花形満は、バットを狙う大リーグボール1号に対して、自分のバットを顔面にあてがって、星飛雄馬と対峙しました。大リーグボール1号はバットに命中し凡フライとなりましたが、花形は主審に「ビーンボールではないかっ?」と抗議しました。
 主審は、「大リーグボール1号は打者の体ではなくバットを狙うのだから、ビーンボールではない」と返答します。
 しかし、これは本当に正しいのでしょうか?
 いわゆる打者の頭を狙って投げるビーンボールは、本当は頭を狙うのではありません。そんなことをしたら殺人罪です。実際には、打者がよける動作を計算に入れた上て、「何もない(さっきまで打者の頭があった)空間」を狙って投げいるのです。だからといって、「俺が狙ったのは何もない空間だからビーンボールじゃない」などという主張は受け入れられません。打者に恐怖心を起こさせ、次の投球を有利にする卑怯な手段ですし、打者を直芸する事故となる危険性も大きいからです。
 大リーグボール1号も同じく、「打者がよける動作を計算に入れてバットの動くであろう位置」を狙って投げるのですから、ボールは顔面近くを通過することになって打者に恐怖心を起こさせます。危険性も大きい。飛雄馬はコントロールがいいからいいのだ、などということにはなりません。ほんの少し前、春のキャンプで「無制球恐怖投手」として新聞をにぎわしていたのですから。
 やっぱりルール違反(危険球)として禁止になるのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

・「審判団の協議の結果、そう決った」というようなことを言っていたと思います。


 「審判」=「神」なので問題なし。

・ジャイアンツに有利なルール/判定って現実にも結構あると思いますよ。

・そもそも梶原一騎は「あんまり野球知らない」って言ってたと思います(・・・)。

・梶原イズムに酔いしれながら、あまり深く考えずに読むのも一興かと。
    • good
    • 0

>打者に恐怖心を起こさせ、次の投球を有利にする卑怯な手段


とありますが
>自分のバットを顔面にあてがって、星飛雄馬と対峙しました。
これは投手を挑発して、次の投球を有利にする卑怯な手段なのでは?

「バットを狙える」と言う時点で現実離れしています。「養成ギブス」もですけど(苦笑)
この議題を問うなら300km/hを優に超える球を投げる「童夢くん」なんかは殺人マシーンですねもはや…

結局、「審判の意見が絶対」と言うところで落ち着くのでしょうか。

話は変わりますが。
「頭を狙ってなげた球」と「狙うわけでもなく偶然にも頭付近に投げてしまった」
の区別はつきますか?
>そんなことをしたら殺人罪です。
と言うのはいささか乱暴な気がします。

交通事故死もほとんどが業務上過失致死に問われ殺人罪になりません。
泥酔居眠り運転等は「未必の故意による殺人」としか思えないんですけどね。
それも含めて、日本の文化…なんですかね。

ところで…
審判への不満はどの協議においてもあります。
塩湖市なんかはどうなんでしょうかね…
地元兼目を付けられたくないがために審判団は
この国にだいぶ有利な判断をするのでしょうかね…
今回も抗議が予想されましょう…論点から外れてしまいました。

最後に私見的結論は
「審判の意見が不服ならほとんど覆らないが、言えばストレスが緩和される」ので、それを狙って花形は審判に抗議した。
予想通り言い分は認められなかった。
じゃないですかね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッキーのビーンボールについて

先日、「巨人の星」の再放送を観て気がついたのですが、放送ではバッキーが王にビーンボールを投げて頭部にデッドボールを与えています。
どうしてこのような事実と反することを放送した(製作した)のでしょうか。
実際はバッキーがビーンボールまがいの球を投げて乱闘になり、当時コーチの荒川(王の師匠)と殴り合いになったときにバッキーが自分の手を骨折し、交代した権藤投手が王の頭部にデッドボールを投げたというのが事実だと思います。
実際に「巨人の星」の原作ではこの通りです。

Aベストアンサー

まず、実際に荒川・バッキーの乱闘事件があった試合は、
1968年9月18日です。
そして[巨人の星]第82話『巨人・阪神の死闘』の放送は、
1969年10月18日です。
このように、事実と番組放送日とは約1年、間があります。

[巨人の星]は実在の人物、出来事を架空の人物とうまく噛み合わせることによって出来上がったフィクション、ということを念頭に考えますと、
1.『巨人・阪神の死闘』と言うタイトルからして、先発・中継ぎの権藤が死球を与えるより、“エースの”バッキーにやらせた方が、話が盛り上がるから。
2.日本人投手を悪役につかうより、放送時にはもう阪神にいなかったバッキー(1969年に近鉄に移籍・この放送日には既に帰国)を悪役にしたほうが波風が立たないから。
3.事実は1年前の出来事だし、視聴者(特に子供)にあの出来事をリアルに思い起こさせたくなかった(乱闘騒ぎ、流血、骨折、20分の中断、ビーンボール紛いの死球、警官隊出動・・・)
などが考えられますがどうでしょう?

