リグニンが白色腐朽菌などに分解されるようなんですが、どれくらい時間がかかるか知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

MiJunです。



>自然界では、高分子リグニンが白色腐朽菌の体外酵素によって低分子化され、
この前半部分に関して、各種のペルオキシダーゼ等の関与
が考えられているようです。

以下の成書は如何でしょうか?
=============================================
木質分子生物学/樋口隆昌/文永堂出版/1994.2
木質生化学/樋口隆昌/文永堂出版/1993.2 
キノコの化学・生化学/水野卓,川合正允/学会出版センター/1992.1
==============================================
京大の木研等の文献調査されてはどうでしょうか・・・?

バイオレメディエーションとも関連して注目されている分野ではないでしょうか・・・?

>分離されたリグニンの場合の分解でいいので、よろしくお願いします。
個別のデータは手元にはありませんので、文献検索されることをお薦めします。

木材の腐朽・保存等に関連して、古くから研究されているようです。

チップの脱リグニンにリグニナーゼの利用の研究で、記憶は不確かですが、month orderのレベルの反応では・・・?
(恐らくmonth~yearのレベル?)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 16:48

木材中のリグニンの分解に関してなのかあるいは分離したリグニンなのでしょうか・・・?



どのような意図からの質問でしょうか・・・?

ダイレクトな回答は得られなくとも、ネット検索でいくつかヒットしますが・・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

酵素の反応について、
自然界では、高分子リグニンが白色腐朽菌の体外酵素によって低分子化され、低分子化されたリグニンをバクテリアなどが体内に取り込み体内酵素で分解して代謝するらしいです。
この二つの過程にかかる酵素群の反応時間がわかりません。

分離されたリグニンの場合の分解でいいので、よろしくお願いします。

補足日時:2002/02/01 15:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイビング後の窒素はどこで消化される?

ダイビング初心者です。
ダイビング後、体内には残留窒素があると思うのですが、その窒素は、体内のどの部分で消化されるのでしょうか?
以前、病院にかかった時(ただの風邪で…)にお医者様に、ついでに聞いたのですが、腎臓で消化されると言っていましたが、本当でしょうか?
つまり、残留窒素は尿として排泄されるのでしょうか?
どなたか詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

体内から出る老廃物という意味での窒素でしたら(私たちの体を作るたんぱく質は窒素を含みます)腎臓で尿素にされて尿として排出されます。

ですが高圧環境下で血液に溶け込んだ窒素態窒素、すなわち窒素ガスは陸上に戻ったとき既に過飽和の状態ですから、目に見えない程の微細な泡となって少しずつ排出されています。これはもちろん体表などからも放出されますが、その大半は肺で行われるガス交換のときに呼気とともに排出されます。

#1さんの言われている「吸収」はダイビング中にどういった組織が窒素を貯めやすいか、という話でダイビング後にどう排出されるか、という話ではありません。
ただし、ダイビングにおいてはこちらのほうが重要ですので是非知っておいて欲しいことですね。

Qcis-1,2ジクロロエチレンの分解菌について

今、cis-1,2ジクロロエチレンの微生物分解について研究を行っているのですが、嫌気状態でcis-1,2ジクロロエチレンを分解する菌はいるのでしょうか?いるとしたら、どのような種類のものなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 研究されているのでしたら,文献検索をされる方が確かでしょう。ここで「います。菌は・・・です。」って回答貰っても,研究のためには何の役にも立ちませんよ。

 「PubMed」(↓)で「,2-dichloroethylene」を検索すると54件ヒットします。中には微生物による代謝らしきものも見られますよ。

 これらの文献,あるいはその Introduction や references を御覧になってはいかがですか。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/

Qリグニンの存在の確認法

ある物体にリグニンが含まれているかどうかを調べる方法があれば教えてください。
また、リグニンの存在を証明することで、その物体が植物であると断定できるでしょうか?

Aベストアンサー

> リグニンの存在を証明することで、その物体が植物であると断定できるでしょうか?

下記参考URLにて、「シダ植物以上の高等植物に含まれています」と説明されていますが、『逆は必ずしも真ならず』で、「シダ植物以上の高等植物以外には含まれていない」とは限りませんし、例えば製紙工場から出されたリグニンの廃棄物をとって「これは植物である」とは言えませんよね。
従って、リグニンの存在によって「植物である」と断定することはできません。
ただ、製紙業でのパルプ精製の際の副生成物など、リグニンの多くが廃棄されている現状からすると、「植物'由来'の物質と推定」することはできるのではないかと思います。


> リグニンが含まれているかどうかを調べる方法

澱粉での「ヨウ素澱粉反応」のように、1ステップである程度の簡易判定、というのは、リグニンでは聞いたことがありません。
(私が知らないだけかも知れませんけれど)
有機天然高分子であることを考えると、GC-MSをメインに、赤外吸光スペクトルや、分解物へのNMR分析結果あたりを活用すれば、リグニンを含むかどうかを判定できるのではないかと思います。
(但し、植物の種類によって構造が異なっていたと思いますので、各種スペクトルデータも、幾種類もの植物由来のものと照合する、といったことが必要でしょう)

参考URL:http://www.tuat.ac.jp/~plantech/studysubject1.html

> リグニンの存在を証明することで、その物体が植物であると断定できるでしょうか?

