関西の言葉だと思いますが、80cm×40cm×15cm位の大きさの平たい木箱のことを私の親戚などはこう呼びます。お餅を丸めて並べたり何かの集まりのとき食器等を運ぶのに使ったりします。
「コウジュウタ」と聞こえますが、一体どんな字を書くのでしょうか?意味も知りたいのです。(使ってる父も知らないのです…)

一つ手掛かりとなる情報を得たのです。
兵庫県の神埼郡地方では『コウジブタン』と言ってたらしく、その『コウジ』は麹のことで『ブタン』は不明。昔、この箱に麹を広げて発酵させていたそうです。
正しい語源と漢字をご存知の方、いらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「麹蓋(こうじぶた)」なら、参考URLに載ってました。

「コウジブタン」の元は「麹蓋」?

「コウジュウタ」という表記は一度だけWebで見たのですが、言葉に関する詳しい説明はありませんでした。残念。

参考URL:http://www.sdb-vin.com/budo/budo7/yougo_azumarik …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました! 参考URLも拝見し、大納得できました。「コウジュウタ」はきっと「麹蓋」がなまったのだと思います。父も『なるほど!』と喜んでおりました。

お礼日時:2000/12/22 16:30

質問文の『ブタン』について。


うちの祖父は昔、化学の教師をしていた人なのですが、その人が『プタン』プロパンガスやライターの燃料に使われるおなじみのガスのことだといいます。発酵させるという部分からひらめいたようで、あながち間違ってはいないと思うのですが…。
    • good
    • 0

実家の兵庫県赤穂市でも「麹蓋」は使っていました.


#発音は「コージブタ」(そのまま)
蓋というよりは浅い箱で,味噌や甘酒を作ったりするときに麹を広げていましたが,実家での一番の目的は正月の餅つきで,ついた餅を入れるのに使っています.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沖縄剛柔流空手

沖縄剛柔流空手泊手って矛盾してませんか?
(剛柔流は那覇手なのに首里手に近い泊手っておかしくないですか)

沖縄剛柔流空手って沖縄じゃなくてもちゃんとしたものが習えるのですか?

またヒューマンウェポンで見たのですが上地流空手というのがあるそうですが剛柔流と似てますよね習うならどっちがいいですか?

Aベストアンサー

創始者が那覇手も泊手も習ってたってだけじゃないですか?
糸東流だって摩文仁賢和が首里手(厳密に言えば糸洲安恒の時点で首里手と那覇手をチャンポンしてる)も那覇手も習ってたから首里手と那覇手の両方の型をやります。

剛柔流と上地流は歴史的には剛柔流のほうが由緒正しい感じがしますが、実際習うとなると事前に見学して道場の雰囲気を確認したうえで、通いやすくて月謝が安いほうでいいと思います。

Qある製品を買おうとしてますがサイズ:W40φ×H180×土台60cmのような記載がありました。この製品の高さは180cmでいいのですか?

ある製品を買おうとしてますがサイズ:W40φ×H180×土台60cmのような記載がありました。この製品の高さは180cmでいいのですか?

Aベストアンサー

「ある製品」にもよりますし、わざわざ「土台」と書いていることからも高さが180cmなのか240cmなのか質問文から判断することは無理な気がします。
販売元に聞くのが一番確実です。

Q鍼灸師さんor柔整師さん!!

私は鍼灸師2年目の22歳の女の子です。
最近同じ職場の3つ上の先輩(男)が独立しました。
今までは一生独立する気はなかったんですが、柔整を取りに行って将来は独立しようか真剣に悩んでいます。でも、女の子やし柔整を持ってる人と結婚して、夫婦でするのが理想・・・。
そこで、鍼灸師or柔整師さんと結婚した人は、どこで知り合ったのですか?
そして、女の子でも柔整を取った方がいいですか?

Aベストアンサー

20年ほど前同じ専門学校で知り合いそのまま結婚しました。夫婦で同じ仕事しかも自営となれば、それなりにけんかもあります。メリットデメリットはどんな結婚生活でも一緒では?鍼灸師だから、柔整師だからといって特別世界が小さくなるわけではないので、いろんなお知り合いは仕事を通じてでも増えることでしょう。資格というのは改めてとるとすると非常に大変です。取れる資格は取っておいた方がはるかによいです。

Qこの問題の途中式を教えてください 2×1/16+4×1/16^2+8×1/16^3 =1/4×16+

この問題の途中式を教えてください
2×1/16+4×1/16^2+8×1/16^3
=1/4×16+1/2×16×16
=64+8+1/512
=73/512

Aベストアンサー

一番分母の大きくなるところを計算します。
 8×1/16^3=8×1/(2×8×16^2)=1/(2×16^2)=1/512
分子と分母を8で割って約分しています。

