私は工学系の学部2回です。
勉強の仕方は自分で見つけていくものだとは思いますが、
アドバイスを頂けたらうれしいです。
物理や数学は好きなのですが高校の時のようにはいきません。
まず、本の使い方ですが高校の時は良い参考書を一冊、
徹底的にやればかなり対応できました。
しかし、大学での本は行き詰まってばっかりで一冊を徹底的にできません。
いろいろな本を読んでみるもなかなかです。
本は一冊購入して徹底的にやるのか、それとも図書館でいろんなものを使いながら
やればいいのでしょうか?もし、この一冊があれば大丈夫と言うものがあれば教えて
頂ければうれしいです。(高校のレベルの数学、物理は何とかいけます。)
様々な経験談を語ってもらえれば幸です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

使い方 参考書」に関するQ&A: 参考書 使い方

A 回答 (3件)

そろそろ学部教育を終える者です



本との相性は人それぞれなので、良い本にめぐり合うことは難かしいです
店頭で本を手にとって読んでみても、初めて勉強する分野だったら良い本かどうかの区別なんてできません
私が初めて買う本は挿絵の数や字の大きさなど、読みやすそうな本を選ぶようにしています
その本に満足できなかったときは、友達に本を紹介してもらって読み比べたりして新しい本を買ったり買わなかったりしています
そういうわけで私はどの分野の本でも最低2冊は買っています

それから、私はできるだけ厚い本を買うようにしています
読むのは苦労しますが、厚い本ならたいへいの話が載っていて、
ヘタに分野を絞ってある薄い本よりよっぽど役に立ちます
どうしてもわからないことがあるときは図書館にある膨大な書籍を適当に開いていれば、いつかは知りたい情報が載っているものです

大学は高校と違って一冊の本で全てをカバーできるほど簡単じゃありません
そもそも、「セメスターの間に習得しろっていうのは無理だろ」なんて思っちゃうことも多々あります
ていうか、そういうことばかりです

効率的な勉強法なんてテクニックに走らず、がむしゃらに勉強するのが一番の近道かもしれませんねぇ
    • good
    • 0

私が使った中で内容・説明がやさしいものを選びました。


参考にしてみてください。

数学
『キーポイント~』シリーズ(岩波書店)…これより易しい説明はないと思います。
『新・演習数学ライブラリ』(サイエンス社)…基本問題中心の演習書。

物理
『物理入門コース』(岩波書店)…量子力学はわかりにくいかもしれません。
『初等量子力学』(裳華房)…岩波基礎物理シリーズ『量子力学』と似た構成。
『なっとくするシリーズ』(講談社)…最近よく出版されています。

理論的によくわからなくても問題をやってみると納得する事もあるので、演習も忘れないでください。
    • good
    • 0

何を勉強するかによって変わるかと思いますが、


僕の体験談をしたいと思います。
ちなみに僕は工学部の船舶工学科の学生です。

まず数学ですが、工学部で学ぶ上で必要不可欠な
 線型代数、微分方程式、ベクトル解析、統計
などは1冊の本をやりとげる、といった勉強をしました。
それに伴い、分からなかったところを図書館で調べたりしました。

そのほかに、個人的に興味のあった確率などは、
何冊かの本を読み漁り、通り一遍の知識を得ました。

次に物理ですが、僕は機械系なので電気はあまり分かりません。
力学で、流体力学、材料力学、構造力学などは必要だったので、
数学と同様の方法で勉強しました。

ただ、数学でも物理でも、「これがあれば大丈夫」といったものは、
学科によっても異なると思います。
専門によって解かなければならない微分方程式がまったく異なりますし。
(おなじ流体力学でも、船舶と航空ではまったく解法が違います)
まして、卒業などが目的であれば、大学によっても異なりますので、
学科の先輩や教員の方にお聞きするのが一番かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
専門書は一冊読むのにもかなり時間が掛かってしまいます。
勢いが無いってことですかねぇ?

