よろしくお願いいたします。

現在、自動車事故で裁判中です。
今まで裁判で争っていたのですが、
裁判所から電話で、
「和解室で本人の弁論です。本人には出ていただきます」
といわれました。
これはいったいどういう意味なんでしょうか?
また、どんな準備ができますか?
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 下記参考URLによれば、「本人」とはお母様のことと思われますので、以下、その前提でお答えします。



 まず、「和解室」で「口頭弁論」が開かれることはありませんので、失礼ながら、裁判所からの連絡内容を、gaia5さんはお聞き間違いになったものと思います。
 おそらく、裁判所が和解期日に当事者本人であるお母様のご出席を求めてきた、というご趣旨かと拝察します。そうすると、裁判所は、ある程度和解案を固めていて、当事者本人の説得に自ら乗り出してきたのだと考えられます。

 失礼ながら、gaia5さんのこれまでのご質問を拝見していると、本件について、gaia5さん側はかなり強気の見方をしていらっしゃるように思われます。裁判所は、この点をふまえて、代理人を通じて間接的に、お母様が和解のご意向をお持ちか否かを打診するよりも、直接、裁判所の見解を提示して、和解の可能性について感触を探ろうとしているものと考えます。

 さて、これに対する対応ですが、まずは、代理人に対して、裁判所が本件に関してどのような見方をしていると思われるか、代理人としては本件の結論についてどのような予測を立てているか、率直なところをお尋ねになってください(重要なことは、gaia5さんのお考えに沿わない意見を代理人が述べたとしても、冷静に受け入れることです。)。

 次に、もし本件において既に人証調べ(当事者本人尋問、証人尋問)期日が終了しているのであれば、裁判所は具体的金額の和解案を準備している公算が大きいと思われますので、どの程度の金額・条件であれば受け入れが可能なのか、代理人とも十分にご相談のうえ、「腹を固めて」おかれるのがよいと思います。ちなみに、人証調べ期日終了後に裁判所が提示する和解案は、判決の結論とほぼ同内容だとお考えください(それゆえ、裁判所は、かなりの自信をもって説得に臨んでくるものと思われます。)。
 他方、もし本件においてまだ人証調べ期日が終了していないのであれば、裁判所もさほど和解の成立にこだわることはないと考えられますので、代理人とよく話し合われて、「このくらいの金額・条件であれば検討の余地がある」という範囲をお考えになる程度で結構かと思います。

 なお、お母様の代わりにgaia5さんがご出席になることはできませんので、ご留意ください(お母様に同行されることは可能ですが、和解室での同席が許可されるか否かは、裁判所次第です。)。

 以上、失礼な表現が多々あるかと存じます。ご容赦いただければ幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=192739
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、過去の質問までさかのぼってまでの
ご回答ありがとうございます。
失礼な表現なんてとんでもないです、本当に助かります。
 
今回、本人が裁判所に出向いて話すのは初めてです。
ですので、可能性はあるかもしれませんが、
すぐに和解とはいえないかもしれませんね。
いろいろ想定して備えておこうかと思います。

そこで、再びお聞きしたいのですが、
まだ提出したい証拠がありますし、
間に合うようでしたら
直接本人が当日証拠となるものを持参しても大丈夫でしょうか?
必ず、弁護士を介して証拠類は裁判所に提出しなければ
いけませんか?(あてにならない弁護士なもので・・)
できれば、自分たちで直接裁判所に提出したいのですが・・・
もし、弁護士が忘れたり、判断ミスで証拠を提出できなかったら
こちらにとって不利になるかもしれないという不安があるからなんですが。
もし、合法的に弁護士を介さずに直接証拠を提出できる方法が
ありましたらアドバイスお願いしたのですが。

