ネットミーティングをやりたいのですが、OSが古く、どのような方法で導入すればいいのか、良い知恵をお願いいたします。ちなみに3拠点あり、Win98でADSL、Win98でISDN、Win98でISDNという少し古い環境ですが、これを変更せずに導入できますか??どこのメーカーのどういったものがお勧めかなど、具体的に教えていただければ大変ありがたいです。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>どこのメーカーのどういったものがお勧めかなど


 ソフトとしてのネットミーティングという名前ではマイクロソフト社のものしかないと思います。ハードはメーカーによらず大丈夫かと思います。

 音声を使った同時双方向通話の場合は、サウンドカードにマイクを使った音声入力機能と、フルデュプレクス機能(全2重オーディオ機能)が必要になります。フルデュプレクスというのは、同時に双方向から音声を伝えることができる機能で、一方ハーフデュプレクス(半2重オーディオ機能)というものがありますが、アマチュア無線のように話の終わりに「どうぞ」という言葉をつけて会話をするやり方しかできません。最近のものであればフルデュプレクスのしかないとは思いますが。

 私は、クラシックペンティアム150メガヘルツ、モデムは28kbps、OSはWIN 95の時代に実験的に運用したことがありますが、音声通話としては実用にはほど遠かった記憶があります。その後セレロン300MHz、56Kモデムのときは、だいぶ改善されましたが、アメリカやヨーロッパあたりと話すとさすがに音が崩れたり通話が切れたりすることが多かったという印象です。

 動画と音声の交換を前提とすると、だいたいの基準としてはペンティアム3で500MHZ以上ISDNであれば十分かと思います。OSもWIN98でOKです。カメラとしてはCCDでなるべくレンズの口径の大きなもの、ビデオキャプチャー機能がある場合は普通のアナログビデオカメラが使えることも多いようです。

 音声通話をするときに気をつけなければならないことは、ヘッドセットを使うということです。こちらが普通のスピーカーを使っていると、相手がしゃべった言葉が自分のマイクを通して再び相手のスピーカーに届いてしまう山びこ現象がおこる可能性が高いからです。音声の処理に時間がかかる分ハウリングはしませんが、通話が非常にやりにくくなります。

 それからネットミーティングの場合、動画と音声の交換ができるのは2カ所のみで、3人目からはチャット(文字を使った会話)での参加になります。音声を使ったカンファレンスシステムとしては、msnメッセンジャー、Yahoo!の音声チャットなどがあります。Yahoo!の音声チャットは何人でも参加できますが、一方通行(ハーフデュプレクス)のみとなります。

 また接続方法ですが、ダイヤルアップでTAやモデムを使ったダイヤルアップ接続の場合は問題なく対応できるのですが、ISDNルータやブロードバンドルータ経由で接続したPCの場合は、音声や動画、ファイルの交換などができない場合もあります。またCATVでも同様な制限がある場合があります。またファイヤーウォールソフトのフィルタ機能によって音声・動画などの交換ができないばあいもあります。

 関連サイトとしては「ねっとみ王国」というのがありますので、そこでご覧になるといろいろと参考になるかもしれません。

参考URL:http://www.netmeeting.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 12:01

No.1の方が回答している通りです。


NetmeetingはMicrosoft社の商品名です。

ピアツーピアで行いますので3ヶ所同時は出来ません。
そういったことをするのであれば、テレビ会議システムを導入する必要があります。

Proxyサーバ、NAT/IPマスカレード機能付きルーターを使用の場合は使えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2002/02/06 12:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報