前歯が虫歯になってしまいましたが、どの程度の虫歯だと、差歯にしないといけないんでしょうか?
上の真中の2本の間が少し黒くなっていて、裏にちょっと穴があいています。
その隣の右側は、中が黒い?のが透けている感じで、冷たいものや熱いものがしみます。
親に「差歯にしないといけないんじゃない?」といわれて、怖いです。
虫歯で差歯にした方、どのくらいだったのか、治療に何回くらい、いくらくらいかかるのか教えてください。
できれば、どんなふうに治療したかも・・・

A 回答 (2件)

私は歯科衛生士をしていますが、私自身前歯の真ん中に虫歯を作り差し歯になってしまった過去があるので、アドバイスさせていただきます。


前歯の虫歯は、そんなに深くない程度でしたら削って白い詰め物をするだけで簡単に治ります。一回に1~2本は治療してくれると思うので、そんなに回数はかかりません。
それに対して神経に達するような虫歯の場合、神経の治療も必要ですし、虫歯を全てとりきった時点で詰め物では対応できないと判断される時には、やはり差し歯になってしまいます。神経の治療は数回(治癒する時間が人それぞれなので、はっきりとした回数はいえません)、それから差し歯を作るのに4~5回くらいでしょうか?そのくらいかかります。前歯の差し歯の場合保険で白くできるので、2本で1万円くらいで済みます。でも保険で作るものは何年かすると黄ばんできたり、歯茎とのトラブルがおきやすいので、できたら自費のものをお勧めします。その場合歯科医院によって額が違いますが1本10万円くらいです。
    • good
    • 0

私も前歯が虫歯になり、2本の間あたりに、穴があいてしまいました。


前からみると、真中に穴があいていて、とってもかっこ悪かったです・・・。
この時点でkanako321さんよりヒドイ状態ですよね・・・kanako321さんは裏にちょっと穴があいているだけですもんね。

私はその時点ですぐに歯医者にいき、治療してもらいました、1回か2回でやってくれたと思います。
もちろん差し歯じゃないですよ!
歯はほとんど自然治癒力がないので、虫歯が悪くなる前に歯医者にいったほうがいいですよ♪
私はここ2~3ヶ月毎週通いつめてやっとすべての虫歯の治療を終えました。
冷たいものも熱いものも甘いものも何もしみないし、ズキズキすることもないです。
これからはマメに点検にいこうとも思ってます。

何かの参考になれば幸いです。では!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前歯6本のさし歯は保険適用で治療できないの?

私は前歯が6本さし歯なのですが前回までは、まとめて6本の治療を行った事が無く、すべて保険適用内で治療ができました。
ところが最近どうも前歯の調子が悪くなってきたので、本日ある歯科で見てもらった所、「6本まとめて治療が必要なので入れ歯なら保険がきくけど、さし歯(インプラントかブリッジ)は保険適用外です。」と言われました。
保険適用内にてさし歯で治療してくれる所(方法)をご存知の方、お教え願いますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険適応の基準はほぼ全国的に統一されています。
ある歯科医院では良くて、他はだめと言うことは余りありません。
ごく細かな点では、解釈に違いがある場合は有りますがおおむね同じと考えて間違いありません。

さて前歯の治療ですが、質問者様の歯が今どの様な状態で、歯科医師がどの様に治療を進めているのかは判断出来ませんので何とも言えませんが、特別な(例えば5本抜く必要が有るような)場合を除いて保険での治療が可能なはずです。
また、本来保険で適応できる治療を材料の強度等を理由に自費でしか出来ない、などということはほとんどありません。
少し、歯医者さんの説明に理解できないところがあります。

なぜ保険が適応されないのか、今一度、歯医者さんでよくお話を聞かれたほうが良いと思います。
場合によっては他の歯医者さんで相談してみるのも良いか知れません。

Q虫歯治療は前歯が先?