お礼日時:2002/01/31 23:47

 「和解期日において、新証拠を、代理人を介さずに直接提出したい」とご希望のようですが、結論的には、お勧めできません。



 まず、直ちに具体的な和解案が提示されることはないのではないか、とお考えのようですが、人証調べが終了する前に和解を試みる場合、裁判所は、主張と書証からほぼ心証を固めていることが多いと思われます(このような場合、人証調べを経ても、裁判所が主張と書証から得た心証を覆すほどの供述・証言は、まれにしか得られないようです。)。
 また、人証調べが終了した後に和解を試みる場合、No.1の回答でもご説明申し上げましたが、ほぼ確実に、裁判所は最終的な心証を固めています。
 いずれにせよ、「和解期日でじっくり当事者本人の話を聞いて、案を練ってみようかな。」などという悠長な考えは、裁判所にはないように思います(すでに結論が出ている可能性が高いのです。)。むしろ、「裁判所が聞きたいのはイエスかノーかだけだ。」というイメージをもって、期日にお臨みになるべきではないかと思います。

 次に、証拠提出の可否ですが、当事者本人が証拠を提出することは可能ですが、本件では、お勧めできません。

 和解期日では、証拠調べができません。
 また、訴訟においては、裁判所だけに提示され、相手方当事者には提示されていない証拠(正確にいうと、民事訴訟法179条以下と民事訴訟規則99条以下所定の手続に従った申し出・取調べがなされていない証拠)は、事実認定には用いられません(こっそり裁判所だけにみてもらったところで、裁判官は、そのような証拠を心証形成の材料(証拠資料)から外す作業に習熟していますから、結論を動かすことはまず無理です。)。ですから、和解期日に証拠をご持参になっても、裁判所は、取り調べてはくれません。
 さらに、証拠は、訴訟の進行状況に応じて適切な時期に提出しなければならないとされており(民事訴訟法156条)、とくに、争点整理手続終了後(人証調べ期日か、それ以後の期日という意味であるとお考えいただいて結構です。)に証拠を提出したときは、相手方当事者の求めがあれば、争点整理手続終了前にその証拠を提出することができなかった理由を説明しなければならず(同法167条、174条、178条)、その理由が十分合理的なものでなければ、場合によっては、裁判所がその証拠の取調べ自体を拒絶することもあり得ます(民事訴訟法157条1項)。本件では、裁判所が和解を試みているくらいですから、争点整理がほぼ完了しているものと思われ、裁判所が新証拠の提出に消極的な態度を取ることが予想されます。

 他方、質問No.209628におけるNo.2のご回答者がご指摘のとおり、代理人の「頭越し」に証拠を提出することは、代理人との信頼関係維持の観点からも、深刻な悪影響をもたらすことが予想されます。
 証拠の「価値」の判断は、意外に難しいものであり、当事者本人が「有利」と考える証拠でも、実は他の証拠と矛盾する部分があるために裁判所の心証形成にはほとんど影響しなかったり、逆に、争いのない事実や客観的証拠と整合しないために、当該当事者が提出した他の証拠まで信用性を疑われたりすることすらあります(「陳述書」や「報告書」といったタイトルが付される、当事者の事実認識を記載した書証に、このようなケースが多くみられます。)。
 ですから、証拠の提出の是非については、代理人とよくご相談になるべきだと思います。
 「あてにならない弁護士」とおっしゃいますが、弁護士も人の子です。真摯にアドバイスを受け入れ、また、自らの考えを率直に述べてくれる依頼者に対しては、よりいっそうのアドバイスをしたいと思うものです。代理人とのコミュニケーションを深められることを、お願い申し上げます。

 再び、失礼な表現を多々連ね、申し訳ありません。ご容赦いただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

締め切り後の丁寧なご回答まことにありがとうございます。
感謝以外の言葉が見つかりません。
本当にありがとうございます。

最近、"裁判"という言葉、雰囲気に慣れてきたようです。
そして、こちらが被害者で、かつ初めての裁判ということで、
かなり感情的になっていたと分かりました。
おかげさまで少し頭を冷やすことができました。

弁護士というのは第3者で、
冷静に事を判断することができるんですよね。
そして"プロ"なんですよね。
当たり前のことですが、改めて実感させられました。
また弁護士とお会いするのですが、アドバイス通り
コミュニケーションを深めたいと思います。

