いつ老衰死してもおかしくない程の高齢者が10日程前に入院しました。
そして、看護婦が手当てを施している最中に心臓が止まってしまったとの
事で、病院側は家族の同意無しに生命維持装置を取り付けました。
一度心臓停止した時から一週間。危篤状態のままで生き続けています。
生命維持装置を外してしまえば、おそらくその老人はすぐに亡くなって
しまうことでしょう。
では、この装置を使用し続けた場合、どれくらいまで生きられるものなの
でしょうか?

こんな些か不謹慎な質問をさせて頂いたのは、危篤の知らせを受けて以来、
ずっと病院へ付きっきりになっているご家族が、私の上司達だからです。
仕事の要と言っても良い彼等が欠ける事により、周囲の従業員は些か激務
となっています。
こんな状況が一体いつまで続くのか? せめてメドが立てば……そう思い、
質問させて頂きました。ご回答頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

『予見不可能』



です。普通、悪性腫瘍など明らかに回復不可能と思われる病態の患者に『生命維持装置(おそらく人工呼吸器のことだと思います。または単に「挿管」ということもあります)』をつけることはありません。
ということは突発的におこったとすれば、脳梗塞などを考えれば良いと思うのです。脳梗塞といえば思い起こすのは某国の前の前の総理大臣です。あの時、密室での相談を繰り返すだけの時間がありましたよね…同じです。時間はかかるんです。復活し得ないとは言いませんが、長い長い時間低空飛行を続けます。逆に突然ぽっくりということもあります。

そんな不謹慎なことでのメドを立てるのではなく、長期にわたることを考えたうえで、その上司に善後策を至急立てていただくことです(電話連絡でもなんでもして)。身内がどうであろうとも社会的な責任として上司が仕事の算段をつけることは義務ですから…
決めてくれないのであれば暫定的に仕事を減らして残ったもの都合のよいやり方にする旨、代表者が通告すれば良いと思いますよ。昨年の今頃同じような目に会っていたものからのアドバイスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂いたにも関わらずお返事が遅くなり、失礼しました。
本当におっしゃる通りだと思いつつ、既に半狂乱状態となってしまった上司に、
結局何も言えぬまま……先日、とうとうお亡くなりになりました。

折角頂いたアドバイスをうまく活用する事は出来ませんでしたが、的確なご回答
を頂き感謝しております。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳死状態の生命維持装置をはずすタイミング

知人の奥様から頼まれて質問させていただきます。

現在の知人の状態ですが
 
 ・脳幹出血で脳死状態で100%元には戻らないと言われています。
 ・2週間前に倒れて、現在は安定(?)している状態です。
 ・瞳孔は開いています。
 ・痛みはもう感じないそうです。
 ・自発呼吸は若干あるそうですが、人工呼吸器をつけています。
 ・血圧を安定させる薬を投与しているようです。
 ・血圧は下が50で上が90です。

そこで疑問なのですが、昨日になって奥様がお医者さんに、
「もしかしたら、あと1年位持つかもしれません」
と言われたらしいです。

色々ネットで調べたのですが、
 1.脳死状態でそんなに長い期間、持つものでしょうか?

それと、もしそのその様になった場合、奥様の希望は後1ヶ月程様子を見て、諦めたいとの事だったのですが、
 2.奥様の希望で生命維持装置をはずす事は出来るのでしょうか?

あと、もっと根本的な質問なのですが、
 3.脳幹出血のみで‘脳死’と判定出来るのでしょうか?

どれか一つでもかまいませんので、教えていただけませんでしょうか?
不足事項がありましたら、補足出来る限り補足を致します。

宜しくお願い致します。

知人の奥様から頼まれて質問させていただきます。

現在の知人の状態ですが
 
 ・脳幹出血で脳死状態で100%元には戻らないと言われています。
 ・2週間前に倒れて、現在は安定(?)している状態です。
 ・瞳孔は開いています。
 ・痛みはもう感じないそうです。
 ・自発呼吸は若干あるそうですが、人工呼吸器をつけています。
 ・血圧を安定させる薬を投与しているようです。
 ・血圧は下が50で上が90です。

そこで疑問なのですが、昨日になって奥様がお医者さんに、
「もしかし...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1の方の回答のように、「人の死としての脳死」を厳密に診断するには臓器移植を目的とする場合のみしか、診断できません。今回の場合は、「臨床的脳死」と呼ばれる状態だと思います。呼吸器をつないだままでも可能でしょう。

1.肺炎などを併発しない限り、持つものだと思います。
2.殺人罪になるかもしれません。最近問題となっている人工呼吸器はずし問題と同じ状況です。「もしかしたら、あと1年位持つかもしれ」ない人を死に至らしめるのですから。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070522ik0e.htm
3.脳幹は生命機能を維持する為に必要な部位(神経細胞)が多数あります。解剖学的にその位置は定まっており、出血でこれらの細胞が死ねばおのずから結果が見えます。その他の神経学的所見や脳波などを参考としながら、臨床的脳死と診断できるはずです。

Q心臓移植ではなく、ペースメーカーをつけて生きることはできないのですか?