6年前に奥歯の虫歯を治療したのですが、4年前にかぶせ物?が取れました。それ以後痛みも無かったので先月までそのままにしていたのですが、そろそろ治療しようかと歯医者に行ったのですが、他に虫歯が4本見つかり、前歯に近い方から治療していくと言われました。私としては大きな穴が空いている奥歯を先に治療して欲しかったのですが、どういう理由で前歯に近い方から治療していくのか理由がわかりません。

確認のため再度医師に奥歯の治療の順番を再確認した所、前歯から順番に治療していくという返答が返ってきました。

ここで質問なのですが、私は今回発見された虫歯については、何の不自由も感じていません。痛みもありません。又見た目虫歯だと解らない状態です。
普通一般的な考えですと、大きな穴が空いている奥歯を先に治すのが当然だと思うのですが、前歯から治さなければならない理由が医学的にあるのでしょうか。

理由をご存じの方、経験者の方ご回答宜しく御願いします。

Aベストアンサー

断言はできませんけど、他の歯医者に行ってみましたか?
そこの歯科医院がどうかは別にして、一般に歯医者には痛くなってから行き、痛みが治まると、治療の途中でも通院しなくなる人がたくさんいますよね。それは診療代や長期に及ぶ週一回程度の通院も馬鹿にならないからです。
でもって、歯医者さんにしてみれば、あちらも商売ですから、患者が来て、治療をしないことには商売にならないんです。今日、歯科医院といえば、50メートルに一軒なんていうくらい多いし、つぶれてるとこもあるんですよ実際。
それに、どんなに前歯の状態がひどかろうが、患者さんに説明して、診療の許可を取れたのでなければ、医師が勝手に、主訴以外の治療をしていいわけはありません。
ただ、虫歯の治療は、早ければ早いほど、痛みも少なく、安く、早くできると言うのも事実ですから、あなたが納得できるなら治療してもらったらいいと思います。

Q前歯のさし歯について

私の知り合いが、だいぶ前に仕事で歯をぶつけて、前歯が半分以上かけて細くなっていたり、また前歯の表面がかけたりしています。そこで最近、歯医者に行く決意をしたらしいのですが、料金の面で心配しています。他のところでも質問してみたのですが、前歯のさし歯は保険がきかないとういう人と前歯のさし歯は保険適用内でもできるものもあると2つの意見があって、どっちが正しいのかわかりませんでした。いろいろインターネット検索して調べてみてるのですが、保険適用外の歯については料金など書いてる場合があるのですが、どうもわかりません。もし、前歯のさし歯でも保険適用内でできるのであれば、一本いくらくらいかかるのでしょうか?教えてください、よろしくお願いします。またそのような事が書いてるサイトなどあれば教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

俺も前歯差し歯ですが保険適用ですよ。
歯って、保険が適用できない高価な材質もあるん
ですよ。そりゃーもちろん高価な材質のが長持ち
する、変色しない!などの効果が高いんです。

でもそんなの保険適用でできちゃうと健康保険、
つぶれちゃいますから保険適用の場合はこの安い
材質で!お金がある人は10割負担で高くて良い
材質の差し歯もできますよって事です。

