マンガでよめる痔のこと・薬のこと

私大の赤本や青本って配点が書いてないですよね?だから平均とれてるのか取れてないのかが解らないんです。私大の過去問の配点、他の手段で解ることはできませんか??

A 回答 (1件)

 「大学が公表していない以上、書きようがありません」というのが答えになると思います。



 そもそも、入試の点数というのは、謎が多いのですね。「このレベルの大学の、この問題で、大学が公表している合格最低点など信用できない」というのは、受験産業に携わる私がしょっちゅう感じていることです。

 答えになっていないかもしれませんが、正解数で満足していただけないでしょうか。それと、志望校がはっきりしている場合は、過去問は100%正解という状態にしてください。入試本番では、必ず目減りしますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2006/05/04 10:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(赤本)入試問題の配点がわからない

赤本で私大の問題を解いてみているんですが、1つのカテゴリ内で、合計点は何点とは書かれているのですが、
設問 各々の配点がわからないんです。
やっぱり、試験目前に何点とれているかチェックしておきたいので、知りたいのですが、何か知る手段はありますか?それとも無いのでしょうか。

どなたか 御助言願います。

Aベストアンサー

発表していない以上分からないものです。
きっと大学側でも公表しないようにしているのではないでしょうか?
予備校などの先生が受験のプロですから、採点していただくように、もし機会があれば頼むのもいいでしょう。

私は、例えば大問3が(1)~(5)で合計30点なら一問6点と単純に考えたり、または、記述問題は倍の点数にしたり、自分の間違ったものの配点をやや高めに考えて毎回目に見える形で点数化していました。そして、どういう具だらないミスをしたのか?それがなければ何点取れていたのか。何がわからなくて誤答に至ったのか。それは受験まで手の届く範囲内での間違いだったのか。その場合はあと何点あがる見込みがあるのか。そんなことをホントに現実的に考えていました。

がんばってください。
風邪引かないでね。

Qパチンコの年齢制限って

何歳からでしたでしょうか?
18歳からだと思ったのですが、その場合、学生でもパチンコ屋さんに入れるのでしょうか?どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

18歳未満、学生は禁止ですよ。
大学生もパチンコをするのはダメですよ。
 けど、ほとんどしてると思いますが・・(汗)
 今はパチンコに出入りする高校生が多いみたいです。
18歳はOkです。

Q大学の入試問題はいつ作られるのか?

タイトル通りなのですが、大学入試で小論文を書きます。
私は経営学志望で、日本情勢を知ることが必要になります。
今月から新聞の定期購読を始めたのですが・・・。
今日友人から
「入試問題は夏休み前には作ってあって、銀行で厳重に保管されている」
と聞いたのですが、これって本当なのでしょうか?
大学入試問題はいつ作られるのか。
噂だけでも結構ですので、教えて下さい。

Aベストアンサー

どの時点をもって入試問題をつくったというのかがそもそも問題ですね。
問題原稿だけなら夏過ぎ~秋頃ですし、皆さんが解く問題冊子の現物のできあがりということなら、年明けということにもなります。

皆さんがよくご存じの国内の大学(特定の1大学や数大学という数ではなく、もっと多いですが、詮索は無しに願います。)では、一連の問題作成作業は、概ねGW明けにスタートします。
意外に早いと思われるかもしれませんが、印刷後の納品までを考えると長丁場となるのが、知られていない実態です。
そのプロセスでは、作成メンバーの確定にはじまり、企画、指導要領・履修範囲の確認を経て問題案素案の検討、草案作成、その後、過去問検索や更なる内容検討などなど、夏過ぎ~秋頃まで続きます。

期間が長いとお感じかもしれませんが、問題は1回の入試につき、正、副、予備と3種類が必要なため、その作業量は膨大です。(まだまだ、人海戦術に頼るところ大なのが原因ではありますが。。。)
保管方法については、厳重に施錠でき、鍵の管理も確実で、盗難だけでなく、火災等からも保守できる施設で有れば、銀行に限定せず、大学内で保管することもあります。
大学の中では「入試で転ければ、学長の首がとぶ」と言われる仕事ですから、担当者を除けば、業務スケジュールでさえ厳重に情報管制され、大学職員にさえ、その実態は殆ど知らされません。
特定の科目の出題者でも、他の科目の試験問題を見ることは出来ませんし、全体を見ることが出来る人間はほんの数人以内というところです。(大学によって、若干違いがあるかもしれませんが。)

上記で作成された問題原稿(解答用紙を含む。)は、それから印刷されるわけです。
昔々は、銀行の金庫内で大学職員が印刷機持ち込みで印刷していたことも有るようですが、現在では守秘性や安全性を考慮して外部発注します。
発注先は、日本一警戒厳重な印刷所や、外部の一般人との接触が全くない印刷所だったりもしますが、これにも相当な時間と手間がかかるため、この管理作業も大変なものとなります。

入試後の採点・集計作業もまた膨大なかつ責任重大な作業となりますが、それは、人(受験生)一人の人生がかかった話ですから、そこはお察し下さい。

家族にも言えない、それはそれは大変な仕事だという「噂」です。

どの時点をもって入試問題をつくったというのかがそもそも問題ですね。
問題原稿だけなら夏過ぎ~秋頃ですし、皆さんが解く問題冊子の現物のできあがりということなら、年明けということにもなります。

皆さんがよくご存じの国内の大学(特定の1大学や数大学という数ではなく、もっと多いですが、詮索は無しに願います。)では、一連の問題作成作業は、概ねGW明けにスタートします。
意外に早いと思われるかもしれませんが、印刷後の納品までを考えると長丁場となるのが、知られていない実態です。
そのプロ...続きを読む

Q私大センター利用で10大学出願するのはあり?

