今現在妊娠してて、体がきつく、週2,3日程度しか、会社にいけない状態です。今は保険、雇用保険ありのパートとして、働いていますが、勤務日数の関係で2月10日から保険なしのパートにおろされてしまいます。今考えてるのは、10日で会社を辞めて、離職票をもらうか、このまま働き続けるか、迷っています。ここで質問なのですが、一度辞めた会社に保険なしのパートとして働く事は可能なのでしょうか?宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。



妊娠が分かったために勤務時間を減らしたりもしくは、
離職する、または別の方法で「育児休業を取得する」
方法が考えられますが、今回のケースにおいては、
出産前まで頑張りたいという自分の意向と、できれば
手伝ってほしいという会社に気持ちの利害が一致したことだけで、
いわゆる、「勤務形態(労働条件)の変更」です。

あなたは、会社を辞めたわけではなく、雇用保険被保険者に
なれる要件からはずれただけなのです。
ですから、まったくこの件については法的に問題ありません!

雇用保険被保険者(一般)の条件は1週間に30時間以上の
勤務時間の見込みがあるかどうかという要件があり、
これに適用しなくなるだけです。

ただ、雇用保険上の手続きとして、離職していなくても、
一般被保険者の条件で無くなった以上、「喪失」手続きをするだけです。
ちなみに、この段階で離職票の発行は会社でできますが、
ご自身が、今後も出産まで短時間勤務されるようであれば、
「受給期間延長手続き」(有効期限を延ばす手続き)はできません。

ですから、短時間勤務に移行しても完全に現在の会社を離職しなければ、
受給期間延長手続きができないことをあらかじめ了承の上、頑張って
いただくことになります。

ここからがアドバイスになりますが、
じゃぁ、延長手続きをせず、出産までパートとして勤務したほうがいいのか
もしくは、2月10日付けの完全離職として受給期間延長手続きをしたほうが
いいのかという選択肢ですが、
現在の妊娠期間や自分の体調に合わせて検討してください!
どちらを選択しても、出産・育児後に「さぁ、仕事を(パートでもいいから)
探そうか!」というタイミングで雇用保険の受給申請はできるわけです。

もし、2/10付離職であれば、離職票をもらっても、延長手続きは、
「離職した翌日から30日経過後の1ヶ月以内」(つまり、3/13-4/12)
に手続きすればいいですし、パート勤務後であれば、その勤務を完全に
やめた日の翌日から30日経過後の1ヶ月以内に申請してください。
必要なものは、離職票1&2・母子健康手帳・印鑑です。
ちなみに、パート勤務をした場合には、雇用保険喪失後もパート勤務
をしていたことを証明する書類も必要になります。
(管轄の職業安定所に相談してください)
延長手続きは代理人(親族・友人誰でもOK)でも可能です。

別に面倒なことではありませんが、初めてのことでしょうから
ご主人とよく相談して、完全に辞めるのか、もうちょっと頑張るのか
決めてください。

長く書きすぎたので不明な点があればまたカキコしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報を有難うございました。今日会社の方に聞いてみたところ、保険や年金は外されて、雇用保険のみは継続でつけてくれるそうです。いろいろ返答頂いて勉強にもなりました。本当に有難うございました。

お礼日時:2002/02/01 00:06

ご質問は『一度辞めた会社に保険なしのパートとして働く事は可能なの..』ですね。


それは可能でしょう。
雇用主の問題だけですよ。休みがちな人は雇いたく無いと会社側が思えば再雇用しないだけですから。

↑文章は何処もおかしく無いと思うんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日、結果がでました。妊娠に向けて頑張れるところまでがんばってみたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2002/02/01 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。 それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約

65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。
それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約はできないと、言う事でしょうか?