値段は忘れました。いきなり差し歯はできないの
で何回か治療した後差し歯作成しますから、トー
タルで5,6千円もあれば十分だったような。

Q虫歯治療したのに、冷たいものがしみます

5日前にC1の状態の虫歯と、その隣に詰め物が古い歯があったので
2本同時に削って新しい詰め物をしてもらいました。
その時に、「2~3日は冷たいものがしみると思いますが、
長く続くようだったり、我慢できないようだったら教えて下さい」
と先生に言われました。
治療終了当日から今に至るまで、冷たいものだけではなく
熱いものまでが歯にしみます。
今まで(違う歯科医ですが)何度か虫歯治療したことはありますが、
治療終了と同時に何を飲食しても歯にしみたり痛んだりするような
ことはありませんでした。
明日にでも先生に相談するつもりですが、
原因としてどういったことが考えられますか?
治療法(解決法)は、また削りなおして詰め物を入れなおすのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。状況は概ね分かりました。
深いむし歯を金属を使って治した場合はこういった冷たいものにしみるのが3ヵ月ほど続くこともあります。
(実際に私自身がそうであった。)
多分しみる歯は隣の歯のむし歯であろうと推察されます。
というのはその歯は削りなおしたということは、以前よりもさらに深く削ったということになりますので、その歯が怪しいです。
歯の痛みは場合によると、どの歯かという特定が患者さん自身でできないことも珍しいことではありませn。
下の歯が問題があるのに、上が痛いとおっしゃる患者さんもいますから。
ですから、最初に比べしみ方が少なくなってきているようでしたら、徐々に治まるはずです。
私の場合は必ず「金属は熱を伝えやすいので、場合によると最初のうちはしみる感じがあるかもしれません。徐々に落ち着いていきます。一般的には1~2週間程度で治まりますが、3ヵ月ほどかかることもあります。」と説明しています。
>麻酔を使用しましたが、削っている最中に痛み(しみた感じとは違います)
治療した部位は下の奥歯とのことですが、実はこの場所が一番麻酔が効き難い場所です。ですから効き難いことが十分にあり、さらにしみる感覚が強くなると痛みとして感じます。
ですからこれはある意味正常であるといえます。
入れたものの金属ですが、型をとって、削った次の診療の日に入れましたよね。
そうであれば、
> テレビで水銀が漏れて・・・という話題
のものはアマルガムといって現在ではほとんど使用されていません。
保険で作られたものならば多くの場合「金銀パラジューム合金」という金属で作ります。
ので、このご心配は不要です。

#3です。状況は概ね分かりました。
深いむし歯を金属を使って治した場合はこういった冷たいものにしみるのが3ヵ月ほど続くこともあります。
(実際に私自身がそうであった。)
多分しみる歯は隣の歯のむし歯であろうと推察されます。
というのはその歯は削りなおしたということは、以前よりもさらに深く削ったということになりますので、その歯が怪しいです。
歯の痛みは場合によると、どの歯かという特定が患者さん自身でできないことも珍しいことではありませn。
下の歯が問題があるのに、上が痛いと...続きを読む

Q前歯のさし歯

初めて前歯をさし歯にするのですが、セラミックので15万、その次のランクで8万と言われました。奥歯なら保険でと思うのですが、前歯だしイイ物にしようかと思っているのですが、セラミックで15万って…値段はこんなものなのでしょうか?やはり病院によって全然値段が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。
衝撃やたわみに対する強さはセラミックよりもハイブリットの方が優れているとも考えられますが、絶対的な強度はセラミックの方が上ですので、どれが一番丈夫かと言うと難しい問題になります。
しかし、適切に作られた冠でしたらセラミックが剥がれると言ったトラブルはほとんど有りません。
もちろん不可抗力や事故によって壊れることは有りますが、この場合でもオールセラミックと比べれば丈夫である場合が多いです。

ある程度以上の技量のある術者による治療であれば、差し歯などの寿命に最も多く影響を与えるのは「メインテナンス」である場合も多いです。
数年で駄目になるのは歯周病や2次的な虫歯で土台の歯が駄目になってしまう場合の方が多い様な気がします。

冠そのもののトラブルに関しては保証を設定している歯医者さんも有るようですので、その点も確認された方が良いとおもいます。

下記の質問、回答なども参考にして下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2266329
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2240396
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2235763
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1997580

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%BA%B9%A4%B7%BB%F5%A1%A1%BA%E0%BC%C1&ct_select=0&ct0=&ct1=&c

No.3です。
衝撃やたわみに対する強さはセラミックよりもハイブリットの方が優れているとも考えられますが、絶対的な強度はセラミックの方が上ですので、どれが一番丈夫かと言うと難しい問題になります。
しかし、適切に作られた冠でしたらセラミックが剥がれると言ったトラブルはほとんど有りません。
もちろん不可抗力や事故によって壊れることは有りますが、この場合でもオールセラミックと比べれば丈夫である場合が多いです。

