築20年の住宅を購入しました。お隣と我が家の間には、ブロック塀があります。購入の際、不動産屋にお隣との境界線を尋ねたところ、ブロック塀はお隣の敷地内にあり、ブロックの外ずらが境界で、ブロックの所有権もお隣とのことでした。(この根拠は、図面を元に、不動産屋がメジャーで測ったから。だそうです)
入居時、お隣に確認したところ、「だいぶ昔のことで、分からない」とのことでした。
しばらくして、お隣が、境界線をはっきりさせたい。とのことで、測量事務所に依頼して、測量をしてもらいました。(費用はお隣負担)その結果、境界線はブロック塀の中心にある。とのことでした。ブロックを壊す予定はないので、ブロックの上に境界の印を打ちたいので、立ち会って欲しいと言われました。立会いに問題はないし、書類?に署名捺印してほしい。の申し出も、問題はないと思われますが、
以下の疑問が浮かびました。
1.購入時の、不動産屋の説明と、実際は異なり、塀は両者の間。と言うことは、塀 の所有権は?
2.境界の印をブロックの上に打つので、万が一、ブロックが倒れた場合、境界線は どうなるのか。また、塀の管理問題は?
3.ブロックを支える支柱は我が家の方にあり、少々邪魔。将来、家を建て直し等  で、塀を壊したい場合、どうなるのか。もし、塀の所有権がお隣にあるのなら、
 支柱はどけてもらえるのか?
 素人なので、業界用語はわかりません。分かり易く、回答をいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いずれにしても「こうしなければならない」というものではなく、


お隣とのトラブルにならないように話し合って決めて行けばいいと思います。

1 どちらの家にとっても塀は必要なものですし、境界線が塀の中心に
  あって経過が分からないのならば「共有」と考えるべきと思います。
  共有物ですから管理は当然に両者の等分の負担となります。

2 地震等で倒れたならば共同で修復、どちらかの家が壊してしまった
  ならば「原因者負担」がよいのではないでしょうか?

  境界線は当然そのままの位置です。5cmずれても10mあれば0.5m2です。
  お金が絡むので、簡単には動かさないほうがよいです。

3 今の控え壁(支柱)は、それのおかげで塀が支えられているのです。
  邪魔な支柱を壊したいならあなたのお金で塀を支えられる仕組みを
  つくらなければ壊せません(原因者負担)。

  家の建て替えにあわせて塀を作り直すなら、原則としては建て替える
  家の主がお金を負担すべきです。ただし前述のように、どちらにとっても
  必要な壁であり、塀の更新によって隣の家も恩恵をこうむるわけですから、
  話し合いで応分の負担を求めることはあたりまえに行われるべきだろうと
  思います(半額負担/50万円のうち20万円負担をお願い、など)。

不動産屋の言っていた条件よりは有利な位置で境界が決まったんですよね?
0.5m2土地を得したのです。よかったですね。
お隣の方も測量をして下さるなど、関心の薄い方ではないようです。
今後末永くおつきあいするお隣の方との関係上、測量費用の一部負担を申し出
てもいいんじゃないでしょうか?←将来への投資と思って(笑)

この回答への補足

nopnopさんの回答、納得しながら、読ませて頂きました。それで、フット思ったのですが、もし、壁を壊したい場合、もしくは、何かの事由で倒れてしまった場合、
境界の印はブロックの上にあるわけですから、境界線がなくなってしまいます。その時は、再度、測量を行って、境界の印を打つことになりますか?又、そうした時の賢い、境界の印の打ち方はありますか。やはり、地面に打つのがいいのかな?
お答えいただければ幸いです。

補足日時:2002/02/05 14:51
    • good
    • 0

1:都会など密集地では昔は(今もかな?)建売等は両者の境界線の真上に作ります。


で、これでは所有権が面倒くさく、修理や建て替え時に話し合いも必要で、各々が自分の敷地に作るほうが良く、私はそうしています。
2:塀自体が境界線ではないので、問題ないです。
  でも、塀自体ではなく、道のキワに打つのでは?

3:話し合いです。上記様に面倒なので(今はよくても、子孫同士になった時など)、互いに自分の敷地内に建て替えた方が宜しいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答どうもありがとうございました。
狭い土地をめぐっての、境界線とは、どうもやっかいな物のようですね。
我が家も、建て替えの時は、fukunokamiさんのご意見を参考に、自分の敷地に作ろうとおもいます。

お礼日時:2002/02/05 14:36

非常にデリケートな問題ですね。


>1.購入時の、不動産屋の説明と、実際は異なり、塀は両者の間。と言うことは、塀 の所有権は?

その塀が出来た経緯はどうだったのでしょうか。お隣がrin-ronさんの家の前の所有者と協議をして敷地境界線の中央にブロックの中心を持ってきたのだと思います。一般的には、折半ではないでしょうか。と、いうことはおそらく前の所有者からの引継ぎでお隣さんとrin-ronさんお二人の所有ということになりそうですね。普通、隣地境界線にブロックなどの塀を設ける場合自分の敷地内なら結構自由に出来ますが、rin-ronさんの敷地にもはいっていたとなると上記のように考えるのが自然です。(不動産屋さんは、このことを知らなかったのかも。)

>2.境界の印をブロックの上に打つので、万が一、ブロックが倒れた場合、境界線は どうなるのか。また、塀の管理問題は?

壊れた経緯が重要ですね。基本的に原因を持つほうが元通りに直すようになります。当然塀の管理は、お二方ですね。

>3.ブロックを支える支柱は我が家の方にあり、少々邪魔。将来、家を建て直し等  で、塀を壊したい場合、どうなるのか。もし、塀の所有権がお隣にあるのなら、支柱はどけてもらえるのか?

支柱とはひかえ壁のことですか?ブロック塀の高さが1.2mより高ければ、ひかえ壁は法律(建築基準法)上必要となります。安全のためですのでひかえ壁はとらないほうがいいですよ。又、将来的に塀を壊したいのなら塀の所有権がお二人になると思いますのでよくお隣と話し合いをして納得してからいろいろと物事をはじめてください。敷地境界線のトラブルは、非常に厄介になってしまいますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、どうもありがとうございました。
大変分かり易かったです。境界線とは、本当にデリケートな問題ですよね。正直、測量のお話を、お隣から聞いた時は、万が一なにかトラブルになるのでは、等と
大変悩みました。これから、境界でことを起こす時は、お隣と良く話し合って進めたいと思います。

お礼日時:2002/02/05 14:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣との境界のブロック塀について

私と隣の境界線の内側つまり私側にブロック塀を私の費用にて設けております。このたび隣の土地に新しく新築され引っ越しされてきました。問題なのはそのお隣さんが当方に何の相談もなく私の所有物であるブロック塀にコンクリートを当てる形で犬走りを施工しました。当方のブロック塀は境界線より5mm内側にあります(ブロック基礎部分が境界線一杯です)のでそのコンクリートがブロック塀に当たることは境界を越えていることになります。境界線は間違いありません。相手が故意か知らずにかは不明ですが声もかけずに一方的に行う行為に強い疑念を生じました。私としては相手側にも塀を設けていただければと考えていますがそのような請求は可能なのでしょうか。仮に塀がだめな場合、越境分のコンクリートの撤去の請求は正当でしょうか。気分的には私がお金を掛けて建てたブロック塀を勝手に使われること自体不愉快ですが皆様のお声とご意見をよろしくお願いいたします。なお私のブロック塀への費用などを請求する気はありません。あくまで塀は私の所有物としたいのです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

恐らくNo1回答の方の言われる通り施工業者の判断で
行われたものかも知れません。
しかし一言断りがなかったのは、先方の落ち度と言っ
ても仕方がありませんが、これから末永くお付合いす
るお隣様ですのでお互いに納得できる解決方法を探る
ように仕向けないと事が大きくなって後々大変ですね。

塀はお互いの境界から数センチ控えて立てることがほ
とんどですね。その塀と塀の間は、土を入れるんです
が、雨等で流れてしまうのでコンクリートを打つ場合
もあります。当然互いの了解の元です。

現況の状態からだと越境部分の土間の撤去より隣地側
にフェンス、塀又は境界ブロックを設置して貰うほう
が良いかなと思います。

家を新築する時は結構気持ち的に一杯一杯で近所に心
配りが出来ないこともあります。本当はそんなんじゃ
いけないですけどね。
また改修するにも金銭的な余裕もないかもしれません
が、ここは一つ強く言うより促す形で解決できればそ
れに越したことはないかと思います。

Q境界のブロック塀設置、当方は置きたくないのです

現在、隣家との間には、高さ20センチほどの低いブロックが、隣家の土地内に作られています。
一部、そのブロックが無い部分があり、この度隣家がそこにブロック塀(1~1.5m)程度を作りたいと言ってきました。
境界なので、赤い矢印(境界線?)をまたぐ様にブロックを設置し、費用は折半と言われたのですが、正直そんな高さの塀は作りたくない、というのが我が家の本音です。

いろいろ調べましたが、当方が境界ブロック設置を拒否できるような明確な根拠は無い様です・・・。
しかし、折半だけはど~しても避けたい!!!
(先々のトラブル元凶になることは無知な自分にもわかります!)

いろいろ考えて、当方の敷地内に当方の費用でブロック塀を立てる、という案が浮かびましたが、
折半を避けるにはそれしかないでしょうか・・・?

隣家とのトラブルは避けたいものの、隣の希望をお金を出してかなえてあげる事に、合点がいかないのが、正直なところです。

なにかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

それぞれ自分の敷地内に境界塀を設置しています。
私も先々のトラブル回避になればと思い家を建てる時に設置しました。お隣も同じ考えだったようで、やはり家を建てた同時期に設置しています。

今あるブロック塀が敷地内にあるのに、ない部分を境界線上にブロックを設置したいということなんですね。
お隣さん、なぜ急に高い塀が欲しくなったんでしょう??

いきなり結果を叩きつけるよりも、その辺から話してみることは可能ですか?
「1mって結構高いですよね~、もしかして、気がつかないうちに何か問題ありましたか?」など・・・、その話の流れで自分は折半よりもそれぞれに作る案を提示してみましょう。

お隣さんが境界ブロックをどのようにとらえているのか分かりませんよね。
今は、ブロックなどを設置しない家も多いですが、お隣さんが敷地内に設置していることから、設置した方がいいという考えなんでしょう。なのになぜ質問者さんは設置しないのか、我が家だけが負担して馬鹿らしいなんて思っていたとしたら、今度ブロックを設置する時には折半にしてもらうぞ!!と思っているのかもしれません。
もしくは、どうせ設置するならお隣さんと折半にした方がいいようなことを誰かから聞いたのかもしれません。
話していくうちに、どうすればトラブルにならないのか答えが見えてくることもありますよ。
話してみないと相手の考え方は分かりません。解決策はそこから始まります。

話ができないぐらいにトラブルになっては取り返しがつかなくなりますよ。

それぞれ自分の敷地内に境界塀を設置しています。
私も先々のトラブル回避になればと思い家を建てる時に設置しました。お隣も同じ考えだったようで、やはり家を建てた同時期に設置しています。

今あるブロック塀が敷地内にあるのに、ない部分を境界線上にブロックを設置したいということなんですね。
お隣さん、なぜ急に高い塀が欲しくなったんでしょう??

いきなり結果を叩きつけるよりも、その辺から話してみることは可能ですか?
「1mって結構高いですよね~、もしかして、気がつかないうちに何か問題あり...続きを読む

Q隣との境界塀

去年新居に引越し、外構工事にかかるところだったのですが
空き地だった隣との境界に立てる塀について
「隣が売れて、その方が塀は敷地内に立てるので中間では立てないで」と言っている
と不動産屋から連絡がありました。
同じ区画のウチより先に建った他のお宅は、みんな境界の中心で塀を立てています。
後々もめるのが嫌なので、ウチが契約する時に、わざわざ隣の土地の契約書には
「隣家との境界は中心で塀を建てる」と不動産屋には記載してもらっていたんですが・・。

不動産屋の話ではウチは塀を建てないで、
隣の建てた塀を使って良いですよ~みたいな(あいまい)話なのですが
隣の塀は夏くらいに立てるそうです。

お隣は、他のお宅と隣接して境界の中心で既に立っている塀は内側にもっと高い塀を別に立てたいようです。

ウチが塀を立てなくてすむのはありがたいんですが
既に外構の業者には中間で塀を立てて(費用はウチが負担)庭や駐車場の工事に入るように
予定も組んでいたのに・・塀がないと工事にかかれません
この場合はどう対処したら良いと思いますか?
現在の塀より高い塀というのも気になります。

お隣とはうまくやっていきたいので
もめない為に、今のうちに書面等で取り決めをする等があれば教えてください。

去年新居に引越し、外構工事にかかるところだったのですが
空き地だった隣との境界に立てる塀について
「隣が売れて、その方が塀は敷地内に立てるので中間では立てないで」と言っている
と不動産屋から連絡がありました。
同じ区画のウチより先に建った他のお宅は、みんな境界の中心で塀を立てています。
後々もめるのが嫌なので、ウチが契約する時に、わざわざ隣の土地の契約書には
「隣家との境界は中心で塀を建てる」と不動産屋には記載してもらっていたんですが・・。

不動産屋の話ではウチは塀を建...続きを読む

Aベストアンサー

特に、現時点での書面等で取り決めをする事は無いと思います。

基本的には、民民境界(民地と民地の境界)は明確に残しておくことが後々のトラブルに対する策なのですが、皆さん結構勘違いしてらっしゃる方々が多々いますが、「境界」を構造物で区別する事は、NGです。

境界はブロック塀等の中心で・・・っと言われる方が多いですが、これらの構造物が崩壊・倒壊した場合に、公共構造物と違って隣家でもめ事の原因になる場合が多々見受けられます。

基本的に、構造物は「自分の敷地」に建設された方が完全にセーフティーです。

建売り住宅等の最初から、出来上がっていた物は仕方がないですけどね。

境界の復旧なんて事は、簡単にできますので、塀があろうが無かろうが、何の問題もありません。

新しい隣家の方が、塀を建設し、あなたが建設しなくてすむ事なら、なおの事良いと思いますけどね。

>既に外構の業者には中間で塀を立てて(費用はウチが負担)庭や駐車場の工事に入るように
予定も組んでいたのに・・塀がないと工事にかかれません
この場合はどう対処したら良いと思いますか?

その施工業者は、プロでしょ?
だったら、境界復旧は簡単な事です。
境界杭を復旧したうえで施工すれば何の問題もありません。

塀を建設しなければ、庭や駐車場の位置出しが出来ないような施工業者では、話になりません。

お隣と上手くやっていきたいのなら、お互いの「民民境界」は割って入らないようにしたほうが良いですね。

境界を越えなければ、もめる原因が無いのですから、書面は必要ありません。

>現在の塀より高い塀というのも気になります。

これについては、個人の主観ですから、仕方がないですね。
高い塀を好まれる方も結構多いですよ。(空き巣に入られやすいんですけどね)

長年、建設事業に関わってきていますが、「境界」は自分と相手との重要な境目です。
この「境界問題」で、険悪になったケースは山ほどありました。

お隣さんと体を密着させるのも窮屈でしょう。
少し離れた方が、楽ですよ。

特に、現時点での書面等で取り決めをする事は無いと思います。

基本的には、民民境界(民地と民地の境界)は明確に残しておくことが後々のトラブルに対する策なのですが、皆さん結構勘違いしてらっしゃる方々が多々いますが、「境界」を構造物で区別する事は、NGです。

境界はブロック塀等の中心で・・・っと言われる方が多いですが、これらの構造物が崩壊・倒壊した場合に、公共構造物と違って隣家でもめ事の原因になる場合が多々見受けられます。

基本的に、構造物は「自分の敷地」に建設された方が...続きを読む

Q隣家との境界線上のブロック塀について

昨年、築10年の中古住宅を購入しました。隣家は築30年ほどの古家があり、引っ越ししてきたときには、不動産に売却したばかりで無人でした。1ヶ月もしないうちに、家が売れたので更地にして新築が建つと、隣家の不動産の人があいさつにきました。
更地になったときに、ブロック塀も壊さないのかと聞いたら、買主さんとの共有なので、新築が建った後の話だと言われました。
家が建ち、買主さんが引っ越してきてすぐにブロック塀のことをいうと、「頭になかった」と言われました。不動産からは聞いたらしいですが、費用がないということでした。
1ブロック20センチを6段つんだ1メートル20センチ高さのブロック塀が境界線上にたっていて、30年たっているので、老朽化が心配だし、せめて2段残るように切るのはどうかと提案しました。
隣家の方は、裏庭にあたりガーデニングにしたい庭なので、ブロック塀はこのままにしたいと思っていたようですが、話は聞いてくれて、人の目が気になるということで3段残して、60cmのフェンスをつけたいと言ってきました。ちなみに裏庭は道路に面しているので、道路側は業者さんと契約して、木や塀を作って目隠しを作る予定です。なので、ブロック塀も目隠しにちょうどよかったようですが、我が家が老朽化を理由に切りたいと申し出ました。
それで、うちは2段がよいのと、フェンスに対して考えたいというと、隣人は「更地にした土地を買うと不動産に言って更地を買ったので、ブロック塀は関係ない。人の目が気になるので、このままの高さでも構わないと思っている」と言ってきました。
ブロック塀ですが、近所の人によると、以前はもっと高かったけど途中で切られているとのことで、さびた鉄筋が1本飛び出ています。境界線もブロック塀の前に印がついていて、家を買う時に不動産から境界線の説明は受けました。
なので、お互いの敷地の真上にブロック塀があるので、ブロック塀はお互いの所有物だと思います。

まとめますと、隣人は費用の関係で、現状維持が良いけど、いじるのなら3段に切って60センチフェンスで目隠しをしたい。(リビングの窓になっているので、外が気になるようです。外からはカーテンで中が見えません)
我が家としては、30年たったブロック塀を全て撤去して、自分の敷地に好みの塀を作りたいけど、費用を考えて2段まで低くしたい。
今後、地震などでブロックが倒れた時にうちは玄関のそばなので、移動の影響が大きい。隣人は裏庭にあたる。
うちは人目は気にならない方なので、フェンスは特に必要はないが、2段の上にフェンスをつけるということなら折半で出すつもり。目隠し目的のフェンスといっても、高すぎるのは圧迫感があるし、玄関のドアまでに数段の階段があるので、2メートル以上でないと目隠しにはならないと思う。
加えて、どうしてもブロックに費用を使えないというのなら、将来ブロックが壊れて我が家や家族が損傷などした場合、賠償するという書面を書いてもらおうかという話も出ています。(隣人にはまだ言っていません)

我が家としましては譲歩するところはしているつもりですが、隣人の言う「更地を買ったからうちには関係ない」という言葉がひっかかりますが、隣人ではなく、隣人の仲介不動産か、前の隣人に説明を求めた方がよいでしょうか。
ブロック塀を低く切ってもらうというのは、共有部分ではできないのでしょうか。
お互いに引っ越してきたばかりでわからないことばかりですが、穏便には進めたいと思っています。
宜しくお願いします。

昨年、築10年の中古住宅を購入しました。隣家は築30年ほどの古家があり、引っ越ししてきたときには、不動産に売却したばかりで無人でした。1ヶ月もしないうちに、家が売れたので更地にして新築が建つと、隣家の不動産の人があいさつにきました。
更地になったときに、ブロック塀も壊さないのかと聞いたら、買主さんとの共有なので、新築が建った後の話だと言われました。
家が建ち、買主さんが引っ越してきてすぐにブロック塀のことをいうと、「頭になかった」と言われました。不動産からは聞いたらしいですが...続きを読む

Aベストアンサー

非常に重要な案件です
(1)隣地との民民確定を実施する事
(2)土地の境界線が確定した後からブロック塀の設置に関して協議する事
(3)不動産屋の説明も大切ですが 隣地の方々との以降の付き合いのほうが大切ですので
良く話し合ってからブロック塀の事や確定境界線の事を決めて下さい

不動産は国土を切り売りする事です 買った方々にはそれなりの義務が生じます
その義務の上に立ってお互いの権利のすりあわせを実行しないととんでもない事態に遭遇する事になります

※ブロック塀は全部貴方の土地内に立てれば高さの制限はなくなります
※両方の境界線上の中間部分に協議の上に立てれば高さも材質も協議することになりますが
費用も半分で住みます
※立てないということでも確定明示のブロックの設置は必ず行って下さい
後々必ずもめる原因になりますよ

Q隣の家との境界線と塀の問題

祖父の代から60年以上は所有している家のことです。
隣の家が最近代替わりして更地になり、新しい所有者のNさんからこのような連絡がありました。

・新しい家を建てるに当たり現況測量をした結果、自分たちの土地の面積は登記簿上の面積より
1坪ほど少ないことが分かった。
この現況測量は、自分の家のほうで以前に建てた塀の外側を境界線と仮定して測ったもの。
この足りない1坪について測量会社が言うには、おそらくNさんと私の家との間の塀が境界線より
10センチほど内側にある為だろう。
ただしこれはあくまでも推測なので、正式に境界線を決めた上で新しく共有の塀を境界線上に
建てたい。

・しかし、私の家がぎりぎりの部分にある為、実際には境界線上に建てることは難しく、せめて
現在の位置よりも5センチ私の家寄りに塀を建てられないか。自分たちの新築プランでは、
あと5センチ広げることにより通路が理想的な状態で確保できる。

・ただし、これは暫定的な処置で、将来的に私の家で建て替えなどの際には改めて境界線上に
建ててほしい。

とのことでした。

疑問(1):
Nさんから現況測量の図が送られてきましたが、区石標と記されている場所が(Nさんから見て)
塀の外側に沿うように記されていますが、どう見ても現状とは全く逆です。
私は素人なので、自分の見方が悪いのかもしれませんが、測量会社がこのような明らかな間違い
をするようなことがあり得るのでしょうか?

疑問(2):
Nさんの土地の道路側以外の3辺のうち、区石標等の明確な部分は私とNさんとの道路側の石
のみです。
その他は明確な起点がわからない為、単純に現状の3辺の塀の内または外側を図っているだけ
なのですが、上記で連絡をしてきたような10センチ食い込んでいる等との具体的な数字は
それなりに相当な根拠があるものなのでしょうか。
また、Nさんの反対側の隣にあたる方と話をした際に、そちらとはそのような話は出ていないことが
わかりました。
そちらはかなり塀に隣接して建っており、実際問題塀を動かせる可能性のある我が家との境界を
利用して1坪足りない分の帳尻を合わせようとしている・・・と言うような可能性はありますか。
知人の建築士に診てもらったところでは、上記測量会社の言い分とは全く異なり、むしろ私の家の
方に塀が食い込んでいるので、この際直してもらうべきだ、と言います。


疑問(3):
いずれにしてもこのような問題が起こった以上、測量の上境界線を確定する必要があるのかと
思います。
その後、きっちりと塀を建てなおす以外無いか・・・と考えておりますが、その場合、塀はやはり
境界線上に建てるべきなのでしょうか。Nさんは、塀は共有のものなので、境界線上に共同で
建てたい、と言っているのですが、共有することにより新たなトラブルの原因を抱えることになる
のではないかと危惧しています。

長文で申し訳ありません。降って湧いたような話で、どう対処したものか、非常に困っております。
アドバイスなり、ご意見なり頂戴できれば幸いですので、よろしくお願いいたします。

祖父の代から60年以上は所有している家のことです。
隣の家が最近代替わりして更地になり、新しい所有者のNさんからこのような連絡がありました。

・新しい家を建てるに当たり現況測量をした結果、自分たちの土地の面積は登記簿上の面積より
1坪ほど少ないことが分かった。
この現況測量は、自分の家のほうで以前に建てた塀の外側を境界線と仮定して測ったもの。
この足りない1坪について測量会社が言うには、おそらくNさんと私の家との間の塀が境界線より
10センチほど内側にある為だろう。
ただしこれはあくま...続きを読む

Aベストアンサー

1筆1筆の土地の外縁をなす線を筆界と言いますが、筆界は、Nさんと質問者様が話し合って決めるべきものではなく、公的手続きを経て国がすでに確定しているものです。しかし、昔からの土地ですと、正確な地積測量図がないことも多く、筆界がどこにあるのかはっきりしないということがむしろ一般的です。

筆界がどこにあろうと、隣接する土地の所有者同士が、「ここが境界」ということで互いに納得して生活しているうちはいいのですが、今回ご質問のケースのように、隣接地の所有地の所有者が変わるとか、家を建て替えるなどの場合に、境界≒筆界を確定する必要があります。

また、Nさんが1坪足りないと言っている件ですが、縄縮みという言葉がありますが、公簿面積と現況面積が異なることなど、ごく普通のことで、「公簿面積に足りないから、境界が自分の土地に食い込んでいる」というような隣地の方の言い分は、多くは何の根拠もないです。


ご質問のケースでは、Nさんの側が言っていることは、単に自分の言い分を述べているだけの状況だと思います。

きちんとした解決をするなら、土地家屋調査士を雇って、境界画定するべきかと思います。
土地家屋調査士は、土地の境界とか面積とかに関する専門家です。
地域で昔から営業しておられる土地家屋調査士に依頼すればよいと思います。

費用は数十万円かかり、時間も数カ月かかります。また、市役所や近隣の土地所有者を巻き込むこともあり結構大がかりな手続きとなる場合もあります。
費用については、「その手続きを進めなければならない差し迫った事情のある側」が負担をする場合が多いです。つまり「言いだしっぺ」が負担することが多いですね。しかし、ご質問のケースでは、費用折半を求められるかもしれません。

とりあえずすべきことは、土地家屋調査士に相談することです。

(1)~(3)の疑問については、
(1)Nさんの言い分に基づいてそのまま測量しているだけだと思います。
(2)想像されている通り、だと思います。
(3)境界線上に共有の塀でも、境界線に沿って自分の塀でもよいと思います。共有の場合は、塀の仕様とか費用とかどこの業者に発注するとか話し合って決めないといけませんね。

1筆1筆の土地の外縁をなす線を筆界と言いますが、筆界は、Nさんと質問者様が話し合って決めるべきものではなく、公的手続きを経て国がすでに確定しているものです。しかし、昔からの土地ですと、正確な地積測量図がないことも多く、筆界がどこにあるのかはっきりしないということがむしろ一般的です。

筆界がどこにあろうと、隣接する土地の所有者同士が、「ここが境界」ということで互いに納得して生活しているうちはいいのですが、今回ご質問のケースのように、隣接地の所有地の所有者が変わるとか、家を建...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報