関係ないですがこの試合、実際は金田-高橋明の継投で、巨人が10-2で勝っているんですよね・・・

まず、実際に荒川・バッキーの乱闘事件があった試合は、
1968年9月18日です。
そして[巨人の星]第82話『巨人・阪神の死闘』の放送は、
1969年10月18日です。
このように、事実と番組放送日とは約1年、間があります。

[巨人の星]は実在の人物、出来事を架空の人物とうまく噛み合わせることによって出来上がったフィクション、ということを念頭に考えますと、
1.『巨人・阪神の死闘』と言うタイトルからして、先発・中継ぎの権藤が死球を与えるより、“エースの”バッキーにやらせた方が、話が盛り上がるから...続きを読む

Q「巨人の星」川上の大リーグボール1号延命策は本当に名作戦だったのか?

 一徹・オズマ コンビに大リーグボール1号をホームランされた星飛雄馬に対し、川上監督は次のような対抗策を考案します。
 オズマの打法は、まず、
  1.バットをストライクゾーンのど真ん中に移動させる。(大リーグボール1号はど真ん中におびき寄せられる)
  2.バックスイングする。
  3.ど真ん中の棒球となった大リーグボール1号を、ミートする。.
 の3動作からなる.これに対抗するため、内角高目に速球を投げる。ど真ん中を予想しているオズマは振り遅れて空振りしかない。この方法で、まず2ヶ月は延命できる.
 結局、飛雄馬はこの策を蹴り、消える魔球の開発に専念するのですが、この川上作戦、本当に有効なのでしょうか.
 オズマの打法を分析すると、1.の動作は無駄ではないでしょうか.つまり、最初からバットをストライクゾーンのど真ん中に差し出しておけばどうでしょうか!
 この構えに対して、大リーグボール1号は投げられません.内角高目に速球を投げても、バックスイングする.→  ミートする、の2動作ですから、振り遅れないでしょう.むしろパワーヒッターのオズマには絶好のホームランボールです.
 そしてこれは、いわゆるバスターヒッティングと同じですから、他のプロ打者でも全員真似ることは簡単でしょう。
 結局、大リーグボール1号は封じられ、飛雄馬の球質の軽い速球はメッタ打ちされ、KOされることは目に見えています。
 やっぱり大リーグボール1号は死んだのです。川上作戦を蹴った飛雄馬は正解だったのではないでしょうか。

 一徹・オズマ コンビに大リーグボール1号をホームランされた星飛雄馬に対し、川上監督は次のような対抗策を考案します。
 オズマの打法は、まず、
  1.バットをストライクゾーンのど真ん中に移動させる。(大リーグボール1号はど真ん中におびき寄せられる)
  2.バックスイングする。
  3.ど真ん中の棒球となった大リーグボール1号を、ミートする。.
 の3動作からなる.これに対抗するため、内角高目に速球を投げる。ど真ん中を予想しているオズマは振り遅れて空振りしかない。この方...続きを読む

Aベストアンサー

だから、川上監督は「大リーグボール1号を投げるな」と指示しているのです。延命するのは大リーグボール1号ではなく、星の投手生命です。
オズマの作戦が効いているということは、本来何も考えずにそのまま振れば当たっているはずのボールですから。
むしろ、「大リーグボール1号以外も投げてくる」とオズマが学習するまでに2ヶ月かかる、という川上監督の人物観察の的確さに感心すべき場面では。
この間すごい非常識ワザでオズマが真面目に付き合ってくれているおかげで、ほかの常識ある選手が思考停止状態になってくれるのです。これを名作戦と言わずしてなんとします。

Q文春のユニクロ特集は営業秘密侵害行為になりますか?

週刊文春に掲載されていた、ジャーナリストによるユニクロ潜入ルポですが、この記事は営業秘密侵害行為にならないのでしょうか?

不正競争防止法は非親告罪化しましたから、警察はジャーナリストとルポを掲載した週刊文春の編集部、週刊文春を発行している文芸春秋社を逮捕しないのでしょうか?

