簡単な質問ですが、、。
“~から始める”のような文で、~の部分に日にちや時間、曜日が入る場合、"start on Feb. 2nd"のようにonを使うのが正しいのでしょうか? それとも"start from Feb. 2nd"のようにfromがいいのでしょうか? 個人的にはどちらでも通じるとは思っているのですが、、、。 正しい使い分け、定義などありましたら教えてください。 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

'from'というのは、時間でも場所でも起点を表わします。

たいていの場合は、to等で表わす終点が意識されているようです。「これからずっと」という意味に"from now on"と言いますが、この場合終点は示されていませんが、"from now on"が示しているのは時間軸の1点だけではなく、線で表わされる時間で、'from'はその起点を表しています。

'start'という動詞を使う場合、その行為自体は時間軸の1点で行われる行為ですので、onが良いのではと思います。

以下のように、いつからいつまで開かれる、というような場合には、日付でもfromを使えば良いと思います。

会議は8月1日から10日まで開かれます
The conference is to be held from August the first to the tenth.
(例文はプログレッシブ和英中辞典より)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。 この説明を読むと start onでいいような気がします。 わかりやすい説明をどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 20:14

もし、~から始めるというのであれば、fromです。

 onの訳し方は~からではありません。

~に始める = start on ~    
~から始める = start from ~

だから star from = start on ではありません。

例文:
I started on Monday. 月曜日に始めた。

I started from Monday. 月曜日から始めた。

日本語でも微妙に意味が違ってきますよね。英語でも同じように意味が違ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、確かに日本語でも意味が違いますよね。 微妙にですけど。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 20:11

日本語でも何時にスタートしますか、どこから始めますかというように時間と場所で助詞を使い分けています。

英語でも場所(from)日付(on) 時間(at)と使い分けます。例。 She started from Osaka at 8:00 a.m. on May 10. The movie will start at 7:00 p.m. on June 10.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、場所(from)日付(on) 時間(at)の使い分けですね。 覚えておけば自然と出てくるでしょうけどね。 ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 20:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベット・ミドラーの「From A Distance」について

ベット・ミドラーの「From A Distance」は洋画の挿入(エンディング)曲だったでしょうか?
以前、日本のドラマで流れていたそうですが、それではなく、映画で使用されたかどうか、できれば映画タイトルも知りたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

とてもよい曲です。ベット・ミドラーの「From A Distance」はベストで発表された曲です。所有している“FOR THE BOYS” のサウンドトラックCD(AMCY-340)を確認しましたが含まれておりません。他の出演作にも使われたことは無いようです。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail/33809

Qfrom now onのonって何?

「これから」と言う表現でfrom now onとありました.
from nowでも「今から→これから」だとおもうのですが,このonはどのような働きなのでしょう?またonは必要ですか?

Aベストアンサー

on は無くても平気ですが、ある場合と意味が異なります。

from now は、現在が切り替え地点となり、
from now on は、現在を切り替え地点として、線上に目的が続きます

from now を文章で使用する時は他のもっとスマートな言い回しも出来る為
three years from now 等の、何年後的な使用方法がメインです。
from now on は反対に、決意をにじませたりして「今から~!」と言う
ニュアンスで、非常によく使われているのを見かけます。
政治演説なんかでもありますね。実際にそうするかどうかは別として。

QFrom a Distanceを歌っているのは誰?

以前、JFN系列のFMラジオ番組で、Radio Japanというのがありましたが、そのなかで使われていたFrom a Distanceという曲の歌手が知りたいのですが…
いろいろ調べて、ベットミドラーでないことは判ったのですが、それ以上は調べきれません…
ご存知の方、ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

【From a Distance】
この曲は1990年にBette Midlerが歌って有名になりましたが、
元の曲は1987年にNanci Griffithの作曲でJulie Goldが歌った曲です。
カバーした歌手は大変多いですね。
Vicky Leandros (1995)、Anthony Ventura(1992)、
Cliff Richard (1994)、Elaine Paige(1998)、
Harajuku(1995)、James Galways(1999)、
Kathy Mattea(1991)、Phil Coulter(1994)等ですね。
試聴できるものを紹介します。
Julie Gold
http://www.hmv.co.jp/product/detail/174269

