近赤外吸収スペクトルの測定に、カラーフィルター(青や赤)を使うのは、どういった必要性からですか?
現在、600nm~1200nmくらいのスペクトルを測定しているのですが、
特に可視光付近のSNが非常に悪くて困っています(検出器の特性かもしれませんが)
装置付属でカラーフィルターがあるのですが、これをつかうことで改善できるものでしょうか?
また、本件では有効でないとしたら、どういったときにカラーフィルターをつかうのですか?
ご教授おねがいします。

A 回答 (1件)

なかなか回答が付かないので・・・推測ですみません。



測定対象物質が赤外光を吸収して可視光域の蛍光を発する時に、それを除去するためではないでしょうか?

検出器の方は、入ってきた光が赤外光か可視光かは関係なく、全てをエネルギーとして検出するので、可視光を除去する必要があるのではないでしょうか?

でも、そうだとすると、青いフィルターである必要はないですね・・・。

装置の取扱説明書を読まれるか、装置のメーカーにたずねてみてはいかがでしょうか。
(取扱説明書が無ければ、メーカーから送ってもらうとかできませんか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
メーカーにも聞いてみたんですが、近赤外の専門メーカでないのでよくわからないとのこと・・・。
たしかに、可視領域の蛍光はじゃまですものね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/13 18:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤外光を可視光に変換するLEDについて

赤外光を可視光に変換するLEDの動作原理や材料、構造などを教えてください。
調べても、普通の赤外LEDや、可視光LEDとかしか出てきません・・・
もし、いいwebサイトがあったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元LED開発エンジニアです。
LEDは電流を光(赤外~可視~紫外)に変換するもので、光を別の波長の光に変換するものではありません。蛍光体を使った白色LEDの中身は青色LEDで、LEDで発生させた青色光を周囲の蛍光体に照射して、長い波長(赤~緑)の光を発生させ、これと元の青色と混ぜて白色光を作るものです。

結晶の非線形性を利用して波長を半分(例えば赤外を可視)にするものをSHG(second harmonic generation:第二次高調波発生)[1] と言います。これは半導体素子でなく単なる光学結晶です。波長532nmの緑色のレーザは赤外のレーザ光(YAGレーザ)の波長をSHG素子で半分にしたものです。半導体レーザの波長860nmを半分にした青色レーザにもSHGが使われています [2]。「第二次高調波 SHG」で検索すればいろいろ出てきます。

[1] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E9%AB%98%E8%AA%BF%E6%B3%A2%E7%99%BA%E7%94%9F
[2] SHGレーザ http://www.ilt.or.jp/sample/laserkagaku/wave/1-76.htm

元LED開発エンジニアです。
LEDは電流を光(赤外~可視~紫外)に変換するもので、光を別の波長の光に変換するものではありません。蛍光体を使った白色LEDの中身は青色LEDで、LEDで発生させた青色光を周囲の蛍光体に照射して、長い波長(赤~緑)の光を発生させ、これと元の青色と混ぜて白色光を作るものです。

結晶の非線形性を利用して波長を半分(例えば赤外を可視)にするものをSHG(second harmonic generation:第二次高調波発生)[1] と言います。これは半導体素子でなく単なる光学結晶です。波長532nm...続きを読む

Q赤外光と近赤外光について

赤外光と近赤外光の分析する上でのそれぞれの特徴を詳しく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

赤外線の定義はいろいろあるようです。
超遠赤外から近赤外まで、遠赤外のヒータ関係と天文学関係を参考まで。
http://www.nippon-heater.co.jp/design/infrared/infrared.html
http://www.ir.isas.ac.jp/ASTRO-F/intro/ir-intro.html

参考程度まで

Q単位:m3NのNの意味を教えて下さい

例えば、濃度などで使われる容積の単位らしいのですが、
Nの意味を教えて下さい。
(Nm3と表示する場合もあるようです)

Aベストアンサー

よく化学で言うところの「標準状態」
Normalized condition.
標準とは俗に言う、
「0℃1気圧」とか「15℃1気圧」とか「20℃1気圧」。
どれを使ってるか確認しないとだめ。
公害や排ガス規制の場合は確か0℃1気圧。
気体は温度で体積が変わるので。

Qコバルト60γ線のスペクトル測定

 マルチ波高分析器でガンマ線のスペクトル測定をしました。その際、ゲイン(増幅度)を変化させると1チャネルあたりのエネルギー幅が変化する原理を知っている方、
お教え願います。
どうしてもレポートが先に進めません。

Aベストアンサー

以下の本に記載がありますでしょうか?
1.放射性コバルト分析法 / 科学技術庁[編]<ホウシャセイ コバルト ブンセキホ
ウ>. -- (BA38948263)
千葉 : 日本分析センター, 1990.7
47p ; 30cm. -- (放射能測定法シリーズ / 科学技術庁[編] ; 5)
注記: 平成2年改訂 ; 第2刷(平成5年1月)による
著者標目: 科学技術庁<カガク ギジュツチョウ>
2.最新 診療放射線技師国家試験 全科重点要目特集
著者:  診療放射線技師国家試験要点検討委員会     B5 /648頁/定価(本体8,100+税)
ISBN4-339-07062-9

ご参考まで。

Q問題 nを4以上の自然数とすると、n進法で表された32(n)と11(n)は互いに素であることを示して

問題
nを4以上の自然数とすると、n進法で表された32(n)と11(n)は互いに素であることを示して下さい。

解いてください、お願いします。

Aベストアンサー

n進法の32=3n+2
n進法の11=n+1

2数の最大公約数p(>1)を持つと仮定する。
①3n+2=mp
②n+1=m'p と書ける。

②×3-①を計算すると
p(3m'-m)=1
m,m'は整数だから、(3m'-m)は整数。∴p=±1
これはp>1という仮定に反する。

従って、2数の最大公約数は1。
∴2数は互いに素。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報