とっても、基本的なことなのかもですがタグ辞典に詳細がなかったので、
どなたか教えてください!!

<A NAME="○○○">のタグで、特定の場所にジャンプするリンクを設定した
場合、必ず指定したジャンプ先の位置は表示される画面の上部にくるものな
のでしょうか? 

とういうのは、指定した先が画面の下部にきてしまいみずらいため困って
います。 1ページがとても長いので、かならずジャンプ先の位置は画面
の上部にこさせたいのですが、それは可能ですか?? 

こんな説明で、状況をわかっていただけますでしょうか?
どなたか教えてください。

A 回答 (3件)

 


  これは可能です。
  <a name=""></a> タグで指定されるジャンプは、デフォルトで、画面最上部と決まっています。ブラウザーやマシンの処理が、モデムなどとの関係で処理に失敗しなければ必ず、画面最上部に来ます。
 
  ただ、当然な話ですが、<a name……> タグを置く位置が、画面表示で、一番下になる場合、それ以上、下がありませんから、一番下に来てしまいます。
 
  この場合、<a name >タグを置く位置の下に、画面の縦サイズつまり、600ピクセルとか、800ピクセル分の余白を用意しておくと、必ず一番上に来ます。または同じことですが、<a name >タグは、画面の一番下から、600ピクセルまたは800ピクセルより高い位置に置くことにすれば、必ず一番上に来ます。
 
  なお、下に余白があるのは望ましくなく、<a name > で飛んだとき、必要に応じて余白が下に出現し、普通は、余白が下にないようにするのは、透過GIFファイルと、簡単な JavaScript を使うと実現できるはずです(試したことがないので、100%そうだとは言えませんが)。つまり、普通にスクロールすると、<a name >の位置が、一番下にあり、<a name > で飛ぶと、下に更に、600とか800ピクセルの余白が、この場合に限って出現するようにできます。(一度余白ができると、ページをリロードしないと余白が残りますが。つまり、ページをリロードすれば、一旦できた下の余白は消えるのです)。
 
  従って、質問に対する答えはイエスです。可能です。
 
  JavaScript と透過GIFを使ってどうするのかを知りたい場合は、別の質問を立ててください。レスで、立てましたと答えられた場合、一日か二日ほど返答が遅れるかも知れませんが、回答します(質問情報がGOOやOKWEBからメールで来るのに、一日ほどかかるのです)。
 
    • good
    • 0

スタイルシート使えば無駄はないです。


body { margin-bottom:100%; }
    • good
    • 0

お気持ちは分かりますが...無理です。


冷静にお考えいただければ分かると思いますがページがそれ以上(下に)ないのですから...どうしても実現したいのであればBRタグやPタグなどでスクロールバーをのばしてあげればできます。でもそんなのデータ量の無駄です。
自分も経験してますので...。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテーブルタグを作成した後、プレビューで表示されるタグの上部に空白が出来てしまう。

テーブルタグを作成した後、プレビューで表示されるタグの上部に空白が出来てしまいます。

下記の内容で文章中にテーブルタグを表示しようとしたところ、
(1)の文章とテーブルタグとの間に、かなりの空白が表示されてしまいます。
どのようにしたら、この空白が削除できるか、是非お教え願います。

