くだらないことなのですが、教えてください。

躁鬱で入退院を繰り返し、現在も通院している母の医師の診断書が欲しいのですが、代理人(嫁に出た娘)でも可能でしょうか?
あと、だいたいいくらくらいなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

厳密に言いますと『委任状』が必要です。



特に外来診察に一度も付き添ったことがない家族の方の場合、医療機関側に建前を言われても仕方ありません。
出来れば患者さん本人が電話をかけて誰それがもらいに行きますくらいのことを言われたほうがスムーズに行きます。あるいは診察時に患者さんが手渡しして受取人を指定するのでも事足ります。要は本人の同意があることが明確である必要があるのです。(たとえ家族であっても)
    • good
    • 0

 診断書は、本人でなくても依頼が出来ますし、受け取りも可能です。

本人以外の場合には、本人との関係を申し出ると良いでしょう。

 費用は、保険が適用になりませんので、病院によって多少差がありますが、5千円から1万円くらいでしょう。
    • good
    • 0

maiko2510 さん こんにちは



代理で貴方が取りに行くというこですね。
OKです。
金額は概ね5000円です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医師の嫁は美人が多いのに、なぜ医師は美男美女が少ないのか?

お医者さんは金も地位もあるので、美人のお嫁さんを貰うことが多いと聞きます。そして医師の子供は医師になることが多く世襲制に近くなっています。ということは代々美男美女の遺伝子が濃くなっているはずなのに、病院の医師は美男美女が少ないような気がします。美人の奥さんの遺伝子はどうなっちゃったんでしょうか?(同じことは政治家や大企業の社長にも言えますが、やはり美男美女が少ないような気が・・・)

Aベストアンサー

気のせいでしょう。

Q鬱病、躁鬱について教えて下さい

初めまして。
自分は現在24歳の男です。現在無職です。
1年3ヶ月前に鬱病により派遣の仕事を退職しまして、現在療養中です。日々自己嫌悪の毎日です。
無職期間が増えるにつれて「このまま社会復帰は出来るのか?同年代の奴はもうだいぶ仕事に慣れてきたよな…追いつけるのか?」と毎日不安に過ごしております。
現在の生活状況は夜の2時に寝て昼の12時に起きます。
後はたまにやってくる鬱の波と闘いながら過ごしてます。
たまにネットをやったりテレビを見る毎日です。読書もします。
また、自分は鬱病の他に極度の上がり症で対人恐怖症があります。
人前だと尋常じゃない位全身が震えてしまい、シャツにくっきり跡が付く位滝のような汗を掻いてしまいます。
無職期間の長さ、回復しない鬱病への苛立ち、人前に出る事が怖い対人恐怖症、未来への不安、こんな事をいつも考えて焦ってしまいます。何度も自殺未遂もしてしまいました。
現在飲んでる薬は
・セルシン   2mg   1錠 朝と夕食後
・リボトリール 1mg   2錠 夕食後
・パキシル   10mg  1錠 就寝前
・セロクエル  100mg 1錠 就寝前
こんな状態です。
本当に治るのか毎日不安でいっぱいです。
今は死んだら親や彼女が悲しんでしまうという思いからなんとか死なずに過ごせてる状態です。
誰か鬱病に詳しい人、もしくは完治した人、何かアドバイスがあれば頂きたいと思っております。
また、自分が躁鬱とは最近知ったのですが、躁鬱とはどういった症状が出るものなのでしょうか?
沢山質問してしまい申し訳ありません。
誰か…助けて下さい!!

初めまして。
自分は現在24歳の男です。現在無職です。
1年3ヶ月前に鬱病により派遣の仕事を退職しまして、現在療養中です。日々自己嫌悪の毎日です。
無職期間が増えるにつれて「このまま社会復帰は出来るのか?同年代の奴はもうだいぶ仕事に慣れてきたよな…追いつけるのか?」と毎日不安に過ごしております。
現在の生活状況は夜の2時に寝て昼の12時に起きます。
後はたまにやってくる鬱の波と闘いながら過ごしてます。
たまにネットをやったりテレビを見る毎日です。読書もします。
また、自分は...続きを読む

Aベストアンサー

私はうつ病治療四年目になります。躁病の事は良く解りませんが、鬱なら経験者です。   治療四年目にして、完治はしておりませんが、病気との付き合い方が、上手くなって来ていると、実感しています。精神的病気の領域には、「焦り」は禁物ですよ!   ちなみに私は現職のまま、鬱病の治療を続けています。貴方が飲んでいる薬は、私は全部飲んだ事が有ります。人によって効果の違いが有りますから・・・ アガリ症は訓練に寄って解決出来ると思いますが、今は病気の治療のみ考えてみてはいかがですか?   早い社会復帰をお望みならば、まずは、規則正しい生活を習慣付けるのはどうでしょうか?

