昭和21年に内閣が旧仮名遣いを新仮名遣いへあらためる内閣訓令を出したにもかかわらず、内田百閒は、昭和46年に亡くなるまで旧仮名遣いを使い続けたということですが、なぜでしょうか?単に、新仮名遣いが馴染めなかったというようなものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  内田百閒について、あまり詳しくないので自信なしとしますが、文学者は一般に、「言語」つまり、日本人の作家なら日本語を大事にします。その場合、日本語の何を大事にするか、重視するかは、作家の作風や、文学についての考え方で違って来るのが当然だと思います。
 
  内田百閒は、特異な文体を持った文学者でしたし、その主題も非常に韜晦したというか、錯綜した内容を持っていました。彼にとって、自分の文学空間を十分に表現するためには、日本語の歴史的典拠全体が必要で、その上に更に彼独自の言語空間・物語の空間を築くという操作が必要であり、また、そのようなことを意図したのだと思われます。
 
  日本語の伝統との連関で言うなら、「旧仮名遣い」の方が合理的で、伝統文学や伝統の重みの意味と整合性や調和性があります。「新仮名遣い」はいわば、日本語の歴史を無視して、或る時点での日本語のありようを切ってみせて、「標準」を決めたとも言えます。これでは、日本語の歴史に立脚して文学空間を構築しようという文体や意匠に拘泥する作家には、納得の行かないものでしょう。
 
  現代の新仮名遣いの文学は、それはそれとして、時代を開いているのですが、日本語の文学伝統や、言語の歴史との連続性から言えば、色々なものを失っているとも言えます。失う代わりに得たものがあるのですが、どうしても、失いたくない場合は、旧仮名遣いに拘泥するのは少しも不思議なことではないと思います。
 
  また、旧仮名遣いで育った世代にとっては、旧仮名遣いがいわば「マザータング」であり、新仮名遣いが不自然なのだということも言えるでしょう。
 
  逆に、たかが内閣訓令ぐらいで、何故、自己の言語表現を変えねばならないのか、という疑問が出てきます。新仮名遣いを採用した結果出てきた不都合なことや、色々な矛盾は、古典を読むと、かなり分かるのですが、しかし、新仮名遣いで育った人には、古典の記述がむしろ、奇妙に見えているのだとも思えます。
 
  旧仮名遣いで、自己の文体を築き、更に、その上に自己の文学世界を構築して来た人、また、そういう歴史的厚みのある言語空間でないと自己の世界が表現できない文学者にとって、むしろ、何で、新仮名遣いのような、確かに、「口語・会話」においては、そういう風になっているが、日本の言語伝統からすれば、整合性のない記述方法を採用せねばならないか、理由が皆無ではないでしょうか?
 
  ベストセラー作家や、誰でも読めるエンターテインメントを目指す人は、読みづらい旧仮名遣い表現は、それだけで読者に背を向けているということになるのかも知れませんが、或る時代の読者受けすることを狙うのが作家・文学者ではないでしょう。やはり、文学者も、芸術家である以上、時と空間を越えた、「普遍」を目指すものでしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。おおいに参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/01 08:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q丸谷才一が旧仮名遣いを使い始めた時期とその理由

丸谷才一氏が作品で旧仮名遣いを使用し始めたのはいつからでしょうか?
確か、記憶違いでなければ、文壇に登場した当初は現代仮名遣いだったと思うのですが。
また、旧仮名遣いに拘る理由は?

ご存知の方、コメントください。

Aベストアンサー

『桜もさよならも日本語』所収の
「言葉と文字と精神と」の中(新潮文庫版138ページ)にあります。

・最初の小説は歴史的仮名遣いを使っていた。
・しかし、翻訳もやっていたので、翻訳は新仮名遣いを用いた。
・そのうち翻訳以外の時にも新仮名遣いを使うようになった。
・だが、『後鳥羽院』を書いたとき、
「引用文は歴史的仮名づかひ、地の文は新仮名づかひでゆくというふわづらわしい二本建ては、
必然的に両者の比較をわたしに課すことになつたのである。
優劣は明かだつた。わたしはその評論を書き上げたのち、
ごく自然に新仮名づかひと別れ、国語改革を再検討する意向を固めたのである」(前掲書)

理由は、簡単にいえば歴史的仮名遣いの方が論理的であり、
新仮名遣いは例外が多く、論理的にすっきりしていないから…とのことです。

Q旧仮名遣い

旧仮名遣いで文章を書こうと思っています。
「どうなさっていらしたの」という女性の言葉を旧仮名遣いで書くとどうなるんでしょう?
「どうなさつていらしたの」か「どうなさつてゐらしたの」か迷っています。

Aベストアンサー

「いらしてください」は「来る」の尊敬語で、「どうなさっていらしたの」の「いる」は「居る」の尊敬語。
旧カナで、前者なら「いる」を用い、後者なら「ゐる」となるということではないでしょうか。

Q「旅は岡山にかぎる」は内田百閒の言葉か?

最近、JR西日本の駅で「旅は岡山にかぎる 内田百閒的旅のすすめ」みたいな広告を見かけますが、「旅は岡山にかぎる」というのは内田百閒の著作のどこかに出てくる言葉なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

百閒先生は岡山の女性と結婚しましたが後になって自分のお母さんと子供達の世話を夫人に任せたまま別に愛人と暮して事情を知る岡山の一部の人達から非難されたと聞きます
自責の念からか岡山はほとんど訪問しなかったそうなので先生の文章では無いと思います

Q「わづらふ」の現代仮名遣いは?

ご教授下さい。
古語の「わづらふ」を現代仮名遣いに直すと「わずらう」になるのでしょうか?それとも、au音があるので「わずろう」が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

『広辞苑』で「わずらう」を引くと、

わずら・う【患う】ワヅラフ

と出てきますから、「わづらふ」を現代仮名遣いに直すと「わずらう」になるでしょう。
それを「わずろう」と発音するかどうかは別問題ですが。

Q文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われて

文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?よく分かりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?

まずは『新旧仮名遣いの違い』と『文語口語の違い』が別のお話であるのをご理解ください。

新仮名遣いが採用されたのは太平洋戦争後です。
それ以前は、文語詩も口語詩も『歴史的仮名遣い』で書かれていました。


>文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?

"文法の上で"文語の文法で書かれたのが文語詩、
口語の文法で書かれたのが口語詩です。

仮名遣いとは直接関係の無いお話です。
口語の文法については、今我々が日常で使っているような文法です。
文語の文法についてはご自身でお調べください。

ちなみに文語詩の代表格が『若菜集』です。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000158/files/1508_18509.html

口語詩の代表格は……サッと出てきませんが、取り敢えずこれでもどうぞ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000011/files/9_20331.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報