下記参考URLにて、「シダ植物以上の高等植物に含まれています」と説明されていますが、『逆は必ずしも真ならず』で、「シダ植物以上の高等植物以外には含まれていない」とは限りませんし、例えば製紙工場から出されたリグニンの廃棄物をとって「これは植物である」とは言えませんよね。
従って、リグニンの存在によって「植物である」と断定することはできません。
ただ、製紙業でのパルプ精製の際の副生成物など、リグニン...続きを読む

Q土壌中のセルロース分解菌の分布?

地表下5-6までのセルロース分解菌の分布が知りたいのですが、成書・文献等おわかりでしたらご教示下さい。

根圏微生物に関する成書で、浅い(?)部分で深さは不明ですが記載されたものはありました。
恐らく5-6mまでの嫌気性下では存在しないのではと予測してますが・・・?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
いつもMiJunさんの明快な回答が大変勉強になっています。
さて、専門ではないので勘違いがあるかも知れませんが
セルロース分解菌はその環境によっては-5~6mでも分布しているのではないかと思います。特に例えば泥炭の様に植物の遺骸があればたとえ嫌気性であっても、空気に触れるだけで活動を始めると思います。
土壌中に分布するかどうかは、土壌の物性や透水性・堆積状況の要因が大きいのではないでしょうか。
以下に参考のURLを紹介します。
http://www.jssp.co.jp/f_micro_ecol/seitai11.html
http://www.nies.go.jp/seika/gaiyo/a24_99/2-8-2.html
国立環境研究所で研究しているようですので問い合わせをしてはどうでしょうか。

Qリグニンの生合成経路を阻害すると?

リグニンの生合成経路をつかさどる酵素・酵素遺伝子は
明らかにされているようですが、
植物でリグニンの生合成経路を阻害すると、植物体は
背丈が小さくなるのでしょうか?

また、このような研究をされている大学などがありましたら、
お教え下さい。

Aベストアンサー

データベースで文献検索した方が早いかもしれませんが・・・?

製紙メーカー等ではリグニン含有量の少ない樹木を研究しているようです。
・京大木質科学研究所
・王子製紙
・東大?

◎http://brc.wood.agr.kyushu-u.ac.jp/lignin-symp/lignin-index/program.html
(リグニン討論会)
この抄録を参考にされてはいかがでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.tuat.ac.jp/~jwrs/o.html

Qリグニンからプラスチックを作る方法

あるバクテリアが持つ代謝の機能を利用してリグニンからプラスチックを作ることができると昔どこがで聞いた覚えがあった興味がわいたのですがどのような生産菌を作りどんな研究を行えばそんなことができるのでしょうか?結構興味があるのですがバクテリアについてはあまり詳しくないのでよくわかりません。Sphingobium(スフィンゴビウム) sp.SYK-6株を使うとは聞いたのですが

Aベストアンサー

>あまり詳しくないのでよくわかりません。
テメーで調べればいいんじゃない?質問文には書いてないけど少しは調べたの?

>興味がわいたのですが
その程度の真剣度ではまじめに教えるのなんかめんどくさいだろうなぁ、とは思いませんか。

>昔どこがで聞いた覚えがあった
あいまいだなぁ。つきあいきれないでしょそんなのには。

まぁ世の中前線バリバリから定年リタイヤした御仁がたくさんいるみたいなので
それなりの回答付くかもしれませんけどね。
でも企業秘密漏らしたらアカンのよ?

Qセルロース・リグニンの含有率

構造内に植物由来のセルロース・リグニンを含む物質(泥炭)のセルロース・リグニンの含有率を調べる方法があれば教えてください。
工業分析法JIS‐P8008以外であれば、おねがいします。

Aベストアンサー

>やはりパルプと私が分析した物質では成分が多少違うようで、うまく行きませんでした。

一連の質問から「泥炭」の分析と推測しますが、「リグニン」含量等の実験の経験(?)では、おそらく「泥炭」にそれら以外の成分(直鎖アルキル?等)がいろいろあり、その前処理法に問題があるのではと推測しますが、如何でしょうか?

