(普通乗用車と比べて)大型トラックのクラクションの音がかなり大きいのはどうしてなんでしょうか?
あんなにでかい音にする理由はあるんですか?
真夜中や、トラックの近くに居る時にクラクションを鳴らされたりすると、ちょっと頭にくるんですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

トラックはよく知りませんが、バスには2系統のクラクションを搭載しています。



 ふそう大型バスの切り替えスイッチには高速用HIGHWAY、一般用CITYの表示があり、高速用は電子ホーン(ビッビー!)一般用はエアホーン(ふぁーん!)になります。

 雪山や厳冬期は高速用にします。

エアホーン用のソレノイドが鳴らした瞬間に圧縮空気中の水分で凍結固着して鳴りっぱなしになることがあります。
こうなったらもう大変!とにかくコンプレッサーが空になるまで『ふぁーーーーーーー』ですからね。

 音量は大型車両は直ぐに止まれないですし、死角が一般車に比べて大きいので、じゃないでしょうか?

バスのクラクションはやさしい音を出しますよ。
    • good
    • 0

自動車学校のHPにのっていました。



車両の前方2mで115ホン以下で90ホン以上、音は連続し音色は一定のものに決められている様ですが..なんかもっと大きい様な気がする車も有るんですがね。(90ホンの音量ってどの位だろう?)

自転車や歩行者用に小音量の物を別に付けて使えば良いかなと思ったのですが、耳が遠い方なんかは大きくなければ意味がなく。さらに鳴らした方は「気が付いているはず」と思い込んで事故になったりすると困りますから、やっぱりクラクションは1種類でしょね。

クラカウションの音量だけは守って欲しいですね。

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~kanbara/faq/faq4.html
    • good
    • 0

私の家も国道のすぐそばで、トラックのクラクションには困っています。


歩いている時、自転車に乗っている時に近くで鳴らされると、ビックリして余計に事故を起してしまいそうです。
ところで、特に大きな音を出しているのは「エアーホーン」といわれているもので、ラッパ状のものに圧縮空気を送り、音を出しています。
トラックによっては、ものすごく大きなものを付けています。まあこれは個人の趣味的な要素が大きいと思います。俺のはこんな大きな音がするぞ・こんな良い音がするぞという感じでしょう。
まあ確かに走行音などが普通乗用車より大きいため、普通乗用車より多少大きくてもしかたないかなぁと思いますが、あまりにも大きいのは勘弁してほしいと思います。(クラクションの音の大きさには、保安基準があります。これを満たさないと車検には通らないことになっていますが・・・普通乗用車と大型トラック等で差があるのかどうかは不明です)
    • good
    • 0

 事故ったときの被害が大きいからだったハズです。


 気づかれないで事故を起こすくらいなら、鳴らされた人を怒らせた方がまだナンボかマシですし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理想的なフィルタの位相特性

ローパスフィルタ、ハイパスフィルタ、バンドパスフィルタを実験で実際にくみ、利得や位相特性を実際に読み取りグラフなどにしました。
~位相特性についてて~
入力と出力で位相差が生じて、通過域においては位相差は小さく
阻止域においては位相差は大きくなっていました。

僕の考察では、理想的なフィルタの
通過域において位相差は0[deg]
阻止域において位相差は180[deg]
と考察したんですが間違っているでしょうか。

しかし、直感的に答えただけで根拠がありません。
位相差が生じると出力が弱まる性質があるのでしょうか

どなたかヒントだけでもいいんで教えてください><

Aベストアンサー

>理想的なフィルタの位相特性

(1) 理想的なフィルタの位相特性 = 望ましい「フィルタの位相特性」という意味なら、「フィルタで付加される
位相量(移相)」は少ないに越したことはありません。しかし、フィルタの減衰量を大きくしていくと、移相は増大
するのを避けられません。

(2) 理想的なフィルタの位相特性 = 「理想フィルタの位相特性」という意味なら、遮断帯域に近くにつれて移相
の傾斜が急峻になります。

たとえば、下記ページ参照。
 http://www.national.com/JPN/an/AN/AN-779.pdf

Q大型トラックやバスに搭載されている補助ブレーキのリターダを乗用車に取り

大型トラックやバスに搭載されている補助ブレーキのリターダを乗用車に取り付けることはできないのですか? リターダ社のホームページを見たら、メリットが多そうですが、そんなにいいものなら、オプションなどで取り付け可能な車って販売されているのですか?
もし、リターダがだめなら、排気ブレーキならどうなんでしょうか? これなら、2tトラックにもついているので、ディーゼルのミニバンなどでも付けられそうな気がするのですが?

