健康保険というか扶養というかについて質問です。
夫が現在60才で嘱託で働いてます。
また、私は52才でパートですが、昨年の収入が145万です。
130万を越えると夫の扶養に入れないとのことですが、夫は「60才も越えたし嘱託社員だから、妻はいくら働いてもかわまない」というのですが少々不安です。
というのも今後も夫の健康保険等の扶養に入っていられるのでしょうか?
(ちなみに夫の収入は350万です。)

それから先月で退職した娘がいます。(27才)この子は同居してますが親の扶養(健康保険)に入れるのですか?入れないですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 御主人の健康保険が、国民健康保険以外の場合には、年収が130万円を超える場合には扶養には認定されません。

御主人の採用されている身分や、年齢は関係ありません。扶養にしたい人の収入によって、判断がされます。

 従って、昨年の年収が145万円であれば、御主人の扶養にはなれませんので、国民健康保険と国民年金に加入することになります。手続きは、年末調整で配偶者である奥さんの所得を御主人が報告しているでしょうから、1月1日から扶養から外れますので、御主人の会社で奥さんの資格を外してもらい、会社から奥さんが御主人の医療保険から抜けた証明書を作成してもらい、お住まいの役所の国民健康保険課と国民年金課に、印鑑を持参してそれぞれの加入手続きをして下さい。

 なお、年収が145万円であれば、御主人の税法上の扶養からも外れます。税法上の扶養は、103万円以下の収入の場合は配偶者控除が38万円、配偶者特別控除が収入に応じて38万円を限度に控除となりますし、103万円を超えて141万円未満の場合は配偶者控除はありませんが、配偶者特別控除が収入額に応じて38万円を限度に控除されます。145万円は、配偶者控除、配偶者特別控除の両方の限度額を超えていますので、税法上の扶養にも該当しないことになります。

 退職された娘さんですが、成人の無職の場合は、扶養認定が難しい場合があります。御主人の会社の担当者に確認をして下さい。退職により失業保険の給付を受ける場合は、給付額の日額が3,611円を超えた場合には、年額に換算すると130万円を超えますので、失業保険の受給期間中は扶養には入れません。

 ただし、国民健康保険に加入されている場合には、所得制限がありませんので、他の医療保険に加入できない場合には、誰でも加入することが出来ます。

この回答への補足

実は私の事務所は小さく、社員は社長、専務 と息子 そしてパートの私とアルバイトでなっています。なので会社側は健康保険に加入させたくないんです。
ならばならば国民健康保険と思いますが医療費負担が3割と通院としている私にはつらいものがあります。
なので今から130万への所得変更を提出しようと思ってますがもったいないでしょうか?つまりは15万を放棄するのです。
とにかく今の考えでは扶養に入っていたいと思ってます。
どちらがお得でしょうか?年金、保険、そして市民税など・・・
いまから追徴金を取られてもいいので変更は可能ですよね。
ますます不安になってきてしまいました。

補足日時:2002/02/02 10:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
扶養についてもう少し勉強する必要がありそうです。
お答えいただきましたこと感謝してます。
またお世話になるかも知れませんがよろしくお願いします。 感謝

お礼日時:2002/02/02 12:23

>昨年の収入が145万です。


基準になるのは「所得」です。「年収」のうちに「通勤手当て」がはいっていれば、これは賃金ではありませんので「所得」になりません。逆に「税金」「保険」など源泉徴収されたあとでの「年収」だと、それより多くなります。
源泉徴収票をもらって、相談されるのが一番でしょう。

「60歳も越えたし・・」は他の回答どおり、間違いです。

↓の質問にくわしい回答がでています。(上のお二人はなかなか詳しい方のようですから、参考になります。税務署のHPの紹介もあり)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=207594
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
HPからも展開してみます。
本当に有り難うございました。 感謝

