HPLCで固定相をトリメチルアミンを微量加えた場合ベースラインが安定しトリメチルアミンなしの時よりも分離がきれいなのはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そもそも精製したいものは何ですか?固定相はシリカのパック?ODのどうのこうのっていう?シリル系保護基は、入ってますか?っていっても私はカラムばっかりで、あんまり詳しくないですが、情報が足りません。

良かったら、もう少し情報を。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
精製したいものはisoxsuprineという血管拡張剤試薬です。
固定相はchiralpak ADで、正式名称はcellulose tris(3,5dimethylphenylcarbamate) です。その中にトリメチルアミン微量加えることで分離ラインがはっきりときれいになりました。なぜこのような添加物を加えることによってベースラインが変わるのですか?またこのトリメチルアミンは固定相が何であり一般的に分離ラインをきれいに改善することができるそうです。

補足日時:2002/02/02 13:43
    • good
    • 0

teebo さんと同じく補足要求です。



・分析している試料はどんな化合物?
・溶媒は何?
・カラムは何?
・「トリメチルアミンを微量加えた場合」はどういう意味?
・トリメチルアミンは何処に加えるの?固定相?溶媒?

 いかがでしょうか。最低このぐらいの内容が分からないと回答が困難です。補足お願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCのベースラインと定量について。

私は今、大学院でHPLCを使いレチノイドの定量をしています。
基本的なHPLCの条件として、カラム:ODSカラム、移動層:85%メタノール+10mM酢酸アンモニウム、流速:1mL/min、検出波長:325nm
で測定を行っています。
比較的、逆相で早く出てくるレチノールなどの物質はこの条件で測定していますが、レチノイドの中でも脂溶性の物質をこの条件で測定しようとすると、保持時間が長くなってしまい、1サンプルの測定にかかる時間が長くなってしまいます。
そこで、文献にのっている条件で、グラジエントをかけて測定してみることにしました。
その条件は、
移動層:acetonitrile:tetrahydrofuran:water=50:20:30と50:44:6の二相でグラジエントをかけていくというものでした。
しかし、その条件で実際に測定してみると、ベースラインが丘みたいにカーブを描き、そこにピークがでるという結果でした。
以前、ベースラインが水平でないところのピークの定量結果は正確ではないと聞いたことがあります。
やはり、そのような結果では、正確な定量と言えないのでしょうか。
また、グラジエントをかけるとベースラインはある程度上がってしまうものなのでしょうか。

まわりにHPLCの助言をしてくれる人がいないので、悩んでおります。
非常に基本的な質問で申し訳ありませんが、助言を頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

私は今、大学院でHPLCを使いレチノイドの定量をしています。
基本的なHPLCの条件として、カラム:ODSカラム、移動層:85%メタノール+10mM酢酸アンモニウム、流速:1mL/min、検出波長:325nm
で測定を行っています。
比較的、逆相で早く出てくるレチノールなどの物質はこの条件で測定していますが、レチノイドの中でも脂溶性の物質をこの条件で測定しようとすると、保持時間が長くなってしまい、1サンプルの測定にかかる時間が長くなってしまいます。
そこで、文献にのっている条件で、グラジエントをかけて測...続きを読む

Aベストアンサー

グラジエントをかけてもベースラインは大体安定するものですが・・・。
参考にされた文献に標準チャートの例は載ってませんでしたか?
そのチャートのベースと実際にご自分でデータを取ったチャートを比べられればいいのですが。
グラジエントをかけて溶出する位置のアセトニトリル:テトラヒドロフラン:水の比率が大体どのくらいかは計算で出せるので、その比率の移動相を作ってアイソクラティックで測定してみては?