お礼日時:2002/01/31 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物理数学の参考書について

 こんにちは。私は物理数学を学ぼうと思っています。その際、分野別(例えば、線形代数、常微分方程式、複素関数など)の本を一冊ずつこなすのが良いでしょうか。それとも、物理数学と銘打った本を学ぶのが良いでしょうか。また、物理数学と銘打った本を学ぶには、どのくらいの予備知識が必要でしょうか。ちなみに、物理学科2年終了程度の力をつけたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何のために学ぶのか、によって違うと思いますが、
物理学を学び始めるためなら、
http://www12.plala.or.jp/ksp/mathInPhys/index.html
で十分でしょう。もっと高度を目指しているのなら、
おっしゃっている数学をじっくり勉強した方がよいでしょう。
上限はあなたの能力次第、きりがないでしょう。

Q【サイエンス】を 見る限り 変人=物理学者がいる。 物理学者は 数字で あらゆる 物質を 徹底的に探

【サイエンス】を 見る限り
変人=物理学者がいる。
物理学者は 数字で あらゆる 物質を 徹底的に探求する。
天文学者でさへ 【宇宙の果て】でさへ 解明していない。
物理学者は物質は 全て 【素粒子】で 出来ていると解明。

なら
本題 【麻原彰晃】が 宙に 浮いて見せた。

オウム信者は 彼の 何に 共鳴して 周りの 科学者や医者は 無能なの??

物理学者や天文学者からみたら 宙に 浮くとか 宇宙人やUFOが いても 何でもありのようにしか 感じないけど。

【宇宙の果て 】 【素粒子】から みたら。

Aベストアンサー

人間もまだその程度ということですよ。

Q基礎物理数学の演習の解答

基礎物理数学の演習の解答

アルフケン「基礎物理数学」には豊富な演習問題がありますが、日本語版にはまったく解答が記載されていません。

独学で勉強していくには、解答がない状態ではなかなか難しいものがあります。

どこかで基礎物理数学の解答をまとめたものを入手できないものでしょうか?費用がかかっても問題ありません。 
原書版にもやはり解答はないのでしょうか?

Aベストアンサー

共立出版の数学、物理の演習書、ワンポイント物理数学など、国産演習書では、だめですか?
物理数学、応用数学、応用解析、基礎解析学、などのタイトルの本は、学部で履修する、微分方程式、ベクトル解析、関数論(複素関数論)、フーリエ級数、ラプラス変換、特殊関数などの内容です。
岩波書店「自然科学者のための数学概論」寺沢寛一著、編著、増訂版、応用編。
廣川書店「応用数学の基礎」池田峰夫著。
ブレイン図書出版「工業数学」上下、CRワイリー著。微分方程式、フーリエ級数、ラプラス変換、偏微分方程式、ベッセル関数とルジャンドルの多項式、行列式とマトリクス、ベクトル解析、複素変数の解析関数、
「工業数学」上下には、解説書(解答)が準備されているようです。
http://www.books-ohta.com/list/4f.html

http://www.lib.ocha.ac.jp/cgi-bin/opc/opaclinki.cgi?ncid=%09BA44430292

http://www.f-denshi.com/index.html

裳華房からも、大学演習 微分積分学、代数学と幾何学、関数論などがでていました。

flex1101さんのまわりに、大学理系出身者は、いませんか?数学の訓練を受けた人がいると、

アドバイスをもらえると思います。基礎は、教養部で履修する、微分積分、線形代数です。

森北出版から、高専の教科書、参考書が出ています。

共立出版の数学、物理の演習書、ワンポイント物理数学など、国産演習書では、だめですか?
物理数学、応用数学、応用解析、基礎解析学、などのタイトルの本は、学部で履修する、微分方程式、ベクトル解析、関数論(複素関数論)、フーリエ級数、ラプラス変換、特殊関数などの内容です。
岩波書店「自然科学者のための数学概論」寺沢寛一著、編著、増訂版、応用編。
廣川書店「応用数学の基礎」池田峰夫著。
ブレイン図書出版「工業数学」上下、CRワイリー著。微分方程式、フーリエ級数、ラプラス変換、偏微分方程式...続きを読む

Q高校物理の問題です、教えて頂けないでしょうか

Aが衝突後に滑った距離はいくらか。
VBはいくらか。
お願いいたします。

Aベストアンサー

問題の文章は、できるだけ、テキストで打ち込むようにした方が良いですよ。しかも、できる限りそのまま全て書き、余り省略しない方が良いでしょう。
図は、その部分を写真として添付するのが良いと思います。
 