Aベストアンサー

>65歳以上の人間は週20時間以上の契約は
>できないと、言う事でしょうか?
そういうわけではありません。
週20時間以上の雇用契約はできるし、
働けます。

いったん退職されてしまうと、
雇用保険に加入できず、
基本手当は受給できなくなるし、
高年齢求職者給付も受けられなくなる
ということです。

ベースにあるのは年金との関係だと
思います。
年金が受給できるので、失業しても
失業給付の受給はない。
ということでしょう。

Q例えば、ある会社で日給月給で25日間働いたとします。で、何らかの理由があり24日分のお給料だげでいい

例えば、ある会社で日給月給で25日間働いたとします。で、何らかの理由があり24日分のお給料だげでいいいですよ。と社長に伝えて本当に24日分の給料しか頂けなかったら、違法になりますか?

Aベストアンサー

双方合意の上であれば問題ありません。

Q65歳以上の退職の場合の雇用保険について

老齢厚生年金を受給しながら、62歳11ヵ月から再就職し
雇用保険に加入しています。
65歳に達しても、再就職先があれば働きたいと思っていますが
65歳以上の退職者には高年齢求職者給付金が受給でき、
かつ老齢年金を受給していても両方同時に受給できるとありますが
間違いないでしょうか。
例えば、
(1)65歳1ヶ月で退職した場合、(給与は19万円)
(a)過去6ヶ月の平均給与で計算された基本手当が50日分一括支給
(b)65歳に達して1ヶ月なので、加入期間は1年未満となり30日分が一括支給
(c)65歳以上は雇用保険は加入できないので、1ヶ月は未加入と
なるので(a)(b)以外の計算方法?

(2)65歳を過ぎても同会社に勤めていた場合、雇用保険は未加入
となりますが、退職が67歳となっても受け取れますか。
有効期限のようなものはないですか。

(3)65歳に到達する年度に雇用保険解約されるという規則は
本当でしょうか。会社の都合だけでしょうか。

込み入った質問で恐縮ですが、よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)、
すなわち、65歳の誕生日の1日前以降に離職したときは、
基本手当ではなく、一時金(1回かぎりの支給)としての
高年齢求職者給付金を受けられる。
年金との間の併給調整は行なわれないことになっているため、
老齢年金(老齢厚生年金、老齢基礎年金)と
高年齢求職者給付金は、どちらとも受けることができる。

このとき、2に該当する人を「高年齢継続被保険者」といいます。
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)よりも前から
事業主に雇用されており、かつ、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)以降の日についても、
引き続きその事業主に雇用され続ける人をさします。
つまり、このような方が65歳に達した日以降に離職した場合に
高年齢求職者給付金が支給されることとなります。
支給額は「離職前の“被保険者であった期間”」に応じて、
基本手当の日額の、30日分又は50日分に相当する額となります。
以下のすべての要件を満たすことが前提です。

イ.
離職により、受給資格の確認を受けた。
ロ.
労働の意志・能力はあるが、職業に就くことができない状態。
ハ.
算定対象期間(原則、離職前1年間)のうちに
被保険者期間が通算して6か月以上ある。

以上のことから、ご質問の例の場合には「ハ」に相当し、
通算の被保険者期間が「1年以上」となると思われることから、
基本手当日額の50日分に相当する高年齢求職者給付金を
受けることができます。
すなわち、ご質問の(1)は(a)となります。
(注:「1年未満」であれば、30日分です)

計算方法は、基本手当と同様です。
すなわち、被保険者期間としてカウントされる月のうち、
離職前6か月間に支払われた賃金の額をもとに計算されます。
(注:カウント ‥‥ 賃金支払の基礎となった日数が11日以上の月)

なお、基本手当同様、待期(7日)や給付制限期間があります。
自己都合退職のときは、待期に引き続いて3か月の給付制限期間を経ないと
高年齢求職者給付金を受けることができません。
また、高年齢求職者給付金では受給期間延長手続が認められないため、
病気やケガで引き続き30日以上職業に就けなかったとしても、
受給期間の延長(受給開始の先延ばし)はできません。

基本手当(A)、高年齢求職者給付金(B)ともに、
離職日から1年を経過してしまうと、以後、受ける権利は失われます。
すなわち、A・Bのいずれであっても、
離職日から1年以内に請求を済ませなければなりません。
ご質問の(2)の答えの1つです。