分母を(2×16^2)=512に揃えることを考えて、足りない分をかけます。
 2×1/16=(2×2×16)/(16×2×16)=64/(2×16^2)=64/512 (2×16をかける)
 4×1/16^2=(4×2)/(16^2×2)=8/512

よって
 2×1/16+4×1/16^2+8×1/16^3
  =64/512+8/512+1/512
  =(64+8+1)/512
  =73/512

Q剛柔流空手の道場

山手線・千代田線沿線で、土日にやっている空手の道場をご存知の方いませんか。
できれば剛柔流、それ以外の流派でも剛柔流に近い型をやっているところが良いです。

Aベストアンサー

山手線の代々木、原宿間に剛柔流があったと思います。

内回りの電車に乗ると進行方向左手の窓からビルと剛柔流の看板が見えました。最近は山手線に乗らないので無くなっていたらすみません。土日にやっているかは分かりません。

Qこの□4の向心力が32Nになるのはなぜですか? 解説よんだら、1.0×5.0×(2×3.14/2.5

この□4の向心力が32Nになるのはなぜですか?
解説よんだら、1.0×5.0×(2×3.14/2.5)とかいてるのですが、2×3.14/2.5の部分がなんでそうなるのかよくわかりません

解説よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「5秒間に2回転」ということは、角度でいえば「5秒間に 360° × 2」、ラジアンなら「5秒間に 2パイ × 2」ということです。
 つまり「1秒間には 360° × 2/5」「1秒間には 2パイ × 2/5」ということです。

 逆に言えば、1周するのに、「360° 回るのに 5/2 = 2.5 秒かかる」「2パイ 回るのに 5/2 = 2.5 秒かかる」ということで、「1周するのに 2.5 秒かかる」のです。
 つまり、周期は 2.5 秒です。

 「速さ」は、実際にどれだけのスピードか、ということですから、1秒間に円周の「2/5」だけ進んでいるので、
 2パイ × 5.0 × 2/5 = 4パイ ≒ 4 × 3.14 = 12.56 ≒ 13 (m/s)

 「角速度」は、1秒あたり何度進むか、ですから、「1秒間に 360° × 2/5 = 144°」「1秒間に 2パイ × 2/5 = (4/5)パイ」です。ラジアンの方を使えば
  (4/5)パイ ≒ (4/5) × 3.14 = 2.512 ≒ 2.5 (rad/s)

 「向心力の大きさ」は、F = mrω² ですから、m = 1.0 kg, r = 5.0 m, ω=2.5 rad/s として
  1.0 × 5.0 × (2.5)² = 31.25 ≒ 31 (N)
となります。
 ご質問の「(2×3.14/2.5)の部分」は、「角速度」を求めたときの「1秒間に 2パイ × 2/5 = (4/5)パイ ラジアン」のことですが、これを二乗しないといけませんね。
 おそらく、その前で求めた「角速度」が「約 2.5 rad/s」なので、これを使うと上のように「31 N」になるので、有効数字を稼ぐために「2.5 rad/s」を使わずに「2パイ × 2/5 rad/s」としたのだと思います。これを使うと、
  1.0 × 5.0 × ((4/5)パイ)² ≒ 16 × (3.14)² ≒ 31.55 ≒ 32 (N)
になりますから。

 ただし、この問題では、有効数字は2桁までなので、最後の向心力の大きさは「31 N」でも正解とすべきでしょうね。

「5秒間に2回転」ということは、角度でいえば「5秒間に 360° × 2」、ラジアンなら「5秒間に 2パイ × 2」ということです。
 つまり「1秒間には 360° × 2/5」「1秒間には 2パイ × 2/5」ということです。

 逆に言えば、1周するのに、「360° 回るのに 5/2 = 2.5 秒かかる」「2パイ 回るのに 5/2 = 2.5 秒かかる」ということで、「1周するのに 2.5 秒かかる」のです。
 つまり、周期は 2.5 秒です。

 「速さ」は、実際にどれだけのスピードか、ということですから、1秒間に円周の「2/5」だけ進んでいるので、...続きを読む

Q「柔肉」「柔壁」 なんて読むの?

点訳ボランティアをしていますが
辞書に載っていない漢字があり、困っています
「柔肉」「柔壁」
これらは官能小説に出てくる言葉です
(つまり女性の肉体の一部を意味しています)
どなたか読み方を教えて下さい

Aベストアンサー

官能小説なら
「柔肉」=「やわにく」
「柔壁」=「やわかべ」
ではないでしょうか。

ところで後者は
「柔襞」=「やわひだ」
の見まちがいという可能性はありませんか?