ある程度以上の技量のある術者による治療であれば、差し歯などの寿命に最も...続きを読む

Q前歯の虫歯治療 レジンかハイブリッドセラミックか

こんにちは。
今度虫歯の治療で歯医者に行きます。前歯なのですが、裏側ですが
前にも見えそうなので、なるべく白いもので治療してもらいたいです。
それで調べた結果、レジンかハイブリッドセラミックかいいのではと
思いました。
みなさんはどう思いますか?
今そんなにお金がないので、今レジンを詰めてもらって、後から
ハイブリッドセラミックに変えてもらおうかとも思っているのですが、
その場合は、レジンをとるときに、さらに自分の歯もけずらなくては
つめられないですか?
そうしたら最初からハイブリッドセラミックをつめといたほうが
いいですよね?
回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

実際に診察をしていないので
どういう風に削るかが分からないのでなんとも言えないというのを
はじめに言っておきます。


統計的にはやり直す際には一層削ると思っていいですよ。
その一層削る時に神経まで達してしまったら…という事もあります。
そしたら一部詰めるどころじゃなくなってしまいます…。

はじめに良い治療を、という事になりますね。
ただやっかいなのがハイブリッドセラミック=良い治療というわけでも
ないんですよ、これがまた^^;
ハイブリッドセラミックだとぐるっと削りますよね?
かぶせるセラミックですよね?
それだと虫歯が一部なのにぐるっと削る必要はないという
医師や患者さんもいます。
審美性を重視するなら保険外のセラミック。
必要以上に削りたくない、保存なら保険のレジン。
でいいのかな…と思いました。


よく先生と相談なさってください。

Q保険での前歯のさし歯はどうですか?

歯医者さんの方にお聞きしたいです(または経験者のかた)。
母のことでお聞きします。

母(68歳)は保険で作ったさし歯の前歯を20年間愛用していましたが、さすがに変色が激しく、茶色がひどく目立つようになり、先週歯医者さんに行きました。
母は今回はへそくりを奮発して、セラミックの歯を作るつもりだったのですが、歯医者さんは何も説明せずに、印象をとり、帰りがけに会計で「27日に歯を入れます。そのとき2万5千円(上前歯5本)くらいかかります」とおっしゃったそうです。

それを今日電話で聞き、値段から思うに、そのさし歯は保険のものだと思います。私も保険の前歯(プラスチック素材ですか??)についてはあまり知識がないので教えていただきたいです。

1 機能的にどうなのか?(磨耗しやすい=噛みあわせが深くなる/あわなくなる、強度的にもつのか、などの点で劣るということはありますか?)

2 審美的にどうなのか?(変色は何年くらいであきらかにめだってくるのでしょうか?)母は和食党なので、あまり色の濃いカレーやナポリタンなどの食事は頻繁に食べないと思います。

3 あと、年齢的な懸念があると思いますが、根がしっかりしている68歳の場合、セラミックを入れても、せめて8年くらいもちそうですか?加齢で歯を支える骨が吸収されて、歯がぐらぐらするということを聞いたことがあります。実は、上下10本くらいをセラミックに、と考えていたようなので、火曜日に歯医者さんに話してみて、セラミックでまた注文を出す場合、高額な歯をいれた場合、メンテナンスをしっかりやれば年齢に関係なく持ちますか?

ご回答よろしくお願いいたします。

歯医者さんの方にお聞きしたいです(または経験者のかた)。
母のことでお聞きします。

母(68歳)は保険で作ったさし歯の前歯を20年間愛用していましたが、さすがに変色が激しく、茶色がひどく目立つようになり、先週歯医者さんに行きました。
母は今回はへそくりを奮発して、セラミックの歯を作るつもりだったのですが、歯医者さんは何も説明せずに、印象をとり、帰りがけに会計で「27日に歯を入れます。そのとき2万5千円(上前歯5本)くらいかかります」とおっしゃったそうです。