> 退職が67歳となっても受け取れますか。

高年齢求職者給付金であれば、受け取れます。

65歳以降であっても、65歳前から雇用されており、
かつ、引き続き65歳以降も雇用される場合に限っては、
雇用保険法第6条第1項(適用除外)の定めにより、
適用除外から除かれるためです。
ご質問の(2)および(3)の答えとなります。
(つまり、引き続き雇用保険の被保険者となります)

雇用保険法第6条第1項
次に掲げる者については、この法律は、適用しない。
一 六十五歳に達した日以後に雇用される者
(同一の事業主の適用事業に同日の前日から引き続いて
六十五歳に達した日以後の日において雇用されている者‥‥を除く。)

65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)までに離職したとき、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)に再就職した場合でも、
雇用保険の被保険者とはなれません。
これが、ご質問の(3)の答えで、つまり「ほんとう」です。
雇用保険法第6条第1項による定めです。

言い替えますと、既に説明させていただいたとおり、
65歳に達したとしても離職せず、
引き続き同一事業主に雇用され続ける、ということが必要です。
そうすれば、65歳以降の離職であっても、
少なくとも、基本手当に相当する高年齢求職者給付金を受けられます。

誤りのないように十分留意しながら記したつもりではありますが、
詳細については、必ず、ハローワークにお問い合わせ下さい。
 

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕...続きを読む

Q今のパートを辞める時…

現在のパート先に勤めて3ヶ月です。それまでは扶養控除内で働いていましたが、この会社では、扶養を外す方向でフルタイムのパート勤務にしました。面接時に「保険・年金関係については様子をみて」とあいまいなまま働きだしてしまいました。勤務しだしてパート仲間から「今までフルタイム長期パートで社会保険(雇用保険すら)加入させてもらった人はいない。自分で国保・国年に加入していた。」と聞かされました。業務内容も面接時に「一日中PC入力は、目も疲れてしまいできない。半日位なら」と話し、「午前は受付、午後はPC」と了解してもらったハズでしたが…パート3日目から出社と同時に一日中、昼食1時間休憩以外PC入力です。さすがに目の疲れもピークで、夕方目を開けているのも辛いです。次の仕事を見つけて、ここを辞めようと思います。雇用契約書も交わしていません。(当然退社の祭は、何日以前に…なんて話もありません)次が見つかった場合「今日で辞めます」というのはまずいでしょうか?(非常識なのも、他のパートさんに迷惑かけるのも十分わかっています。)「○日で辞める」と言った後今まで通り平常心で仕事が出来る雰囲気ではありません。

現在のパート先に勤めて3ヶ月です。それまでは扶養控除内で働いていましたが、この会社では、扶養を外す方向でフルタイムのパート勤務にしました。面接時に「保険・年金関係については様子をみて」とあいまいなまま働きだしてしまいました。勤務しだしてパート仲間から「今までフルタイム長期パートで社会保険(雇用保険すら)加入させてもらった人はいない。自分で国保・国年に加入していた。」と聞かされました。業務内容も面接時に「一日中PC入力は、目も疲れてしまいできない。半日位なら」と話し、「午前...続きを読む

Aベストアンサー

まず、約束が守られていないので、9月○日に辞めます、と言うことです。
すぐに辞められないのは仕方ないことです。
また、雇用契約書は今からでも発行要求すべきです。
2つとも相手がアイマイに言うなら、それでは明日から来ません、もいいでしょう。

Q65歳以上の雇用保険加入について

社員から役員(登記簿記載)になり雇用保険加入をやめた者が、66歳で役員を降りたのですが、再び加入することはできますか?