Q父、母、娘×2、息子×2、召使、犬を向こう岸へ渡すには??

今日学校の昼休みに友達と考えていたのですが、
こんなゲームです
「川があって船には二人までしか乗ることができません。
父、母、娘×2、息子×2、召使、犬が片方の岸にいます。
ここで条件があって、父は母がそばにいなければ娘を殺してしまいます。または母は父がそばにいなければ息子を殺してしまいます。そして召使がそばにいないと犬は全員を殺してしまいます。
船を操作できるのは母と父と召使だけです。
船を使って全員を無事に向こう岸に運ぶには、どうすればいいでしょう?」

やってみたんですがどうしても召使と犬が動かせません。
最終的にこの条件間違ってんじゃないのか?なんて問題にけちをつける始末です。゜(゜´Д`゜)゜。

どうなんでしょう?
この問題を知ってる方教えてくださーい。。。

Aベストアンサー

←召使い 犬
→召使い
←召使い 息子
→召使い 犬
←父 息子
→父
←父 母
→母
←召使い 犬
→父
←父 母
→母
←母 娘
→召使い 犬
←召使い 娘
→召使い
←召使い 犬

Q柔よく豪を制するのは・・・?

柔道と合気道を比較した際、
どっちがより、
『柔よく豪を制する』事が可能な競技なんですか?
ちなみに、
この『柔よく豪を制する』とは、
あくまで柔道のことわざであって、
合気道のことわざではないのですか?

Aベストアンサー

柔道では「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」というように、セットで言われますね。

で、これはNo.1の回答者様も書いているように、中国の兵法書の「三略」が出典とされます。ただし、三略では「柔能く剛を制す」とセットになるのは「弱能く強を制す」となります。
で、「柔能制剛」は江戸の昔から剣術をはじめあらゆる武芸で引用される成句でして、特に柔道のものというわけではありません。
ただし古流では三略にある通り「柔能制剛、弱能制強」と使われる方がほとんどで、「剛能く柔を断つ」とセットにするのは柔道や少林寺拳法など近世武道に独特の解釈かも知れません。

また、一般に合気道ではそれほど「柔能く剛を制す」という事は聞きません。それを言う師範はいますが、どこでも誰でもがそれを理念としてやっているという事はないでしょう。これは、合気道が「柔」を最前面に出していて、そもそも「力ずく」という要素が全く評価されないためだと思います。
柔道であればパワー柔道に対する戒めとして「力だけじゃダメだぞ」という使い方がされるのでしょうが、合気道にパワー合気道はないですから。
柔道は競技として試合がありますから、たとえ力ずくであっても試合で強いという事が意味を持ちますが、合気道は(流派によりますが)一般的には競技武道ではなく試合を行わないため、力で技をかけても単に師範に叱られるだけでそれが評価を受ける場面がそもそもないから、改まって戒める必要もないためです。

なお、三略に記された「柔能制剛、弱能制強」の元々の意味は、格闘についてではなく政略全般についての話だと思います。勝手に意訳すれば「柔和に接する人はみんなに慕われて味方を作り、弱く見える者は周囲が力を貸してやろうと手助けしてくれる。高圧的に接する人はみんなに嫌われ敵を作り、強く見える者には誰も助け舟を出してくれない。このため柔和な者と高圧的な者が争った時には、周りの者が柔和な者の支持に回って盛り立ててくれるため、柔和なる者でも高圧的な者を抑えて勝つ事も可能なのである」というような事でしょうか。
武道的には術理についてもそうですが、武人としての日々の生活態度における戒めとして使われていた側面も大きかったように感じます。

柔道では「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」というように、セットで言われますね。

で、これはNo.1の回答者様も書いているように、中国の兵法書の「三略」が出典とされます。ただし、三略では「柔能く剛を制す」とセットになるのは「弱能く強を制す」となります。
で、「柔能制剛」は江戸の昔から剣術をはじめあらゆる武芸で引用される成句でして、特に柔道のものというわけではありません。
ただし古流では三略にある通り「柔能制剛、弱能制強」と使われる方がほとんどで、「剛能く柔を断つ」とセットにす...続きを読む

Q中一の問題です。 8×(-12)-58×(-12) どのように計算したらいいでしょうか?

中一の問題です。
8×(-12)-58×(-12)
どのように計算したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

8×(-12)-42×12
=12×(-8-42)
=12×(-50)
=-600

なるべく面倒な掛け算は避けるため、
12で式をまとめること、
プラスマイナスの符号に気をつけること。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報