 
問題を2つに分けてみましょう。
(1)衝突後のBの運動から、VBを求める。
(2)A,Bの衝突の後のAの速度を求める。(この際に、(1)の結果を用います)
(2')(2)から求めたAの速さを元に、Aが滑る距離を求める。((1)で用いた解法で求めるのが自然な解法となるでしょう)
 
A,Bの質量をmとしておきます。
(蛇足ですが、mの値がいくらであっても、答には関係ないことは以下を読めばわかるでしょう。一般的に、その値がいくらであっても、答に関係しない量は、問題で与えないことが良くあります。ですから、問題文に書かれていない量を用いても良いのだろうか、などと悩む必要はありません。適当な量を設定して考えれば良いのです。正しい道筋に沿って解いていけば、必ず、その物理量は答には含まれてこないようにできるのです)
 
(1)動きだしたBに生じる加速度(動摩擦力によって生じます)をαとします。
Bの運動方向の運動方程式を立てると
(問題文に添付されている図で、Bが進んで行く右上方向を正の向きとして) 
 m・α=-mg・μ'
より
 α=-μ'・g
となり、これは定数ですから、等加速度運動することがわかります。
また、言うまでもないですが、Bの運動は一直線上での運動になることは明らかですから、その運動は「等加速度直線運動」となります。そこで、等加速度直線運動の公式(変位と速度の変化との関係の公式)
 v^2-v0^2=2・α・s
を適用できて
 0-VB^2=2・(-μ'・g)・D
が成り立っていることがわかります。
∴ VBの大きさ=…
 
なお、「物体が受けた力がした仕事の総和=運動エネルギーの変化」の関係から解くこともできます。
動摩擦力(大きさがμ'・mg)は、常に、Bの速度の向き(移動していく方向)と正反対向きに働きますから、その仕事Wは
 W=(μ'・mg)・D・(cos(180°))
 =-(μ'・mg)・D
です。また、Bにはこの他に、重力や垂直抗力も働いていますが、これらは進行方向と常に直交する方向に働く力なので、その仕事は0です。
∴Bに働く力がした仕事の総和=-(μ'・mg)・D+0=-(μ'・mg)・D
 
Bの運動エネルギーは、衝突直後で
 K=(1/2)・m・VB^2
静止したときには
 K'=0
ですから、その変化=K'-K
 =0-(1/2)・m・VB^2
 =-(1/2)・m・VB^2
 
以上のことを、「物体が受けた仕事の総量=運動エネルギーの変化量」という関係式にあてはめると
 -(μ'・mg)・D=-(1/2)・m・VB^2
∴VBの大きさ=…
となり、先ほどと同じ結果となります。
 
(2)A,Bの完全弾性衝突を考えます。
衝突の瞬間、A,Bには、互いに相手を押す力が働きますが、この力は「作用反作用の関係」にある2力ですから、その力がどんな向きで,いくらの大きさであったとしても、運動量は保存されています。そこで、運動量保存則を利用して、衝突後のAの速度を求めてみましょう。
運動は平面上での運動なので、次のように、x,y軸を設定して、各軸方向について、運動量保存則を適用します。
V0の方向をx軸の正の方向に、衝突後Bが進んで行く方向を、x軸の正の方向からy軸の正の方向にθ回転した方向となるようにy軸の正の方向を、定めます。
(要は、問題図の右方向をx軸に,上方向をy軸に取るのです。)
 
衝突直後のAの、x軸方向の速度をu,y軸方向の速度をwとしてみましょう。
 
x軸方向について、運動量保存則を適用すると
 m・V0=m・u+m・VB・cosθ
∴u=…
y軸方向について、運動量保存則を適用すると
 0=m・w+m・VB・sinθ
∴w=…
(どちらについても、VBには、(1)の結果をあてはめて計算します)
 
両値を用いて、衝突後のAの速さVを表すと
 V=√(u^2+w^2)=…
 
(2')
次に(1)の解法をそのまま用いて、Aが進んだ距離sを求めることができます。同じ遣り方なので、省略します。(加速度運動として解くか、エネルギー変化の問題として解くか、いずれの解法も適用可能です)
初速度の大きさ=V,最終的には速度0となって静止。Aが受ける加速度は、(1)のαと同じ大きさです。

