皆さんは本を読み終わった後に何かが喉まで混み上がってきて、涙ぐみそうになっとことはありませんか。それは悲しみかもしれないし同情かもしれない。もしくは怒りもしくは全て。(抽象的ですみません)
自分は最近そんな本に出会えてません。
それは自分のストライクゾーンがとても狭いからなのかもしれません。みんなが感動すると言われた本を読んでもまったく感動しないこともあるし、感動なんて話ではない話で涙ぐんだりします。
自分にヒットしそうな本があったら教えてください

こみあがってきた本

奥田英朗 「イン・ザ・プール」の中のフレンズ
滝本竜彦 「ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ
上遠野浩平「ブギーポップインザミラーパンドラ」
恩田陸  「光の帝国」の中の光の帝国
乙一   「しあわせは子猫のかたち」
村上春樹 「世界の終わりとハードボイルドワンダー      ランド」
松久淳+田中渉「天国の本屋 うつしいろゆめ」
本多孝好 「MISSING」の中の眠りの海

です。宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.3の者です。

追加で2冊ほど。

加東大介『南の島に雪が降る』
サン=テグジュペリ『人間の土地』
もお勧めです。

前者は第二次大戦下、役者であった著者が戦地で兵士たちを励ますために少ない物資で舞台を作り、衣装を作り、様々な演目を見せ、そして手作りの雪を降らせた時、故郷を思い出した兵士たちが皆涙したという感動ものです。戦闘場面などはいっさいないので素直に感動できると思います。

後者は『星の王子さま』で有名なサン=テグジュペリの本です。若干哲学的な面もありますが、一言一言がとても胸にしみる良書です。

どちらもとてもいい本なのでぜひ参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます
星の王子さまは最近読んでとても興味深い経験をさせてもらい、違う作品を読んでみたいと思っていたところでした。南の島に雪が降るも聞いたことはないにしてもとても興味を持たせてもらいました。
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/16 11:03

NO5の者です。


「光射す海」は「りんぐ」などのホラーではありません。
現実的な話で、人間ってすごいなぁって感じました^^
参考URL見てみてください♪

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19744308
    • good
    • 0

最近読んだもので、ぐわ~っと込み上げてきたのは


この三冊ですね。


エイミータンのジョイラッククラブ

山下久美子のある愛の詩(手記です。)

金城一紀のGO

どれも机の上で作者が想像して作った世界ではなく、実体験から来てるんだろうなと言うのがわかるので、痛み、悲しみ、苦しみ全て痛いほど感じました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれも作者の実体験の話ですか。とても興味深いです。どちらかというと実際の話は兼営していたのですが、これをきに読んでみたいと思います。
特にある愛の詩というのは手記ということでとても気になってます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/16 11:00

読まれた本を見てみると、泣かせるような話じゃなくて、少し不思議でせつない感じだけど、どこか心が温かくなるような内容の本が好きなようですね。

乙一の「さみしさの周波数」「きみにしか聞こえない」は読まれましたか?他には、
・木村元子「私の頭の中の消しゴム」
・梨木香歩「西の魔女が死んだ」
・東野圭吾「変身」
などがお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応、乙一さんの小説はおおかた読破させてもらいました。どちらもいい話でしたが自分は一番しあわせは子猫の形が好きです。
西の魔女が死んだも読ませてもらい、とても感動させられる話だと思いましたが、何かがこみ上げてくると言われれば違うと言った感じでした。
変身は前から気になっていたいた作品なので手にとってみたいと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/16 10:55

本多孝好 「MISSING」読みました!


とても良かったです^^

私のオススメは
鈴木光司(「リング」「らせん」の著者です。字違うかも)の「光射す海」

とても考えさせられる話でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鈴木光司さんですか。リングやらせんを書いていたのは知っていましたが読んだことはありません。
ホラーの話を書くという知識しかないのですが、これもホラーの話なのでしょうか? しかし、ホラーでもミステリーでもこみ上げてくる話なら。自然とこみ上げてくる。それに考えさせられる話は大好きです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/16 10:51

島田荘司 著


『奇想、天を動かす』
『灰の迷宮』

一般的には質問者様の仰る系統の本として語られることはあまりないと思いますが、ラストでぐっと来ました。
私もあまりみんなが感動するという本を読んでもピンと来ないほうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普段はあまり感動しない方がぐっとくるのならとても良い作品なんんだとおもいました。島田荘司さんはまだ手を出していないのですぐにでも探してみたいと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/15 12:12

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』などどうでしょうか?純粋な主人公が大人たちの利己的な考えに押しつぶされてしまう悲しくも初々しい青春ものです。



あとは石田衣良さんの『うつくしい子ども』

これは神戸の事件が基になっているのですが、主人公の弟が殺人事件を起こしてしまい、兄である主人公がマスコミや周囲のいじめに耐えながらなぜ弟は殺してしまったのだろうと模索し成長していくこれまた青春ものです。ストーリーの軸は重いですが、友情あり、ハラハラドキドキの展開ありでとても面白く、今のマスコミや地域社会の加害者家族への対応の酷さなどとても考えさせられる本です。

中上 健次氏の『十九歳の地図』
ユゴー『レ・ミゼラブル』
トルストイ『イワン・イリッチの死』
などどれも読みやすいのでお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

石田衣良さんの「うつくしい子供」は最近読ませてもらいました。とても良い作品だと思いましたが、こみあげえくるかと言えば多少小さいと思いました。
しかし、他の作品はとても興味を持たせてもらっています。今日にでも図書館で探させてもらおうと思います(特に「車輪の下」)
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/15 12:08

