子供の時から、小麦粉、片栗粉、黒板、チョーク、磨りガラス、ベルベット等を触ると頭の先までゾゾーっと寒気がして、耐えられないのです。 テレビで誰かが触っているのを見たり想像したりするだけで、寒気がします。 これまで何とか触らずに来ましたが、主婦となった今は、料理をするのにそういう訳にも行きません。
この苦手意識を克服するのはどうしたら良いでしょうか? よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 恐怖症は、過去の経験から脳が起こす『精神的なアレルギー反応』と呼ぶことができると思います(もちろん、身体が物理的なアレルギーを起こすことは希ですが)。


 ですので理屈としては、「触っても安全」ということを身体で覚えるのが一番です。

 たとえば、俺自身は高所恐怖症ですが、これを克服することを考えてみます。
 すると何が一番かというと、高いところに登ることで楽しいと思えるようなことを覚えるのがいいわけです。

 この考えからいくと、たとえば「クッキーを焼くのは楽しい」とか、そういうことを覚えればいいのです。最初は焼くための手段として仕方なく触ることになると思いますが、自分なりの工夫をするようになると次第に慣れてくるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼したつもりで忘れてました。ご回答頂きありがとうございました。
今度チャレンジしてみます。

お礼日時:2002/02/21 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