それを今日電...続きを読む

Aベストアンサー

1 機能的にどうなのか
保険の前歯の白い歯には2種類あります。
金属の冠の表(見える)面に白い硬質プラスチックを装したもの(硬質レジン前装冠)と全体が硬質プラスチックで出来たもの(硬質レジンジャケット冠)が有ります。
このうち前装冠は噛む面が金属になりますので、かみ合わせに対する耐久性の大きな問題はありません。
ジャケット冠はプラスチック対天然の歯の噛み合わせになるため、どうしても磨耗、破損の危険があります。
自費の物にはメタルボンド、オールセラミック、ハイブリットレジンなどが有ります。
このうちメタルボンドで裏面がセラミックの物やオールセラミックの場合はセラミックによって噛み合う自分の歯が減ってしまう心配がやや有ります。
裏側が金属のメタルボンドやハイブリットはその心配は余りありません。
白い部分の材料はセラミック、ハイブリット、硬質レジン(保険)の順に柔らかくなり、単純に耐久性その他をを比べれば保険のものは劣る事になります。
しかし、セラミックは脆いので欠ける心配は有りますし保険の材料でも通常の使用で10年~20年持つ場合も多く有ります。
セラミックの補修は困難な場合もありますが保険のそれは口の中でも可能な事もあり、簡単には比較できません。

2 審美的にどうなのか?
出来てすぐの状態での審美製の良さは製作する歯科技工士の腕次第です。
同一の歯科技工士が作った場合、総合的にみればオールセラミックが最も審美製に優れ保険のものはそれに劣る場合も有りますが、優秀な歯科技工士の保険のものがそうでない歯科技工士の自費の物よりもはるかに優れている事は良く有ります。
(自費の場合は優秀な歯科技工士に発注している歯科医院も多いようですが…)
着色は保険の硬質レジンの場合どうしても有りますが、メインテナンス次第で10年~20年の使用に耐える場合も有ります。
一昔前に比べ硬質レジン材料はかなり進歩しています。

3.将来的にみてもつかどうか。
被せた歯の生存率は冠の種類によると言うよりも的確な治療や冠の製作、適正なメインテナンスに掛かっていると言えます。
自費治療に対し保険治療の手抜きをしているのでしたら別ですが、そうでなければ差はほとんど有りません。
保険の硬質レジンやハイブリットはセラミックよりもやや歯垢が着きやすいことは有りますので、そのような点を注意すれば長期にわたって使用できますし、メインテナンスが不適ならば自費でも保険でもすぐにダメになってしまいます。

○何を選択すれば良いか。
裏側に金属が見えるのがどうしてもダメ、などという理由が無い限り優秀な歯科医師と歯科技工士による保険のものでしたら十分かとも思います。
特に1本だけとかで無ければ色も満足がゆく場合が多いと思います。
(保険の場合微妙な色調性は望めない場合が多いです)
但し、保険治療の技術料は歯科医師や特に歯科技工士にとっては全く不十分な状況です。どうしても十分な技術を発揮していない治療になる可能性はあります。
そのような点は注意が必要です。

1 機能的にどうなのか
保険の前歯の白い歯には2種類あります。
金属の冠の表(見える)面に白い硬質プラスチックを装したもの(硬質レジン前装冠)と全体が硬質プラスチックで出来たもの(硬質レジンジャケット冠)が有ります。
このうち前装冠は噛む面が金属になりますので、かみ合わせに対する耐久性の大きな問題はありません。
ジャケット冠はプラスチック対天然の歯の噛み合わせになるため、どうしても磨耗、破損の危険があります。
自費の物にはメタルボンド、オールセラミック、ハイブリットレジン...続きを読む

Q上前歯の右の歯を差歯にしていたのですが心棒ごと差歯

が抜けてしまいました
そしてその歯の前側(外側)の淵が割れて
手でその部分を押すとひどく痛みを感じます
ただ、後ろ側(内側)の淵は押してもあまり痛く有りません
上前歯は抜いてしまうと発音がおかしくなるので
できるだけ抜きたくないのですが抜かずに済むでしょうか?
一部分だけでも温存したいのですが
一部だけ残すことは可能でしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

>できるだけ抜きたくないのですが抜かずに済むでしょうか?
抜けた差し歯は作り直したことがあるのですか?
作り直すことが可能かは、根っこの部分が使用に耐えることができる
かどうかに懸っています。

