いつ老衰死してもおかしくない程の高齢者が10日程前に入院しました。
そして、看護婦が手当てを施している最中に心臓が止まってしまったとの
事で、病院側は家族の同意無しに生命維持装置を取り付けました。
一度心臓停止した時から一週間。危篤状態のままで生き続けています。
生命維持装置を外してしまえば、おそらくその老人はすぐに亡くなって
しまうことでしょう。
では、この装置を使用し続けた場合、どれくらいまで生きられるものなの
でしょうか?

こんな些か不謹慎な質問をさせて頂いたのは、危篤の知らせを受けて以来、
ずっと病院へ付きっきりになっているご家族が、私の上司達だからです。
仕事の要と言っても良い彼等が欠ける事により、周囲の従業員は些か激務
となっています。
こんな状況が一体いつまで続くのか? せめてメドが立てば……そう思い、
質問させて頂きました。ご回答頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

『予見不可能』



です。普通、悪性腫瘍など明らかに回復不可能と思われる病態の患者に『生命維持装置(おそらく人工呼吸器のことだと思います。または単に「挿管」ということもあります)』をつけることはありません。
ということは突発的におこったとすれば、脳梗塞などを考えれば良いと思うのです。脳梗塞といえば思い起こすのは某国の前の前の総理大臣です。あの時、密室での相談を繰り返すだけの時間がありましたよね…同じです。時間はかかるんです。復活し得ないとは言いませんが、長い長い時間低空飛行を続けます。逆に突然ぽっくりということもあります。

そんな不謹慎なことでのメドを立てるのではなく、長期にわたることを考えたうえで、その上司に善後策を至急立てていただくことです(電話連絡でもなんでもして)。身内がどうであろうとも社会的な責任として上司が仕事の算段をつけることは義務ですから…
決めてくれないのであれば暫定的に仕事を減らして残ったもの都合のよいやり方にする旨、代表者が通告すれば良いと思いますよ。昨年の今頃同じような目に会っていたものからのアドバイスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂いたにも関わらずお返事が遅くなり、失礼しました。
本当におっしゃる通りだと思いつつ、既に半狂乱状態となってしまった上司に、
結局何も言えぬまま……先日、とうとうお亡くなりになりました。

折角頂いたアドバイスをうまく活用する事は出来ませんでしたが、的確なご回答
を頂き感謝しております。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳死状態の生命維持装置をはずすタイミング

知人の奥様から頼まれて質問させていただきます。

現在の知人の状態ですが
 
 ・脳幹出血で脳死状態で100%元には戻らないと言われています。
 ・2週間前に倒れて、現在は安定(?)している状態です。
 ・瞳孔は開いています。
 ・痛みはもう感じないそうです。
 ・自発呼吸は若干あるそうですが、人工呼吸器をつけています。
 ・血圧を安定させる薬を投与しているようです。
 ・血圧は下が50で上が90です。

そこで疑問なのですが、昨日になって奥様がお医者さんに、
「もしかしたら、あと1年位持つかもしれません」
と言われたらしいです。

色々ネットで調べたのですが、
 1.脳死状態でそんなに長い期間、持つものでしょうか?

それと、もしそのその様になった場合、奥様の希望は後1ヶ月程様子を見て、諦めたいとの事だったのですが、
 2.奥様の希望で生命維持装置をはずす事は出来るのでしょうか?

あと、もっと根本的な質問なのですが、
 3.脳幹出血のみで‘脳死’と判定出来るのでしょうか?

どれか一つでもかまいませんので、教えていただけませんでしょうか?
不足事項がありましたら、補足出来る限り補足を致します。

宜しくお願い致します。

知人の奥様から頼まれて質問させていただきます。

現在の知人の状態ですが
 
 ・脳幹出血で脳死状態で100%元には戻らないと言われています。
 ・2週間前に倒れて、現在は安定(?)している状態です。
 ・瞳孔は開いています。
 ・痛みはもう感じないそうです。
 ・自発呼吸は若干あるそうですが、人工呼吸器をつけています。
 ・血圧を安定させる薬を投与しているようです。
 ・血圧は下が50で上が90です。

そこで疑問なのですが、昨日になって奥様がお医者さんに、
「もしかし...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1の方の回答のように、「人の死としての脳死」を厳密に診断するには臓器移植を目的とする場合のみしか、診断できません。今回の場合は、「臨床的脳死」と呼ばれる状態だと思います。呼吸器をつないだままでも可能でしょう。