こんにちは。調べてみても素人にはよくわからなかったので質問させて
いただきます。

(1)心臓移植が必要だと言う人たちは、ペースメーカーをつけるこ
とで心臓の機能が保たれることはないのでしょうか? 人工心臓だと
60日持てば成功とのことですので、多くの人にとっては移植しか
生きる道がないかのように受け取られていますが、実際はどうなので
しょうか?

(2)少し話題がずれますが、心不全の人は心臓移植をすることで
寿命を延ばすことができるのでしょうか? 
ありえない話かもしれませんが、老い衰えて心停止するであろう人
に心臓を移植するようなケースはあるのでしょうか?
老死する多くの人は、心臓を動かすに足りる筋力が衰えることで
心停止に至るのだと思うのですが、筋肉はまだあるのに心臓のみ
が動かなくなるような高齢者が心臓移植を受けることは、実際に
あるのかどうか、気になります。

稚拙な質問かもしれませんが、回答いただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

ペースメーカーは心筋に電流を送ることで心臓の鼓動を制御する機器です。
あくまで、「鼓動を制御」するだけで、鼓動そのものを継続させることは
出来ません(止まった心臓を動かすAEDが、物凄い電気ショックなことは
その手の研修を受ければよく分かります)。

また、そもそも論として、心臓そのものに欠陥があって、鼓動が正常でも
心臓機能が正常でない(心臓に穴が開いているとか)場合は、外部からの
電気信号だけではどうしようもありません。

あと、当然のことながら、心臓が正常でも、他の臓器が不全ならどうし
ようもありません。一般的な「老衰」は一種の「多臓器不全」ですから、
ひとつの臓器を新品にする意味はないのです。

Q生命維持装置のこと、かな?

延命装置と生命維持装置って違うものなんでしょうか。

生命維持装置をつけると、患者さんはどうなってしまうんですか(植物状態?)

半永久的に(機械が止まるまで)生きるって本当ですか?

生命維持装置をつける見極めってどこなんですか?患者さんに何か起こったら装置をつける、とかあるんでしょうか?


質問が多くてすみません;
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

延命装置・生命維持装置というのは総称です。そう言う名前の装置が有る訳ではありません。
それぞれの単語が意味している機械自体は、どちらも同じと捉えて構わないと思います。

>生命維持装置をつけると、患者さんはどうなってしまうんですか(植物状態?)
「付けるから植物状態になる(付けなければ死んでしまうので、植物状態はありえない)」という考え方は哲学的ですね。基本的には装置を付ける事で生き続ける事が出来ます。

>半永久的に(機械が止まるまで)生きるって本当ですか?
将来的に全ての機能を代替させる事が出来るようになれば、そういう可能性もあるかも知れません。でも現在のところ、それは不可能です。例えば肝臓機能を現在の技術で代替しようとすると、数平方Kmに及ぶ化学プラントが必要となる と聞いた事があります。
あくまでその患者さんの「或る機能」を代替しているに過ぎませんので、他の部分がダメになって代わる物が無ければ そこで終わりです。

>生命維持装置をつける見極めってどこなんですか?患者さんに何か起こったら装置をつける、とかあるんでしょうか?
緊急の際には医師の判断に基づくカタチで、必要があれば装着されます。(専断的医療行為)
ただし法律論的には、Dr.が「やる」と決めたからおこなうのではなくて、患者さんが「生き続けたいと思っているに違いない」というトコロを その根拠にしています。

前もって充分な時間をかけて患者さん本人が「必要・不用」と意思表示を済ませている場合は、当然にしてそれに従います。

ちなみに、付ける時期というのは、当り前かもしれませんが「必要になったとき」です。(「命ギリギリで」という場合もありますし、「機能低下を補うように」使い始める事もあります。)