(おまけ)滑走距離を求める問題を、エネルギーの変化の問題として眺めてみると、衝突後、一定の加速度を受けて減速して止まるまでの距離を求めると、その滑走距離は、初速度(衝突直後の速度)の大きさの2乗に比例することがわかります。
 -(μ'・mg)・D=-(1/2)・m・VB^2
∴D=(1/(2・μ'・g))・VB^2
ここで、(1/(2・μ'・g))は定数なので、適当な定数kに置き換えて書くと
 D=k・VB^2
となり、「滑走距離Dは、VBの2乗に比例する」と言えます。
 
これを利用すると、VとVBとの比を用いて、比例式として解くこともできそうです。
 (V/VB)^2=s/D
∴s=…

問題の文章は、できるだけ、テキストで打ち込むようにした方が良いですよ。しかも、できる限りそのまま全て書き、余り省略しない方が良いでしょう。
図は、その部分を写真として添付するのが良いと思います。
 
 
問題を2つに分けてみましょう。
(1)衝突後のBの運動から、VBを求める。
(2)A,Bの衝突の後のAの速度を求める。(この際に、(1)の結果を用います)
(2')(2)から求めたAの速さを元に、Aが滑る距離を求める。((1)で用いた解法で求めるのが自然な解法となるでしょう)
 
A,Bの質量をmとしてお...続きを読む

Qおすすめの大学の物理数学の参考書を教えて下さい!

今年大学の物理学科へ入学する高校三年生です。
大学入学前に物理数学を独学したいのでおすすめの参考書(入門書?)を教えて下さい。
数IIIC、物理IIまで履修済みです。
できたら数学系寄りではなく、物理や工学寄りの参考書だと嬉しいです。

物理数学の直感的方法という本を買って読んだところ、ひと通り物理数学の全体像を知った上で読んだ方がより楽しめる本だと思いました。

回答お待ちしております!

Aベストアンサー

C.R.ワイリーの工業数学<上、下>をお勧めします。
http://nbooks.shop-pro.jp/
http://nbooks.shop-pro.jp/?pid=21840649

その他、次等も参考にして下さい。
http://okwave.jp/qa/q8043298.html
大学の微積分の参考書について質問です!

http://ja.wikipedia.org/wiki/Massive_open_online_course
http://ja.wikipedia.org/wiki/OpenCourseWare

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp

http://www.scienceclarified.com/
http://www.gutenberg.org/wiki/Main_Page


その他ネットやIT情報関係、世界の動きなどにも関心を持たれて過ごされたらと思われます。
http://www.atmarkit.co.jp/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/index.html

http://tanakanews.com/
http://www.globalresearch.ca/
http://www.world-newspapers.com/

http://english.chakin.com/

C.R.ワイリーの工業数学<上、下>をお勧めします。
http://nbooks.shop-pro.jp/
http://nbooks.shop-pro.jp/?pid=21840649

その他、次等も参考にして下さい。
http://okwave.jp/qa/q8043298.html
大学の微積分の参考書について質問です!

http://ja.wikipedia.org/wiki/Massive_open_online_course
http://ja.wikipedia.org/wiki/OpenCourseWare

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp

http://www.scienceclarified.com/
http://www.gutenberg.org/wiki/Main_Page


その他ネットやIT情報関係、世界の動きな...続きを読む

Q物理学について質問が有りますが、回答して頂けますか?宜しくお願いします。

問題:「次の2つのうち、正しい選択肢を全て選んで下さい。ただし、全て間違いの場合はfと書いて下さい。」
1.管 楽器は管の振動で音が出る。
2.物体に外部から振動を与えると、常に共鳴を起こす。

Aベストアンサー

全て間違いの「f」。

1.管楽器は、管自体振動しません。管の中の空気が振動するのです。

2.共鳴とは、振動する物体の振動が空気を介し別の物体伝わって、その物体(音叉・梵鐘など)が唸り出す現象です。
常に、共鳴が起こる訳ではなく、物体固有の振動数と空気の振動数が一致した時に発生します。

Q物理数学を学ぶときのテキストは分冊のものが良いでしょうか?