歯を噛みあわせたとき力が加わります。 抜けた力で根っこの上端が
割れたという事で欠けたのと違いますね。
割れ目がどこまで達しているのか、専門医にレントゲン写真で調べて
もらわないと、正直な話素人には判定できません。

前歯は歯科美的に大切な歯です。出来れば残してほしいと望まれる
気持ちは伝わってきます。

貴方の希望が叶えられるかどうかは歯医者の判断次第です。
出来れば、明日歯科を受診された方が良いです。

失礼しました。

Q去年の夏前から、上の前歯をさし歯にする為、歯科医に通院中の者です。

去年の夏前から、上の前歯をさし歯にする為、歯科医に通院中の者です。

引っ越しを機に、現在の歯科医に変えたのですが、腕は確かな様で、
患者さんも常に多く、連休明けなどは、1週間以降でないと予約が取れない程です。

以前通院していた歯科医が、所謂藪医者だった様で、
現在通院している歯医者では、前途の前歯はかなり進行した状態だと診断を受けました。

長く通院していますが、何分進行が結構な状態らしく、時間がかかる事や、どの様にして治療を施すかの一番最初の説明は丁寧にして頂きました。

途中、私情で入院したり、多忙を極めたりと、暫く通えなかった時期があったのですが、
遅々ながらも治療は着々と進んでいる様に思えていました。

ですが、この頃疑問というか、一抹の不安を感じます。

去年末に、いよいよ土台を入れる事になったのですが、
その土台を入れる為に、周囲の歯ぐきを切開し、3針ほど縫う手術をしました。

抜糸後、歯ぐきが正常な状態に戻るまで、2か月程はかかるとの事でしたので、
その間は、前歯の様子を見つつ、他の虫歯の治療にかかる事になりました。

今の所、上下の前歯(問題の前歯以外)と、右下の奥歯を治療して頂き、
現在は右上の奥歯の治療途中です(仮詰めの状態)。

ですが、前歯については、殆ど何も、触れて来ないのです。

歯科衛生士さんが、まだ前歯が少し炎症を起こしていますので…と、
たった一言簡単なセリフを言っただけで、だからどうする、という説明は一切なく、
前歯については、今後どうするかの説明すら一切ありませんでした。

抜糸をしてから、もう3カ月以上経過します。

素人目に見れば、出血もありませんし、腫れも引いています。

周辺の前歯の歯ぐきと、大差ありません。

今現在は、本番の土台を埋め込んであり、そこに仮歯が被せてある状態です。

もうすぐ通院を始めて一年です。

一年経っても、完治の目処が立たないどころか、まともな説明もないなど、
有り得るのでしょうか。

私の前歯を一番最初に診断して下さり、今後の施術方法やかかる費用、時間を説明して下さったのは、歯科医院の院長先生です。

ですが、その院長は、いつもいる訳ではないらしく、それもまた不安です。

これだけ長く通っているのに、最初の説明を除くと、会って話したのは、たったの2回です。

その会話も、本当に様子どうよ?的な感じの内容で、説明や、今後の事についての内容はありませんでした。

今のままでは、私の前歯は一生仮歯のままなのでは、と不安で仕方がありません。

歯科衛生士や、虫歯治療専門の先生では、詳しい事が解らない様な様子もまた不安です。

一度電話で約束を取り付けるか、先生に時間がある時に、電話でも良いので、お話しを聞くべきでしょうか。

それとも、相手もプロな訳ですし、考えがあっての事だと割り切って、様子を窺うのが良いのでしょうか。

アドバイスなどありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。

長文を読んで頂き、ありがとうございました。

去年の夏前から、上の前歯をさし歯にする為、歯科医に通院中の者です。

引っ越しを機に、現在の歯科医に変えたのですが、腕は確かな様で、
患者さんも常に多く、連休明けなどは、1週間以降でないと予約が取れない程です。

以前通院していた歯科医が、所謂藪医者だった様で、
現在通院している歯医者では、前途の前歯はかなり進行した状態だと診断を受けました。

長く通院していますが、何分進行が結構な状態らしく、時間がかかる事や、どの様にして治療を施すかの一番最初の説明は丁寧にして頂きました。

途中...続きを読む

Aベストアンサー

はっきり、状況を聞きましょう。

歯茎のはれが治ったらでしたら、確かにまだ治療にかかれないのかもしれませんが「3か月たってそろそろかと思いますが、まだ炎症があるのならおおよそどれくらい時間がかかるのでしょうか?」「炎症を治すために歯ブラシなどはどうすれば良いですか?」などさりげなく前歯の様子を聞いて今後を確かめてください。
そこでも曖昧な感じだったら、「次回は説明してくださった院長先生にお話を聞きたい」と聞いても良いと思います。

