マグロは危険を感じたとき最高160km/hで泳ぐと聞いたのですが本当なのでしょうか?
マグロは泳ぐのをやめてしまうと沈んでしまうので死ぬまで泳ぎ続けると聞いたのですが魚が沈んで何が問題なのでしょうか?魚が沈んでおぼれるのでしょうか?
沈んだらまた泳いで上がってくればいいのではないのでしょうか?

どなたか教えてください。もしよろしければ、マグロの事が詳しく
載っているサイトや本を紹介していただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

マグロは他の魚と違いエラを動かして呼吸する魚ではなく、泳ぐ勢いでエラに海水を取り込み呼吸をします。


ですので「泳ぐのを止める=窒息」と言うことになります。ちなみに鮫も同じ呼吸法です。
http://www3.gateway.ne.jp/~yumihime/Maguro.htm

速度の方は色々な説がありました。
ですが「マグロは時速160キロで泳ぐ ふしぎな海の博物誌」という本もあるので本当のようです。
ですが他のサイトの数字を見てみるとだいたい80~120km/hぐらいのようです。
ちなみに寝ているときも泳いでいるそうですよ。(止まったら死ぬから。。)
http://www.infoaomori.ne.jp/~takedamw/sub17.html

ご参考までにどうぞ。。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。遅くなってすみません。

お礼日時:2002/02/28 14:12

エラの発達が遅れていて水中の酸素をうまく取り込めない海の魚の代表はマグロ、エイ、サメ、淡水の魚の代表はイワナやヤマメ、アマゴです。

前者は海中を死ぬまで泳ぎ回りながら、海水をエラに送り込み酸素をえています。後者は酸素の多い清流にしか住みません。これらの魚類は太古の魚の直系子孫だと思われます。エイやサメは軟骨魚なので呼吸の問題とともに、水中でなければ身体を維持できないという欠点も持っています。(例えば岩場やさんご礁の上で休憩をすれば窒息する前に身体を壊すと考えられます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。遅くなってすみません。参考になります。

お礼日時:2002/02/28 14:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマグロが泳ぎ続けるモチベーションはどこから湧き出てくるのですか?

マグロが泳ぎ続けるモチベーションはどこから湧き出てくるのですか?

Aベストアンサー

ひょっとしてネタ質問のおつもりかもしれませんが、マジレスしますね。

質問者様が呼吸をやめないのと同じ理由ですよ。

Qサメとマグロ以外の「浮き袋のない魚」

サメとマグロ以外の「浮き袋のない魚」を探しています。ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

浮き袋は,デボン紀中期に淡水に進出した魚が進化させた肺が,再び海に戻ったため退化/機能化して変化したものとされています。

現在海中に見られる魚の多くは,これらの魚の末裔なので,浮き袋を持っています。

このため,淡水に進出せずに海に残った魚の末裔や,その後の進化により肺/浮き袋が変化してしまった魚には浮き袋がないようです。

以下,マグロ以外に浮き袋を持たない魚の例を挙げてみます。雑然とした内容で恐縮ですが悪しからず…。

原始的な魚類であるヤツメウナギ。肺が退化して脂肪組織になってしまったシーラカンス。サメやエイなどの軟骨魚類。胸鰭と尾鰭を使って水底を歩くアツモリウオなどの特殊な魚。ハタハタなどの深海魚(アンコウは浮き袋を持ちます)。深海から海面まで往復するハダカイワシの仲間。日本近海のコウナゴ(イカナゴ)。南氷洋のハゲギス。

参考URL:http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/evolution/vrt01.htm, http://www.muse-tokai.jp/publish/umihaku/2003/v33n6p4.html

浮き袋は,デボン紀中期に淡水に進出した魚が進化させた肺が,再び海に戻ったため退化/機能化して変化したものとされています。

現在海中に見られる魚の多くは,これらの魚の末裔なので,浮き袋を持っています。

このため,淡水に進出せずに海に残った魚の末裔や,その後の進化により肺/浮き袋が変化してしまった魚には浮き袋がないようです。

以下,マグロ以外に浮き袋を持たない魚の例を挙げてみます。雑然とした内容で恐縮ですが悪しからず…。

原始的な魚類であるヤツメウナギ。肺が退化して脂肪...続きを読む

Q泳ぐ鳥を食べる魚

こんばんわ。

今日、ふと川面を見ているとかもがすいすいと気持ちよく泳いでいました。平和でいいなと思いつつ、彼らに危険はないのだろうかという疑問が湧いてきました。魚の中に鳥をえさにしているものがいるのかどうか教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

カモを主食としている魚は恐らく居ないと思いますが
小型種のカイツブリやカモのヒナは結構捕食されていると思います。

種類は大型のブラックバス、ナマズ、ライギョ等です。

中でも1m級のナマズやライギョなら親鳥のカモでも食べてしまうかもしれません。
口を全開すると人間の頭が入ってしまうほどの大きさがあります。

Qマグロなどの回遊魚について

マグロなどの回遊魚は泳ぎ続けていないと、呼吸ができなくなって死ぬと聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。

ほかの魚は、同じエラ呼吸なのに、止まっていても死なないのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

他の魚は口と鰓蓋の開閉で水流を作って鰓に水を送ることが出来るからじゃないでしょうか
またマグロは高速で泳ぐために筋肉が発達しています
そのせいで他の魚よりも多くの酸素を消費するという事も関係していると思います

Q魚はなぜ海水で泳いでるのに高血圧にならないのか?

人間は塩辛いものを食べ続けると、高血圧になりますが、
魚は、あんなに塩辛い海水にずっといて、なぜ高血圧にならないのですか?
いるかやくじらは人間と同じ哺乳類なのになぜ高血圧にならないのでしょうか?
最近気になってしかたがありません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

まず、塩分を過剰に摂取することだけが高血圧の原因ではないので、海水にいる魚が仮に塩分を取りすぎていたとしても、そのことによって起こるのは高血圧の前に脱水症状です。
人間は海水を大量に飲むと浸透圧が高くなり血管の中から水分がどんどん出て行ってしまいます。
これにより脱水症状を起こすのですが、海水魚は食道や胃腸で塩分を脱塩してエラから濃い塩水を出す機能を持っているので脱水にはならないのです。
いるかや鯨はエラがないので、エラからは出さないのでしょうが、何らかの方法で脱塩処理の機能を持っていると思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報