お礼日時:2002/02/09 00:18

通常「訴訟」と云いますと、訴状と云う書類を提出し裁判が始まります。

その場合、必ず、公開の「法廷」で進めるようになっています。ところが、進めて行くと、この場合は話し合いが適当、と裁判所で判断した場合、調停に回されます。これが今回の場合と思われます。弁護士に依頼しているかどうかわかりませんが、その場合は弁護士からも同様な要望があると思います。「本人には出ていただきます」と云うわけですから、当の本人(訴えている人又は訴えられている人)が行かなければなりません。聞かれることは、その時の状況を具体的に、又は、話し合いしたいかどうか、するなら金額は、などと思われます。用意する物は特にありませんが、最終的には金額になるのが普通です。従って、腹づもり(?)も必要かも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり和解の可能性があるんですね。
やり取りは双方の言い分を聞くのでしょうかね。
一応、いろいろな可能性も含めて準備したいと思います。

お礼日時:2002/02/01 00:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電話会議装置の不具合

PHSを接続して使う、電話会議装置についてですが、PHSと電話会議装置をケーブルで繋ぎまして、使用すると、電話会議装置本体から声が聞こえたり、聞こえなかったりします。

考えられる原因は、何か分かりますでしょうか。
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ANo.1にも回答させていただきましたが、当初当方でも汎用のステレオケーブル+3.5mm/2.5mm変換を使用してPanasonic以外のPHS(三洋/京セラ)を使用しておりました。
その状況では質問者様の不具合状況と同様に、音声が聞こえたり聞こえなかったり、という症状が発生しました。
たまたまKX-TS730/745で純正指定されているPanasonicのVB-C911も手元にあったので、それを使用したら多少症状は改善しましたがやはり「聞こえたり聞こえなかったり」という状況はあまり変わりませんでした。
どうやら接続用の純正ケーブルKX-TCA110JPBが妙なインピーダンスを持っているらしく、VB-C911とこのケーブルの組み合わせ以外では音声が聞こえたり聞こえなかったり、という不具合が発生する模様です。
汎用のオーディオケーブルの途中を切断して抵抗等を挿入してインピーダンスマッチングを取ろうと試行錯誤したのですが、うまくいかなかった記憶があります。

745JPであれば、W-SIMも使用可能ですので金額面の折り合いさえつくのであれば、W-SIMを別途用意した方が早いかもしれません。

以上、ご参考まで。

ANo.1にも回答させていただきましたが、当初当方でも汎用のステレオケーブル+3.5mm/2.5mm変換を使用してPanasonic以外のPHS(三洋/京セラ)を使用しておりました。
その状況では質問者様の不具合状況と同様に、音声が聞こえたり聞こえなかったり、という症状が発生しました。
たまたまKX-TS730/745で純正指定されているPanasonicのVB-C911も手元にあったので、それを使用したら多少症状は改善しましたがやはり「聞こえたり聞こえなかったり」という状況はあまり変わりませんでした。
どうやら接続用の純正ケーブ...続きを読む

Q弁論準備手続き調書(和解)について

これは和解調書というものになりますか?
強制執行力のある調書になりますか?


裁判所から調書のタイトルが「第○回弁論準備手続き調書(和解)」と書かれ、中の(別紙)冒頭には「和解条項」

1原告と被告は本日協議離婚することに合意し被告は離婚届け用紙の記載をして署名押印し原告にその届出を託すことにし原告は速やかに提出する。

2原告は被告に対して和解金として○円の支払い義務があることを認めこれを9月末日限り弁護士口座へ振り込む方法により支払う

3原告が金員の支払いを怠ったときは原告は被告に対し前項の金員から既払い金を控除した残額に年1割の遅延損害金を付加して支払う ~中略~

Aベストアンサー

通常の和解調書ですので、給付条項があれば執行力が生じます。
給付条項というのは、第2項、第3項のような
一定の金銭の支払い等の給付を内容とする条項です。
本件でも給付条項はあるようなので、執行力が生じますね。

Q英語電話会議の初参加のときの挨拶

英語での電話会議で、自分が始めて参加するのに「はじめまして」的なことを言うのに、なんと言ったらよいでしょうか?対面の場合は Nice to meet you. 等と思いますが、電話会議の場合はどのように言うものでしょうか?