1.肺炎などを併発しない限り、持つものだと思います。
2.殺人罪になるかもしれません。最近問題となっている人工呼吸器はずし問題と同じ状況です。「もしかしたら、あと1年位持つかもしれ」ない人を死に至らしめるのですから。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070522ik0e.htm
3.脳幹は生命機能を維持する為に必要な部位(神経細胞)が多数あります。解剖学的にその位置は定まっており、出血でこれらの細胞が死ねばおのずから結果が見えます。その他の神経学的所見や脳波などを参考としながら、臨床的脳死と診断できるはずです。

Q生命維持装置を外すことは法律的には可能ですか

生命維持装置を外すことは法律的には可能ですか

Aベストアンサー

曖昧なところですね。法的には違法だと思いますが、過去の事件では不起訴になっています。医師も法的には抵抗がありながら、回復の見込みがない場合、家族の同意などではずしているケースがよくありますが、起訴に至った例はありません。
脳死の場合などは、確認のうえ臓器移植のため、生命維持装置をはずすことは認められています。

Q脳死に近い状態での生存期間について教えてください

80歳の父についてこの後どのくらいの生存が可能なのか教えて下さい。
1/14の食事中にパンをつまらせ窒息。
救急隊の方が救急車の中で詰まらせていたものを取り除いてくださいましたが、受け入れ病院到着までの20分強の間は心肺停止状態でした。
病院到着後心臓が動き出し、人工呼吸器装着。意識は全くなく、その後脳低体温療法をしましたが、脳の活動は全く見られないそうです。
入院して1週間後、気管切開を勧められましたが意識が戻る見込みもない体に傷をつけたくないという希望を伝えお断りしました。
1/26担当医に強心剤などの薬は止めて欲しいとお願いし、高カロリー輸液のみとしてもらいました。

現在は心臓は正常。自発呼吸はほんのわずかですが、時々あり。この1週間はすっかり安定した状態になっています。

父が倒れて今までは無我夢中で毎日病院に通っておりましたが、これから一体どのくらいの期間このままの状態が続くのか、もしかしたらまだまだ数ヶ月から一年以上続くという可能性もあるのか・・・知りたいです。

今まではあと数日だと思っていましたので病院に長時間付き添っていましたが、先がまだまだ長いという可能性があるのなら、ここで病院中心の生活を改めなくてはと思い始めました。
主人はじめ子どもたちにも負担をかけていますので。

父は糖尿病ですが、重篤ではありませんでした。他には特別な病気もなく年の割には元気な方だったと思います。このような場合どのくらいの幅で生存期間を考えておいたほうがいいのか、アドバイスが頂きたいです。
「経験上このくらいの感じかな・・・」そのようなお答えで構いません。
担当医にお尋ねしても「分かりません」というお返事しか返って来ません。
どうぞよろしくお願いします。

80歳の父についてこの後どのくらいの生存が可能なのか教えて下さい。
1/14の食事中にパンをつまらせ窒息。
救急隊の方が救急車の中で詰まらせていたものを取り除いてくださいましたが、受け入れ病院到着までの20分強の間は心肺停止状態でした。
病院到着後心臓が動き出し、人工呼吸器装着。意識は全くなく、その後脳低体温療法をしましたが、脳の活動は全く見られないそうです。
入院して1週間後、気管切開を勧められましたが意識が戻る見込みもない体に傷をつけたくないという希望を伝えお断りしました。
1/26担...続きを読む

Aベストアンサー

その方次第、としか言えません。
数日、いや数時間で急変して亡くなる方もいれば
長期間、意識のない状態でずっと寝ている方もいます。
輸液だけなので体力も落ちますし、肺炎などを併発する可能性もあります。

私の友人のお父さんは「もうだめだ」って何回も言われながら
半年入院してましたね。
別の方は入院した二日後に亡くなりました。

ずっと付きっきりでいるのは家族もあなたも大変なので
長時間一緒にいる必要はないですが

一応、短時間でも出来るだけ毎日顔を見せてあげて、
急変した時にはすぐに駆けつけられるようにしておくこと、
いずれ来る最期のときに向けて覚悟をしておくこと、
お父様の兄弟、親戚、子どもたち等にも十分話しをしておく必要があるでしょう。

Q生命維持装置のこと、かな?

延命装置と生命維持装置って違うものなんでしょうか。

生命維持装置をつけると、患者さんはどうなってしまうんですか(植物状態?)

半永久的に(機械が止まるまで)生きるって本当ですか?

生命維持装置をつける見極めってどこなんですか?患者さんに何か起こったら装置をつける、とかあるんでしょうか?


