mixxho銀行のCMの使われているのは、炎のランナーのテーマ曲でよかったでしょうか。当時、(映画館で観ましたが、)難しく感じた記憶を思い出しました。どなたか映画の内容を覚えておられる方がいらっしゃいますたら教えていただけたらと思います。信仰とスポーツがテーマだった気がするのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

炎のランナーのテーマ曲で正解です。


ヴァンゲリスの演奏です。何度聴いても素晴らしい音楽ですね。
ストーリーについてはNo1さんが回答されていますので、私はこのテーマ曲が試聴できるサイトをご案内させていただきます。
下のサイトの1番 titles をクリックしてください。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=73709
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。テーマ曲だけでも知っている方も多いかもしれませんね。その割りに、映画の中身が語られることは少ない気がしていて。日本人には、やはり難解な部分も多いからでしょうか。

お礼日時:2006/04/13 23:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。おぼろげながら思い出しました。ストイックな雰囲気が全編に流れていて、信仰のためにスポーツ(走ること)に打ち込む姿が印象に残っていました。

お礼日時:2006/04/13 15:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

CM 銀行」に関するQ&A: みずほリオCMの曲

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夢や記憶がテーマの映画

夢や記憶がテーマの映画
先月『インセプション』を観ました。後を引くエンディングでしたね。

夢や記憶の世界を描いた他の映画も観たいと思っております。
以前私が観て面白く印象深かったものとしてすぐに思い浮かべたのは、
『トータル・リコール』『マトリックス(3部作)』『バニラ・スカイ』です。
他に何かDVD化されているものでお薦めがありましたら、是非ともお教えください。
和様を問いません。どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ビッグフィッシュ
年老いた父が、息子に繰り返し聞かせる、自らの若い時代の「記憶」の話。しかし、息子はその非現実的なエピソードを、父が見た夢、子供だまし、と思いうんざりしている。父と息子の価値観の違いや、お互いの理解を描く。心が温かくなるファンタジーです。

エターナル・サンシャイン
辛い記憶を消し去る技術が開発され、男が失恋の痛みを消し去ります。楽しかったころの恋や、恋人とのすれ違いの課程が、さまざまな時系列で交錯して現れ、記憶というもののいとしさや切なさそのものがテーマになっています。これがイチオシです。

恋愛睡眠のすすめ
幼いころから夢見がちで、何かと夢の世界へ逃げる主人公の青年が、女性に恋をし、夢の中では仲良くできるのに現実では話しかけることもままならなかったり、夢の中でしていたはずの大胆な行動を、実際にやってしまっていたり、徐々に夢と現実の区別がつかなくなっていってしまう。シュールです。

マルコヴィッチの穴
誰でも15分間だけ、俳優ジョン・マルコヴィッチの頭の中とつながれる穴が発見される。主人公夫妻はその穴で商売を始めるが・・・という、超シュールなコメディ。夢や記憶に該当するのかわかりませんが、「自分としての人生」「俳優ジョン・マルコヴィッチとしての人生」が混同されたり、「穴」にルールがあったりと、なかなかよくできていておもしろいのでお勧めします。

メメント
インセプションのクリストファー・ノーラン監督の出世作。妻が殺害されたショックで10分間しか記憶を維持できなくなってしまった主人公が、妻を殺害した犯人に復讐するため、手がかりを探し謎に迫っていく。時系列がシャッフルされ、主人公の記憶に沿って10分間で場面が転換される複雑な構造です。

バタフライ・エフェクト
幼いころから記憶障害を抱える青年だが、治療のために7歳からつけている日記を読むと、それが書かれた時代に戻れることを知る。青年はそこで過去の記憶をいじってしまい、それが現代に至るまでに多方面に思わぬ多大な影響を及ぼしてしまう。

12モンキーズ
ウイルスにより人類の99%が死滅し、残りの1%も地下生活を余儀なくされる近未来。少年時代に不思議な記憶を持つ囚人の男が、ウイルスを散布したテロリスト集団と見られる12モンキーズの謎を突き止めるため、1990年代を行き来する。記憶は妄想なのか現実なのか、過去と未来が交錯し、少年時代の記憶の謎が解き明かされていく。

