先日、彼女(20台後半)が顔面神経麻痺との診断されました。
外傷はなく、脳や中・内耳にも異常は見られないとの事なので精神的ストレスが原因ではないかと思われます(仕事や家庭状況などが原因で悩んだり、苦しんでいましたから・・・。しかし、仕事以外の問題については最近解決しました。)。
彼女から報告を受けてから、本やインターネットを調べるうちにこのページにたどり着き以前にも、自分と同じ状況で質問された方がいたのでその回答を見せていただき参考にしているのですが、他にも聞きたいことがいくつかあるので質問させていただきます。(箇条書きで書きますことをお許しください。)

1.彼女の場合、発症してから二日後に病院に行ったのですが、この病気はやはり早期発見・治療した方が完治が早くなったり、後遺症がなく完全に治る確立が高くなるのでしょうか?

2.病院から、(刺激の)強い薬とその薬を飲んだ際に胃が荒れない薬とを服用するように言われたらしいのですが、そのような薬を飲んで後遺症などは起こらないのでしょうか?また、発症して間もなく強い薬を処方されるという事は、重度の症状と判断してよいのでしょうか?

3.今シーズン、スノボーに連れて行く予定を立てていたのですが、寒いところに行くのは良くないのでしょうか?また、外出を控えて、家で静養する方が治療には良いのでしょうか?

質問は以上です。
また、医療関係者やこの病気を経験された方からの治療のアドバイスはもちろん、精神的に彼女を勇気付けるアドバイス(ちなみに彼女は3歳年上です)などありましたら併せて回答していただくと助かります。
どうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



他の回答者の皆さんが答えられている内容と大きくは違いませんが、耳鼻科医としてわかる範囲でお答えします

1)もちろん早く治療を開始した方が治りは良いです。ただ2日目であれば十分早いですよ。したがってもっと早く病院に行っていたら・・・などと悩む必要はありません。

2)刺激の強い薬とはステロイドのことだと思いますが、これは重症度に関係なく(きわめて軽症の場合か、他の持病の関係で使えない場合を除いて)顔面神経麻痺に必ず用いる薬です。したがってこれを使ったから重症ということはありません。使う量も使用期間も、他に持病のない方が用いるぶんには副作用も出ない(もしくは出ても対応出来る)範囲のものです。耳鼻科では顔面神経麻痺のほかに突発性難聴にもステロイドを使いますし、副作用の管理には慣れています。発症後出来るだけ早くステロイドを開始することが(少なくとも現在の医学の水準では)一番治りが良い治療なのです。

3)はっきり言ってスキーはやめておかれた方がいいと思います。ベル麻痺(顔面神経麻痺のうち、外傷や腫瘍、特定のウイルスによるものを除いた原因不明のもの、つまり今codyさんの彼女がなっているもの)の病態は神経の血流不全および浮腫と考えられています。ですから多くの場合ステロイドとともに何らかの循環改善剤が投与されます。寒いところに長い時間いることは末梢血管を収縮させ、麻痺の回復を妨げます。たとえスキーに行く頃までに麻痺が治っていても今シーズンは見送られた方がいいと思います。なお外出まで控えた方が良いかどうかは医者により意見が違います(このため治療も入院でするところと外来でするところとあります)。今かかっておられる担当医の指示に従ってください。(私個人の意見としては仕事は休んだ方が良いが外出まで控えることはないといったところです。但し寒い場所に長時間いることは避けてください。)

ベル麻痺で早期にステロイド治療を開始した場合の治癒率は90%以上です。安心してください。但し麻痺が治ってくるのは早くて2週間後、普通は1ヶ月あたりから徐々にという感じですから焦らないでください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

SNAPPERさん、回答ありがとうございます。スキーについては担当医にもキッパリとやめておくように言われたそうです。その代わりに少しでもストレスが発散ができ気分転換できるよう、いろいろな所へ遊びに連れて行ってあげたいと思います。現在は彼女も元気になり、病気と正面から向き合って治していこうと前向きに考えているようなので、そんな彼女を支えていこうと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 14:09

