「男がバーテンダー(以下バ)に、高さ30センチほどの小さな男と小さなピアノを見せた。『ひえー、こんなの一体どこで手に入れたんです?』とバが仰天して尋ねると、男は『魔法のランプを見つけてね。たったひとつだけ何でも願いを叶えてくれるんだ』と言ってランプをバに手渡した。するとランプの中から精霊が現れて、バにお辞儀をして言った。『ご主人様、何なりとお申し付けください。願いを一つだけ叶えましょう』。バは我に返って言った『では100万バックス(ドル)くれ!』精霊が杖をふると、たちまち部屋におびただしい数のアヒル(ダックス)があふれ、鳴きたてた。バは男を振り返り、『100万ドルと言ったのに、アヒルが100万羽。あの精霊は耳が悪いんですか!?』男は答えた。『君は本当に私が30センチのピアニストを頼んだと思うかね?』・・・」


これはインド人の方が著者の洋書に出てきたジョークなんですが、ちょっと私には難しいです(^_^:)
まあ、この男は欲深いことを頼んで小さなピアニストを間違って出されたんだろうなってことは分かるんですが、男は本当は何をお願いしたんでしょうか?
英語のカテゴリにした方が良かったかなと思いつつ、こちらにしました。
「こうじゃないのかな」というご回答でも歓迎です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下品になりますが、「30cm(12インチ)のペ○ス」を頼んだのではないでし


A penis => A pianist
    • good
    • 0
この回答へのお礼

な、なるほどー!!
このジョークが出てくる前振りが、「ジョークは、差別または性、あるいは両方を必ず含んでいる」というものだったんですよ。
おそらく、性のほうの例でしょうね。
やっと意味が分かりました!ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 21:42

madmanさんの意見で正解だと思います。


多分 one foot penis が one foot pianistになったのでしょう。
penisは英語では”ピーナス”というように発音しますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ためになる回答ありがとうございます!
ピーナス→ピアニスト・・・なるほど!
でも、男性はお金よりそんなものが欲しいんでしょうか?今度はそのへんが謎です(^_^;)

お礼日時:2002/02/01 21:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカンジョーク?

タイトルのままなのですが、以下の文の意味がわかる方解説お願いします。


男がバーに入り、ポケットから小さなラケットを2本と小さなボールを
1つ、そしてこびとを2人取り出してカウンターに置いた。
こびと達はそれぞれラケットを持つと、テニスを始めた。
他の客がそれに気づいた。「おい、なんだいそりゃ」

「30センチのテニスさ。ほら、ここに魔法のランプがある。
これをこすって願いを言えば叶うんだ。で俺はこれを手に入れたのさ」

「俺もやってみていいか?」
「どうぞお好きに」

しばらくすると、バーは100万羽ものペンギンでいっぱいになってしまった。

「なぜペンギンなんだ?俺が頼んだのは100万円の現金だぜ!」

「あんた、俺が本当に30センチのテニスなんて欲しがると思うか?」

Aベストアンサー

想像ですが、30センチのペニスが欲しかったんだろうと思います。
同様に現金がペンギンになった。


人気Q&Aランキング