ドニー・ダーコ
精神病を患い、夢遊病患者のドニー・ダーコ少年が体験する不条理ミステリー。ウサギの着ぐるみ男が「世界の終わりまであと28日」と告げる。

オープン・ユア・アイズ
バニラスカイは、スペイン映画「オープン・ユア・アイズ」のハリウッドリメイク版です。オリジナル版をおすすめします。

隠された記憶
家族とともに平穏な生活を送る男に、突然謎のビデオテープが送られてくる。そのビデオにはプライベートな光景が映し出され、男は徐々に恐怖を感じ始めるとともに、子供時代のある記憶を思い起こしていく。

パンズ・ラビリンス
スペイン内戦で父親を亡くし不幸な生活を送る少女が、幻想世界で「姫」として崇められ、与えられた「3つの試練」に挑む。現実と虚構の対比が切ないダークファンタジーです。

悲夢
オダギリジョー主演の韓国映画。主人公が夢を見ると、ヒロインが眠っている間、その夢で起きる物事の通りに行動してしまう。主人公とヒロインは危険から身を守るため共同生活を行い、眠らないよう互いを監視しはじめる。映像が非常に美しかったです。

パプリカ
精神治療を行う主人公が、患者の夢の中に入り込んで治療を行う。そのとき主人公は現実世界とは別の人格「パプリカ」となる。今敏監督のアニメ。

悪夢探偵
他人の夢の中に入れるという能力を持つ探偵が事件を解決していくサイコスリラー。

ユメ十夜
「こんな夢を見た」で書き出しが始まる、10の奇妙な夢を描く夏目漱石小説の映画化。10編のオムニバス。

夢と現実の虚構のようなものを描き続ける監督で、デヴィッド・リンチ監督がいます。インランド・エンパイア、マルホランド・ドライブなどは、どちらが夢でどちらが現実なのか、難解な作品ですが、マルホランド~などでは夢破れた女性の願望や妬みなどの複雑な感情がもう一つの世界を作り上げているような作りになっており、見ごたえがあると感じられる方もいると思います。(自分には複雑すぎてダメでした。笑)

あとはまだDVDになっていないと思いますが、シャッター・アイランドも過去の記憶が重要な鍵を握っており、現実と非現実が観客側も徐々にかき乱されていく感じなので、お探しのテーマと近いかも知れません。

ご参考になれば幸いです。

ビッグフィッシュ
年老いた父が、息子に繰り返し聞かせる、自らの若い時代の「記憶」の話。しかし、息子はその非現実的なエピソードを、父が見た夢、子供だまし、と思いうんざりしている。父と息子の価値観の違いや、お互いの理解を描く。心が温かくなるファンタジーです。

エターナル・サンシャイン
辛い記憶を消し去る技術が開発され、男が失恋の痛みを消し去ります。楽しかったころの恋や、恋人とのすれ違いの課程が、さまざまな時系列で交錯して現れ、記憶というもののいとしさや切なさそのものがテーマにな...続きを読む

Q他の映画の検索をしていた時、ふと内容を思い出したんですが、題名が思い出

他の映画の検索をしていた時、ふと内容を思い出したんですが、題名が思い出せません。
良かったら教えていただけるとありがたいです。

洋画でテレビの放送を見たと思います。
内容は、子供のころ家に強盗が入って母・姉・自分(男の子)が
レイプされるが兄が帰ってきて犯人は射殺される。
現在結婚して妻子がいるがあまりうまくいっていない。
たしか、姉が病気で田舎に帰っている時に好きな人が出来る(医者?)
が結局妻子の元へ帰る。
兄は自殺したかも。
結構地味な映画だったような。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」(1991)ではないでしょうか。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD3585/story.html

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD3585/story.html

Qマトリックスのテーマの「信仰と哲学」

マトリックスのテーマの「信仰と哲学」というのがよく分からないのですが
つまりどういうことですか?

Aベストアンサー

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)生きていけない。
 また、マシンも、どんなに人間を嫌っても、人がいなければ電源供給が絶たれ、マシンも停止するしかない。
 人とマシンが互いに、互いを必要としているように、ネオにとってのスミスも、いやおうなく、融合することが唯一の解決策であることに気づかされる。
 これらの背景にあるのは、人が「自由意志」だと思って行動していたことが、実は「必然的な選択」ではなかったのかという「自由意志への懐疑」。
 デカルトからカントに受け継がれた知覚主義、意識と懐疑、“選択する”ということの意味への考察、原因と結果の因果関係論などの思想。
 そのほか、哲学者ボードリヤール、ショーペンハウアーの考え方、ニーチェの超人哲学、仏教、密教なども随所にマトリックスの中に取り入れられている。
 マシンは、ネオとの合意形成によって、マトリックスの全システムがリセットされ、無事に再起動をはたす。ラストシーンで、日の出を作り出し、「預言者」と一緒に見る少女が、ネオに続く次の救世主となったことが示される。
 このように哲学以外にも、人の脳神経には、重力も、物理的な制限もいっさいないため、日の出を作り出したり、現在の人類には信じられないようなスピードで早送りしたり、検索したり、データマッピングさえできる可能性なども示されている。