はめまして…


顔面神経麻痺ですか…大変ですね。
自分は2年程前に突発性難聴にかかり治療をうけた事が有ります。
顔面神経麻痺と突発性難聴は治療がよくにているとおもいますよ。
自分の知っている人で2人程顔面神経麻痺にかかつた人もいます。
薬だけで済む場合や、ステロイド剤等を何回か点滴したりする場合もあります。
医師が入院し治療する方が良いですと言ったなら、入院治療がベストだと思いますよ。
結構末梢神経の薬等を使用するので、人によっては頭痛やめまい等の症状が出たりしますので、そのつど医師に相談した方がいいと思います。
とにかくストレスに注意し、安静が早期完治への近道だと思いますよ!
後は専門家の方が回答してくれると思います。
参考になればと思い回答させて頂きました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

gouyamanさん、回答ありがとうございます。そして、お礼が遅くなりましてすみませんでした。現在、彼女の方は薬を服用しながら治療に専念してますが、頭痛やめまい等のような症状も見られず、また何となく良くなってるような(彼女自身は変わってないと言ってますが・・・)感じも見受けられます。当初は人前で涙を流すほど落ち込んでいたのですが、今では以前にもまして元気になってます。できるだけ早く完治できるよう自分も勉強したり、彼女の側で支えていこうと思います。
アドバイスを頂きまして本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 09:47

最初に耳鼻科専門ではありませんのでことわりを入れておきます。

(耳鼻科専門の方がこのサイトにはみえます・・・個人指名は出来ないシステムなので、早く締め切らずに待つことも勧めます)

1、原因不明の顔面神経麻痺を『ベル麻痺』と言ったと思います。経験ある耳鼻科医(場合によっては脳神経外科や神経内科かもしれませんが・・)なら他の可能性(ラムゼイハントなど)は十分に吟味して鑑別しているでしょうから、そう考えます。だとすると、副腎皮質ステロイド、神経代謝促進薬(ビタミンB群など)や血管拡張剤などを点滴または内服して時間をかけて保存治療します。確かに早い方が診断も早いでしょうし治療に取り掛かるのも早くなるでしょうが、それが予後を決定的に決めるとは思えません。一月以上待機すると神経除圧術(神経鞘開放術)の適用時期を失することになるのでそれくらい放置するとしたら別だと思いますが・・・

2治療薬である以上、必ず刺激はあるでしょう。逆にまったく無害な薬などありません。投薬には医学的な約束事があり、必ず『得られる益よりも害の方が大きければ投薬はしない/できない』んです。ステロイドじゃないかな?と思いますが、重症か否かではなく診断の結果必要と判断された薬というだけです。

3静養の効果があるのかは…わかりません。ただ、血管拡張剤などを使って局所の血流を増やす努力も治療のひとつとしてしていることを付け加えておきます。専門家がその辺をどう判断するか…専門家でないと正しい判断は出来ないと思いますよ(素人の方が訳がわかってない分オーバーな表現になります。私も含めて。)

4自然緩快が多いと聞いていますよ。(時間はかかるけれど・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shu_sさん、回答ありがとうございます。そして、お礼が遅くなりまして申し訳ありません。彼女が発症してから1週間が経過し、当初は精神的ダメージが大きくかなり落ち込んでいましたが、今では以前にもまして元気になり笑顔も多くこぼれています。そして、病気とも前向きに付き合い治療していこうとしているので、あせらず時間をかけて治療(できれば自然治癒)させていこうと思います。
アドバイスを頂きまして、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 09:25

codyさん はじめまして



仮に精神的な要因で顔面神経麻痺になったとすればの話ですが。

1、全ての病気は早期発見が早期治療の基本です。
2、後遺症などはおこりません。
3、連れて行ってあげてください。彼女の疾患の原因がどうであれ楽しいことは
全くその病気には関係ありません。

一番のお薬は貴方の彼女への愛情だと思います。色々なところに彼女を誘い精神的な苦痛を取ってあげてくださいね。

それでは
    • good
    • 2
この回答へのお礼

kuaainaさん、回答ありがとうございます。また、お礼が遅くなりましてすみませんでした。彼女の方も当初は落ち込んで涙を流してましたが、先日一緒に遊んだら笑顔がたくさんあふれ、以前にもまして元気になってました。症状は彼女は変わってないと言ってましたが、完治とまでは言いませんが何となく良くなったように思います。彼女の側にいる事で早く治るものと信じて、病院の治療とともにこれからも彼女の側で支えていこうと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 09:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喘息治療薬の吸入ステロイドをやめれる治療方針のお医者様を探しています。

