このときどっちが+でどっちが-なのか教えてください。電界はどれくらいですか?
こすったストロー→こすったストロー(ガラス棒の上)=反発する
こすったストロー→ぶら下がった針金=くっつく(5mm)
こすったストロー→ぶら下げた箸=くっつく(3mm)
こすったストロー→細く流れている水流=くっつく(微妙です)
こすったアクリル棒→こすったアクリル棒=くっつく(1cm)
こすったアクリル棒→ぶら下げた針金=くっつく(5mm)
こすったアクリル棒→細く流れている水流=くっつく(2cm)
こすったアクリル棒→こすったストロー=反発(1cm)
こすったエボナイト棒→細く流れている水流=くっつく(2cm)
こすったエボナイト棒→ぶら下がった針金=くっつく(2cm)
こすったエボナイト棒→ぶら下がった箸=くっつく(3cm)
こすったエボナイト棒→こすったエボナイト棒=反発(1cm)
こすったエボナイト棒→とっぽ(お菓子)=くっつく(1cm)

A 回答 (2件)

BOB-RooKさんの仰ることも御もっともですが。

ではこの実験から得られる結果だけ。

1)こすった物同士が反発するあるいはくっつく
それらが同符号の電荷(+-)を持つがどうかの判断材料になります。当然、同符合の場合に反発します。
>こすったアクリル棒→こすったアクリル棒=くっつく(1cm)
が有りますが、別の物でこすったのではありませんか?
その場合、こすった別の2つの物とアクリル棒の関係から(電荷は別にして)帯電の順番は判断できます。
後は常識的や経験的に符号が解るものがあればそれから、それぞれの電荷を判断することになるでしょう。
これにはBOB-RooKさんの示したURLが参考になると思います。

2)ぶら下げた物や水流に対するくっつく距離
これは「誘電分極」と呼ばれる現象で、電荷を帯びたものが近づくと、全体としては電荷を帯びていないものでもそちら側に反対符号の電荷が集まる為に静電引力が働く現象です。これは帯電の強さ(大きさ?)の目安になります。

取りあえず大昔に同じような実験をしたことがあるので経験者と言うことで、こんなもんでどうでしょうか?
    • good
    • 0

 多分、勘違いされているんだと思いますが、静電気は二つの異なった物質同士でこすった時に一方がプラス、一方がマイナスになりやすいということで発生するので、単純に何かで「こすった」だけではどちらに帯電するかは決められません。


 更に、同じ物でくっつく場合があるのは更に複雑で、これだけの情報ではどちらがプラスだったかマイナスだったかは分かる人はいません。
 物質にはマイナスとプラスに帯電しやすさに序列があるので、それが参考になると思います。
電界は双方の表面電圧の差を間隔(cm)で割った値ですので、これも帯電の仕方と表面抵抗で変わってしまいます。

参考URL:http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1999/0268/co …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q極性分子である水はマイナスに帯電したストローが近くにあると静電気力によってストローの方に曲がりますが

極性分子である水はマイナスに帯電したストローが近くにあると静電気力によってストローの方に曲がりますが、他の極性分子(液体)でも起こるのですか?教えてください。

Aベストアンサー

静電誘導の話ですよね?
同じことが起こるはずですが、水ほど誘電率の高い液体はなかなかありません。

Q【ストローで粉物を掬えないのはなぜですか?】 ストローを水に入れて片方の口を指で塞いで持ち上げると

【ストローで粉物を掬えないのはなぜですか?】

ストローを水に入れて片方の口を指で塞いで持ち上げると水を吸い上げた状態で持ち上がります。

しかし、粒子状の物にストローを突き刺して指で片方の口を塞いで持ち上げると粒子は持ち上がりません。

なぜですか?

どうすれば持ち上がりますか?

Aベストアンサー

掃除機は吸っています。吸う力の問題です。一生懸命吸ってください。ストローを短くすれば、吸えるでしょう。

Q次の粒子1個の質量は何gか。ただし,H=1,N=14,O=16,Na=

次の粒子1個の質量は何gか。ただし,H=1,N=14,O=16,Na=23,Au=197,アボガドロ定数を6.0×10^23/molとし,有効数字2桁で答えよ。

(1)H

(2)H20

(3)NO3-

これらの解き方を教えていただけないでしょうか?
計算過程もくわしく書いてもらえると有難いです。

Aベストアンサー

1[mol]とは分子量や式量に[g]をつけた質量の集まりで、
そのときの原子や分子の数がアボガドロ数=6.0×10^23[個]になります。
逆に、原子や分子1個の質量を出すためには、分子量や式量をアボガドロ定数で
割ればいいのです。

(1)Hの式量は1です。
  1/6.0×10^23
(2)H2O=1×2+16×1=18
  18/6.0×10^23
(3)イオンの場合は電子の質量は無視できます。
 NO3-=14×1+16×3=62
  62/6.0×10^23

Q[H+]=(c×Ka)=(0.1×1.75×10^-5)=1.32×10^-3 pH =‐log[

[H+]=(c×Ka)=(0.1×1.75×10^-5)=1.32×10^-3
pH =‐log[H+]=2.88
質問ですが、この式をかいせつしてください!

Aベストアンサー

[H+]=(c×Ka)
ここがちがいます。見落としがありますよ。

Qエボナイトの耐熱について

サックスを吹いています。
先日マウスピースを人に貸してしまい、煮沸消毒をと言ったら、講師から「エボナイト硬化ゴム」だから煮沸なんかしちゃダメと厳しいお達しがきました。
実際にはマウスピースをお湯で洗ったまでで終わったですが、仮に煮沸した場合はマウスピースはどうなるのでしょうか?
硫黄が混合されているというのは企業のページで読みました。硫黄って高温水だと流れてしまうと聞きました。そうなると煮沸している間に何か変化してしまうのでしょうか。
耐熱のことに関しては企業ページでは判らずです。
講師の話は理解できるのですが、納得した説明を聞きたい!
楽器ではなく化学に詳しい方にご説明頂ければと思いまして、こちらのカテゴリに登録しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

楽器のことはわかりませんが、エボナイトについて調べてみました。
エボナイト。
硬質ゴムともいわれ、強度、機械的加工性、化学安定性、電気絶縁性にすぐれ…云々。
軟化点50~85℃

この軟化点と言うのは、加熱された物質が軟化し、変形し始める温度のことです。
まとめると、煮沸すると硫黄が出てくるとかわからないですけれど、単純に変形してしまうのではないでしょうか


人気Q&Aランキング

おすすめ情報