「その方が生き続けることによる社会的効用」と「コスト」の観点で考えさせられる部分も多いですね。「高齢や障害を持つ等を理由に社会的生産活動に関与しないとされる方」を、そのことを理由に延命不用と考える人もおりますが、医師を含め「人間は」神ではありません。人が「人の命の重さ」を選別する行為は、許されないと思います。(少なくとも医師が奢って、判断する類のものでは無いです。「生き続けたい」という人を見放すのは医療ではありません。)

ゴチャゴチャと書いてしまい失礼しました。何らかのご参考になれば幸いです。

延命装置・生命維持装置というのは総称です。そう言う名前の装置が有る訳ではありません。
それぞれの単語が意味している機械自体は、どちらも同じと捉えて構わないと思います。

>生命維持装置をつけると、患者さんはどうなってしまうんですか(植物状態?)
「付けるから植物状態になる(付けなければ死んでしまうので、植物状態はありえない)」という考え方は哲学的ですね。基本的には装置を付ける事で生き続ける事が出来ます。

>半永久的に(機械が止まるまで)生きるって本当ですか?
将来的に全...続きを読む

Q日本生命貯蓄型生命保険について

日本生命の貯蓄型終身生命保険の加入を勧められています。契約者が親族で被保険者が私のため告知書に婦人科系の持病を書きたくありません。どうしても知られたくないのです。
お付き合いでの加入で私は掛け金を支払いません。この保険の場合医療保証は付いておらず生命保険ですので、死んだら保険金が出るタイプで数年かければ解約しても元が取れるので解約すればいいと言われています。
告知しなかったとして、告知義務違反がバレることはあるでしょうか?
一般的に解約する場合は調査をされることはないと他の方が書いているのを見ました。
死亡すれば保険金請求の際に判明すると思いますが、死んでしまえば別に私にはわからないことですのでいいかなとも思います…
(1)貯蓄型終身保険で告知義務違反が他に調査されたりして判明するケースはありますか?
(2)またニッセイみらいのカタチの告知書の内容が解る方いらっしゃいますか?
(3)仮に告知したとして、診断書の提出や診断書を書いた主治医に調査に行かれもっと昔にかかっていた病院まで調査されたりしますか?(以前の病院も主治医は知ってます)掛け金は数百万らしいです。

全力で断っているのですが、私が掛け金は払わず解約すれば私にお金が入るのに嫌がるので断る理由がわかってもらえず親戚に囲まれて強制的に入らせようと強く言われています…。

日本生命の貯蓄型終身生命保険の加入を勧められています。契約者が親族で被保険者が私のため告知書に婦人科系の持病を書きたくありません。どうしても知られたくないのです。
お付き合いでの加入で私は掛け金を支払いません。この保険の場合医療保証は付いておらず生命保険ですので、死んだら保険金が出るタイプで数年かければ解約しても元が取れるので解約すればいいと言われています。
告知しなかったとして、告知義務違反がバレることはあるでしょうか?
一般的に解約する場合は調査をされることはないと他の方...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)加入時に告知した場合、審査の際に前の主治医や診断書、今の主治医まで調査に行かれるのかどうかが知りたかったのですが、どうなのでしょうか…?
(A)契約時には、調査しません。
大多数の契約は、まともな契約なので、
告知があるたびに調査していたのでは、効率が悪いです。
なので、調査は、
「支払時」に「不審な契約」だけです。

では、どんな契約が不審な契約なのか?
それは、診断書の内容と告知内容に相違がある場合です。

例えば、診断書に病歴が書かれているのに、
告知には、何もないとなっていれば、当然、調査対象となります。

Q生命維持装置を外すことは法律的には可能ですか

生命維持装置を外すことは法律的には可能ですか

Aベストアンサー

曖昧なところですね。法的には違法だと思いますが、過去の事件では不起訴になっています。医師も法的には抵抗がありながら、回復の見込みがない場合、家族の同意などではずしているケースがよくありますが、起訴に至った例はありません。
脳死の場合などは、確認のうえ臓器移植のため、生命維持装置をはずすことは認められています。

Q危篤と植物状態などの違い

危篤や植物状態などという言葉を使いますが
どのような違いがあるのでしょうか?

いちおう辞書で調べてみたのですが、
専門知識のある方の解説をお願いします。

Aベストアンサー

そうですね.
おおざっぱですが,そのような雰囲気はありますね.

補足させていただくなら,軽度の昏睡は回復の可能性が大ですが,重篤な昏睡状態では植物状態を通り越して一気に死へ向かう場合もあります(植物状態の判定には時間の要素もあるため).
ですから,昏睡状態の中に植物状態が含まれると考えたほうが適切かもしれません.