>歯科衛生士や、虫歯治療専門の先生では、詳しい事が解らない様な様子もまた不安です。

これを見ると、症状によって担当の先生が違うでしょうね。

自分も丁寧だと評判で、子供~年配の方まで通っていて保険治療なのに1時間もかけてくれるところに今月から通っています。
ただ、歯科先生が2人(1人は院長)いて二人とも若干判断が違ってる所があって不安なんですよね・・・。
言えば、説明はしてくれるので今のところ経過見てますが。

・・・とまあ、私の話はおいといて。


自分の歯の事ですもの、施術方法は気になるのはおかしくないですよ。

>それとも、相手もプロな訳ですし、考えがあっての事だと割り切って、様子を窺うのが良いのでしょうか。

いままで治療してもらっていて安心できる、全部おまかせして大丈夫!頼りになります。な先生ならかまいませんが、実際に院長先生に治療して事がないなら、実際無理です。お話も2回だけなら不安もあたりまえです。

不安の中、自分の歯をおまかせするのですから、ちゃんとお話しましょう。

ちなみに・・No.1様の
>わたしは、たくさん説明された時は、忘れてしまうからと言って、全部、紙に書いてもらいました。本当は、後で違うことを言われないためですが・・・

これは素晴らしいですよね。自分も家に帰ってお話を反復したら「あれ?最初と最後の話が若干矛盾してるな。」と思う時があります。紙に書いてもらいたいと思っても遠慮してしまいますが、自分が間違って把握してる事を防ぐためにも見習って今後お願いしてみようかな。。。先生は手間がかかって嫌がるかも?!

はっきり、状況を聞きましょう。

歯茎のはれが治ったらでしたら、確かにまだ治療にかかれないのかもしれませんが「3か月たってそろそろかと思いますが、まだ炎症があるのならおおよそどれくらい時間がかかるのでしょうか?」「炎症を治すために歯ブラシなどはどうすれば良いですか?」などさりげなく前歯の様子を聞いて今後を確かめてください。
そこでも曖昧な感じだったら、「次回は説明してくださった院長先生にお話を聞きたい」と聞いても良いと思います。

>歯科衛生士や、虫歯治療専門の先生では、詳...続きを読む

Q虫歯治療で黒い部分は取りきらない?

現在虫歯で歯科に通っているのですが、担当の歯医者さんはいつも虫歯の黒い部分を取りきらずに銀歯を被せています。
虫歯の治療はすべての黒い部分を取りきらないのですか?
どういう虫歯かというと比較的表面にできた虫歯(奥歯)で、鏡で見と象牙質(?)の中のほうが黒く透けて見えるのです。あと歯の側面の黒い点などもそのままにして治療しません。
そういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

虫歯で黒く着色している部分のうち、表面側は脱灰層と呼ばれる、虫歯菌の酸でぼろぼろになっている層なのですが、深い部分は再石灰化層と呼ばれる硬い層なのです。

以前は着色している部分は全部削って取ってしまわなければいけない、と考えられていましたが、現在ではこの薄く着色している再石灰化層は削らずに残した方が良い、とする意見が増えてきています。


この部分を「削ってはいけない。残すべきだ」と主張する研究者もいますが、私の個人的な見解としては、「残すべきだ」と言い切れるだけの証明は十分にはされていないように思います。

ただ、must かどうかはともかく、better であるのは間違いなさそうなので、私自身も、前歯で色が透けて見えると具合が悪いというような場合を除いては、着色した再石灰化層を残すようにしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報