Aベストアンサー

大型バスの乗務員です。うちのバスにもリターダ付きがありますが、急坂の下りくらいしか使わないですよ。そもそもリターダ自体ないバスも多いので、使わない運転ができることが基本です。また排気も、凍結時、降雪時には、後輪のみがロックしてしまいスリップの原因となるので使いません。
あくまで、フットブレーキ容量の温存と、ブレーキの長持ちというのが存在意義です。
リターダですが、作動時と解除時に結構なショックがあるので、重量物を運ぶトレーラーには有意義であると思いますが、ショックを嫌う、バスには、使い勝手が悪いです。そんな理由で、実際の乗務でもリターダまで使うことは、通常はあまりないです。まあ、会社、乗務員によっては違いますので一概には言えませんが。 国産バスでは一部のAT車を除き、普通は、リターダはオプションで、値段も上がるので、リターダ付きのバスは、実はそんなに多くないと思います。リターダの恩恵があるのは、作動時のショックを気にせずブレーキ能力が必要な重量物搬送車だけだと個人的には思います。    

あと、構造上ディーゼルのバンに排気ブレーキは付きます。ただ、排気の効きは、排気量に比例しますので、3LエンジンATでは、ほとんど効かないと思われます。さらに排気弁が増えたことにより、故障や点検する部位ばかり増え、ある程度の大きさからでないと排気ブレーキに関してもメリットはないです。 
結論として、乗用車は、フットブレーキだけで充分です。 ついでに言うとリターダユニット自体結構大きいので、乗用車に乗せる場所はないですよ。 
最後に、総重量で、大型バスで20t近く、重量トレーラーでは50t それに比べ乗用車は1tくらい大型車でもせいぜい2t近く 総重量だけ見ても乗用車に取り立てて補助ブレーキが必要ないことがお分かりいただけるかと思います。   

大型バスの乗務員です。うちのバスにもリターダ付きがありますが、急坂の下りくらいしか使わないですよ。そもそもリターダ自体ないバスも多いので、使わない運転ができることが基本です。また排気も、凍結時、降雪時には、後輪のみがロックしてしまいスリップの原因となるので使いません。
あくまで、フットブレーキ容量の温存と、ブレーキの長持ちというのが存在意義です。
リターダですが、作動時と解除時に結構なショックがあるので、重量物を運ぶトレーラーには有意義であると思いますが、ショックを嫌う、バ...続きを読む

Q位相空間の同相について

位相空間(X,Ox)と(Y,Oy)で、全単射f:X→Yに対して、fおよび逆写像f^(-1)がともに連続であるときfを位相写像といい、f:X→Yなる位相写像が存在するとき、(X,Ox)と(Y,Oy)は同相(同位相)であるというのでした。

位相空間(X,Ox)に対し、直積空間X×Xに適当な位相O’を入れたとき、
(X×X , O')と元の位相空間(X,Ox)は同相ではないと思うのですが、証明はどのようにしたらいいでしょうか。
位相写像が存在しない、ということを言えばいいと思いますが、存在しない、ということをどのように示したらいいのかがわかりません。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>位相空間(X,Ox)に対し、直積空間X×Xに適当な位相O’を入れたとき、
>(X×X , O')と元の位相空間(X,Ox)は同相ではないと思うのですが、

表現があまりに適当で・・・

例えば,Ox,O'をともに離散位相とすれば
すべての写像が連続であり
また,XとXxXには全単射が存在するから
結果「同位相」です.

直積には「直積位相」が入りますから
それを入れた場合にどうなるか?ということならば
話はまったく違います.