お礼日時:2002/02/02 10:38

>夫は「60才も越えたし嘱託社員だから、妻はいくら働いてもかわまない」というのですが少々不安です。


不安はあったっていると思いますよ。第一健保では嘱託社員、正社員という区分は存在しませんから。

>27才)この子は同居してますが親の扶養(健康保険)に入れるのですか?
失業給付をもらっている間は被扶養者には認定してもらえないでしょう。保険組合によっては待機期間(自己都合退職などの場合)も被扶養者にはしてもらえないところがあります。

一番いいのはご主人が所属する健保に問い合わせをすることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
週明けにも問い合わせて見ます。
本当に有り難うございました。 感謝

お礼日時:2002/02/02 10:32

夫の扶養になれるか?ですね。


年収からして無理だと思います。雇用形態がどうであろうと現在の法では不可能です。夫の年齢は関係ありません

退職された娘さんについて・・・
同居で一親等でありますが、健康であって親の扶養でなければならない根拠がない
よって、娘さんは個人で国民健康保険に即時加入しなければなりません。
これは、希望して加入するのではなく、加入が義務づけられています。

健康保険法によると国民は、なんらかの健康保険に加入していなければなりません

失業等で保険料が支払いできない場合には区役所、市役所の窓口で手続きをすれば免除される場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
少々考えなければなりませんね。
頑張ってみます。
本当に有り難うございました。 感謝

お礼日時:2002/02/02 10:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養枠103万円と130万円の違いについて

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収税額は返還されない
・会社の健康保険、年金には加入できる
(会社によるのでしょうか?私の知っている範囲ではOKのようですが。)

そこで私がはっきりと理解できないのが、この103万円と130万円の差で何が違うのかという損得の部分です。
例えば、103万円と130万円の27万円の差で、保険や年金の加入ができなければ、年間数十万円違ってきますので、かえってマイナスになります。
でも、保険や年金は130万円まで加入できるようですので、その他上記に書いた通り、年末調整での控除と税金の還付以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
例えば
・住民税(130万円まで働くと、翌年いくらかかるのでしょうか?)
・その他の収支の差額

上記の条件で130万円までの枠の方が得なのでしょうか、損なのでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安くなります。

又、配偶者や親が会社で家族手当を支給されている場合、扶養家族の年収が103万円を超えて、所得税の扶養家族に認定されないと家族手当の支給を停止される場合があります(会社の規定によって違います)

又、配偶者の場合は、年収の額によっては配偶者特別控除(最高38万円)を適用されます。
この制度は今年一杯で、来年から廃止されます。

所得税の場合、高額所得者以外は、勤務先で年末調整を受けるのが原則で、年末調整でも確定申告でも、所得税の額に違いがありません。

つまり、所得税は、毎月の給料から所得税の概算を源泉徴収という制度で控除して、その年の最後の給料や賞与の支払時に、年末調整という手続きをして1年間の所得税の精算を行なうのです。

ただし、年末調整で控除出来ない医療費控除などがある場合に、確定申告をすることになり、年末調整での税金から医療費控除の分が還付されます。

社会保険(健康保険・厚生年金)。
勤務先が社会保険の適用事業所であれば、勤務先で社会保険に加入するのが基本で、この場合、親や配偶者の扶養者にはなりません。
ただし、パートなどで一週間の勤務時間や出勤日数が、正社員の4分の3以下であれば、勤務先で社会保険に加入できません。

勤務先で社会保険に加入出来ない場合は次のようになります。
社会保険の扶養(健康保険の被扶養者と、配偶者の場合の年金の3号被保険者)になれるのは、判定するとき以降の12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)以下の場合です。
親や配偶者の扶養になっても、親や配偶者の社会保険料が増えることは有りません。

収入見込額が130万円を超えると、ご自分で市の国保に加入し、国民年金に切り替える必要があります。

103万円を超えて130万円以下の場合、社会保険料の負担には変化がありません。
所得税や住民税では、親や配偶者と本人の所得税の負担が増えることになりますが、本人の手取額も増えますからそれ程の影響がありません。

ただし、先に書いたように、親や配偶者の勤務先からの家族手当が停止になると、その金額によっては影響が大きくなります。
家族手当が月額15000円として、それかが無くなると年間18万円になります。
年収が103万円から130万円まで27万円増えても、税金の増える分と家族手当の減少分で、27万円は消えてしまいます。

