事務次官の更迭というのは、外務省の中で他の職に就かせることですか?それとも公務員をくびにすることですか?分りませ~ん?教えて!!

A 回答 (2件)

このところ歴代、事務次官を勤めた方の次ぎのポストは駐米大使です...!! (官界では彼は不祥事を起こしたとは考えません)



今度の場合は更迭でやや不利にはなりましたが、このまま外務省のごたごたが済めば以前有力な順位にあるはずです。

仮に駐米大使は無理であっても同等のポストで比較的摩擦のない国連大使などになる可能性があると思います。
    • good
    • 0

厳密に言うとクビには出来ず、事務次官の職をとくだけです。



しかし実際には、公務員を辞職します。これは慣例で、一例を挙げると、同期が、事務次官になると、他の同期全員は公務員を退職する風習があるのです。すると50代で無職になり、困ることになるのですが、実際は困りません。天下りという甘い汁を吸えるわけです。

野上氏も天下りして甘い汁を吸うだけでしょう。

本当に頭に来ますよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