例えば,RとR^2なんかの場合は
一点を除いた場合に,一方は連結,他方は連結ではないので
同相ではないと示せます.
同相ではないことを示すには
同相であれば成り立つことが成り立たないという
背理法を使うのが定石のひとつです.

一般に
Xと直積位相をいれたXxXが常に同相ではないかは
私は知りませんが
一般的な結論はないか
あってもかなり難解ではないかとおもいます
#キュネットの定理というのがあって
#直積のホモロジー群は計算できるのですが
#かなり複雑な公式です.

Q大型トラックの異音です。3年目で走行距離28万で最近時々異音がします。

大型トラックの異音です。3年目で走行距離28万で最近時々異音がします。音はギュルギュルとかなり大きな音で走行時のみ発生します。ポイントとしてはACスイッチONのみ発生・ACスイッチON時でもクラッチきると異音解消・アイドリング時はACスイッチON・OF関係なく異音なし・毎回異音がするわけでもない・原因わかる方の回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

こんばんは。

3年目と言う事であればエアコンのベルトの張りを調整すれば解消します。交換まではまだ必要ない事例です。

エアコンのスイッチをオンにすれば常時コンプレッサーが回っている訳ではなく、設定温度によりコンプレッサーのクラッチが切れたり繋がったりしますので、繋がって負荷が掛かった時に異音が発生します。当然コンプレッサーが稼動していてエンジン回転が上がれば同調して異音は大きくなります。

まずはベルトを張ってみてはいかがでしょう?

Q多様体の位相について

多様体の「位相」について混乱しています。
位相多様体Mとすると、Mにはすでに位相が入っているわけですよね。
位相を入れるという操作がよくわかりません。
質問(1)すべての多様体には位相が入っているのでしょうか?
質問(2)例えば「2次元ユークリッド空間内の円x^2+y^2=1を考える」といった時点ですでに位相は入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

>「ある集合に対して異なる位相の与え方をすれば、異なる多様体になりえる」という具体的な例

多分一番有名と思われる論文をあげておきます.
位相多様体としては同じだが微分可能多様体としては
同じではない例です.
John W. Milnor,
On manifolds homeomorphic to the 7-sphere,
Ann. Math., 64, 1956, pp.399--405
大学生でしょうから,
興味があれば先生に聞くのがよいでしょう.
「ミルナーのエキゾチックな7次元球面の論文」と
微分幾何方面の先生にいえばたぶん通じます.
これを読むための基礎知識についても
アドバイスしてくれるかもしれません.
#もっと初等的な例が思いつけばいいのですが,
#この論文,難解だとおもいます

多様体の位相構造・微分構造に関しては
東大の松本幸夫先生の一連の「四次元のトポロジー」の
記事の中にはもっと読みやすいものがあるかもしれません.
このあたり「四次元」だけ特異であることが知られており,
R^4だけでもいろいろあるはずです

>「ある集合に対して異なる位相の与え方をすれば、異なる多様体になりえる」という具体的な例

多分一番有名と思われる論文をあげておきます.
位相多様体としては同じだが微分可能多様体としては
同じではない例です.
John W. Milnor,
On manifolds homeomorphic to the 7-sphere,
Ann. Math., 64, 1956, pp.399--405
大学生でしょうから,
興味があれば先生に聞くのがよいでしょう.
「ミルナーのエキゾチックな7次元球面の論文」と
微分幾何方面の先生にいえばたぶん通じます.
これを読むための...続きを読む

Q大型トラックの「♪シュルルン」って音は何?

 大型トラックやダンプカーが、ときどき
「シュルルン」という空気とともに力が抜けるような
それでいて「ちょっと小洒落た」音を出していることがありますが、
あれは何の音なのでしょうか?

                 むしまる

Aベストアンサー

エアータンクの空気が抜ける音ではないでしょうか。
大型車はエアーがすくなくなると自動的にエアーをタンクにためます。
ある程度たまると必要ないエアーをバルブから排出します。
そのときにに音が出ます。

Q離散位相、密着位相はなぜそう呼ばれる?

X を集合とするとき、X のすべての部分集合からなる位相 を考えることができる。この位相を離散位相(りさんいそう、discrete topology)といい、それを開集合系とする位相空間を離散空間(りさんくうかん、discrete space)という。また、空集合と X 自身のみからなる族 {Ø , X} も位相となる。この位相を密着位相(みっちゃくいそう、indiscrete topology)または自明位相 (trivial topology) といい、それを開集合系とする位相空間を密着空間という。

なぜ、離散、密着という言葉が使われるのですか?

Aベストアンサー

離散、密着とは、各点の近傍を考えての命名だと思います。

各点の開近傍で、自分だけになってしまうものが取れるので「離散」。

どんな開近傍をとっても、全ての点がご近所さんなので「密着」という理解でよいのでは?

Q大型トラックと大型トレーラーの積載量

大型トラックは15t積めて、大型トレーラー25tぐらい積めるらしいですが、どうして大きさは同じなのに、トレーラーの方が多く積む事が出来るのでしょうか?(トレーラーの方が多く積める理由)

Aベストアンサー

 タイヤの数です。
 タイヤ一輪または一軸あたりの対地荷重に制限があるため、タイヤの数が少ない車両は荷物を含む総重量の上限が定められています。
 一輪あたりの対地荷重を輪荷重といい、これは5t以下と決められています。また、一軸あたりの対地荷重を軸重といい、これは10t以下と定められています(車両保安基準第四条の二)。
 大型トラックは前輪と後輪合わせて最大でも3軸が標準ですが、トレーラーの場合はトラクター部とトレーラー部合わせて5軸くらいあります。
 トレーラーの方が車輪の数が多いので、対地荷重の制限値が大きくなるため、より多くの荷物が搭載できるのです。
http://www.road.jp/~smatsu/Law/S26_Unyu67-F.htm

Q位相速度と群速度

位相速度と群速度についてよくわかりません。
位相速度はω/k,群速度はdω/dkと表わされるんですよね。
ここで位相速度は何の情報も伝えていない、ただ単振動をしているだけで情報を伝えるのは群速度とよく聞きますが、なんで位相速度は情報を伝えないんですか?

また位相速度とか群速度とか波動方程式での速度、ω=vkに対応しないものなど様々なものが出てきて何が何やらわからなくなってきました。

位相速度って位相が伝わる速さなんですよね?
それが波数によって異なるんですよね、つまり波の伝わる速さがバラバラだと…これがバラバラにならず全て同じ場合に波動方程式が解けるんですか?

群速度は波束の速度なんですよね?
波束というのは様々な位相速度の波の集まりですよね…群速度は平均の位相速度ということですか?

混乱して何が何やらわからなくなってしまいました…。

詳しく教えていただけないでしょうか

Aベストアンサー

信号は波形が伝わる速さと考えていいと思います。
信号が伝わった結果が情報なので、情報が伝わる速さは波形の伝わる速度、つまり群速度ということになります。位相速度は波形が伝わる速度とは直接関係のない概念ということになります。


波束を構成している個々の波はそれぞれの波動方程式に従います。


群速度は位相速度に対してのいわゆる平均とは少し違う考え方です。分かりやすく言うなら群速度は波を重ね合わせた時に生じるうなりの位相がどれくらいの速度で動いているかということを表したものといっていいと思います。群速度、位相速度の考え方は頭の中では少々イメージがつきにくいと思うので、シュミレーション映像などを検索して見て実感するのが一番だと思います。

Q大型トラックと大型トレーラー

交差点を右折もしくは左折する際に大型トラックと大型トレーラーの場合ではどちらが難しいのでしょうか。また道幅や交差点の狭さや広さも関係して来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>どちらが難しいのでしょうか
慣れればどちらも変わりません。
ただ、巻き込みなどの確認スペースはトレーラーの方が遥かに大きいし、見づらい。
曲がり角度によっては、バックミラーから映らなくなるし。
もしソコに人が居ても窓から顔を覗かせなければ解りません。
>道幅や交差点の狭さや広さも関係して来るのでしょうか?
当然関係してきます。
トレーラーの方が最小転回半径は小さいですが、全長によっては違います。
トレーラーは15m。トラックは12m。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報