文献等に前処理法があり、確立されているのでしょうか?

補足お願いします。

Q乳酸菌とビフィズス菌

最近ヨーグルト類にはまっています。
お腹の調子をよくするのに乳酸菌は有名です。
 
今日買ってきたヨーグルトをみるとビフィズス菌と書いてありました。
そういえば乳酸菌もビフィズス菌もよく聞きます。
同じ仲間なんだろうと思ってますけど、違うものなのですか?
 
後、オリゴ糖というのも時々みかけます。
これも胃腸に良い菌なのでしょうか?

Aベストアンサー

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス菌は善玉菌の一種で赤ちゃんの腸内に住み着いていて安全性や病気から守ってくれていることから注目され、ヨーグルトの生産(牛乳中の脂肪分を食べて乳酸やアミノ酸などを生成してくれる)に利用されています。大抵の乳酸菌は胃液の強酸性(塩酸)に絶えられず腸内まで生きて到達できませんが、医の強酸に耐えて腸内まで生きて届く乳酸菌を使ったヨーグルトが一躍人々の注目を浴びています。腸内まで生きて届く乳酸菌を含んだヨーグルトを「プロバイオティクスヨーグルト」といいます。スーパーなどでヨーグルトの容器に「プロバイオティクス・ヨーグルト」と印刷がされ、ビフェズスヨーグルト、ブルガリアヨーグルト、カスピ海ヨーグルトなどで知られています。胃がんの原因とされているピロリ菌駆除に効果がある胃の強酸にも耐える乳酸菌LG-21を使ったヨーグルトも注目されています。

乳酸菌は広く存在し、発酵食品製造や胃腸の健康の為の善玉菌や女性の健康を守っていることで、利用や研究されているのは本の一部に過ぎません。ビフィズス菌(乳酸菌)も人体(主に口から肛門にいたる消化器系や女性生殖器)に棲み付く約100兆匹の細菌の中の善玉菌の主要な微生物(細菌やウイルス)に属します。

参考URL
http://www.probiotics.to/
http://allabout.co.jp/r_health/gc/322012/
http://my.kotokiri.com/lg21.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/乳酸菌

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス...続きを読む

Qリグニンが分解される時間

リグニンが白色腐朽菌などに分解されるようなんですが、どれくらい時間がかかるか知りたいです。

Aベストアンサー

MiJunです。

>自然界では、高分子リグニンが白色腐朽菌の体外酵素によって低分子化され、
この前半部分に関して、各種のペルオキシダーゼ等の関与
が考えられているようです。

以下の成書は如何でしょうか?
=============================================
木質分子生物学/樋口隆昌/文永堂出版/1994.2
木質生化学/樋口隆昌/文永堂出版/1993.2 
キノコの化学・生化学/水野卓,川合正允/学会出版センター/1992.1
==============================================
京大の木研等の文献調査されてはどうでしょうか・・・?

バイオレメディエーションとも関連して注目されている分野ではないでしょうか・・・?

>分離されたリグニンの場合の分解でいいので、よろしくお願いします。
個別のデータは手元にはありませんので、文献検索されることをお薦めします。

木材の腐朽・保存等に関連して、古くから研究されているようです。

チップの脱リグニンにリグニナーゼの利用の研究で、記憶は不確かですが、month orderのレベルの反応では・・・?
(恐らくmonth~yearのレベル?)

ご参考まで。

MiJunです。

>自然界では、高分子リグニンが白色腐朽菌の体外酵素によって低分子化され、
この前半部分に関して、各種のペルオキシダーゼ等の関与
が考えられているようです。

以下の成書は如何でしょうか?
=============================================
木質分子生物学/樋口隆昌/文永堂出版/1994.2
木質生化学/樋口隆昌/文永堂出版/1993.2 
キノコの化学・生化学/水野卓,川合正允/学会出版センター/1992.1
==============================================
京大の...続きを読む

Q善玉菌と悪玉菌の違い

善玉菌と悪玉菌の違いについてなのですが、善玉菌が宿主に良い作用をもたらす菌だということはわかりましたが、それはつまり、オリゴ糖などを餌にしている菌と言い換えることができますか?また、悪玉菌はそれらを餌にせず、主にアミノ酸を餌としているものといえますか?
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪玉菌にもいろいろあります。腐敗物を作る腐敗菌、毒素を作る毒素菌、生体を食べる菌、特定の病原菌・・・などなど。

善玉菌にもいろいろあります。悪玉菌を捕食する菌、乳酸菌等の有機酸を作って腐敗物の生成を抑えて発酵を促す菌、・・・など。

もっと知りたい場合は、Wikipediaで「腸内細菌」を検索してみてください、「善玉菌と悪玉菌」の章があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報