参考URL:http://www.fujigoko.tv/rev/prof/doc6/index.html

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)...続きを読む

Q「炎のランナー」の曲

映画「炎のランナー」の後半で使われていた曲(名)を教えてください。

運動会の徒競走、短距離走などに使われる曲です。映画の中では吹奏楽系(行進用?)にアレンジされていたようでややスロー気味の演奏でした。サントラには入っていないと思います。

不確かな情報で申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

気になったので、DVDを飛ばしながら見てみましたが、
う~ん、分かりませんでした。
クラシックがいくつかと、国家がいくつかありましたが、
運動会の曲と結びつきそうなのが見つかりませんでした。
この中にありますか?
http://pan-nacotta.jugem.jp/?eid=216
「トランペット吹きの休日」辺りが怪しい気がします。

Qオーストラリアでは有名な同性愛がテーマの映画で、Holding the man という映画があります

オーストラリアでは有名な同性愛がテーマの映画で、Holding the man という映画があります。これはオーストラリアの航空会社、ジェットスターを使った時に有料で観れた映画だったんですが、本当によいストーリーで、感動しました。それから、ネットで調べて何回か無料で観れたのですが、英語なので、100パーセント理解出来なくてモヤモヤしています。英語か日本語の字幕付きを求めて、近くのゲオやTSUTAYAにいっても、Holding the man は日本でそこまで有名でないのか、置いてありませんでした。

誰かこの映画の字幕付きバージョンのDVDが日本で発売されているのか、知っている方はいませんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オーストラリア映画 Holding the Man は2015年8月にオーストラリアで公開されたものの、オーストラリア国外では今のところ劇場公開されてないようです。映画祭での上映もオーストラリア国内のみにとどまっているようです。
http://www.imdb.com/title/tt3671542/releaseinfo
https://en.wikipedia.org/wiki/Holding_the_Man_%28film%29

同性愛などセクシュアル・マイノリティを題材とした映画をたくさん東京で上映する7月のTIL&GFFにリクエストなど出されてはどうでしょうか(問い合わせページなどから)。
http://tokyo-lgff.org/

ニール・アームフィールド監督の前作『キャンディ』は日本でも劇場公開され、DVDも出てますし、Holding the Man にはガイ・ピアースやケリー・フォックスも出演してるので、日本での劇場公開の可能性もまだあると思います。個人的にはサラ・スヌークが出てるので気になります。

昨夏に本国で公開されたばかりの新しい映画なので、今後日本において映画祭で上映されたり、映画館で公開されたりするかもしれず、日本でのDVD発売があるとしてもその後ということになります。

オーストラリア本国でもBlu-rayとDVDは今年1月14日に発売されたばかりのようです。
https://twitter.com/transmission/status/681285956645687296
https://twitter.com/HTMmovie

なお、原作は1995年に出版された Timothy Conigrave の自伝(?)です。また、2006年には Tommy Murphy の脚色で舞台になってます。原作本や戯曲は日本のAmazonなどでも手に入ります。
http://www.amazon.co.jp/dp/0140257845
http://www.amazon.co.jp/dp/B00APG286S
http://www.amazon.co.jp/dp/1848421087
http://www.amazon.co.jp/dp/B016YAOLP4

オーストラリア映画 Holding the Man は2015年8月にオーストラリアで公開されたものの、オーストラリア国外では今のところ劇場公開されてないようです。映画祭での上映もオーストラリア国内のみにとどまっているようです。
http://www.imdb.com/title/tt3671542/releaseinfo
https://en.wikipedia.org/wiki/Holding_the_Man_%28film%29

同性愛などセクシュアル・マイノリティを題材とした映画をたくさん東京で上映する7月のTIL&GFFにリクエストなど出されてはどうでしょうか(問い合わせページなどから)。
http:...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報