質問が多くてすみません;
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

延命装置・生命維持装置というのは総称です。そう言う名前の装置が有る訳ではありません。
それぞれの単語が意味している機械自体は、どちらも同じと捉えて構わないと思います。

>生命維持装置をつけると、患者さんはどうなってしまうんですか(植物状態?)
「付けるから植物状態になる(付けなければ死んでしまうので、植物状態はありえない)」という考え方は哲学的ですね。基本的には装置を付ける事で生き続ける事が出来ます。

>半永久的に(機械が止まるまで)生きるって本当ですか?
将来的に全ての機能を代替させる事が出来るようになれば、そういう可能性もあるかも知れません。でも現在のところ、それは不可能です。例えば肝臓機能を現在の技術で代替しようとすると、数平方Kmに及ぶ化学プラントが必要となる と聞いた事があります。
あくまでその患者さんの「或る機能」を代替しているに過ぎませんので、他の部分がダメになって代わる物が無ければ そこで終わりです。

>生命維持装置をつける見極めってどこなんですか?患者さんに何か起こったら装置をつける、とかあるんでしょうか?
緊急の際には医師の判断に基づくカタチで、必要があれば装着されます。(専断的医療行為)
ただし法律論的には、Dr.が「やる」と決めたからおこなうのではなくて、患者さんが「生き続けたいと思っているに違いない」というトコロを その根拠にしています。

前もって充分な時間をかけて患者さん本人が「必要・不用」と意思表示を済ませている場合は、当然にしてそれに従います。

ちなみに、付ける時期というのは、当り前かもしれませんが「必要になったとき」です。(「命ギリギリで」という場合もありますし、「機能低下を補うように」使い始める事もあります。)

「その方が生き続けることによる社会的効用」と「コスト」の観点で考えさせられる部分も多いですね。「高齢や障害を持つ等を理由に社会的生産活動に関与しないとされる方」を、そのことを理由に延命不用と考える人もおりますが、医師を含め「人間は」神ではありません。人が「人の命の重さ」を選別する行為は、許されないと思います。(少なくとも医師が奢って、判断する類のものでは無いです。「生き続けたい」という人を見放すのは医療ではありません。)

ゴチャゴチャと書いてしまい失礼しました。何らかのご参考になれば幸いです。

延命装置・生命維持装置というのは総称です。そう言う名前の装置が有る訳ではありません。
それぞれの単語が意味している機械自体は、どちらも同じと捉えて構わないと思います。

>生命維持装置をつけると、患者さんはどうなってしまうんですか(植物状態?)
「付けるから植物状態になる(付けなければ死んでしまうので、植物状態はありえない)」という考え方は哲学的ですね。基本的には装置を付ける事で生き続ける事が出来ます。

>半永久的に(機械が止まるまで)生きるって本当ですか?
将来的に全...続きを読む

Q人は心肺停止状態でどれくらい生きれますか?

長崎市長が銃弾に倒れた事件で、
心肺停止状態であるという報道が何時間も続きました。
人間は心肺停止状態でどれくらい生存できるものですか?
4時間も5時間もずっと心肺停止ということはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

常温で心肺停止状態に成ると、脳の機能は3~5分で停止するとされています。死亡の宣告は担当の医師の判断によるもので、蘇生術を続けている間は、生物学的には死んでいても人間として(社会的に)死んではいません。その場合は蘇生術を止めたときが死亡です。
「家族が到着しない場合に4時間、蘇生処置をやった」と有りますが、それは家族に対するデモンストレーションで(更には学生に対しても)
やっている方は蘇生しない事は承知の上でやっているものです。
長崎市長の場合も病院に着いた時点で、医師団はダメだとは知りながらも、余り早くに死亡宣告をすれば、全力を尽くさなかったと非難される恐れもあり、社会的影響も考えて4~5時間頑張ったのでしょう。
これらの事は、通常よくやられる事です。

Q人口呼吸器による延命

脳出血で倒れた母は現在まで6ヶ月間植物人間状態(ADL最低レベル)です。
一般病棟のある療養型(医療型)病院に入院していますが、「人口呼吸器装着の有無」の確認を求められています。
この問題になると父、兄弟たちは避けてしまい困っています。
一度「人口呼吸器はつけない」とし医師に話ましたが、父、兄弟が「人口呼吸器をつけてでも延命してほしい」と」言い出しました。
病院からは人工呼吸器をつけないことを勧められています。
医師や看護師と話すと「治らないしもともと認知症、要介護5状態、今は意識レベル最低なのでこのまま生きていても」と思っているのが伝わってきます。そこを割り切れない家族の気持ちです。
人工呼吸器をつけると医療費も膨大になると聞きました。また何年も生き延びることもあり、はずせないことも事実です。
先日の終末期医療のガイドラインでも明確な定義はなされなかったように思います。
ご経験の方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