原則65歳以上での新規加入はできないことになっていますが、「65歳以前から雇用されていて65歳以後も引き続き雇用されているもの」は加入できるみたいですが、今回のケースはこれにあてはまりますか?登記簿上の役員は「雇用されているもの」ではないので該当しないのでしょうか。勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。

Aベストアンサー

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも書いてあるが、ご質問文には、『勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。』とあるので、日雇い労働被保険者(法第42条~)や短期雇用特例被保険者(法第38条~)に該当しない
4 よって、被保険者適用の余地が無い。

今後の対策
内規で、株主総会開催日から1年以内に65歳の誕生日を迎える者は、役員を自主的に退任する事とするとよい。当然に、役員退任後は労働者としての雇用実績は必要です。

尚、↓に書くような認定ケースも無いとは言い切れないので、納得できないのであれば、職安窓口と交渉してください。
◎非常にイレギュラーなケース
登記上は役員だか、実態としては経営者や役付き役員の管理下で労働をしており、労働者としての面しか持たない「平取締役」であり、役員報酬も貰っていないのであれば、職安に届ける事で被保険者資格を最長2年前に遡って認めてもらえる事もある。
その場合には、法第6条第1項但し書きの適用の余地はある。

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも...続きを読む

Qパートが長く働いて得をするのは会社だけ

時給850円のパートで1年更新、昇給ボーナスなし
っていう仕事に就いている人がいたとします
世間では長く働けば働くほどいいと言いますが、これで得をするのは企業だけなんじゃないでしょうか
長期でスキルも身についた人間を安くこき使う
もしこの人が他に給料のいい会社に行けるならそちらに行った方がいいと思うんですよ
皆さんはどう思いますか

Aベストアンサー

パートタイム労働は,もともと,人手不足の解消策でした。
「季節工」などと云って,農閑期の農村労働力を狩り出すための,高度成長下での労働力確保手段もありました。昔は,非正規雇用はあくまでも臨時の手段とし,法的にも一定期間経過すれば正社員化するよう求められていました。労働時間や処遇のあり方についての規制もありました。
これらの規制はリーマンショックを機に,自公政権下で大幅に緩められ,今では全労働者数の約三分の一が非正規雇用と言う有様です。

「パートが長く働いて得をするのは会社だけ」
長く働く・・・は,長時間労働の意味ですか? それとも契約更改による永年勤続の意味ですか?
いずれにしても,資本による労働力搾取に変わりありませんから,直接雇用されている中小零細企業だけが儲かるわけではありません。その企業の系列全体として儲けていますし,最も利益を得ているのは系列のトップです。

ブラック企業の標本とも云われる○タミとかいう全国展開する居酒屋のトップが,国会議員に当選したりしています。支店の店長がどんなにスキルを身につけても,とても本社役員にはなれません。同業他社も,厚遇して迎えては呉れません。
学校で憲法も社会科も教えない今の教育政策が,抗議の声さえ上げさせない体制を作り上げてきました。

パートタイム労働は,もともと,人手不足の解消策でした。
「季節工」などと云って,農閑期の農村労働力を狩り出すための,高度成長下での労働力確保手段もありました。昔は,非正規雇用はあくまでも臨時の手段とし,法的にも一定期間経過すれば正社員化するよう求められていました。労働時間や処遇のあり方についての規制もありました。
これらの規制はリーマンショックを機に,自公政権下で大幅に緩められ,今では全労働者数の約三分の一が非正規雇用と言う有様です。

「パートが長く働いて得をするのは会社だ...続きを読む

Q65歳以上70歳未満の医療費窓口負担

こんにちは。65歳以上74歳未満の方を前期高齢者と呼ぶそうですが、
これらの年齢の方々のうち、65歳以上70歳未満の方々の医療費窓口負担はどれぐれいでしょうか?

たしか2002年から70歳以上が一割負担、それ以下は三割負担
だったと思います。現在、後期高齢者制度のもと、75歳上が
1割、70歳以上74歳未満の方は2010年3月まで一割負担と聞きました。

65歳から70歳未満の方は3割ですか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

65歳以上70歳未満の方の窓口負担は3割です。

70歳以上になると保険証とは別に高齢受給者証というのが渡され、負担割合はそこに書かれています。
現役並みの収入がある方は3割負担、それ以外の方は1割負担(2010年4月以降は2割になる予定)です。

Q正社員で働いていた会社を無断で辞めたのですが給料はもらえるのでしょうか?