Aベストアンサー

自分がもし初めて参加する電話会議だったらどういうか、と考えてみました。

Hi, everyone. This is (my name). I'm joining this con call for the first time. For those who don't know me, I ・・・
と少しだけ自己紹介をする。 

30秒も話せば十分でしょう。 あまり時間を取らずにチャチャッと終わらせるのがマナーです。  (^^ 

=====

国際電話会議では時差があるので、Good morning か Good evening か、他の参加者の状況を考えて話さないと相手は白けてしまうこともあるので注意しましょう。 

Good morning to Kate and Bill. Good evening to the rest of you.  などと言ってもいいと思います。 この考え方を応用すれば、いろんな挨拶の仕方が生まれると思います。 

Q第一回口頭弁論期日の前の弁論準備手続

「民事訴訟」で、訴状を提出した後に、第一回口頭弁論期日の前に、弁論準備手続期日を入れることは、あり得るのでしょうか?
もしあり得るなら、根拠条文もお教えください。

Aベストアンサー

 あり得ます。根拠条文は、民事訴訟法168条です。

 ただし、実際には少ないように見えます。なぜかというと、民訴168条は、「当事者の意見を聴いて」とあります。通常は、訴状が提出されると、機械的に口頭弁論期日を指定し、訴状と口頭弁論期日呼出状をを被告に送達します。この場合には、被告の意見を聴くことができません。裁判所としては、被告の意見を聴かないままに、弁論準備手続に付すことができないので、一般的には、第1回口頭弁論期日前に弁論準備手続に付すことはありません。

 しかし、既に先行訴訟が弁論準備手続に付されており、これに追加提訴がなされた場合(同一の当事者間の別の訴訟の訴状が提出された場合。反訴も含む。)には、裁判所は、事実上、当事者双方の意見を聴く機会がありますので、そこで当事者双方のの意見を聴いて、追加提訴に係る事件については、口頭弁論期日を開かずに、いきなり弁論準備手続に付すことができます。それを妨げる法律の規定はありませんし、現実問題として、そのような手続は頻繁に行われています。当事者としても、既にある訴訟と別に口頭弁論期日に出頭することは、時間の無駄であり、弁論準備手続に付されることの方が便宜です。

 さらに、提訴前に当事者間で弁護士を委任して訴訟外の交渉が行われており、それが決裂して提訴に至ったような場合で、訴訟においても被告に同一代理人が就くことが確実であるときには、原告が訴状提出の段階で、直ちに弁論準備手続に付すことを裁判所に上申することもあります。

 この場合には、裁判所は、被告代理人予定者に、委任状を先に提出させて、弁論準備手続に付すことに異議がないとの意見を聴取し、口頭弁論期日を開かずに、弁論準備手続に付すことがあります。弁論準備手続に付すかどうかは、裁判所の裁量ですので、そうならないときもあります。

 この場合のメリットは、口頭弁論期日では、実質的なやりとりができず、実際上期日1回分が空転しますが、弁論準備手続に付すことにより、第1回期日から、実質的な審理ができることにあります。

 あり得ます。根拠条文は、民事訴訟法168条です。

 ただし、実際には少ないように見えます。なぜかというと、民訴168条は、「当事者の意見を聴いて」とあります。通常は、訴状が提出されると、機械的に口頭弁論期日を指定し、訴状と口頭弁論期日呼出状をを被告に送達します。この場合には、被告の意見を聴くことができません。裁判所としては、被告の意見を聴かないままに、弁論準備手続に付すことができないので、一般的には、第1回口頭弁論期日前に弁論準備手続に付すことはありません。

 しかし、...続きを読む

Q電話会議について質問します

本人訴訟です。原告です。
法廷で発言する際には起立するつもりでしたが
電話会議のときは座ったままでいいのでしょうか。
それとも、そのつど起立したほうがいいのでしょうか?

