どうも。毎度、お世話になってます。マサカルチョ!です。
 今日は、子供の頃から気になっていることについて質問します。

 この季節の新聞のスポーツ欄には、各スキー場の積雪量を載せている欄がありますよね?
 子供の頃から気になっていたのですが、なぜ、積雪量の単位が5cm刻みなのでしょうか?
 普通なら、正確に「86cm」とか「451cm」っていう風に説明すると思うのですが。
 そのように細かく測ることが不可能なのでしょうか?
 または、1cmぐらいの誤差を考慮に入れているのでしょうか?

 変な質問ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前、何箇所かのスキー場でバイトしてました。


各スキー場によって、積雪量を出す場所がバラバラですし
(リフト脇だったり、レストハウスの裏だったり)
測る人もスキー学校の人だったり、
リフト係の兄ちゃんだったりとバラバラでした。
しかも計測するためのものも、10センチ単位で赤白に
塗り分けられた棒だったり、その単位が5センチだったりと
これもバラバラ。なので決まった単位なんかはなかったと思います。

レストハウスの裏で計測するところでは、
レストハウスの屋根からの雪が落ちてくるところに
計測するところ棒があったり(^^ゞ
「それじゃ正確に測れんやろっ!」と
ツッコミたくなるようなところもありました。

なのでそれほど、正確なものではなく
スキーヤーやボーダーのために滑走可能か
大体の検討を付けさせる為のものと捉えて
よろしいんじゃないでしょうか?

雪は風が吹いたり、雪が積もったり、溶けたりするものですから
1cm単位というのはまずムリだと思います。
それ以前にそこまで正確なDATAを必要とする人は
いないでしょうし、もしいたとしても
そこまでのDATAを必要とする人は、新聞ではなく
もっと他のデータベースから取るでしょう。

余談ですが、新潟の友人が言ってましたが
新潟のある地方のスキー場密接地帯では
「あそこのスキー場には負けん!」といって
Aスキー場が2mならウチは2m5cmで出すとか言ってるそうです。
冗談だとは思いますが、実際、私がバイトしてたとこみても
そんな感じでしたよ。
まぁ素人からみたら2mも2m5cmもあまり変わりはわからないですしね(^o^)
スキー場的に言うと「雪が多い」っていうイメージが必要なんでしょう。
以上の理由から
経験者ですが一応、自信なしです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 返事が遅れてしまって、すいません。
 積雪量の測り方って、スキー場によって異なるんですね。
 確かに、レストハウスのそばで測るのは反則でしょうね。
 面白いエピソード、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 13:37

あくまでも、スキー場が独自に計ってるので、そう言う単位になってしまうのでしょう。


新聞にはJRが各スキー場から集めたデータが掲載されています。

この回答への補足

 tomさん、こんにちわ。
 そうですねぇ、積雪情報の欄はJRが情報を提供しているんですよね。
 そこも、気になります。

補足日時:2002/02/03 11:27
    • good
    • 0

スキー場には積雪量を測るポイントがあるそうで、ゲレンデの雪の厚みとは違うそうです。


1mの積雪と出ていても、ゲレンデに行ってみると、ところどころ地肌が茶色く見えていたりしますよね。
どうも吹き溜まりの所にくいを立ててあって10cmくらいずつの目盛りで積雪を計っているみたいです。

例え、1cm単位で計ったとしても、スキー場は山の斜面にありますので、均一に雪が降り積もるわけではありません。斜度がキツイ所では雪も薄くなりますし、風の吹きぬける所もそうです。
計るポイントだけ、正確に測っても意味がないのでアバウトに計るのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 amukunさん。こんにちわ。
 僕はめったにスキー場には行かないんです。
 だから、ゲレンデの積雪量が均一だと思ったりもして、勉強不足だと思います。
 他の方の意見も聞きたいと思いますので、もう少しお待ち下さいね。

お礼日時:2002/02/03 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞の読み方

就職活動のための新聞の読み方を教えてください

Aベストアンサー

 就職活動に限らず新聞を読む事は社会にでてとても、重要なことですね。
 面接官の立場になったと思ってください。広く浅く新聞読んできました!みたい
な人材をほしがるでしょうか? ほんの1つ2つでも自分の興味のある情勢や事件
を他の人に負けないくらい答える事が出来たなら・・・面接官はあなたへの関心を
ぐっと高めるでしょう。

 新聞は情報の宝庫です。読みながら自分の価値観を照らし合わせたり人とある出
来事について語り合ったり、そう思いながら読んでいけば結構、朝がたのしかったりしますよ。

Q12月末頃の八方尾根の積雪状況について

はじめまして。こんばんは。
私は今年初めて、八方尾根に行こうかと思っています。
そこで、12月のクリスマス以降の八方尾根の積雪状況をご存じの方がいましたら教えていただけないでしょうか?
また、八方尾根より、いい場所を知っている、という方がいましたら、アドバイス下さい。お願いします。