高3の妹の大学受験についてです。

妹は第一志望が慶應義塾大学文学部で、合格めざして今までがんばってきました。
その甲斐あってか高2の時には厳しかった判定も、高3の夏以降はB判定(たまにC)、秋の記述模試ではA判定を取るまでになりました。

その他受ける予定の志望校と一般入試型の模試での合否判定は、
第2,早稲田(憧れらしい)・・・C~D判定
第3,同志社(行きたい独特の学部があるらしい。2方式受験予定)・・・常にA判定
第4,立教(なんとなくらしい)・・・A~B判定
第5,広島(広島が好きらしい)・・・常にA判定
ということなので、それらを受けて受かったところにいけば問題ないと思うのですが、

しかし本人は全落ちしないかどうしても不安らしく、
他にセンター利用(センター試験の結果のみを利用する)で、明治・青学・立教・中央・法政・東京女子・津田塾・同志社女子・京都女子・立命館の全部を受けようとしています。
たくさんの大学の資料と自分の模試の結果を踏まえて本人が絞り込んだのが、その10校です。この10校は全部にどうしても行きたい、というこだわりはないらしいです。

滑り止めでセンター利用、というのはわかるのですが、10校も出すのはいくらなんでも出し過ぎではないでしょうか。
しかも上記のうちマーチ5校は、センター利用型だとボーダーぎりぎりで、余裕で受かるとは思えません。。
費用も、一般入試の分も合わせると、受験料だけで全部で30万円以上かかります。一般入試受験時の宿泊代や滑り止めの入学金も考えると、100万以上はかかりそうです。
うちもそこまで金銭的に余裕があるわけではないので、受かりそうにない大学や、受かっても行く気のない大学に何十万もつぎ込まなくてもいいのでは、と両親には言っているのですが、両親は全部受験させるつもりです。

どうやら両親は、私が大学受験のとき滑り止めの大学を受けず実力以上~相応の大学しか受験しなかったためにたくさんの大学に落ちたことを後悔しているらしく(それでも結局背水の陣で第2志望の大学に現役合格できたので私は全く後悔していないのですが)
一つでも合格していれば、安心して本命の慶應の受験に臨める、と言うのですが、合格している大学があると気が抜けてしまい、かえって本命に落ちてしまうのではないか、と思います。

滑り止めとしてセンター利用に10校以上出願するのはよくある話なのでしょうか。
また、どう説得すれば、センター利用の出願大学をもう少し絞り込めるでしょうか。

高3の妹の大学受験についてです。

妹は第一志望が慶應義塾大学文学部で、合格めざして今までがんばってきました。
その甲斐あってか高2の時には厳しかった判定も、高3の夏以降はB判定(たまにC)、秋の記述模試ではA判定を取るまでになりました。

その他受ける予定の志望校と一般入試型の模試での合否判定は、
第2,早稲田(憧れらしい)・・・C~D判定
第3,同志社(行きたい独特の学部があるらしい。2方式受験予定)・・・常にA判定
第4,立教(なんとなくらしい)・・・A~B判定
第5,広島(広島が好き...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身慶應のOBです(商学部)。自身の経験も踏まえて書きます。

 確かに不安がる受験生が多くの出願をする気持ちは分かります。しかし、多数受験するメリット・デメリットを天秤にかけて判断する必要があります。例えば、センター受験は試験場に行かなくて負担が少ないと考えがちですが、応募用紙などに書く手間は結構なものです。今から10校も書くとなると、それは2日ほど時間がとられてしまいます。勉強時間の減少は第一志望校の合格率が減るので、滑り止めのために時間がとられ、第一志望の合格率が下がるという現象が起きます。