Bette Midler
http://www.hmv.co.jp/product/detail/14024

Nanci Griffith
http://www.hmv.co.jp/product/detail/270728

Cliff Richard
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2537179

Pf Sloan
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1257335

Nanci Griffith
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1975293

Travers & Appice
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1795083

Michael Ball
http://www.hmv.co.jp/product/detail/509801

【From a Distance】
この曲は1990年にBette Midlerが歌って有名になりましたが、
元の曲は1987年にNanci Griffithの作曲でJulie Goldが歌った曲です。
カバーした歌手は大変多いですね。
Vicky Leandros (1995)、Anthony Ventura(1992)、
Cliff Richard (1994)、Elaine Paige(1998)、
Harajuku(1995)、James Galways(1999)、
Kathy Mattea(1991)、Phil Coulter(1994)等ですね。
試聴できるものを紹介します。
Julie Gold
http://www.hmv.co.jp/product/detail/174269

Bette Midler
http://www.hmv....続きを読む

Qfrom tomorrow on のonについて

From tomorrow on I'll never smoke again.
という文の、
onがついている意味、onの役割を教えてください。

なぜonがついているのかが分かりませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

    #1です。補足です。

>>onを置く位置の決まり事や、他になにかパターンがあれば、知りたいです。

    #2さんが、いい例を既に挙げていらっしゃいますが、副詞句なら

    From that time on he became a changed man.「その時以来彼は人が変わった」
    After that Sunday on he became a regular visitor. 「その日曜からこのかた彼はいつも来るようになった」
    と言うように終わりに来ます。

    それだけでなく on だけでも使えます。

He went on, and on, and on ad nauseum.「彼は喋るわ、喋るわ、吐き気がするほど喋り続けた」
「喋り続ける」は下記の6にあります。
    http://eow.alc.co.jp/search?q=go+on

Qin the distance と at a distance の違い

in the distance と at a distance の違い。

鬼塚のミラクル英文108で

in the distance と at a distance について、

(1)in the distance「遠くの[に]」
(2)at a distance「少し離れたところの[に]」


「ときどぎ遠くにあるものを見て、目を休ませましょう」
→It's a good idea to rest your eyes by looking at something in the distance.

「少し離れたところに、私は非常によく知っている男が、私の方向に向かってくるのが目に入りました」
→I saw, at a distance, a man I know very well heading in my direction.

との文例を示し、
「定冠詞theと不定冠詞aの違いに注目して覚える。」
とのことが書かれているのですが、
両者の違いがよく分かりません。

私が知っている知識としては、
定冠詞theは話し手と聞き手、若しくは書き手と読み手の両者が共通認識を持てる。
不定冠詞aは多くのものの中の任意の一つ。
ということだけなのですが、in the distance と at a distance の違いが分かりません。

丸暗記ではなく、単語のイメージを基に理解する方法があるようでしたら、
教えてください。

in the distance と at a distance の違い。

鬼塚のミラクル英文108で

in the distance と at a distance について、

(1)in the distance「遠くの[に]」
(2)at a distance「少し離れたところの[に]」


「ときどぎ遠くにあるものを見て、目を休ませましょう」
→It's a good idea to rest your eyes by looking at something in the distance.

「少し離れたところに、私は非常によく知っている男が、私の方向に向かってくるのが目に入りました」
→I saw, at a distance, a man I know very well heading i...続きを読む

Aベストアンサー

a と the は非常にややこしいようですが、a はいくつでもある不特定のものを言います。一方、the は特定の一つもものを言います。the sun, 家の玄関(the door),家の中の冷蔵庫 the refrigerator話題になった the boy, the man など。同じ概念で、in the center, in the middle(中心に、真ん中に)on the left, right などがあります。真ん中、左、右も一つの概念です。同様に in the
distance (遠くにある、遠くの)も一つの概念です。つまりどのくらい離れているかを問うてはいません。in は『遠くにある』とその範囲を表しています。in the garden, in my room と同じようにthe distance の範囲に含まれものを指しています。
a castle in the distance 遠くにある城、a ship in the distance 遠くの船、など。
一方 at は点、地点などを表しています。その地点は不特定であるので at a distance となります。
つまり自分からの距離を表しています。その意味から離れたところ(遠くではなくて)自分からある距離離れているところという意味です。

at a distance of 10meters 10メートルはなれば場所
a man standing at a distance 少し離れたところに立っている人