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安...続きを読む

Q扶養から外れる条件についておしえてください 毎月10万8千円越えて働くとすぐ扶養から外れますか? 年

扶養から外れる条件についておしえてください
毎月10万8千円越えて働くとすぐ扶養から外れますか?
年収130万以内に抑えれば月10万8千円超えても外れないのでしょうか

Aベストアンサー

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ 130万という数字からは 2.社保の話かと推察しますが、社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
お書きのような細かい部分は、それぞれの会社、健保組合によって違います。

基本的な考え方は、過去の実績ではなく任意の時点から向こう1年間の収入見込みが 130万以内かどうかを判断材料にします。
とはいえ、「任意の時点から向こう1年間」とはまた分かりにくい物差しであることも事実で、実際の運用はそれぞれの会社、健保組合によって違ってきてしまうのもやむを得ません。

あるところでは過去 1年間の実績のみで判断することもあれば、3ヶ月でいくらまで、1ヶ月でいくらまでなどいろいろあるようです。

ここでよその事例を聞いてもなんの足しにもなりません。
正確なことは親 (夫?) の会社、健保組合にお問い合わせください。

Q扶養103万円~130万円の差額

扶養でいる場合、103万円と130万円と2種類の金額があるかと思います。

130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、

103万円~130万までの金額だと、どのくらいの差額が発生するのでしょうか?

この間だと損はしないのでしょうか?


また、103万まででも何かしらの税金はかかりますか?

98万?かぐらいから住民税がかかるように聞いたのですが…?

所得税?住民税?

子供なしでの意見をお願いします。

Aベストアンサー

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

>130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、
そのとおりです。
通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

>103万まででも何かしらの税金はかかりますか?
住民税がかかります。
住民税は93万円~100万円(市町村によって違います)を超えればかかります。

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3...続きを読む

Q転職予定です、50才なので、若く居たいのですが、見た目は60才のため、

転職予定です、50才なので、若く居たいのですが、見た目は60才のため、10才くらいは、若く見えるサプリメントかドリンク剤を知っている方が居たら教えてください。宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

ある人から聞いたのですが、(サプリではないのですが)
加圧トレーニングが若返りに良いらしいですよ。

成長ホルモンが分泌されるらしく、
痩せて、引き締まって、若返るそうです。

Q103万で家族手当。迷ってます。 今年から扶養に入ります。 最初は130万で働こうと思ってましたが

103万で家族手当。迷ってます。

今年から扶養に入ります。
最初は130万で働こうと思ってましたが
103万までなら旦那の家族手当が1万出るみたいで今迷ってます。

手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の税金)
120000円-15000円=102000円(手当の手取り)

130万円の場合(ご主人の所得税の税率5%とした場合)
130000円-1030000円=270000円(貴方の年収の増)
270000円×15%=40500円(貴方にかかる所得税・住民税)
11000円(所得税)+17000円(住民税)=28000円(ご主人が配偶者控除を受けられないことによる所得税・住民税の増税)
270000円-(40500円+28000円)=201500円(貴方の収入増分から税金を引いた額)

復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。

103万円で働くより、130万円ぎりぎりで働くほうが、約10万円世帯の手取り収入は増えます。
これをどう考えるかでしょう。
なお、ご主人の所得が多いと、ご主人の所得税の増税分が変わって(増える)きます。

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の...続きを読む

Q夫の扶養から抜けず、就職→退職した場合の健康保険

約2年前、専業主婦だった私が就職した際、夫の扶養から抜く手続きをしませんでした。
就職期間中は病院にかかった際、私本人の保険証を使用していました。
そして先日、退社し、保険証を会社に返却しました。
扶養から抜く手続きをしていなかったので、夫の保険証には、まだ私の名前が載っています。
夫の保険証の交付日は、当然、私が就職する以前の日付となっています。