電話会議というのは、恐らく机の中央に専用の機械が置いてあって、
周りの声が拾えるようになっていると思うのですが、
(会社での電話会議はそのような機械を使っています)
裁判所でも似たような機械だと思っていていいでしょうか?
受話器を持つわけではないので、起立できる状況だと思うので
起立すべきですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法廷での口頭弁論でしたら裁判官の入廷時に起立します。
電話会議の場合も、当事者はその設備のある部屋に入った後で裁判官が入室するので起立しています。
また、法廷での発言は普通は起立します。
でも、電話会議の場合は、普通しないです。
私の経験では、相手もしてはいませんでした。
私もしなかったです。

Q弁論準備手続きでの受命裁判官の権限について

弁論準備手続きでの受命裁判官の権限について
民事訴訟法171条2項では、受命裁判官の職務が規定されています。
同項括弧がきで、「170条2項に規定する裁判を除く」とあります。
170条2項を見ますと、「・・・証拠の申出に関する裁判」とあります。
この「・・・証拠の申出に関する裁判」の具体的な意味がわかりませんので
ご存知の方教えてください。
受命裁判官が行っている弁論準備手続きで
被告または原告が、「証拠Aを提出したい」といったときに、
この諾否を受命裁判官だけでは決められないという意味でしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 証拠の申し出に関する裁判とは,証人の採否,本人尋問の採否,鑑定の採否,顕彰の採否,書証の申し出の採否,文書提出命令の許否など,証拠の申し出に対して,採否を決める裁判の全部をいいます。ですから,この規定だけからすると,受命裁判官は,書証の申し出を受けて,それを採用し,取り調べることもできないことになります。

 ただし,このことにはさらに例外があって,文書を提出してする書証の申し出に対する採否の裁判,調査嘱託の裁判,鑑定嘱託の裁判などについては,受命裁判官でもできることになっています(171畳3項)。

 この部分は,条文の作り方がややこしいので,よく読み込む必要があります。

Q英語の電話会議の経験がある方、教えてください。

私はTOEICが745点です。リスニングは390点~400点くらいです。

弱いところはわかっていて、文法と単語力です。リスニングと長文は比較的テストではとれていると思っています。電話会議が聞き取れないのですが、もっとリスニングを磨くべきなのでしょうか?

留学経験がなく、電話会議に入れるようになった方は、TOEICの勉強をしていて、ある日聞き取れるようになったのでしょうか?TOEICのようなきれいな発音でないのも一因と思っています。

電話会議に入れないために仕事の幅が広がりません。
皆さんはどんな経緯で聞き取れるようになったのでしょうか?(特に留学経験のない方お願いします)