in the distance (自分からどのくらい離れているかは関係なく)遠くに
at a distance (自分からどのくらい離れているかが問われている)離れたところに

a と the は非常にややこしいようですが、a はいくつでもある不特定のものを言います。一方、the は特定の一つもものを言います。the sun, 家の玄関(the door),家の中の冷蔵庫 the refrigerator話題になった the boy, the man など。同じ概念で、in the center, in the middle(中心に、真ん中に)on the left, right などがあります。真ん中、左、右も一つの概念です。同様に in the
distance (遠くにある、遠くの)も一つの概念です。つまりどのくらい離れているかを問うてはいません。in は『遠くにある』...続きを読む

QIt be far from ~ as ~ as

二文目にある、It be far from ~ as ~ asとなっている構文について、どうして二文目の訳の様になるのか解説してください。よろしくお願い致します。

I have already observed that, from their origin, the sovereignty of the people was the fundamental principle of most of the British colonies in America. It was far, however, from then exercising as much influence on the government of society as it now does.

二文目の訳
「しかしながら、当時それが社会の統治に与えた影響は、今日と比べれば微々たるものだった」

ちなみに自分の解釈はこうです。
「・・・はfarである/then exercisingが同様に社会に影響があった/it now doesと(同様に)」
→「『it now doesと同様に社会の統治に影響があったthen exercising』というものからは程遠い」

It was far from が then exercising (as much influence as it now does.) の全体に掛かっているのでしょうか。fromの後ろが馴染めません。

二文目にある、It be far from ~ as ~ asとなっている構文について、どうして二文目の訳の様になるのか解説してください。よろしくお願い致します。

I have already observed that, from their origin, the sovereignty of the people was the fundamental principle of most of the British colonies in America. It was far, however, from then exercising as much influence on the government of society as it now does.

二文目の訳
「しかしながら、当時それが社会の統治に与えた影響は、今日と比べ...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず分解して、

その当時は
It was (then) exercising an influence on the government of society「社会の統治に影響を与えていた」

今は
It does now = It exercises much influence on the government of society「社会の統治に大きな影響を与えている」

as .. as でつないで
It was then exercising as much influence on the government of society as it does now

直訳すると「今と同じほど大きない影響を与えている」

far from 「少しも~でない」を加えると、否定の意味になり、

「今と比べると当時は少しも影響を与えていない」

Qdistinguish A from B

僕のレベルでは、distinguish A from B 「AとBを区別する」= tell A from B = know A from B という風に同列に暗記してるだけなんですけど、これらは実際どんな意味の違いがあるのですか?どんな風に使い分けられているのですか?

Aベストアンサー

distinguish A from B
→このdistinguishは、もともと「突き刺す」という意味の言葉から出来た語で、突き刺して分離するという意味を持っていました。つまり、はっきり、切り裂いてAとBを区別する、見分ける、識別するという意味です。
このような区別する意味を含む動詞なので
distinguish A and Bとも言えますが、tell, knowでは言えません。

tell A from B
tellの中心的な意味は、情報を伝えるということです。Aという情報をBから(違うものとして)伝えるということから、AとBの違いを言う、違うと伝えるということで、AとBを区別して伝えるということになります。この場合、意味上、どうしても通常can, be able toなどと共に使うことになります。

know A from B
こちらは、通常、否定文、疑問文で用います。たとえば、
He doesn't know good music from grunge. 彼はよい音楽とくだらい音楽の区別ができない。
こちらは、知っている状態を表すknowを用い、いい音楽がわかっていないーーgrungeと区別してーーというような意味になります。あまり区別という感じがしない表現です。むしろ、いい音楽がわかっていないーーということの延長のようにfrom grungeを付け足している感じです。
ですから、
She didn't know me from Adam.
は、彼女は私のことを知らなかったーーアダムと区別できないーーアダムとイブのアダムですがーー
She didn't know me at all. の意味になります。つまり
not know A from Bは
not know Aという言い方を強めて言っている感覚です。

以上、ご参考になればと思います。

distinguish A from B
→このdistinguishは、もともと「突き刺す」という意味の言葉から出来た語で、突き刺して分離するという意味を持っていました。つまり、はっきり、切り裂いてAとBを区別する、見分ける、識別するという意味です。
このような区別する意味を含む動詞なので
distinguish A and Bとも言えますが、tell, knowでは言えません。

tell A from B
tellの中心的な意味は、情報を伝えるということです。Aという情報をBから(違うものとして)伝えるということから、AとBの違いを言う、違うと伝えるとい...続きを読む

Qgo on ~ing の on の品詞

go on talking などの on の品詞と go on a picnic の on の品詞はそれぞれ、副詞でしょうか、それとも前置詞でしょうか?

Aベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>go on talking などの on の品詞と go on a picnic の on の品詞はそれぞれ、副詞でしょうか、それとも前置詞でしょうか?
⇒go on a picnic の on の品詞は前置詞で、go on talking などの on の品詞は副詞(の変種)です。

go on a picnic の on については、とくに説明の必要がないと思います。
go on talking などの on は、悩ましい問題ですね。以下に説明を敷衍します。

(1)go on talking などの on は、なぜ「副詞の変種」ですか?
⇒もっぱら、動詞だけにかかります(=形容詞・他の副詞・文全体などを修飾する機能はありません)。また、動詞と一体になっている観が強く、それだけにonの置かれる位置がかなり限定されます。(ただし、例えば、be going toのような動詞句ほどの一体感はありません)。

(2)go on talkingとcontinue talkingとは同じ意味ですか?
⇒ほとんど同じ意味になりますが、go on talkingの方が「より口語的」です。強いて違いを表わすような訳をつけるとすれば、go on talking「話し続ける」、continue talking「話を継続する」といったとこでしょうか。

(3)この場合のonや、例えば、clean upのupなどは同じ仲間ですが、これをまとめて呼ぶ名称はないのですか?
⇒通常はそれらをまとめて呼ぶ方法はありません。が、文法学者の中には、これを一括して「小詞」と呼ぶ人がいます。「小(さい副)詞」の短縮と考えれば分かりやすいし、覚えやすいですね。

(4)この場合のonやupに、「単独の訳語」をあてはめることはできますか?
⇒on:(動作の前進・継続などを示して)「前へ、先へ、続けて、どんどん…」などの訳語を当てることができる場合があります。
up:(完全性・完了性・活気などのニュアンスを添えて)「すっかり・しっかり・まったく…」などの訳語を当てることができる場合があります。

(5)訳読や翻訳をする際、このonやupはどう考えたらよいでしょうか?
通常は、(4)に見たような訳語をつけることは困難ですので、
on:「動作の前進・継続」
up:「完全性・完了性」
という「概念」や「ニュアンス」を添えるような工夫をしながら訳す、ということになるでしょうね。

以上、ご回答まで。

以下のとおりお答えします。

>go on talking などの on の品詞と go on a picnic の on の品詞はそれぞれ、副詞でしょうか、それとも前置詞でしょうか?
⇒go on a picnic の on の品詞は前置詞で、go on talking などの on の品詞は副詞(の変種)です。

go on a picnic の on については、とくに説明の必要がないと思います。
go on talking などの on は、悩ましい問題ですね。以下に説明を敷衍します。

(1)go on talking などの on は、なぜ「副詞の変種」ですか?
⇒もっぱら、動詞だけにかかります(=...続きを読む

Qdie from/of A の違いは?

なにかあるんでしょうか?聞いたところでは
OF A・・・Aは病気
FROM A・・間接的原因・過労など

です。ですがテストでは、FROM心臓病
がありました。これって明らかにOFのような気がするのですが、実際どうなのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

 ひとつの単語には1つの意味しかないという持論を持つ者です(わかりにくければ参考程度にお願いします)。

  of:構成要素の離脱
  from:出発点(→距離感)

 ofの語源はoffと同じですが、offが(壁からポスターがはがれるような)表面からの分離を表すのに対して、ofは全体の中から一部が抜け出す、つまり「構成要素の離脱」を表します。out ofという表現がよく使われるように、ofがoutと相性が良いのもこのためです。
  (1)The man robbed an old lady of her purse.「その男は老婦人から財布を奪った。」(老婦人の一部である財布が老婦人から離脱)
  (2)a glass of milk「コップ1杯のミルク」(ミルク全体の中のコップによって分離された1杯)
  (3)the windows of my room「私の部屋の窓」(私の部屋全体の一部である窓)
  (4)the city of Kyoto「京都市(京都という町)」
  (5)It is very kind of you to help.「手伝ってくださるなんてあなたは親切な方ですね。」