Q医師会の将来性。医師会の組織率や政治力の低下について、マスコミでも騒がれていますが、今後、医師会が解

医師会の将来性。医師会の組織率や政治力の低下について、マスコミでも騒がれていますが、今後、医師会が解散することはあるのでしょうか。また、新専門医機構などの新たな法人に取って代わることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

都市部だと、自治体も医師会だよりなところもあるから、しばらくはなくならないんじゃないかな?
開業医は大学や病院以外にも地域の他科の開業医とのつながりもほしいわけだしね。

Q医師の方へ質問です。検察庁から犯人の通院事実確認がきたときは情報提供するんですか?

精神科に通っている最中に犯罪を犯してしまいました。初犯ではないので検事の方には前回は担当の医師から鬱病の診断書を持たされました。検事さんには欝だからと言って責任は軽くなるとは思っていない事も私から説明しました。結局不起訴処分で何とか通院して欝は治すようにとお言葉をもらったのにまたしてしまったのです。本当に情けない気持ちでいっぱいです。自分で自分をコントロールできないのが悔しくて怖くてもっと何か悪い事をしてしまうのではないかととてつもない不安でいっぱいです。自分で制御できればベストなのはわかるんですが、自分でできなかった。こうなれば人の手を少し借りて自分自身を理解するしかないと別の精神科に通院い始め次から行動検査・心理検査を週一回カウンセリングする予定です。検事の方には病院名は聞かれると思いますが私自身の病気は病気で割り切って罪は罪で受け止めたいので診断書を持って行こうとは思っていません。検事の方もおそらくそれはそれで割り切った判断をするのでしょうから。ふと気になったのですが、そうは言っても検察庁から病院側に私のような犯罪者の通院の事実確認は行ったりするものなのですか?それってやはりいつごろから?とか病状の確認とか聞かれるんですか?別に私は大げさな病状を言ってしまおうなどとは思っていませんから聞かれてもいいんですが。ただ家族は「それは個人情報なんだから病院側は犯罪の取調べだからといって教えないんじゃいか?それとも犯罪に関しては別なのかな?」など個人情報のことで疑問に思い会話に出てきたのでお聞きしたくなりました。教えてください。診断書を持っていけば通っている事が確認できるわけですが、検事さんの判断からすると割り切る考えなのだからやっぱり持っていかなくてもいいですよね?そうするとなにか調べるには病院に連絡あったりするんですか?

精神科に通っている最中に犯罪を犯してしまいました。初犯ではないので検事の方には前回は担当の医師から鬱病の診断書を持たされました。検事さんには欝だからと言って責任は軽くなるとは思っていない事も私から説明しました。結局不起訴処分で何とか通院して欝は治すようにとお言葉をもらったのにまたしてしまったのです。本当に情けない気持ちでいっぱいです。自分で自分をコントロールできないのが悔しくて怖くてもっと何か悪い事をしてしまうのではないかととてつもない不安でいっぱいです。自分で制御できれ...続きを読む

Aベストアンサー

私も問い合わせや採血などの捜査協力を要請されることがたまにある立場なのでこの質問を機会に勉強しなおしました.私は法律家ではないことはお含み置きください.

No2の回答にあるように本件のケースは個人情報保護法ではなく刑法134条に該当します.

刑法134条
医師・薬剤師・医薬品販売業者・助産婦、弁護士、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

要するに検察からの問い合わせが「正当な理由」になるかどうかが問題なんです.ところで刑事訴訟法では以下の記述があります

第105条 医師、歯科医師、助産師、看護師、弁護士(外国法事務弁護士を含む。)、弁理士、公証人、宗教の職に在る者又はこれらの職に在つた者は、業務上委託を受けたため、保守し、又は所持する物で他人の秘密に関するものについては、押収を拒むことができる。但し、本人が承諾した場合、押収の拒絶が被告人のためのみにする権利の濫用と認められる場合(被告人が本人である場合を除く。)その他裁判所の規則で定める事由がある場合は、この限りでない。

第149条 医師、歯科医師、助産師、看護師、弁護士(外国法事務弁護士を含む。)、弁理士、公証人、宗教の職に在る者又はこれらの職に在つた者は、業務上委託を受けたため知り得た事実で他人の秘密に関するものについては、証言を拒むことができる。但し、本人が承諾した場合、証言の拒絶が被告人のためのみにする権利の濫用と認められる場合(被告人が本人である場合を除く。)その他裁判所の規則で定める事由がある場合は、この限りでない。

要するに口頭のみの捜査協力依頼は拒絶できるんです.(私も拒絶したことがあります)「裁判所の規則で定める事由」とは要するに令状のことでしょう.(私も拒絶した後,令状を持ってこられたときは従いました)

これが原則では有ると思いますが,「検察による犯罪容疑者の精神科通院暦問い合わせ」は回答拒否しても令状を持ってこられることは明白であり,拒否しても患者の利益にはなりません.(令状を請求・発行されなかったら世論の非難があるのも明白です)ただ,積極的に医師が答えるかというとケースバイケースです.(No3の厚生労働省のコメントはこの判断を医師に丸投げしたということです)
精神科医に聞いたことがありますが,例えば薬物中毒の患者など法律であきらかに届出義務が定められている事例でも(司法が動いていない場合でしょうが)届出よりも治療を優先するそうです.届け出てたら患者が病院に来なくなってますます病状が悪化するからです.