 物理数学を学ぶにあたってのテキストを選ぶのに、その各分野ごとに分冊となったものと、『物理数学』と銘打った一冊のものとではどちらが良いでしょうか。ちなみに私の数学のレベルは高校数学程度です。大学教養程度の微積分のテキストを読んだ後に学ぼうと思っています。必要とあらば線形代数までやったあとが良いかと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

物理を勉強されているのですね?
それなら、私なら、まずは一冊物から始めることを勧めます。
物理の教科書を読むにあたっては、それで十分なことも多いはずです(教科書にもよるかもしれませんが)。

必要に応じて、専門の分野の教科書を買い足していくと良いと思います。
いきなりテーマごとの教科書をそろえてしまうと、分量にも圧倒されますし、木ばかり見てちっとも森が見えない、という感じにもなりかねません。

それで、微積分や線形代数の後、などと言っていないで、同時に始めるほうが良いと思います。
いろいろな分野が、さまざまな形で関連しあっているので、"順番"というのは無いと考えるからです。

Q高校物理の質問です。 6の(2)の問題の解き方が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか

高校物理の質問です。
6の(2)の問題の解き方が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。宜しくお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

(1)は分かるのですか? どういう理由でそうなりますか?
これが分かるということは、「ワット(W)」の意味が分かるということですね?
ということは、電球A、Bの電流と、抵抗値も分かるということですよね。
だったら、(2)もわかるはず。

オームの法則から各々の「抵抗」と「電圧」と「電流」を求めて、
  電力=電圧 × 電流
で電力を求めればよいのです。

電球A:60W
 100V で 0.6A の電流が流れる。従って、抵抗は約 167 Ω。

電球B:40W
 100V で 0.4A の電流が流れる。従って、抵抗は 250 Ω。

直列接続すると合成抵抗は
 167 + 250 = 417 (Ω)
これに 100V の電源をつなげると、流れる電流は
 100(V) / 417(Ω) ≒ 0.24 (A)

従って、
電球Aの電圧:167(Ω) × 0.24(A) ≒ 40 (V)
 よって電球Aの電力:40(V) × 0.24(A) = 9.6(W)

電球Bの電圧:250(Ω) × 0.24(A) = 60 (V)
 よって電球Bの電力:60(V) × 0.24(A) = 14.4(W) = 14 (W)
(最後は、「有効数字が2桁」なので、3桁目を四捨五入して2桁にした)

明るさは「消費電力」に比例するので、電球Bの方が明るい。

(1)は分かるのですか? どういう理由でそうなりますか?
これが分かるということは、「ワット(W)」の意味が分かるということですね?
ということは、電球A、Bの電流と、抵抗値も分かるということですよね。
だったら、(2)もわかるはず。

オームの法則から各々の「抵抗」と「電圧」と「電流」を求めて、
  電力=電圧 × 電流
で電力を求めればよいのです。

電球A:60W
 100V で 0.6A の電流が流れる。従って、抵抗は約 167 Ω。

電球B:40W
 100V で 0.4A の電流が流れる。従って、抵抗は 250 Ω。

直列接...続きを読む

Q丁寧に解説された物理数学入門書

こんにちは。
大学で物理理論系の研究室に配属が決まり、物理数学をしっかりと学びなおそうと考えています。

物理数学の参考書・演習書はいろいろありますが、つまづいてしまった時の為にも極力基本に返って解説してくれる入門参考書を一冊は用意したいと思っています。

そのような本をご存知の方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

岩波書店「自然科学者のための数学概論」増訂版、応用編(寺沢寛一)著、編。
共立全書「物理数学入門」
廣川書店「応用数学の基礎」池田峰夫著。
岩波書店「現代数学への入門」5、力学と微分方程式。6、熱・波動と微分方程式。17、電磁場とベクトル解析。18、解析力学と微分形式。
「道具としての微分方程式」野崎亮太著。
共立出版「微分方程式」石原繁著、新しい数学へのアプローチ(高校生向け)
共立出版物理数学ワンポイントシリーズ。
東海大学出版会「虚数の情緒」吉田武著。(中学生以上)
お役に立ちますかどうかわかりませんが、研究生活に、お励みください。