Aベストアンサー

質問者様がその業種・内容にどれぐらい精通してらっしゃるのか
よくわからないのでなんとも申せませんが、想像して
書かせていただきます。

電話会議は電話だけなので音声だけが頼りですよね。

話される内容に熟知されていたら ある程度あたりは
つけられると思われます。

*話す内容をどこまで知っているか

 よく知っている → 相手の発音になれていない
 よく知らない → 内容がわかれば わかるかも

TOEICの勉強だけでは 聞き取れないかと思います。

留学経験はありませんが、TOEIC900超えぐらいの時期に
某メーカーの電話会議で通訳などさせられたことがあります。

法務関連で、ヨーロッパの化学物質規制に関することでした。
REACHやRoHSなどの話で使われている物質が、法律で何パーセントなら
OKなどなど。

英語はわかりますが、それに対応する日本語がわかりませんでした。

つまり私の場合は 内容を知らない=知識が乏しい から聞こえない
パターンでした。

これを克服するには 毎日それ関連の内容を英語で読み、書き
つまりインプットを増やすことです。
リスニングの上達にはこのインプットの増加をせずには
伸びません。

内容を熟知しておられ、ある程度リスニングが出来る方で
聞き取れないという場合は 相手側の発音になれていないなどの
要因が考えられます。

画像つきの電話会議だと ホワイトボードなどを使って
聞き取れなくても なんとかなる場合もあります。

音声のみというのが実は一番難しいと思います。
日々、会議で話される内容を勉強されることが一番の
近道だと思います。

ご参考までに。

質問者様がその業種・内容にどれぐらい精通してらっしゃるのか
よくわからないのでなんとも申せませんが、想像して
書かせていただきます。

電話会議は電話だけなので音声だけが頼りですよね。

話される内容に熟知されていたら ある程度あたりは
つけられると思われます。

*話す内容をどこまで知っているか

 よく知っている → 相手の発音になれていない
 よく知らない → 内容がわかれば わかるかも

TOEICの勉強だけでは 聞き取れないかと思います。

留学経験はありませんが、TOEIC900超えぐらいの...続きを読む

Q民事裁判、和解交渉する際に和解メモを見ながら交渉は可能か

(1)民事裁判で証人尋問をする弁護士は書類を手元に置き見ながら質問が出来るのに、尋問を受ける側の被告人はメモして行った物を見ながら尋問に答える事が出来ないのはなぜなのでしょうか?

(2)和解交渉のする時にメモして言ったものを見ながらの交渉は
可能でしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

証言は、真実(本当にあったこと)を述べるのではなく、証人が記憶している事柄を述べるのが目的です。
例えば、“車の色”について証言を求められたとき、真の車の色が“赤”であっても、証人が見たときには光の加減で“青”に見えたとします。その後、証人がその車の色が“赤”であることを知ったとした場合でも、“車の色”を問われた場合に、“青”と答える必要があります。仮に本当の色が赤であるから“赤”(真実)を答えたとすると、それは偽証になり偽証罪の対象となりえます。
従って、“メモ”という“証人の記憶”以外の情報に基づく証言は認められません。但し、“証人の記憶”を引き出すためになんからの物を提示して質問することは認められています。

“和解交渉のする時にメモして言ったものを見ながらの交渉は”
交渉においては、証人尋問のように“宣誓”が要求されないので、何を参考にしても問題ないし、記憶より真実を優先することも問題ありません。

Q電話会議でスピーカーホンの使用及び反響について

電話会議の導入を考えています。

専用の端末を必要とするシステムもあるようですが、まずは手持ちの電話機でできるものならと思っています。

・普通のスピーカーホンの機能を使って、3人くらいが電話の周りに集まって電話会議をすることは可能でしょうか。

・もし可能な場合、スピーカーから出る相手の声をマイクが拾って、相手に自分の声がこだまのように戻ってくることはないのでしょうか。

・こだまのように戻ってきてしまい、気持ち悪いようであれば、専用の端末を使用するシステムを導入すると、そのようなこだま現象は防げるのでしょうか。

ご存じの方、ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

VoicePointの利用をお勧めします。
http://www.nec-eng.com/pro/vp_ip/index.html

電話機のスピーカホンではうまく行かないと思います。

Q裁判で和解決着後、「和解金」が手元に届く時期は?

どなたか教えてください。
先日、当方原告にて起こした裁判が金銭決着の運びとなりそうなのです。
正式には来週の第二回期日で具体的な金額も含め決定されるのですが、質問なのは、
和解決定後、「和解金」というのはいつ頃手元に届くのか(振り込まれるのか)ということなのです。
ケースバイケースかもしれませんが、おおよその期間というものがありましたら教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

和解金の支払時期は、原告及び被告が話し合い
双方の合意により決める和解条項の内容の1つです。

当日の和解の席上での現金支払いという内容も可能ですし、
1年後に振込により支払うという内容も可能です。
いずれにしても、支払側の資力状態によるところが大きいと思います。

一般的には、
一括払の場合は、和解成立後、一、二ヶ月以内の支払日で、
分割払の場合は、和解成立後、一、二ヶ月以内に第1回目の支払日になると思います。
また分割払の場合の分割回数は、長くても3年~4年(36回~48回分割)だと思います。
現金や小切手での支払はあまりなく、通常は指定口座への振込みによる支払いになると思います。
(振込手数料は支払側が負担することが多い)。
現金を持ち歩くことの危険性や、
支払をした事実や受領をした事実が比較的簡単に証明できるということから
口座振込が多いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報