Aベストアンサー

被害届がないと
被害者が存在しないから
事件・事故が成立しない。

結果的に、ほとんどの場合、死亡事故か、それに近い
重大犯罪でしか、警察は動かない。

他に、組織で行った重大な売国行為。
国や自治体に対する背任行為。
明らかに他国との戦争を、あおり多数の人が実際に
武装して一つの場所に集結する、きっかけを作った場合
被害者がいなくても、警察は動くようです。


確かに、ユニクロのネタをもとに金を稼ぐ事は許しがたい行為ですが
この場合も被害届がないがゆえ事件・事故として警察は動けないのでしょうね。

Q花形満の漫画家

今週のマガジンから始まった「新巨人の星 花形満」ですが、
これを作画している村上よしゆきさんが今まで描いたマンガは何でしょうか。
どこかで見たことがあるような絵風なんですが、全然思い出せません・・・。

Aベストアンサー

おはようございます。
ちゃんと友達に聞いた話なんですが、
現在、マガジン連載中の「あひるの空」のアシスタントだったらしいですよ。

それにしても…
花形がチビッて(^_^;)
叩かれそうなマンガでしたね。

失礼しました。

Q週刊文春の裁判について

田中真紀子議員のお嬢さんに関する記事掲載について、二審で週刊文春側が勝訴し、その後、原告側が抗告しなかった事で、結果として地裁が出した仮処分命令は無効と確定したように思うのですが、これは文春側の勝訴と考えてよろしいんでしょうねえ?

そうなると、発売直前の仮処分により受けた莫大な経済的損失を、文春側は原告すなわち田中氏側を相手取って、民事裁判で提訴する事は法的にできるのでしょうか?

あるいは、誤った仮処分を決定した地裁の判事を相手どって、民事裁判をおこす事も法的に可能でしょうか? (これは無理かな?)

Aベストアンサー

仮処分の結果としては、最終的に仮処分命令が取り消されたわけですから、その意味では文春側の主張が通ったといってよいでしょう(訴訟ではないので「勝訴」という言い方が適当かどうかは疑問ですが。)。

仮処分申立が認められて執行した後に訴訟をしたが敗訴したというような場合(今回は訴訟は起こしてないのでこれとは少し違いますが。)、仮処分を申し立てた側に過失があれば相手から損害賠償を請求されることはあり得ます(仮処分の際に担保を立てるよう求められるのは、このような場合の相手方の損害を補償するためです。)。

ただ、本件の場合、差止めは認められなかったものの、週刊文春の記事がプライバシー侵害で違法ということについては一,二審とも同様の判断をしたようなので、おそらく、田中氏側の方が文春に対して損害賠償(慰謝料)請求をすれば勝訴になる可能性が高いと思われます。

そうすると、田中氏側が差し止めを求める仮処分を申し立てたことにもそれなりの理由があって無理もないという判断になると思われますから(現に一審では田中氏側の主張が認められているわけですし。)、田中氏側に仮処分を申し立てたことについて過失があったとはいえないでしょう。

結局、文春側が田中氏を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしたとしても勝訴は困難で、逆に田中氏側から慰謝料請求訴訟を提起されれば敗訴する可能性が高いということです。

仮処分決定や判決が上訴審で取り消されたというだけでは、一審の裁判官に対しては何の請求もできません。

仮処分の結果としては、最終的に仮処分命令が取り消されたわけですから、その意味では文春側の主張が通ったといってよいでしょう(訴訟ではないので「勝訴」という言い方が適当かどうかは疑問ですが。)。

仮処分申立が認められて執行した後に訴訟をしたが敗訴したというような場合(今回は訴訟は起こしてないのでこれとは少し違いますが。)、仮処分を申し立てた側に過失があれば相手から損害賠償を請求されることはあり得ます(仮処分の際に担保を立てるよう求められるのは、このような場合の相手方の損害を...続きを読む

Q花形満はなぜ一塁手だったのですか

花形満はなぜ一塁手だったのですか

「巨人の星」で、花形満はなぜ一塁手だったのですか?

Aベストアンサー

一塁手だったかどうかの記憶すら曖昧なのですが、、、、

「四番 ファースト 王」のイメージがあったのですかね。

だから、最強のスラッガーは ⇒ 一塁手

Qペッパーランチ、週刊文春の記事はガセ?