軽度の昏睡状態は回復の可能性が大きく,植物状態から奇跡的に生還したケースも報告されています.重篤な昏睡は,生と死の間を頑張っている状態ですが,これもまた回復の可能性が残されています.

しかし,脳死はこれらと明らかに違いますね.残念ながら,脳死状態には回復の可能性が残されていません.脳死状態になると(人工呼吸器を取り付けた場合),心停止を待つのみ(すなわち心臓死)です.

将来的に昏睡あるいは植物状態から回復させることは(死の一線を越えていない状態)造作もないという時代がくればよいですね.

Q生命維持装置でどこまで生きられる?

いつ老衰死してもおかしくない程の高齢者が10日程前に入院しました。
そして、看護婦が手当てを施している最中に心臓が止まってしまったとの
事で、病院側は家族の同意無しに生命維持装置を取り付けました。
一度心臓停止した時から一週間。危篤状態のままで生き続けています。
生命維持装置を外してしまえば、おそらくその老人はすぐに亡くなって
しまうことでしょう。
では、この装置を使用し続けた場合、どれくらいまで生きられるものなの
でしょうか?

こんな些か不謹慎な質問をさせて頂いたのは、危篤の知らせを受けて以来、
ずっと病院へ付きっきりになっているご家族が、私の上司達だからです。
仕事の要と言っても良い彼等が欠ける事により、周囲の従業員は些か激務
となっています。
こんな状況が一体いつまで続くのか? せめてメドが立てば……そう思い、
質問させて頂きました。ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

『予見不可能』

です。普通、悪性腫瘍など明らかに回復不可能と思われる病態の患者に『生命維持装置(おそらく人工呼吸器のことだと思います。または単に「挿管」ということもあります)』をつけることはありません。
ということは突発的におこったとすれば、脳梗塞などを考えれば良いと思うのです。脳梗塞といえば思い起こすのは某国の前の前の総理大臣です。あの時、密室での相談を繰り返すだけの時間がありましたよね…同じです。時間はかかるんです。復活し得ないとは言いませんが、長い長い時間低空飛行を続けます。逆に突然ぽっくりということもあります。

そんな不謹慎なことでのメドを立てるのではなく、長期にわたることを考えたうえで、その上司に善後策を至急立てていただくことです(電話連絡でもなんでもして)。身内がどうであろうとも社会的な責任として上司が仕事の算段をつけることは義務ですから…
決めてくれないのであれば暫定的に仕事を減らして残ったもの都合のよいやり方にする旨、代表者が通告すれば良いと思いますよ。昨年の今頃同じような目に会っていたものからのアドバイスです。

Q心臓疾患の歴史

現在、近年の医学(主に心臓疾患)の歴史について勉強しているのですが、ステント・バルーン・バイパス術などは、何年ごろに誰が発明したのか分からないのでどなたかお教えくださいませんか?

またあわせて、近年の医学における重要な発見や発明がありましたらお教えいただけると助かります。

Aベストアンサー

1967年Favaloro(Cleveland)大伏在静脈グラフトを用いた狭窄部末梢の冠動脈への直接吻合術
1977年Gruentzig バルーン経皮的経管的冠動脈形成術(PTCA)
1980年代末Sigwart ステント

参考URL:http://www.lifescience.jp/ebm/medhist/0302/0302.htm,http://www.yamanashi-med.ac.jp/~tosho/mokuji/kiyou/kiyou15/image/kiy

Q幼児と高齢者の前に生命維持装置が一つの時どっちに?

何かの負傷者の多い事故やその他の理由で、生命維持装置(集中治療室でもいいです)が後ひとつのとき、緊急の患者が運ばれてきたとします。一人は幼児、一人は100歳の老人、どちらも緊急に治療すれば治ります。この場合、どちらを優先とかあるんでしょうか?老人はあと短いからという理由では選べないはずです。
なんか現実にありそうですので、この場合は倫理的にはどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

 現実問題としては、片方の患者さんには人工呼吸器を取り付け入院させ、もう一方はアンビュバッグを用いて、用手的に補助呼吸を行いながら、他の病院に転院させるでしょう。

 どちらの患者さんに人工呼吸器をつけるかについては、動かしたほうがより危険な患者さんを選んだり、あるいは自分で診られる患者さんを選んだり(小児科の医師がいなければ、子供の方を小児科のある病院に転院させるでしょう)、どちらも同じくらいの重症度で診察も可能ならば、少しでも先に来院した方を選ぶかもしれません。