つらい選択を迫られていらっしゃいますね。私は父方母方両方の祖母をそれぞれ十年以上まえに五年程度の差で見送りましたが、両方が極端な違いでした。
先になくなった母方の祖母はたぶん二度目になる脳梗塞発作で自宅で倒れ、救急搬送された病院で、意識レベル最低値、90%の脳死状態で延命措置と呼吸器をつけても二度と動くことも会話をすることもできないと言われました。母と叔父叔母が離れて住んでいた祖父と相談し、その場で延命治療を受けないことを決めましたので、嫌いだと言っていた病院に入ることもなく、大学病院の救急外来でそのまま息を引き取りました。
父方の祖母は大きな病気もせずにいて少しずつ食欲が衰え、認知症に近い症状がでたりでなかったりを繰り返していましたが、熱をだして入院し、こちらのコンセンサスがないまま、呼吸発作を起こしたときに医師の判断で人工呼吸器が取り付けられました。はずせませんと言われました。
普通に寝ているなら、やつれは見えても意識はなくても祖母のままです。でも人工呼吸器のチューブを口に(これは点滴や栄養のチューブと違って太いです)つっこまれ、はずれないように白いテープでうさこちゃんんの口のようにバッテンにとめられてしまった姿は、おしゃれで身だしなみのよかった祖母ではありませんでした。お見舞いに行ってもすぐ横に置かれた機械がずっとプシュッ・スー・プシュッ・スーと無機質な音を立てていました。
はっきり申し上げて人間的な姿ではありません。呼吸の苦しい方がつける酸素マスクのようなものでもないです。
もし病院であれば個室のドアがあいている廊下を歩くと、呼吸器が取り付けられ、一人きりで寝ている状態のお年寄りの姿をかいま見ることがあると思います。最初はただ意識を無くして眠っているように見えた祖母を見舞いにきてくれる親族がうれしかったですが、徐々にやせ衰え、体が赤ちゃんのように縮かんでいく様子を見せたくなくて、最後の二年ほどは完全にお見舞い謝絶にしていました。
お母様の年齢にもよるとは思います。明治から大正初期に生まれた方は、体力もあり心臓が強いので、終わりはなかなかきません。また比較的若くして脳疾患で倒れられた方も、内臓が元気で決められた延命のための栄養素が与えられ続ける(これは呼吸が続く以上、年齢と体重に合わせて必須で投与されませ)ため、最初は肌の色つやもよくなり、きれいにさえ見えますが、その時期が過ぎて、体が栄養点滴を受け取れなくなった時の衰えは思い出すのもつらいです。

ごめんなさい、自分の経験だけを書くつもりでしたが、もしかするとあまりにも露骨な表現が多いかもしれません。ですが、母方の祖母はすぐに元気だった頃の顔を思い浮かべられますが、呼吸器をつけられてしまった父方祖母は亡くなってずいぶんの時が過ぎる今でも、病室のあの姿を打ち消すことができません。ご家族とよく相談してください。
つけたら外せません。経験から言って心臓が健全なら二年以上つけっぱなしで眠りっぱなしです。マスクではなくテープで取り付けられる機械です。音がするので大部屋ではなく個室か準個室が必要です。なにより、お母様がもし、意見を言える立場だったらなんて思うかな?と考えてください。

実家の両親は両方を看取った経験から尊厳死協会に登録しました。一切の延命を拒否できるものです。私もそのうちやるつもりでいます。医師や看護師が他人のことだから「どうせ無駄」と言っているように聞こえてしまうかもしれませんが、彼らはどんな状態になるかを嫌というほど見てきています。お母様の傍らで問いかけてあげてください。
心配も多いと思いますが、どうぞご家族がお体をこわしませんように。

つらい選択を迫られていらっしゃいますね。私は父方母方両方の祖母をそれぞれ十年以上まえに五年程度の差で見送りましたが、両方が極端な違いでした。
先になくなった母方の祖母はたぶん二度目になる脳梗塞発作で自宅で倒れ、救急搬送された病院で、意識レベル最低値、90%の脳死状態で延命措置と呼吸器をつけても二度と動くことも会話をすることもできないと言われました。母と叔父叔母が離れて住んでいた祖父と相談し、その場で延命治療を受けないことを決めましたので、嫌いだと言っていた病院に入ることも...続きを読む


人気Q&Aランキング