私のスキー場を選ぶ条件は
・スキーヤーが多い
・最長滑走距離が5000メートル以上
・12月末でもそこそこの積雪
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クリスマス以降だと微妙な時期ですね。近年の八方では、クリスマスから大晦日の間で山麓まで滑れるようになるケースが多いです。下記の「Yahoo!スキー&スノー」では、各スキー場のゲレンデ情報のページで、昨シーズンの営業実績と全面滑走実績が見られますので参考になります。ちなみに近年でも雪の遅かった昨年の実績では、八方が29日、ご推薦のあった杉ノ原で
27日でした。同じ妙高でも赤倉の方が雪が多く、全面オープンも杉ノ原より早いです。

ただ、なんとか滑れる積雪で、そこそこは期待できないでしょう。

今は、大規模ゲレンデでスキーヤーがボーダーよりも圧倒的に多いところはほとんどありません。ボーダーが嫌うスキー場は平坦部があるコース(ボードはスケーティングが出来無いので、スキーヤー以上に平坦を嫌います)なので、そういうスキー場は、スキーヤーもあまり面白くないです。小規模のスキー場でボーダーに人気があるところは。パークばかりで、スキーヤーは面白くないところがありますが、大規模なスキー場ならそういう心配はないと思いますよ。

志賀高原ならほぼ確実に雪はありますが、最長滑走距離が5キロもあるコースがないですからねぇ。

参考URL:http://outdoor.yahoo.co.jp/snow/

クリスマス以降だと微妙な時期ですね。近年の八方では、クリスマスから大晦日の間で山麓まで滑れるようになるケースが多いです。下記の「Yahoo!スキー&スノー」では、各スキー場のゲレンデ情報のページで、昨シーズンの営業実績と全面滑走実績が見られますので参考になります。ちなみに近年でも雪の遅かった昨年の実績では、八方が29日、ご推薦のあった杉ノ原で
27日でした。同じ妙高でも赤倉の方が雪が多く、全面オープンも杉ノ原より早いです。

ただ、なんとか滑れる積雪で、そこそこは期待できないでしょ...続きを読む

Q新聞の読み方 教えてください

実は新聞の読み方がわかりません。社会に関する興味に欠けてます。
これはまずいと思いまして、社会に出る前に新聞を読んで自分の言葉で自分の意見を言えるように新聞を読もうと思います。
どんな読み方が効果的でしょうか?
今私がやっているのは、朝のモリタクさんのラジオをノートにとりながら聞いて、新聞を読むという方法です。
経済が好きなので経済雑誌も読んだほうがいいでしょうか?
辞書を引いたり、図にしたり、マーカを引いたり、スクラップにしたりしますかみなさま。著書が書いてあったらその本まで読みますか?

Aベストアンサー

人それぞれ、何のために新聞を読んでいるか、によって違うのではないでしょうか?

私は、新聞と言うのは「読み物」だと思っています。
雑誌や小説と同じような捉え方です。
なので、質問者さんの仰るような、肩に力の入った読み方はしません。

毎朝、コーヒーを手に、ざっと一面から見て、大きなニュースをチェックして、後は、各面を斜め読みして、気になった記事を見つけたら細かく読み、面白い記事や残しておきたい記事があったら、たまにメモをとったり、そのことについてネットで調べてみたり、本を読んだりすることもあります。

でもこれは、しなくてはいけない!と義務感で読んでいるのではなく、TVやネットのニュースでは読めない「余りの部分」が読めることと、朝の忙しい時間、新聞を読むというゆとりが好きなのでやっているだけです。

>経済が好きなので経済雑誌も読んだほうがいいでしょうか?

お好きでしたら、お読みになってはいかがですか?
他人が決めることではありませんので、ご自身の好きなようにされてはどうでしょうか?

Qこの時期に積雪量の多いスキー場

12月23日、24日と泊まりでスノーボードをしに行きたいと考えています。
ところが、今年は暖冬の気配で雪が積もるかどうかが不安なところです。
東京からマイカーでアクセス可能な位置で十分な積雪が期待できるスキー場や地域をご存知でしたら教えてください。
今、考えているのは白馬の八方尾根スキー場を考えています。

Aベストアンサー

はじめまして、私は12月3日に群馬の丸沼高原スキー場に行きましたが、雪多かったですよ。
23,24ならOKだと思います。
練馬インターから2時間位です。
参考になればと思います。

Q新聞の読み方

新聞は何紙も出てますが、一通りいくつかのもに目を通した方がいいのでしょうか?
でも一日に起る事件なんて限られているんで、主な記事はどの紙面も大差は無いと思うのですが。
今現在僕は、図書館で読まれてないものを手に取り、一面→朝日なら天声人語みたいの→社説→順番にめくっていって気になるもの→スポーツ、と読んでいます。
新聞の読み方のコツ、と言うと幼稚な気もしますが、自分なりの読み方があれば教えてください。