Q高校物理の質問です。 問6と問7の解き方が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。宜し

高校物理の質問です。
問6と問7の解き方が分からないので、分かりやすく教えて頂けないでしょうか。宜しくお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

抵抗の「直列接続」と「並列接続」は、#1 さんのおっしゃるとおり「中学理科」の問題でしょう。

でも、「公式で覚える」のではなく、きちんとどういうことが起こっているのかを理解しておきましょう。

「抵抗」は「電気を流れにくくするもの」ですから、長ければ長いほど「通過するのが大変」なので抵抗は大きくなり、太くなれば「通れる道幅」が大きくなって「通りやすい」つまり抵抗が小さく(=電流が大きく)なります。

なので、「直列」は「抵抗が足し合わされて大きくなる」。これは簡単。

「並列」は、「電気の通路が広くなる」ので「通る電流が足し合わされて大きくなる」のです。
並列の抵抗を R1 と R2 とすると、2つの抵抗にかかる電圧 V は共通なので、流れる電流は、
 R1 を流れる電流:I1 = V/R1
 R2 を流れる電流:I2 = V/R2
となって、合計電流は
  I = I1 + I2
になります。
 R1 と R2 の「並列合成抵抗」を R とすると、電圧 V に対して合計電流 I が流れるので
  V = IR
   = (I1 + I2)R
   = (V/R1 + V/R2)R
   = V(1/R1 + 1/R2)R
つまり
  (1/R1 + 1/R2)R = 1
から
  1/R = 1/R1 + 1/R2   ①
という関係であることが分かります。

「抵抗:R」は「電気の通りにくさ」なので、①式に出てくるその逆数 1/R は「電気の通りやすさ」になります。つまり「並列接続」は、「電気の通りやすさを足し合わせたもの」になるのです。①式はそれを表しています。

①式のままでは使いづらいので「R= 」の形に直すと
  1/R = (R1 + R2)/(R1・R2) ←右辺を通分した
分子分母をひっくり返して
  R = R1・R2 / (R1 + R2)    ②
になります。

では、問題を解いてみましょう。

(問6)は2つの抵抗の「並列接続」なので、②式を使います。(そのもとは①であることを忘れないでくださいね)
  R = 20 × 30 / (20 + 30) = 600 / 50 = 12 (Ω)

(蛇足)①式で書けば
  1/12 = 1/20 + 1/30
ということです。

(問7)は、まず「直列接続」の合成抵抗を求め、それと 50Ω との「並列接続」という「2ステップ」で計算します。

 まず、「20Ω と 30Ω の直列」の合成抵抗 R1 は、単純な足し算で
  R1 = 20 + 30 = 50 (Ω)
です。(第1ステップ)

 次に、この R1 と 50Ω との「並列接続」ですから、合成抵抗 R2 は②式を使って
  R2 = R1 × 50 / (R1 + 50)
   = 50 × 50 / (50 + 50)
   = 2500 / 100
   = 25 (Ω)

全体の合成抵抗 R2 が 25Ω なので、電圧 3.0V で流れる電流 I は
  I = 3.0(V) / 25(Ω) = 0.12 (A)

つまりは、抵抗の計算では
(1)直列は抵抗の足し算
(2)並列は「抵抗の逆数」(電気の通しやすさ:電導度)の足し算(通る電流の足し算)
(3)複雑な抵抗の接続は、「直列」「並列」ごとにステップを分けて計算
ということです。

抵抗の「直列接続」と「並列接続」は、#1 さんのおっしゃるとおり「中学理科」の問題でしょう。

でも、「公式で覚える」のではなく、きちんとどういうことが起こっているのかを理解しておきましょう。

「抵抗」は「電気を流れにくくするもの」ですから、長ければ長いほど「通過するのが大変」なので抵抗は大きくなり、太くなれば「通れる道幅」が大きくなって「通りやすい」つまり抵抗が小さく(=電流が大きく)なります。

なので、「直列」は「抵抗が足し合わされて大きくなる」。これは簡単。

「並列」は、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報