいでも、1000万円づつ10行に分散すれば問題ありません。

問題は、何十億と持っている人が沢山いるようなのです。
借りに10億有ったとして、その人たちは、1000万円づつ100行に預けることになります。
これは大変です。

それに、企業や自治体などは何百億と預金が有り、それを1000万円づつ分割するのは不可能なことです。

そんなことから、大きな問題になっているのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみずほ銀行の大口定期預金について。1000万を大口定期預金に1ヶ月預け

みずほ銀行の大口定期預金について。1000万を大口定期預金に1ヶ月預けたとして
金利が0.05%つくということは、一ヵ月後には1050万円になっているということでしょうか?
全く無知ですので、ほんまにそんなうまい話があるんかいな?と思って質問させていただきます。

それから、あなたなら自由にできる1000万があったら、やっぱり定期預金しますか?
普通預金にしとくのは勿体でしょうか???
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年利0.05%とは、1万円を1年間預けて5円の利子が付く事を意味します。
ですから1000万円を1ヶ月ですと、5000÷12で416円(実際には1年を365日とする日割計算)になり、更にこれから税金を2割差し引くので、330円程度です。
私なら、1000万円を外債投信に信託し、年間平均で3~4%の利回りを目指します。(円高差損に備え責任準備も積みます)

Q1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

普通預金→当座預金

にすれば絶対必ず100%安心・安全というのは本当だと思いますか?

各銀行に1000万ずつ分けるってのも面倒なんだよね。

といって株や投資信託や金銀でハイリスクハイリターンに挑む気もまったくしない。

タンス預金も火事や泥棒で万一のことがある。。。

結局当座しかないのかな?

みなさんどんな工夫されてますか?

Aベストアンサー

国内の銀行格付けNo.1の地方銀行に、1000万円を少し超えて預金してます。
そこがつぶれるなら、その前に他の日本の銀行すべてなくなっているでしょう。

あとは、ゆうちょ、農協、ネットバンク、労働金庫などに、1000万円以下で分散させてます。
どこも家から近くにありますし、別に面倒ではありませんが…。

>結局当座しかないのかな?
いくら低金利とはいえ、当座では利息0ですからもったいないですよね。

Qペイオフによる1000万円までの保障額は、預金毎なのでしょうか。

ペイオフによる1000万円までの保障額は、預金毎なのでしょうか。
それとも預金者毎なのでしょうか。

日本振興銀行に父が定期預金口座を2つ(仮にA、Bとします)作っていました。
口座Aの預金額は1000万円以内、口座Bの預金額は1000万円を少し超える額です。
この場合、払戻保障額はAB併せて1000万円なのか、ABそれぞれ1000万円なのか。

ペイオフについて調べてみましたが今ひとつ理解出来ませんでした。
本日日本振興銀行まで問い合わせてみますが、一刻も早く上記の答えを知りたいと思って質問させて頂きました。

どうかご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今日から名寄せ作業が始まるようですね。もちろん名義人単位で1,000万円までしか保証されません。

1,000万円を越える分についていくら返ってくるのかが決まるのは時間が掛かるようです。報道によれば1年くらい先のようです。

Q預金が1000万円を超えたとき、ペイオフ以外にデメリットはありますか?

1つの銀行に1000万円を超えるお金を預けると、銀行が倒産したときにお金を返してもらえなくなるかもしれないというのは知っていますが、それ以外に何かデメリットはあるのでしょうか。たとえば税金が高くなるとか。

たとえば950万円を定期預金にしていて、ボーナス支給で60万円が口座に振り込まれたとしたら、ボーナスを引き出すまでのあいだ一時的に預金総額が1010万円になってしまいますが、なにかデメリットはありますか?

Aベストアンサー

ペイオフの認識はNo.1のかたのおっしゃるとおり、理解を間違えています。
1つの普通口座にそんなに入れることが危険です。やらないほうが懸命です。うちは、8つの銀行と3つの証券会社にばら撒いています。そこまでやると管理が大変ですが、それなりに分散したほうがよいです。
通帳、印鑑、クレジットカードなどが盗まれたときの被害が大きいです。

Qペイオフというのを学校で習いました。元本1000万円までとその利子を保証し、預金者を守ることがてきる

ペイオフというのを学校で習いました。元本1000万円までとその利子を保証し、預金者を守ることがてきるものです。(そう解釈しています、間違えていたらご指摘ください)でも、そんな保証ができるんなら、なぜ、みな銀行からお金をおろすのでしょう?(金融恐慌のときみたいに)詳しい方教えてください!!

Aベストアンサー

1000万を超えたお金を預けている
ひとは、降ろします。

降ろすまでには時間がかかります。
今すぐ欲しい人は、困ります。

それに、保証されている、なんて言われても
本当かどうか信用出来ません。

金融恐慌の場合などは、皆疑心暗鬼になって
います。

保証されることになっていても、いつ何時
変わるかもしれません。
現金を手にしないと安心できません。



(金融恐慌のときみたいに)
  ↑
ペイオフが出来たのは比較的近年のことです。
2002年のことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報