 いずれにしても、ご質問のような究極の選択的なシチュエーションになることはほとんど無いと思います。

Q心臓の痛み

 私は30歳の男性です。お医者様等専門の方に答えていただければ幸いです。
 先日、午前8時頃ですが、シャワーを浴びて着替えている最中に、心臓の鼓動が突然早くなり、心臓付近の胸の皮膚を上から眺めただけでも、胸の鼓動がものすごく早く打っていることが判断できる状況になりました。兄弟に心臓に手をやってもらい鼓動を確認してもらったところ尋常ではないと言われ、自分自身で1分間の脈拍を測ったところ、約200ありました。その後、少し呼吸が苦しくなり、背中も痛くなり、まっすぐ立っていられなくなったため少し横になりましたが、継続的に心臓付近に軽くではありますが鋭い痛みが走りました。
 そのような症状が出る数日前、事務所で仕事の準備をしたところ、突然胸が締め付けられるという状況になり、その時は特に鼓動が早いということはなかったのですが、辛くてしばらく横になっていたという前歴もあります。
 最初の症状が出た後、人間ドックを受けたのですが、心臓については何ら問題がないと判断されたのですが、その数日後に、次の症状が出ました。
 これらの症状からうかがえる病気はあるのでしょうか。最近ストレスからくる疲れがかなりたまっているため、そのストレスが影響しているのでしょうか。教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 私は30歳の男性です。お医者様等専門の方に答えていただければ幸いです。
 先日、午前8時頃ですが、シャワーを浴びて着替えている最中に、心臓の鼓動が突然早くなり、心臓付近の胸の皮膚を上から眺めただけでも、胸の鼓動がものすごく早く打っていることが判断できる状況になりました。兄弟に心臓に手をやってもらい鼓動を確認してもらったところ尋常ではないと言われ、自分自身で1分間の脈拍を測ったところ、約200ありました。その後、少し呼吸が苦しくなり、背中も痛くなり、まっすぐ立っていられな...続きを読む

Aベストアンサー

私も貴方同様な症状が出ます。昨年12月初旬心臓が圧迫され胸全体が痺れ痛みが伴ったため直ぐに救急車で病院に運んでもらいました。病院到着後直ぐに検査をしてもらいました結果、異型狭心症といわれ即入院させられました。この病気は、ストレスから来るものと考えられています。入院中は、心臓カテーテル等色々な検査をしましたが原因が分かりませんでした。
心電図をとってみても不整脈が出ませんでした。このまま約3週間にわたり思いつくものすべて検査しましたが異常が見つかりませんでした。仕事でストレスが堪ってくると発作が始まります。発作が始まると最初の頃はよく救急車を呼んで病院に運んでもらいましたが、病院につく頃には発作も治まってしまう状態でした。ドクターに発作が起きた時に簡単に自分で直す方法が無いかたずねて見ると簡単に治す方法を教えてくれました。
発作=過喚起症候群 これは発作が起きると人間はあわてて沢山の酸素を体内に取り入れようと無意識のうちに酸素を口から吸ってしまっているので、体全体が痺れたり、胸痛が起きたりします。本来人間の体というものは、酸素50%・二酸化炭素50%で保たれていますが、発作が始まると酸素90%・二酸化炭素10%とバランスを崩すために過喚起症候群が起こってしまいます。これを直すには、口元に紙袋又はビニール袋で口を押さえ自分で吐いた二酸化炭素をゆっくりと体内に戻すことにより約15分ぐらいで胸痛が治ります。これでも治らない場合は病院へ行ってください。
もし病院にかかるとしたら循環器内科とストレスからくる病気ですから精神神経科も掛かったほうがよろしいかと思います。私も、精神神経科と循環器内科にかかっております。とにかくストレスだけはためないようにして下さい。お体を大事にしてください。

私も貴方同様な症状が出ます。昨年12月初旬心臓が圧迫され胸全体が痺れ痛みが伴ったため直ぐに救急車で病院に運んでもらいました。病院到着後直ぐに検査をしてもらいました結果、異型狭心症といわれ即入院させられました。この病気は、ストレスから来るものと考えられています。入院中は、心臓カテーテル等色々な検査をしましたが原因が分かりませんでした。
心電図をとってみても不整脈が出ませんでした。このまま約3週間にわたり思いつくものすべて検査しましたが異常が見つかりませんでした。仕事でストレスが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報