QHPLCの順相と逆相

現在のHPLCは順相より逆相のほうが主流であるということを本で読んだのですが、これはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

液クロの基本原理は、吸着相(シリカゲルなど)と移動相間での分析物質の分配によります。移動溶媒に溶けにくいものは、吸着相側に強く引き寄せられ、なかなか出てきません。
吸着相に用いられてきたシリカゲルやアルミナなどは、ご存知のように水などに溶けます。つまり、従来のタイプ(順相)とは、移動相に用いられる溶媒がヘキサン~酢酸エチル程度の低極性溶媒に限られていました。分析したい化合物がこれら低極性溶媒に溶けにくい/難溶性などの場合、カラム内に捕捉されたまま出てこず、分析出来ません。
逆相カラムとは、吸着剤の表面を色々な化合物で装飾することで、移動相に水やアルコールなど極性の高い溶媒を用いることが出来るようにしたものです。アセトニトリルやメタノール、水などが用いれる時点で、多くの化合物を溶解させられる事がおわかりでしょう。移動相の極性で分類するならば、順相:無極性~低極性、逆相:中極性~高極性、となるのですが、実質的に網羅する極性の範囲としては、逆相のほうがずっと広いのです。また、分析対象が低極性物質だったとしても、移動相の溶媒に少しでも溶解するならば、逆相で分析可能です。移動相(溶媒)と吸着相(充填剤)の双方に追い出されながら、カラム内を進んでくるとイメージすれば、考えやすいのでは。
極性等の効果をさらに増幅する為、塩(イオン)の添加などもよく行われます。順相では、当然無理ですね。
なかなかに良い事が多いのですが、順相で分析可能な化合物は、なるべく順相で分析するのを好む人が多数います。それは、逆相の場合
(1)移動相が混合溶媒になる場合が多く、調合の誤差による影響が大きい。(つまりは、多用な極性に調整出来る事の裏返しです。)
(2)液の粘度が高くなるので、流せる溶媒の量が少なくなる。(圧力が高くなってしまうため。) また元々は順相で用いられる充填剤を修飾により(無理やり)逆相で用いれるようにしている為、強度は低めである。カラムの価格は高めである。
(3)TLC板などで予備的に検討が出来ない(順相なら可)。
(4)分析に要する時間が長くなる。
等の理由によります。技術的に優位なのは明白なのですがね。

液クロの基本原理は、吸着相(シリカゲルなど)と移動相間での分析物質の分配によります。移動溶媒に溶けにくいものは、吸着相側に強く引き寄せられ、なかなか出てきません。
吸着相に用いられてきたシリカゲルやアルミナなどは、ご存知のように水などに溶けます。つまり、従来のタイプ(順相)とは、移動相に用いられる溶媒がヘキサン~酢酸エチル程度の低極性溶媒に限られていました。分析したい化合物がこれら低極性溶媒に溶けにくい/難溶性などの場合、カラム内に捕捉されたまま出てこず、分析出来ません。
逆...続きを読む

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

Q逆相HPLCの溶媒について

昨日学校の研究で逆相HPLCを使う機会があったのですが、ピークがテーリングしてしまっていました。 溶媒を変えて再チャレンジしてみたいのですがギ酸やTHF、ギ酸アンモニウム以外の逆相HPLC用の溶媒はどんなものがありますか?

Aベストアンサー

逆相HPLC(特にC18、別名オクタデシル)のもっとも基本的な液相は「メタノール/水」次いで「アセトニトリル/水」です。
試してみて下さい。

Q逆相系HPLCで測定物質のpKaと移動層のpHについて

逆相系のHPLCにおいて
測定物質がpKa6~7付近の時、移動相の緩衝液のpHが6~7だと不都合がありますか?
解離度がpKa=pHだと50%で、イオン型が半分だとカラムに保持
しなそうな気もするのですが、一緒に標準品でキャリブレーションを毎回かけていれば、検量線の条件も一緒なので問題ないですか?

Aベストアンサー

解離体と非解離体は平衡で存在します.
一方で固定相に対する親和性は解離体は低くなるでしょう.
しかし固定相に吸着した非解離体は脱着して移動相に戻ればまた解離するかもしれないわけです.
結果として,ピークは不必要にブロードになるでしょう.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報