10種類の競技は以下のとおりです。・・・・(1)
<Table Border><Tr><Td><FONT COLOR="#ec7600">1.サッカーナイン</FONT></Td><Td><FONT COLOR="#ec7600">ボールを蹴って的をいくつ落とせるか記録する</FONT></Td></Tr>
<Tr><Td>2.サッカーリフティング</Td><Td> リフティングが何回できたかを記録する</Td></Tr>
<Tr><Td><FONT COLOR="#ec7600">3.サッカードリブル</FONT></Td><Td><FONT COLOR="#ec7600"> ドリブルのコースを作り何秒でクリアできたかを記録する</FONT></Td></Tr>
<Tr><Td>4.バスケットゴール</Td><Td> 決められた数のボールを何回入れられたかを記録する </Td></Tr>
<Tr><Td><FONT COLOR="#ec7600">5.50メートル走</FONT></Td><Td><FONT COLOR="#ec7600">50メートルを何秒で走れるかを記録する</FONT></Td></Tr>
<Tr><Td>6.バランス競技</Td><Td> 不安定な仕掛けの上に何秒間いられるかを記録する </Td></Tr>
<Tr><Td><FONT COLOR="#ec7600">7.息止め競技</FONT></Td><Td><FONT COLOR="#ec7600">水に顔を付けてどのくらい我慢できるか記録する</FONT></Td></Tr>
<Tr><Td>8.ターゲットゴルフ</Td><Td> クラブを使いボールをいくつ入れられるか記録する</Td></Tr>
<Tr><Td><FONT COLOR="#ec7600">9.フライングディスク</FONT></Td><Td><FONT COLOR="#ec7600">フライングディスクを何枚的にいれられるかを記録する</FONT></Td></Tr></Table>

テーブルタグを作成した後、プレビューで表示されるタグの上部に空白が出来てしまいます。

下記の内容で文章中にテーブルタグを表示しようとしたところ、
(1)の文章とテーブルタグとの間に、かなりの空白が表示されてしまいます。
どのようにしたら、この空白が削除できるか、是非お教え願います。

10種類の競技は以下のとおりです。・・・・(1)
<Table Border><Tr><Td><FONT COLOR="#ec7600">1.サッカーナイン</FONT></Td><Td><FONT COLOR="#ec7600">ボールを蹴って的をいくつ落とせるか記録する</FONT>...続きを読む

Aベストアンサー

IE6で確認しましたが、ご指摘の空白が再現できません。
プレビューということは、ホームページビルダーなどのソフトをお使いでしょうか?
使用ソフトや環境などの詳細を補足願います。

QMetaタグのrefreshでジャンプした後に元の画面へ戻れなくするには

(1)1.html ⇒ (2)2.html ⇒ (3)3.html
という画面遷移があり、(2)⇒(3)はmetaタグのrefreshにより自動的に遷移させ、ブラウザの「戻る」ボタンで(3)⇒(1)の遷移を行えなくしたいと思っています。
2.html のソースを以下の通り作成すると自動的に3.htmlに遷移するのですが、「戻る」ボタンで(1)1.htmlへ戻れてしまいます。(「戻る」ボタンの▼内のリストに2.htmlが存在しません)
====2.html====
<html>
<head>
<meta HTTP-EQUIV="refresh" CONTENT="0;URL=3.html">
</head>
<body></body>
</html>
====/2.html====
CONTENT="1" とすると、「戻る」の動作は(3)⇒(2)となり、また自動的に3.htmlへ遷移します。
同じ様な仕掛けで、この要件を実現しているサイトのソースを参考にしてこちらの環境で行うと実現できません。
apache の設定等が影響しているのでしょうか。そうであれば設定方法等わかる方、ご教授ください。
また、この要件を実現する別の方法があれば教えてください。

(1)1.html ⇒ (2)2.html ⇒ (3)3.html
という画面遷移があり、(2)⇒(3)はmetaタグのrefreshにより自動的に遷移させ、ブラウザの「戻る」ボタンで(3)⇒(1)の遷移を行えなくしたいと思っています。
2.html のソースを以下の通り作成すると自動的に3.htmlに遷移するのですが、「戻る」ボタンで(1)1.htmlへ戻れてしまいます。(「戻る」ボタンの▼内のリストに2.htmlが存在しません)
====2.html====
<html>
<head>
<meta HTTP-EQUIV="refresh" CONTENT="0;URL=3.html">
</head>
<body></body>
</html>
====/2.html...続きを読む