 妹さんの志望校に関しても、疑問が残ります。万が一を考えている場合はマーチからFランク大学までを網羅する必要がありますが、志望校を見る限り、(マーチで複数出願等で)「5校全部合格か、全部不合格」の無駄な現象が起きます。同じレベルの大学はほとんどセンターランクも同じです。片方だけ(1校だけ)受かるということはほとんど起きません。受かろうが落ちようがお金の無駄になります。またマーチに出願するのは偏差値を基準にしていると思いますが、通う場合を想定して出願先は決めるべきです。大学によって雰囲気というものはあります。私自身、早稲田も受けましたが、慶應とは雰囲気は全然違うようです。マーチでも青学と法政は全然違うようです。世間の評判は大抵変わらないので(お坊ちゃん学校にそうでない人はたくさんいますが…)妹さんの雰囲気を考えながらアドバイスしてみてください。特に女性の場合「女子校が合う・絶対に合わない」は大別できます。男性がいると自分らしさが出ない・女性集団に嫌気がさしているなどです。前者であれば女子大を多めで共学を少なく、校舎であれば逆になり、10校から減らせます。また同じ大学でもキャンパスは全然違いますし、他の大学ならなおさらです(学年によって校舎が変わる場合もあります)。マッチングを考えずに進学した場合、登校拒否・退学・(他大への)再受験などになりやすいです。10校も出せば行きたくなさそうな大学はありますよ。このサイトで妹さんの受験を質問するくらい妹思いのお兄さんなら「大学の雰囲気と妹さんの相性を考え助言する」のは朝飯前のはずです(笑)

 センター受験というのは「上位校に受かるはずの人の滑り止めで、上位校に受かる学力の人が合格し、万が一上位校に不合格になった人が入学する」というのが現実です。つまり、マーチにセンターで合格するのは「早慶に受かるのが普通・本番トチりマーチに入学」というのが普通です。マーチがぎりぎりであれば、マーチに(多くて)2校、女子大・関西から2校の4校程度で十分です。私自身私大志望でセンター対策をあまりやらなかったこともあり、駒沢だけ出願しました。早慶レベルの受験者でも失敗すればマーチのセンター利用は落ちます。一般試験があるのでそこで十分です。
 気が抜けて慶應受験に失敗というのは、十分あり得ます。特に、私は上智の発表後に慶應の試験という状況だったので上智発表後は多少きが抜けました。しかし、やはりその2校でも世間からの評価が違う・最初から志望校がどっちだったかを思い起こして奮起しました。受験というのは(特に入試の最中は)気持ちのブレが大きいです。そこでしっかりできるかが問われ、そこの差を企業も見ていて名門大学の就職率がいいのでしょう。

お兄さんに時間があれば、この内容をご自身なりに整理して、妹さんに伝える内容だけ伝えるなり、志望校のアドバイスなりをしてあげてください。長い文章になりますが。
ご参考までに。

元塾講師です。私自身慶應のOBです(商学部)。自身の経験も踏まえて書きます。

 確かに不安がる受験生が多くの出願をする気持ちは分かります。しかし、多数受験するメリット・デメリットを天秤にかけて判断する必要があります。例えば、センター受験は試験場に行かなくて負担が少ないと考えがちですが、応募用紙などに書く手間は結構なものです。今から10校も書くとなると、それは2日ほど時間がとられてしまいます。勉強時間の減少は第一志望校の合格率が減るので、滑り止めのために時間がとられ、第一志望の合...続きを読む

Q大学の入試結果 合格最低点について

入試結果の合格最低点等はどのように決められるのでしょうか。

僕の志望している大学の入試結果(推薦入試)では

平成22年度は120点 127点
平成23年度は120点 138点
平成24年度は139点 127点
平成25年度は120点 128点

でした。左は1日目、右は2日目の点数です

基本的なボーダーラインというのは決まってるのでしょうか?
それとも「去年は低かったから今年は高く設定しよう」という風に決められるのでしょうか?

Aベストアンサー

元塾講師です。

 倍率が1,0を超えている場合は、「一番ビリで合格した人の点数」になります。つまり、「合格最低点はやってみないと分からない」状態です。というのも、仮に毎年同じレベルの受験生で構成されていると仮定しても、問題の難易度のバラつきで平均点や最低・最高点がかわってきます。試験問題は、作成者は毎年同じレベルで作ろうと試みますが、そんなに簡単に難易度は一定になりません。その結果「受験した人数から上位○人合格」としているのです。
 中には、ある程度の点数を取らないと合格させない場合があります。特に「募集6名、受験者数5名、合格3名」等の状況では、非常に出来の悪い2名が不合格になっています。こうした場合は、合格のボーダーというレベルでなく、「名前書けるだけのレベル」であり、勉強が全くできず、他の学生に迷惑がかかる場合に不合格にしているようです。

 去年は低かったから今年は高く設定しよう
…このようには恐らく設定していません。むしろ「去年低かったから(合格最低点数点数が低かったから)、今年は問題を少し簡単にして最低点を高くしよう」というように、ボーダーをいじる場合は、点数のボーダーをいじるのではなく問題の難易度で点数の上下をさせていることが多いようです。
ご参考までに。

元塾講師です。

 倍率が1,0を超えている場合は、「一番ビリで合格した人の点数」になります。つまり、「合格最低点はやってみないと分からない」状態です。というのも、仮に毎年同じレベルの受験生で構成されていると仮定しても、問題の難易度のバラつきで平均点や最低・最高点がかわってきます。試験問題は、作成者は毎年同じレベルで作ろうと試みますが、そんなに簡単に難易度は一定になりません。その結果「受験した人数から上位○人合格」としているのです。
 中には、ある程度の点数を取らないと合格させな...続きを読む


人気Q&Aランキング