大人の喘息ですが、喘息治療を開始して10年以上。
近年では、発作で入院することも、ひどい発作になることもなく、吸入ステロイドや気管支拡張剤、内服薬をお医者様の処方どおり飲み続けています。
しかし、本人の中で、これだけのお薬は必要なのか?という疑問が常にあるようです。
今までに何軒か診ていただいたお医者様は、どの先生も吸入ステロイドは副作用もなく、使用するのが当然という説明でしたし、ここのHPを拝見していても、続けるべきというお考えの専門家の方が多いいのは重々承知しております。
しかし、調子が良くなっている状況に合わせて、減量や、吸入ステロイドもやめれる、というお考えのお医者様を東京都で探しております。
喘息患者が結婚前の女性でもあるため、少しでも薬を減らしておきたいという気持ちを持っています。
なかなか信頼できるお医者様にめぐり合えないようで、本当に困っております。
どうか、東京都内で良い先生をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さい。

Aベストアンサー

症状、おつらいそうですね。

私はアトピーなどアレルギーをわずらって30年以上経ちます。アレルギーマーチと
言われるように私も以前はひどい喘息を患っていたことがあるのですが、最近は
とても軽くなりまして参考までに試したことを上げてみます。

●全身の体質改善
●薬効の高いハーブティ(マリエン薬局 咳・肺ブレンド)
●レンコン粉末を飲む
●オステオパシー施術←今ココです

全身の体質改善は他のアレルギー対策と同じです。体を温め(湯船によくつかる、
湯たんぽを常時抱えている、薄着をしない等)、胃腸(特に小腸)ケアをしたり
軽い運動をしたりしています。ステロイド吸入や拡張剤を飲むのが嫌だったので
(めんどうくさがりで毎日使うのを忘れたりして続かない&外出先で吸入器を
忘れた時のプチパニックがうんざりだった。すでにステロイド外用剤の副作用で
内臓が悪かったので使用を控えたかったというのもありました)ちょっと苦味が
ありますがレンコン粉末(ココア+黒ゴマきな粉と混ぜて飲むと美味しいです)や
ドイツでは医薬指定されているハーブティを普段から飲んで咳を起こさないように
していました。

血行が悪く、胸の辺りが詰まる感じがするのでマッサージ屋や整体など試しましたが
最近効いたのはオステオパシー。筋膜のねじれがとれるそうで、胸の詰まりは
すぐよくなり、粘膜のうるおいが実感できるほどでびっくりしました。

偶然ですが、私も最近NO.1さんと同じ医院にかかりまして現在検査待ちです。
費用の方がちょっと心配なのですが(実際いくらぐらいなんだろう。ドキドキ)以前、
アトピーのひどかった時にステロイド対策としてサプリを飲んでいて内臓疾患を
完治させたことがあったのでとても期待しています。

ちなみにこの医院に決める前に検討していたのは血液検査結果だけ送るとサプリを
処方してくれるという岡山の医院が運営するサイトです。費用は公開されて
いませんが、通販だけに割安?続けやすい?かもしれません。。。

どうぞお大事になさってくださいね。

参考URL:http://www.dr-g-sapli.com/top.html

症状、おつらいそうですね。

私はアトピーなどアレルギーをわずらって30年以上経ちます。アレルギーマーチと
言われるように私も以前はひどい喘息を患っていたことがあるのですが、最近は
とても軽くなりまして参考までに試したことを上げてみます。

●全身の体質改善
●薬効の高いハーブティ(マリエン薬局 咳・肺ブレンド)
●レンコン粉末を飲む
●オステオパシー施術←今ココです

全身の体質改善は他のアレルギー対策と同じです。体を温め(湯船によくつかる、
湯たんぽを常時抱えている、薄着をし...続きを読む

Qふわふわめまい 発症して20年になります。最初は原因がわからず、内科や耳鼻科を受診して内服薬を処方

ふわふわめまい

発症して20年になります。最初は原因がわからず、内科や耳鼻科を受診して内服薬を処方されましたが効かず。ようやく症状が軽減されるお薬に出会ったのが心療内科でした。同じような経験をされた方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

浮動性のめまいは自律神経の乱れから起こることが多いと聞きます。
つまりストレスが原因なんです。
一方回転性のめまいで有名なメニエール病もストレスが原因で起こると言われています。
私自身はメニエール病患者でしたが、ストレスが消失するとめまいが起きなくなりました。
お互いに心身を労わっていきましょうね。

Q外傷性頚部症候群、下肢への影響についてお聞きします。

外傷性頚部症候群、下肢への影響についてお聞きします。

事故に遭って外傷性頚部症候群と診断されて2ヶ月経ちます。

最初は右の上肢の痛みやだるさだけだったのですが、徐々に腰から足へと痛みが広がり、
今は右半身に痛み、力が入らない、手足が冷たい、感覚の鈍さなどの症状があります。

上半身(頭や肩、腕、背中など)に影響があるのはわかるのですが、
腰から足にまで影響が来るものなのでしょうか?