Aベストアンサー

javascriptでならできるよ・・・
http://www.htmq.com/js/location_replace.shtml

Qbrタグ、pタグやtableタグが非推奨にならない理由

表記のタグは必ずしも純粋に文章の構造を記述するものとは言えない(装飾やレイアウトに属する範疇)ような気がします。

実際CSSで十分に代用できると思うのですが、これらのタグがW3Cで非推奨とされないのは何故でしょうか。

Aベストアンサー

> HTMLで最低限の外見制御
まだちょっと主従関係について混乱されているようです。

HTMLの要素がデザインに影響する機能を持っているのではなく、
それが何であるかを示すためにマークアップをすると
結果として(視覚化するブラウザでは)表示に影響が出るのです。

ページを表示する≒(X)HTML文章を伝達する、ために存在するブラウザが
段落だから行間を空けてやろうとか
表だから縦横に並べてやろうとか
それなりの視覚化を行っているだけです。


行間がどうなるとか外見の制御を念頭においてを考えるのではなく
本質的にそれが「何」であるかをマークアップするのが文章の論理構造を記述するという事です。

一般的に外見から考えたほうが理解しやすいので
縦横に並べたいと思えばそれは恐らくリストや表だし、
一行空けたいと思えばたぶん段落の切れ目ですが
理念は逆ですのでお間違えのなきように。

Qulタグやliタグの中でbrタグは使えない?

完成したサイトなのですが…。
Dreamweaverにて開いて一応チェックすると、
「タグbrはur内では使用できません」との表示がでて驚いています。

<li>~</li>だけで自動的になされる改行だと、詰まって見えるのです。
だから、

<ul style="padding-left: 00px;">
<li>~</li></br>
<li>~</li></br>
</ul>

のようにして処理しております。ただ、これってSEO的にマズい、ということなのでしょうか?
どうか、ご存知の方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

SEO(検索エンジン最適化)には無関係ですが、文法的には誤りです。
→10.2 順不同リスト (UL)、序列リスト (OL)、及びリスト項目(LI)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/lists.html#edef-UL )

<!ELEMENT UL - - (LI)+ -- unordered list -->
ulには、「li要素のみを一個以上もつ。」と書かれています。


<!ELEMENT LI - O (%flow;)* -- list item -->
li要素には、%flowをゼロ個以上もつ、終了タグは省略できる。

読み方は、3.3.3 要素宣言 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/sgmltut.html#h-3.3.1 )を参照すること

したがって
<ul>
 <li>・・・<br>
 <li>・・・<br>
</ul>
とは書けます。(HTMLの場合)
その場合、ブラウザは
<ul>
 <li>・・・<br></li>
 <li>・・・<br></li>
</ul>
と解釈します。(XHTMLはこう書かないとならない)

★もっと、はるかに大事なこと
「<li>~</li>だけで自動的になされる改行だと、詰まって見えるので」<br>を入れるは、HTML的には最大の間違いです。こちらのほうがはるかに重要!!
 構造とプレゼンテーションは区別すること。デザインのためにHTMLを書いてはなりません。
 2.3.2 アクセス性 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.3.2 )

スタイルシートで、
ul li{margin-bottom:1em;}
だけでよい。

SEO(検索エンジン最適化)には無関係ですが、文法的には誤りです。
→10.2 順不同リスト (UL)、序列リスト (OL)、及びリスト項目(LI)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/lists.html#edef-UL )

<!ELEMENT UL - - (LI)+ -- unordered list -->
ulには、「li要素のみを一個以上もつ。」と書かれています。


<!ELEMENT LI - O (%flow;)* -- list item -->
li要素には、%flowをゼロ個以上もつ、終了タグは省略できる。

読み方は、3.3.3 要素宣言 ( http://www.asahi-net.or.jp...続きを読む

Q使えるタグ、使えないタグ、使わないほうがいいタグ…等

タイトルの通り、使えるタグ、使えないタグ、使わないほうがいいタグ…等の違いを頭の中で整理することができません。
具体的に何で混乱しているかというと、

1、DOCTYPEスイッチで標準準拠にした場合は、color:fff;などの記述が無視されるだけで、htmlタグの使える使えないには関係がない…?
2、非推薦のタグは、使用することはできるが将来廃止になる可能性があるから、前方互換を考え使わないほうが良い…?
3、廃止タグは、使用することが出来ない。(記述しても無視される)…?
4、廃止タグを使った場合も、まだそのタグが廃止されていないころのブラウザを使えば問題なく使用可能…?(使用したいわけではなく、可・不可の問題で)
5、また、html5が話題になってきていますが、html5で廃止されたタグも現行のブラウザでは後方互換のため使用することが可能…?
6、html5では使えないが、ブラウザはhtml5にもhtml4.01等にも対応しているので使用ができる。という解釈で合っていますでしょうか?
7、<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN""http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">などとしても、html5のタグが反応するのはどうしてなのでしょうか?