すいません、質問させてください。
私は去年の11月まで正社員として働いていました。
ですがあまりの仕事の厳しさに、社会人としてはやってはいけない無断で仕事をやめるという行為を犯してしまいました。
月280時間近くも働かされて上からは無理難題、下からはわがままを言われ続け板ばさみ状態を続けながらも1年以上耐えましたが無理でした。
最低の行為をしたのは重々承知しています。ですが仕事をやめたいと上司に伝えてもいいように丸め込まれ(これは自分の態度や意志が弱いのも原因ですが)続け、ある日耐え切れなくなって逃げてしまいました。
今では反省しています。上司の上に直訴するなり、しかるべき所に相談に行くなど方法はいくらでもあったと今になって痛感します。

本題なのですが辞める前の月の給料(15日〆の25日払いでした)を取りにこいとの手紙が今年の1月くらいにありました。
退職届は去年の12月に郵便で送りました。
とてもじゃないですが、会社にも迷惑をかけてしまったのにのうのうと給料を取りに行くことはできないと思って私は何も連絡はしていなかったのですが
先日この件を親に言うと、働いた分だけの給料を貰うのは当然のことなので貰って来いといわれました。
しかし何度も言いますが、さすがに無断で辞めておいて会社にも迷惑をかけたのにもかかわらず給料を貰いにのこのこと顔を出すのは負い目があって気が引けます。
この給料分を銀行口座へと振り込んでもらうという形の趣旨を手紙で送ったとして、受理してもらえるのでしょうか?
やはり考え方が甘いですかね?
もしくは代理で友人などに、自分の身分証明書などを持たせて取りに行ってもらうというのは可能なんでしょうか?
どうか、ご意見をいただけたらと思います。
大変汚く、拙い文章で申し訳ございません。ではよろしくお願い致します

すいません、質問させてください。
私は去年の11月まで正社員として働いていました。
ですがあまりの仕事の厳しさに、社会人としてはやってはいけない無断で仕事をやめるという行為を犯してしまいました。
月280時間近くも働かされて上からは無理難題、下からはわがままを言われ続け板ばさみ状態を続けながらも1年以上耐えましたが無理でした。
最低の行為をしたのは重々承知しています。ですが仕事をやめたいと上司に伝えてもいいように丸め込まれ(これは自分の態度や意志が弱いのも原因ですが)続け...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは会社に「働いた分給料を下さい」という権利を持っています。
今からでも行使する事は可能です。

但し、「振込みにして下さい」という権利はありません。
支払い方法は会社が指定する方法になります。

原則として、
退職月の給与は、精算の有無、返却品の有無、渡される書類の有無、
等を確認する(無くても「無い事を確認する」)必要があるので、
出勤しなくなってしまったまま退職という事は出来ません。
「その様な確認作業が行われていないから、最後の給料は会社が預かったまま」というのは
問題ありません。

もちろん、「本人以外の誰かが代理で取りに行く」という事は認められていません。

裁判になろうとも、労働基準監督署が入ろうとも、上記の原則が変わることはありません。
会社は「退職手続に来社すれば、払う」と主張すれば、違法ではありません。

退職届を提出する事と、「退職時に手続をする事」は別です。

世の中をなめるんじゃないよ!

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q今の会社を辞めたいのですが・・・。

初めて投稿させていただきます。よろしくお願いします。24歳、女性です。
事務職のアルバイトをして6ヶ月が経つのですが、社風が合わないので辞めようか悩んでいます。
でも、この会社に入るときには「長期希望」で入社したため、辞めるのが非常に申し訳なく思い、ついつい
いいそびれています。やはり1年は我慢して続けるべきでしょうか?

また辞める理由としては、
(1)正直に、社風が合わないと伝える。
(2)結婚しているため、そろそろ子供がほしいといったことを伝える。
の2つを考えているのですが、どちらがいいと思いますか?また他にもいい理由があれば教えてください!

Aベストアンサー

正直に、社風が合わないと伝える。

こちらをお勧めします。ウソはいけません。

「ドコが合わないの?」などと聞かれるかもしれません。
一つや二つは考えておいて下さい。

「がまんして」と引き止められるかもしれません。
アナタ一人のに為に社風を変える事はないので、粘りましょう。

やめるという前提で書いていますが、このご時世にやめるべきかどうか、それはアドバイスできません。


人気Q&Aランキング