リハビリをしているので、ある程度軽くはなっているのですが、
ここのところ症状がつづいているので、気になり質問させていただきました。

お分かりになる方、どうかご回答をよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

⇒上半身(頭や肩、腕、背中など)に影響があるのはわかるのですが、腰から足にまで影響が来るものなのでしょうか?
神経や,血管は全て全身に繋がっていますから,症状が重ければ当然あります。私は血流症状で初めは上半身のみでしたが次第に下半身まで及んだり無くなったりしましたので体験しています。

Q内耳の機能が低下しても、人間には小脳が有るから、何も、、、

内耳の機能が低下しても、人間には小脳が有るから、何も問題は無い(代償として働くから、、)なんて聞いたことがあるんですが、本当なんでしょうか?
小脳代償が働き出すと、弱い内耳が更に、働かなくなるのではないか?なんて、気になるんですが?

Aベストアンサー

今までに何度かメニエール病の発作を起こされたことがおありなんでしょうか?それでもなかなか理解は難しいですが、めまいはよく理解することで不安は軽くなるので、少しNo1さんの補足をしたいと思います。

片方の内耳の働きが落ちると内耳からの情報は「おーい、傾いてるよー」と脳に送られます。でも脳では眼や体からの情報と総合して「耳からの情報は微妙にずれているから、今の少し傾いた状態を水平と判断しよう」と修正します。この状態で安定していればめまいは感じないですし、内耳(バランスを感じる部分)は(低下した状態ながら)きちんと機能します。
ただメニエール病などでたびたび内耳の状態に変化があるとそのたびに脳は混乱し、めまいを感じるようになります。そういうめまい発作が頻発し、治りにくいときは内耳破壊と言って片方の内耳の平衡機能をなくしてしまう方法もあります。そうなれば正常なもう片方の耳からの情報だけで脳は判断しますのでその状態でバランスが取れるようになります。
そういう脳が低下した機能を補う働きを代償といいます。代償が働いたからといって内耳の機能がさらに落ちることはありません。

今までに何度かメニエール病の発作を起こされたことがおありなんでしょうか?それでもなかなか理解は難しいですが、めまいはよく理解することで不安は軽くなるので、少しNo1さんの補足をしたいと思います。

片方の内耳の働きが落ちると内耳からの情報は「おーい、傾いてるよー」と脳に送られます。でも脳では眼や体からの情報と総合して「耳からの情報は微妙にずれているから、今の少し傾いた状態を水平と判断しよう」と修正します。この状態で安定していればめまいは感じないですし、内耳(バランスを感じる部...続きを読む

Q薬による治療を行ったせいで新型インフル重症化?

日本では、「タミフル(またはリレンザ)による治療を受けたが亡くなった。」と聞く事が多いですが、もしタミフル(またはリレンザ)による治療を受けなかった場合、致死率はさらに高まるのでしょうか?
インフルエンザ脳症も解熱剤が原因と言いますし、薬による治療を行ったせいで重症化したり亡くなったりしてるとは考えられませんか?

また、今、欧州で新型インフルエンザによる死者が急増しているそうですが何故だと考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

>インフルエンザ脳症も解熱剤が原因と言いますし、薬による治療を行ったせいで重症化したり亡くなったりしてるとは考えられませんか?

基本的に、タミフルやリレンザは解熱剤ではありません。
インフルからくる異常行動なんかを抑える薬です。

タミフルやリレンザを飲んだからってひどくはならないと思います。
息子が4歳なんですが、熱が出て病院に行ったら「解熱剤は基本的の飲まさないで下さい。42度まで大丈夫ですから」って言われてその通りにタミフルだけ飲んでたら、2日で平熱になり元気になりました。

タミフルを飲まなくて、自力で治そうとしたら結構キツイですよ。
子供は特にキツイです。

息子の友達は、薬がどうしても飲めなくて自力で治す事になりましたが結局4日間熱でうなされたそうです。

>また、今、欧州で新型インフルエンザによる死者が急増しているそうですが何故だと考えられるでしょうか?

感染者が多いんじゃないですかねぇ。
日本はこれだけ警戒してますから、そのちがいかなぁとも思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報