このような場合、何らかの手続きが必要になりますか?
それとも、これから私が病院にかかったときなど、この保険証は有効に使用することが出来るのでしょうか?
因みに、就職期間中に病院にかかった時の領収書は、破棄してしまいました・・

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご自分の保険証があるにもかかわらず、自身の名前を抜き忘れたご主人の保険証を使用して病院にかかっていなければ、問題ないでしょう。
しかし保険の話とは別で、ご主人の保険証からご自分の名前を抜き忘れていたために本来受けられなかった手当(たとえば、扶養手当)などを受給していたような場合、会社に返還しなければならない可能性は十分あると思います。それから、年金の加入種別の変更手続き(3号→2号(社保)→3号)も行わなければならないなので、お忘れにならないで下さい。
いずれにせよ、ご主人の勤務先で確認されることをお勧めします。
先延ばししていると年金の加入手続きで期間が中抜けになる恐れがありますし、万一変換せねばならない手当があった場合、その費用負担は少ない方がいいのは明らかです。

Q扶養についての質問です。 学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万

扶養についての質問です。


学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万1000円程)
親の年収が1100万ほどならどのようなデメリットがありますか?

Aベストアンサー

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

>正確には103万1000円程…

去年 1~12月の給与合計という意味なら、「扶養が外れる」のではなく、【親は去年分所得税および今年分住民税において扶養控除を取れない】です。

>親の年収が1100万ほど…

年収で税金は決まりません。
「課税所得」はいくらほどですか。

>どのようなデメリットがありますか…

メリット、デメリットの話ではありません。
税法の定めにしたがった粛々と納税するだけです。

もし親がサラリーマン等で去年の年末調整で扶養控除を“先取り”していたのなら、取らぬ狸の皮算用が皮算用どおりに狸は捕れなかったということです。
親は狩りの成果に合うよう 3/15 までに確定申告をして扶養控除の返納をしないといけません。

扶養控除の返納による追納額は、あなたが去年の大晦日現在で 19歳以上23歳未満だとして、
・親の課税所得が 695万以下なら 63万 × 20.42% = 128,600円
・親の課税所得が 695万超過なら 63万 × 23.783% = 149,800円
です。
3/15 までに親が確定申告をして扶養控除を取り消す限り、脱税にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

親が自営業等なら確定申告はこれからですので何も問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということ...続きを読む

Q夫の扶養から外れた時の国民健康保険加入について

すみません、引っ越しの手続き等で色々自分で調べるのが疲れましたので
質問させてください。
失業手当をもらうため夫の扶養から外れたのですが、
その手続きをしてから一カ月以上たつのに夫の会社から保険の喪失証明書類が
貰えません。夫も会社に聞きづらいとのこと。
そういう書類がなくても市役所で保険証作ってもらえるのでしょうか?
また、12月から加入したいとか、自分の入りたい時に加入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

収入制限が何であれ、失業給付金を受給している間は
扶養から抜けなければならない、と謳っている健康保険組合が沢山あります。
質問者さんの行動は間違っていないのではないでしょうか。

>健康保険資格喪失証明書
>書類がなくても国保加入は出来るか
健康保険を脱退しました、という証明がなければ加入は出来ません。
要は資格喪失証明書が無いと加入手続きは出来ないよ、という事です。
証明書が無いといつ加入者に国保の資格を付けたらいいのかが分かりません。
また、書類すらないのに自分の入りたい時に加入というのは論外です。
(もしそれを許してしまえば、いつでも入り放題になってしまい
都合のいい時に入ればいいやという方が増えてしまいますし
保険証を騙し取って犯罪につながる話にもなりかねません)
但し、現在まだ資格喪失証明書が届いていなく
出来れば至急加入手続きをしたいという事を役所にご相談いただければ
役所にてご主人がお勤めの会社に問い合わせをしていつ資格が無くなったのかを確認したうえで
国保の資格を付けるもらうことも可能かもしれません。
この場合でも改めて資格喪失証明書は提出してもらうことになりますが。