 (3)は一見分離ではないように思えますが、the windowsが話題の主体になる(私の部屋の構成要素のうち、窓が取り沙汰されている)ので、その意味では分離です。(4)はthe city(一部)とKyoto(全体)が同じ大きさで、同格の用法です。(5)は、(手伝ってくださるのは、「あなたという人格(全体)の中の親切という一面(一部)」ですね)という内容です。

 fromは「出発点」を表し、to(到達点)との対応表現として使われます。そして到達点に至るまでにどのような経路をたどっても関係ありません。例えば、
  A cold wind blew from sea.「冷たい風が海から吹いてきた。」
という例文の場合、極端な言い方をすれば、風が海とは反対方向から吹いてきたとしても、それがもともと海から吹いてきた風であれば、この文は有効となります。
 このように、fromとtoの間には途中経路のイメージが介在するために、toから見たfromには遠いイメージ、つまり「距離感」のイメージが生じます。
  Keep away from the cage.「おりに近づかないこと。」
のように、fromがaway(離れて見えない)などと相性が良いのもこのためです。

 ofとfromの根本的な意味の違いは以上のような感じです。死亡原因について使われる場合もやはり、
  die of A…Aという事柄が全面的な原因となって、dieという結果が生じる(→Aは直接的死因)
  die from A…Aという出発点から途中経路をたどってdieという到達点に至る(→Aは間接的死因)
という説明が可能です。

 しかし正直なところ、現在ではこの区別もあいまいになってきています(死因の境界線がはっきりしないことも多い)。結局は話者がどう考えるかによっても違ってきます。ただ、ofとfromの基本的な意味は知っておかれると良いかと思います。

 ひとつの単語には1つの意味しかないという持論を持つ者です(わかりにくければ参考程度にお願いします)。

  of:構成要素の離脱
  from:出発点(→距離感)

 ofの語源はoffと同じですが、offが(壁からポスターがはがれるような)表面からの分離を表すのに対して、ofは全体の中から一部が抜け出す、つまり「構成要素の離脱」を表します。out ofという表現がよく使われるように、ofがoutと相性が良いのもこのためです。
  (1)The man robbed an old lady of her purse.「その男は老婦人から財布...続きを読む

QStart と Start off

以前ネイティブと喋ってて私が、
When did you start working ?
と聞いたら、彼女は
I started off in Jan.
と答えました。

I started in Jan.
と言うのとはどう違うんでしょうか。

1、Offがつく事によってニュアンスはどの様に微妙に変わるんでしょうか。(もしくは同じでしょうか。)
2、Start(始める、出発するetc.)を意味する時はStart offを熟語として扱って言っていいのでしょうか。
逆にStart offと言えない時はあるんでしょうか。

1,2それぞれに御回答下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.アメリカの国語辞典(つまり英英辞典)に拠ればStartとStart Offは(ほぼ)同じ意味であると記載されています。よって答えは「(ほぼ)同じ」。

2.Start (off) は
(1)to begin happening or make something begin happening
(2)to begin a journey
(3)to move in a particular direction
(4)to help someone begin an activity
などという意味です。
よって、単に「始める」という場合、上記に該当しないケースがありうるので要注意。「出発する」の意味の場合は特に上記(2)(3)に該当するケースが多いので使用可。

尚、一般にOFFというのはある接地点から物が離れていく様を言うことが多いですよね。take off(飛行機が滑走路から離れる)、kick off(サッカーでフォワードの選手がボールをちょこんと蹴って球が足から離れる)というように。
このstart offも時系列を思い浮かべて「一月に始め、そしてそれが継続していく様」と解釈しても覚えやすいかも知れません。

1.アメリカの国語辞典(つまり英英辞典)に拠ればStartとStart Offは(ほぼ)同じ意味であると記載されています。よって答えは「(ほぼ)同じ」。

2.Start (off) は
(1)to begin happening or make something begin happening
(2)to begin a journey
(3)to move in a particular direction
(4)to help someone begin an activity
などという意味です。
よって、単に「始める」という場合、上記に該当しないケースがありうるので要注意。「出発する」の意味の場合は特に上記(2)(3)に該当するケースが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報