近赤外吸収スペクトルの測定に、カラーフィルター(青や赤)を使うのは、どういった必要性からですか?
現在、600nm~1200nmくらいのスペクトルを測定しているのですが、
特に可視光付近のSNが非常に悪くて困っています(検出器の特性かもしれませんが)
装置付属でカラーフィルターがあるのですが、これをつかうことで改善できるものでしょうか?
また、本件では有効でないとしたら、どういったときにカラーフィルターをつかうのですか?
ご教授おねがいします。

A 回答 (1件)

なかなか回答が付かないので・・・推測ですみません。



測定対象物質が赤外光を吸収して可視光域の蛍光を発する時に、それを除去するためではないでしょうか?

検出器の方は、入ってきた光が赤外光か可視光かは関係なく、全てをエネルギーとして検出するので、可視光を除去する必要があるのではないでしょうか?

でも、そうだとすると、青いフィルターである必要はないですね・・・。

装置の取扱説明書を読まれるか、装置のメーカーにたずねてみてはいかがでしょうか。
(取扱説明書が無ければ、メーカーから送ってもらうとかできませんか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
メーカーにも聞いてみたんですが、近赤外の専門メーカでないのでよくわからないとのこと・・・。
たしかに、可視領域の蛍光はじゃまですものね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/13 18:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング