最新閲覧日:

イベントドリブンと手続き型を比べた時、イベントドリブンのデメリットって何だと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>イベントドリブン


 入力(割り込み)の種類が多種多様なもの、リアルタイムものとか、ハードがらみ、通信モノを書きやすい。

>手続き型
 入力がそろってからスタートして、出力を得るまで、一直線に処理してしまうモノ、データベースの月次集計処理とかを書きやすい。

という実感を持ってます。

んで、
>イベントドリブンのデメリット
は、手続き型のプログラムを書きにくいこと。

他の人も書かれていますが、この2つは、対立する別のものではないと思いますけど・・・
たとえば、各イベントのサブルーチン内(プロシージャ内)は、手続き型で書くと思いますし・・・

もうちょっと、ご質問の背景を補足されてはいかがなもんでしょうか?
    • good
    • 0

おそらく、「イベントドリブン」=「VBみたいなの」で、「手続き型」=従来のCみたいなイメージを持って居られるんだと思うので、そのような方向で書きます。


違ったら補足をお願いします。

>イベントドリブン
少なくともゲームには向きません(^^;
コードがわかりにくくなりますし、
本来、必要ないところで、色々なコードが動いてしまいます^^;

後、ユーザーの自由度が高いのが難点でしょうか?
可能性を考え忘れると、思わぬ動作をさせてしまうこともあります。

つまり、順番が決まっていて、それ以外の順番は嫌だ!と言うようなときは、面倒かも知れません。
    • good
    • 0

「イベントドリブン」と「手続き型」が対語と言うのはすごく違和感があります。


「手続き型」の対語は「非手続き型」ですが、「イベントドリブン」の対語って何なんでしょうね。

「イベントドリブン」の対語候補としては「メッセージドリブン」「TSS」「バッチ処理」「ループ処理を基本とした擬似イベントドリブン」などが考えられます。

イベントドリブンも「手続き型プログラム」である事は疑問の余地はないですよね。補足をお願いします。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