いわゆるラノベなので、どうしようかとも思ったのですが…


秋山瑞人氏の全作品
豪屋大介「A君(17)の戦争」
野尻抱介「ロケットガール」3部作(入手困難・図書館でどうぞ)

いわゆる架空戦記ものですが。
佐藤大輔「レッドサン・ブラッククロス」

あとは海外SFからいくつか。
レイ・ブラッドベリ「火星年代記」
ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやり方」
オースン・スコット・カード「無伴奏ソナタ」
テッド・チャン「あなたの人生の物語」
グレッグ・イーガン「祈りの海」

こんなところでしょうか。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普段ラノベはあまり読みませんが良いと訊いたものは読んでいます。そういえば秋山瑞人さんは聞いたことがあります。
さっそくアマゾンで調べてみたいと思います
あと海外の作品もあまり読まないのですがこれを機に読んでみたいと思います。そう言う意味でもきっかけをもらいました。
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/15 12:02

多分もう絶版になってしまっている本なので古本屋さんで探すしかないのですが、野梨原花南「救世主によろしく」(白泉社)。

昔読んだときは「とにかくイイ」としかいえなかったけど、「こみあがる」はぴったりだと思える本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます
野梨原花南さんは聞いたことはありませんが
昔読んだにもかかわらず良いと言える本は少ないと思います。その点でも一見の価値有りですね
図書館や古本やで探してみたいと思います
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/15 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乙一さんの本に詳しい方、回答お願いします

乙一さんの本でドラえもんの道具が出てくるものがあると耳にしましたが、タイトルが分かりません。
乙一さんの本に詳しい方、回答お願いします!

Aベストアンサー

「F先生のポケット」だと思います。
4次元ポケットを女子高生が拾う話。

ただ、この短編は単行本未収録ですので、掲載雑誌を手に入れるしか
読む方法はなさそうです。
下記URLは発行元のものです。

参考URL:http://shop.kodansha.jp/bc/magazines/faust2/

Q森岡、田中、小野、上遠野の小説

森岡浩之、小野不由美、上遠野浩平、田中芳樹なんかが、面白かったんですけど、これらの趣味に合うようなお勧め小説教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

田中芳樹さんがお好きでしたら、荻野目悠樹さんとの
共著・・?の「野望円舞曲」がオススメです。
スペースオペラでキャラも素敵です♪
荻野目さんは、単独で書かれている本もいい作品が多いので是非読んでみてください。

あと、個人的には須賀しのぶさんもおもしろいと思います。
コバルト文庫なんですが、しっかりとした世界観と筆力があります。
オススメは「帝国の娘」から始まる「流血女神伝」シリーズです。

Q感動する本

感動する本

今、わりと読書にハマっていて、感動する、なけるという本を探しています。
私が今まで読んだ作品をいくつかあげると、
1「博士の愛した数式」 小川洋子
2「流星ワゴン」 重松清
3「いちご同盟」 三田誠広
4「カラフル」 森絵都
5「つばさものがたり」雫井脩介
1~4は文庫本です。
ケータイ小説はあまり読みません。ホラー系とか、猟奇的なのも好きですがNGです。ラノベはOKです。
できれば作者名、出版社名も載せていただけるとうれしいです☆
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

いつもの朝に(上、下) 今邑彩 集英社文庫

償い 矢口敦子 幻冬舎文庫 

レベル7 宮部みゆき 新潮文庫

3つ全ておすすめです。

Q乙一サン・伊坂サン・・・

私は本を読むのが大好きなのですが、乙一さんや伊坂幸太郎さんの書く様な独特なミステリーが好きなんです!!乙一さん・伊坂さんが書く小説同様に面白いモノを知っている方、ゼヒ教えてくださいm(_ _*)m

Aベストアンサー

私も乙一さん伊坂さん好きです。
ミステリーやホラー系だと、椙本 孝思さんのCHATと、
大石圭が面白いと思います。

Q感動する本教えてください

 こんにちは。今大学二年です。最近は大学の方が忙しく、本を読む時間がありません。時間がない分、精錬された本を読みたいと思っています。でも、自分で探そうと思っても、当たり外れが大きいような気がします。そこで、今まで読んでこれはとんでもなく感動してといういちおしの本を教えてはいただけないでしょうか?どうかよろしくお願いします(^O^)

Aベストアンサー

「テスタメンメント」とうい本がお勧めです。
読後のさわやかな本として私が他の方にも
推奨した事がありますが、実にいい本です。
110億ドルの遺産を残して、米国の実業家が
飛び降り自殺をします。
遺書には相続人が指名されています。
その相続人を探すために、酔いどれの弁護士が
一人、アマゾンの奥地にまで足を踏み入れます。
40度近い熱帯雨林の中を、何日もかかって
その相続人に会います。
だが、そこには、全く現実の世界とは別の世界があり、
酔いどれ弁護士は言葉を失ってしまうほどです。
110億ドルの相続人はいったい誰か。
何故、相続人に選ばれたのか。
数々のナゾがストーリーとして展開されています。
著者はジョン・グリシャムという法廷作家で
ストーリーはミステリー仕立てになっていますが、
結末は実に感動的です。涙が出るほどです。
新潮社の出版の本で定価2400円のかなり厚い本ですが
図書館でお探しになり、お読みください。私のとっておきの一冊です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報