間違えている項目等、指摘していただければ幸いです。どうかよろしくお願いします。

タイトルの通り、使えるタグ、使えないタグ、使わないほうがいいタグ…等の違いを頭の中で整理することができません。
具体的に何で混乱しているかというと、

1、DOCTYPEスイッチで標準準拠にした場合は、color:fff;などの記述が無視されるだけで、htmlタグの使える使えないには関係がない…?
2、非推薦のタグは、使用することはできるが将来廃止になる可能性があるから、前方互換を考え使わないほうが良い…?
3、廃止タグは、使用することが出来ない。(記述しても無視される)…?
4、廃止タグを使った...続きを読む

Aベストアンサー

仕様書を読めば、すべて書いてあることですよ。
 とりあえず、HTML 4.01仕様書 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/cover.html )からだけ

【引用】____________ここから
しかし、様々なHTMLバージョンの実装間での実験及び相互運用性を促進するため、次の動作を推奨する。
●認識できない要素があった場合、ユーザエージェントは、内容のレンダリングを試みねばならない。
●認識できない属性があった場合、ユーザエージェントは、当該属性定義全体(すなわち、属性とその値)を無視しなければならない。
●認識できない属性値があった場合、ユーザエージェントは、デフォルトの属性値を用いねばならない。
●宣言されていない実体があった場合、この実体を文字データとして扱わねばならない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[Performance, Implementation, and Design Notes (ja)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/appendix/notes.html#h-B.1 )]より

【引用】____________ここから
注意。 1999年12月24日版のHTML 4.01において、HTML作業グループは次の方針を確約する。
●HTML 4 DTDに将来発生する変更は、現在の規定によるDTDに適合する文書を不適正化するものではない。 HTML作業グループは、バグを修正する権利を予約する。
●現在の規定に適合するソフトウエアは、将来の HTML 4 DTD にある認識不能な機能を無視してよい。

 これはつまり、文書型宣言において、著者は最新版のHTML 4を指し示すシステム識別子を安全に用い得るということを意味する。 著者はまた、特定DTDで検証することが求められる際には特定日付版のHTML 4 DTDを示すシステム識別子を用いてもよい。 W3Cは、特定日付版について、原形式のまま原アドレスで無期限に得られるよう、あらゆる努力を払う。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[The global structure of an HTML document (ja)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/global.html#h-7.2 )]より

 などあちこちに、

★すなわち
 Document Typeは、あくまで、そのHTMLがどのルールによってかかれているかを宣言するもので、その宣言とそれによって許される要素名・属性などについては、将来的に表示が保証されるという意味です。

 DOCTYPEを書け!書かなければならないのは、この保証を担保するためです。
 DOCTYPEが書かれていて、それに適合するように書きなさいとは、そういう意味です。
 一方でブラウザには、適合していなくても、可能な限り表示を努力することが求められていますが、義務ではない。
 
と考えれば、すべての質問に対する答えはお分かりですよね。・・・そのように、仕様書に書いてある。

仕様書を読めば、すべて書いてあることですよ。
 とりあえず、HTML 4.01仕様書 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/cover.html )からだけ

【引用】____________ここから
しかし、様々なHTMLバージョンの実装間での実験及び相互運用性を促進するため、次の動作を推奨する。
●認識できない要素があった場合、ユーザエージェントは、内容のレンダリングを試みねばならない。
●認識できない属性があった場合、ユーザエージェントは、当該属性定義全体(すなわち、属性とその値...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報