なお,No3の議員質問の背景としては,尼崎列車事故で多数の受傷者が多数の病院に搬送された際に,個人情報保護法を根拠として患者名の公表を病院が拒絶し,患者家族がたどり着けなかったという件があります.常識的にはおかしいのですが,法律の方が常識に反しているからこうなったともいえます.病院は法に従った対応をしています.例外規定や免責の明文化を立法機関や政府が怠っているからこういう事態が生じるのです.法律の不備への対応を現場におしつけることは迷惑千万です.

とはいっても,医療関係者からみても重要な問題なので,肝心なところだけは正確な知識が求められるでしょう.

私も問い合わせや採血などの捜査協力を要請されることがたまにある立場なのでこの質問を機会に勉強しなおしました.私は法律家ではないことはお含み置きください.

No2の回答にあるように本件のケースは個人情報保護法ではなく刑法134条に該当します.

刑法134条
医師・薬剤師・医薬品販売業者・助産婦、弁護士、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

要するに検察...続きを読む

Q医師と歯科医師はなぜ別の学部?

医師に関係する大学の学部で、医学部と歯学部はなぜ別々になっているのでしょうか。

要求される知識または技術が全く違うのでしょうか。

疑問に思ったので質問させていただきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歴史や現状認識というのは人の思惑によって解釈が違うので、断言するわけには行きませんが…

古代では両方とも辛い症状を緩和するという点では同じ立場だったと思います。しかし医学は内科的に薬剤で治療するのが主でしたし、歯学は鎮痛と抜歯のような外科処置が主だったと思います。
更に呪術的要素が組み込まれて、医学は薬学中心に、歯学は外科中心に発展した段階で分かれていったのでしょう。
現代では、世界の中には医学を修得してから歯学を学ぶというシステムを採る国もあります。(ドコとどこかは古い知識なので割愛します)
日本では完全に分離していますが、歯学部の学生は基礎医学や歯科領域に症状の出る病気など歯科領域に関係する全身疾患、耳鼻科や眼科を主とした頭部中心の医学を修得します。
医学部がどれほど歯科に関して学ぶかは全く不明ですが、歯科医が以下領域の知識の多くを忘れてしまう以上に、医師は歯科領域の知識は無いでしょう(自習している人を除く)
しかし、医師のプライドの高さとそれに影響された国の政策により、医師が歯科領域の処置を行なう事に対してはかなり緩いのに対し、歯科医が医科の領域を侵すことに関しては、非常に排他的であることは明白ですし、多くの病院や研究施設において蔑視されている事も事実です。
医科・歯科併設の大学でも、両方の学問を理解する事は殆どありません。
しかしWHOが発表しているように、老人の誤嚥性肺炎の多くは口腔内常在菌ですし、簡単な話、物をしっかり噛まずに食べると胃腸に負担がかかったり、脳への血流も制限されるなど、全身的に大きな影響を及ぼす事はよく知られる事です。寝たきりの老人が食べ方を教えると自立する症例もある事は良く知られています。

「飛行機で急患が発生した場合に医者を求められ、手を上げられないのは日本人だけ」と揶揄されるように、その落差は大きいです。よって、日本でも歯科医の医学的知識の充実が望まれますが、世界中で医学修得後に歯科医資格を修得する事が義務化されても、日本ではかなり無理でしょうね。
今、60歳を越える歯医者の中には聴診や打診が医師より上手い人も、両方の資格を有する人も多いですが、今では無理でしょう。
また、事故で顎を損傷した場合、整形外科や形成外科医ではマトモに噛める再生ができず、後で口腔外科医が再手術事例も多いです。私の母校では比較的病院が近いため、その様の手術があると最初から携わる方策が出来ていました。(今は教授が変わったので判りません)
先日の対立のように、救急救命の場においても、医師会のプライドの為に、歯科医は世界に逆行する大きな制限を受けています。

私個人的には、国家試験に救命処置を含めた医学的知識を重視するべきだと思いますがね…。

歴史や現状認識というのは人の思惑によって解釈が違うので、断言するわけには行きませんが…

古代では両方とも辛い症状を緩和するという点では同じ立場だったと思います。しかし医学は内科的に薬剤で治療するのが主でしたし、歯学は鎮痛と抜歯のような外科処置が主だったと思います。
更に呪術的要素が組み込まれて、医学は薬学中心に、歯学は外科中心に発展した段階で分かれていったのでしょう。
現代では、世界の中には医学を修得してから歯学を学ぶというシステムを採る国もあります。(ドコとどこかは古い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報