最新閲覧日:

上方語の「おます」の語源を教えてください。

江戸時代前半までは「さしあげる」の意味、
江戸時代後半から現代までは「ございます」の意味、

語源は「おましどころ」=「御座処」ですか?

変遷などがわかる人、たのんます!

A 回答 (1件)

 手元の少し大きめの辞書で調べただけなんですが、これによると「おます」には2種類あるようですね。



 一つは「御参らす〔おまらす〕」が変化したもので、サ行下二段もしくはサ行四段に活用する他動詞で、用法は二つ。まず、「あげる・さしあげる」にあたる、人に物を与える意味の謙譲語。もうひとつは、補助動詞で、「~(て)さしあげる」にあたる、人のために「してあげる」意の好意を示す謙譲語。

 もう一つは漢字で表記すると「御座(おま)す」で、サ行で特別な活用をする自動詞。、「あります・ございます」にあたる、「ある」「いる」の丁寧語。こちらも補助動詞としても用いられ、そのばあい「~(で)ございます」の意。

 それぞれに狂言や江戸時代の書物からの用例があげてありました。

 「上方語の『おます』」とのことですが、昔は上方の言葉が標準語の働きをしていたわけですから、まあ、この辞書の説明に従っておいてよいでしょうね。これが現代の大阪弁なんかに残っているわけですよね。


> 江戸時代前半までは「さしあげる」の意味、
> 江戸時代後半から現代までは「ございます」の意味、

ということになると、江戸時代前半までは前者の「おます」が、それ以降は後者が使われるようになったということなんでしょうか。この辺りは浅学にしてよく分かりません。また機会をみて調べてみたいと思っています。

 なお、参考URLは、多分もうご覧になっているのだと思いますが、「ことばの素朴な疑問 フォーラム」の「『おます』」の語源は? 」のものです。(掲示板なので、最後の「page=5」の「5」はずれていくと思われます。)

参考URL:http://61.206.47.166/FreeBBS/BackLog.cgi/002/gim …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!
ありがとうございます!
うちにもそんな辞典があったらなあ…。
2つもあったんですねえ。
助かりました~。

お礼日時:2002/02/01 15:12

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