何にせよ、今の状況を確認する必要があります。
国保加入であれば資格喪失証明書は必須なのですから。
ご主人が聞きづらいということであれば、質問者さんご本人が会社にお問い合わせをするか
役所にどうすればいいかをご相談されてみてはいかがかと思います。

収入制限が何であれ、失業給付金を受給している間は
扶養から抜けなければならない、と謳っている健康保険組合が沢山あります。
質問者さんの行動は間違っていないのではないでしょうか。

>健康保険資格喪失証明書
>書類がなくても国保加入は出来るか
健康保険を脱退しました、という証明がなければ加入は出来ません。
要は資格喪失証明書が無いと加入手続きは出来ないよ、という事です。
証明書が無いといつ加入者に国保の資格を付けたらいいのかが分かりません。
また、書類すらないのに自分の入りたい時に加入...続きを読む

Q今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでし

今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでしょうか?

自分でも調べてみたのですが混乱してきたので、どなたかご回答お願いします。

Aベストアンサー

年金のカテゴリで質問されていますが、年金と扶養が関係あるのは、結婚して配偶者の扶養に入る人だけです。

フリーターになるに当たって、親が会社等で加入している健保から保険証をもらう(=親の社会保険の被扶養者になる)なら、130万円は関係あります。
親が国保の場合や、親が会社で健保に加入していても自分で国保に加入するつもりなら、130万円は関係ありません。

103万円については、あなたの今年の収入がそれ以下の場合に親(=あなたの扶養者)の税金がちょっと安くなるというものなので、必要かどうかは親と相談してください。
昨年まであなたの年収が103万円以上だったのなら、親としては昨年と変わりないだけなので、稼げるなら103万円を無視して稼いでも構わないと思いますが。

Q夫より6才年上ですが 定年まで夫の社会保険に加入出来ますか?

夫は現在51才です。定年は60才ですが 私は6才年上で57才です。

夫が定年になるまで たとえ私が60才過ぎても そのまま夫の会社の

社会保険に加入していられるのでしょうか?それとも 私だけ60才になったら

国民保険に加入しなくていけないのでしょうか?教えて下さいませ

私は専業主婦で 働いていません。

Aベストアンサー

1です。

健康保険と年金は別の組織ですので、健康保険はご主人が会社に勤めている限りその家族として健康保険税をご主人が払い続ければ、皆さん保険で医者に掛かれます。

それとは別に、国民年金の方に一寸した仕掛けがあります。(質問主様がそれに該当するか判りませんが)
ご主人の厚生年金にカップリングして奥様の国民年金を支払っていた夫婦の場合、奥様の受給開始年齢によって、ご主人の厚生年金(国民年金を含めて)の受給額が変わってきます。
65歳と言われたのは、それらが影響しない年齢なのか、65歳以上でも影響するかは判りませんが。
ご主人が厚生年金(国民年金を含む)の受給前に奥様が国民年金を受給始めると、ご主人の受給額が減らされます。
それで、国民年金を前倒し受給しないで、65だったか66歳まで受給を遅らせた奥様がいます。
二人の年金総額ではほぼ同じなんだけど、周りが一円でも多い方がと言うので、遅らせているといってました。

はっきりした事は判りませんが、影響があるかと思いますので、銀行などの講習会じゃなくて、会社の年金、保険担当に聞くのが一番かと思います。
健康保険はご主人の扶養家族でしょうが、65歳を過ぎると介護保険は原則年金から天引きになりますので、その辺も確認しておいた方が良いかと思います。

1です。

健康保険と年金は別の組織ですので、健康保険はご主人が会社に勤めている限りその家族として健康保険税をご主人が払い続ければ、皆さん保険で医者に掛かれます。

それとは別に、国民年金の方に一寸した仕掛けがあります。(質問主様がそれに該当するか判りませんが)
ご主人の厚生年金にカップリングして奥様の国民年金を支払っていた夫婦の場合、奥様の受給開始年齢によって、ご主人の厚生年金(国民年金を含めて)の受給額が変わってきます。
65歳と言われたのは、それらが影響しない年齢な...続きを読む


人気Q&Aランキング