07/5/31の週刊文春のペッパーランチ事件の記事では「現場から女性の下着、保険証などの多数のカード類が押収された」とありましたが、警察の発表では余罪無しとのことでした。

警察の発表が真実なら、週刊文春は嘘の記事を載せたことになると思うのですが、週刊文春から謝罪訂正はあったのでしょうか。

もし、文春の記事が真実ならば、ガレージから押収された余罪の証拠品と思しき品々はどう処理されたのでしょうか。

これが気になって、どうにも腑に落ちません。

Aベストアンサー

どうなんでしょうね?
真実は1つしかなくてもマスコミや媒体を介す以上真実と異なる物語が生まれます。
また民衆は劇的な物の方ほど興味を示します。
他人の不幸は所詮自分のことではないのです。
ビジネスと言う考え方を必要とする人が居る以上、購買数増加の為にモラルも常識も売ってしまう人が居ます。

テレビ、雑誌、新聞など「与えられる」情報を鵜呑みに信用しない事です。
真実は自分の目にあります。

あなたはパートナーが「浮気はしていない」と言ったら信じますか?
またなぜパートナーは「浮気はしていない」と言ったのでしょうか?
1、していないから。
2、質問したパートナーの事を思って。(混乱しないように)
3、しらなくていい、と思っているから。

Q人造人間編で17号とピッコロが互角に闘うとこありますよね?それってなんでピッコロが17号と互角に闘え

人造人間編で17号とピッコロが互角に闘うとこありますよね?それってなんでピッコロが17号と互角に闘えてるんでしたっけ?なんか合体してませんでした?誰としたんでしたっけ

Aベストアンサー

神様と合体(正式には分離していた物を元に戻した)した事によるパワーアップでしょう。

Q文春 淫行と横領 日教組肝いり対応と個人対応

文春報道で明らかに違う対応 反日鳥越氏と愛国青山氏
大学生とのHだろ?何が問題があるのだ?大したことねーじゃねーか!

しかし、青山氏と違い第3者の反日弁護士を使い対応する鳥越
何か胡散臭いぞ!これは当たりなのか?

トラの尻尾を踏んじまった文春、起死回生の事実記事なのか?

Aベストアンサー

文春の鳥越氏の淫行疑惑報道は、文春側が被害者女性の示談書のコピーを持っているかどうかがカギ。

無いならデタラメであり、文春はやっぱりゴシップ記事を書く信用のおけないジャーナリスト集団。
あるならば、「やる時はやる」という印象。


因みに、示談書があれば「真実」なので、鳥越氏に対する名誉毀損にも当たらない。
名誉毀損は、通常は真偽に関わらず、名誉を傷つけられれば名誉毀損になるが、公人や公人候補は別。

詳しくは、刑法第230条の2と刑法第230条の3参照。



>トラの尻尾を踏んじまった文春、起死回生の事実記事なのか?

示談書があればそうなりますね。この疑惑は12年前の出来事らしく、既に示談が成立していて、文春側はその証拠を入手しているとの噂があがっています。(あくまでも噂なので、12年前の出来事というのも真偽は定かではない。)

本当ならば、いずれ文春で示談書が掲載されるでしょう。





鳥越氏の場合、セックススキャンダルよりも、ほか週刊誌でスキャンダルになっているヤクザとの金の問題や某保険会社との献金問題の方が、政治生命を失うものになる気はします。前の知事もその前も、結局は金の問題で追い込まれましたから。

文春の鳥越氏の淫行疑惑報道は、文春側が被害者女性の示談書のコピーを持っているかどうかがカギ。

無いならデタラメであり、文春はやっぱりゴシップ記事を書く信用のおけないジャーナリスト集団。
あるならば、「やる時はやる」という印象。


因みに、示談書があれば「真実」なので、鳥越氏に対する名誉毀損にも当たらない。
名誉毀損は、通常は真偽に関わらず、名誉を傷つけられれば名誉毀損になるが、公人や公人候補は別。

詳しくは、刑法第230条の2と刑法第230条の3参照。



>トラの尻尾を踏んじ...続きを読む

Q花形透の成績

本当にくだらない質問で申し訳ないのですが、さるスラムダンクのファンサイトで、翔陽高校のセンター花形透の記述がありました。
そこに「実際学期末テストもトップだったようだし」と書いてありました。
この方の書き方だと、スラムダンク本編で花形透の成績に言及するような場面があったという風に受け取れました。
私は、IHの手前までしかスラムダンクは読んでおりません。でもその中で、彼の成績についての記述など一切見た覚えがありません。
どなたか真相をご存知の方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

だれもレスしてないようなので(^^;

えーと コミックス見てみましたが、私にはそんなシーンが見つからなかった…
昔流行った『~の謎』本とかにでもそういう記述があったでしょうか…(推測)
そもそも『成績に関係する話』が、湘北のことしかでてこなかったような…

でも 花形&藤真さまはアタマよさそうですよね。あと一志も。
   ##いくらなんでも 赤点とるようには思えない(^^;
湘北軍団とは大違い…って所でしょうか(笑)

ごめんなさい 回答になってなくて…m(_ _)m


人気Q&Aランキング