Aベストアンサー

よく「新聞を読め」と大威張りで言う人がいますが、私の意見はまったく逆です。

新聞なんて見出しだけ見れば十分。下手に編集者の意見を読んでしまうと「洗脳」されてしまいます。世の中で起こった「事実」のみ知れば良いわけで、記事まで読まなくてもいいと思います。

※このような批判的意識をもって読む場合は害にはならないと思いますが、時間がもったいない。

Q12月の長野の積雪量

今年の12月17~19日に、長野県の北志賀竜王という所にスキー旅行に行くのですが、
毎年その時期に雪はありますか??
ご存知の方がいたら教えて下さるととても助かります。m(_ _)m

Aベストアンサー

長野県在住で、志賀へは頻繁に滑りに行きます。
12月17~19日なら雪ありますよ。
竜王なら、ロープウェーで上がった上部ゲレンデなら確実だと思います。下部のゲレンデは年によって土が出ている箇所があったりもしますけど・・・。
下山コースの急斜面もあまり良くない状態の時もありますが、上部で滑ってロープウェーで下山もできますので、私はあまり心配はしていません。
北志賀の中でも竜王は標高が高い位置にありますので大丈夫ですよ。

今年も、志賀のゲレンデ内にも何度か降雪があり、気温も現在朝晩はマイナスまで冷えこむようになりました。
平地の降雪もまもなくです。
また、平地の天気は晴れ続きでも山だけに降雪がある日はよくあるので、毎年この時期に山に雲がかかっていて、雲が切れて一段と白くなった山が見えると飽きもせず感動してしまいます(笑)
私は今月中は人工降雪で今現在オープンしているスキー場をまわりますが、12月に入ったら天然雪を求めて標高の高いスキー場を中心に滑りに行きますよ。
その中には竜王も予定しています(^_^)

Q新聞の読み方

毎日、新聞を読みますが、忙しくて全部目を通すことはできません。ポイントだけ(といっても難しいでしょうが)を押さえて読みたいのですが、「まず何面を読んで、その後社会面」とか上手な読み方、お勧めの読み方がありましたら教えてください。

ちなみに私は日経新聞を読んでいます。

Aベストアンサー

まず、1面から順に、見出しだけ読んでいけば良いのではないでしょうか。その後、自分に関係しそうな記事、自分の興味のある記事を読む。あと、日経であれば、解説記事や連載ものなども、結構情報として有用ですので、興味があればそこに時間を割いても良いかもしれません。

Q積雪量の多い地域

今年は雪が少ないようでどんぐりの背比べかと思いますが・・・
どこのスキー場が積雪量多いでしょうか??

ちなみに私は群馬よりの埼玉県在住です。
12月29日に日帰りで行こうと考えています。
上越・信越辺りで探しています・・・。
よろしくお願いします・・・!

Aベストアンサー

んな事を全部、把握している人はいない。
どっかのサイトで調べる。例えば、これ。

http://www.popsnow-net.com/cgi-bin/popsnow_net/sekisetsu/g_sekisetsu_list.cgi

Q新聞の読み方

新聞を読めるようになりたいのですがおすすめの読み方はありませんか?
どういう順番で読むと読みやすいかご教授お願いします。

もしよろしければ新聞を読んだ事によるメリットや
あればデメリットもお願いします。

Aベストアンサー

No.1のアドバイスが適切だと思います。

記事の内容がわかってもわからなくても
1面から順に目を通していくと、「記事の解説」や「ちょっとしたコラム」のような
門外漢にもわかりやすく説明してくれる囲み記事で勉強できることも多いです。
私は記事自体読み飛ばしてココだけ読むこともあります。
また一覧性という点ではデジタル版より紙媒体のほうが優れていると思います。

できれば全国紙と地方紙。経済紙など2紙以上を読み比べてみると面白いです。
毎日や毎週定期連載記事も多いのである程度の期間読み続けていくと
おもしろさや良さがわかってくるのではないでしょうか。

購読しているメリットは
連載小説、連載コラム、特集記事などが本になる前に読めること。
関心が無い分野のことも目に止まる可能性がある。
デメリットは購読料と読むために費やす時間でしょうか・・・
あとテレビ欄や紙面広告もけっこうな情報量だと思います。

Q12月の妙高杉の原の積雪量は?

12月20日に妙高杉の原へ滑りに行くのですが、積雪量が不安です。
例年だとどれくらいの雪がありますか?
滑れないことは絶対ないと思いますが、楽しめるだけの雪があるか不安です。

Aベストアンサー

その時期は非常に微妙な時期かと思われます。。
妙高など新潟方面のスキー場は、降り出しが遅いのでその時期だとオープンしてないなんてこともよくありますね。

オープンしていても、よほどの寒波が来ない限り、全面滑走というのはおそらく無いと思われます。

その時期でしたら、長野の白馬などのスキー場がおすすめです。
白馬五竜などはもうすでにオープンしてますからね。

あと杉の原の状況はここをチェックしてみたらいかがでしょうか。
http://blog.princehotels.co.jp/myoko/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報