日本の昔からの習慣についてお訊きしたいのですが
よく時代劇で家を出る時お嫁さんが火打ち石?で
カチカチとしているのを見ますが何かのまじないですか?
それと火の用心~と言う時にこれまたカチカチとしますが
あれは何と言う道具で何のためにしているのでしょうか?
回答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

平次親分が出かけるとき、恋女房のお静が「行ってらっしゃい」と切り火で送り出す光景は気持ちの良いものです。


切り火の作法は、『うしろから肩越しに火花を打ちかける』のです。通常は2~3回火花を打ち悪霊を払うということらしいです。
また、ここ一番の勝負の前にも、縁起の悪い事や危険な目に遭わないようにと火花を打つこともしたようです。

3cm*3cm*30cmくらある硬い材木二本で、「カ~チ カ~チ カチカチ」と独特のリズムで火の用心を触れて回ることを、「夜回り」と言ったものです。この「夜回り」が持っているのが「提灯」と「拍子木」です。
昔は夜も9時を過ぎると、明かりも消え、物音もしない
真っ暗な闇の世界でした。
この漆黒の町を数人の男たちが、「火の用心さっしゃりましょう。カ~チカ~チ カチカチ」と歩いてくる姿は、子供たちには恐ろしいものが近づいてくるような気持ちになり、布団を頭からかぶって眠ったものです。

今は人通りもあり、夜の街はいつまでも明るく騒々しく、火の用心に迫力はなくなってしまいましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
そうですか昔はそんな事があったんですね
夜回りと言えば火の用心ではありませんが和歌山県和歌山市で大人たちが
定期的に夜回りをしてここ数年夜間の犯罪数が激減したそうです
日頃から用心に心がけておけば被害は未然に防げると言う事ですね
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/20 04:49

火打石のカチカチは、切火(きりび)というおまじないです。


古くから火は清浄なものと考えられていて、火打石の火花での清め(お祓い)を目的としています。


火の用心の方は、拍子木という道具です。
拍子木の音は遠くまで通るので、それを聞いた人に戸締りや火の元の確認を促すために鳴らしているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
拍子木ですか なるほどそのような意味があったのですね
疑問が解消されていい気分です
本当にありがとうございました

お礼日時:2006/04/19 11:09

切り火は↓を。



参考URL:http://www.d3.dion.ne.jp/~makiuchi/sub5.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2006/04/19 11:07

火打石は厄除け悪霊払いに使われたようで


『切り火』として使うときは火花を出すだけ・・・。
なので 無事に帰ってこれますようにというおまじないです。

カンカンと鳴らしてるのは拍子木というものです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D%E5%AD%90% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
へえーそうだったんですか

お礼日時:2006/04/19 11:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌舞伎で使う(?)火の用心の木(道具)の名前

"火の用心"カーン!、カーン!と叩く木で出来た道具の名前を教えてください。

Aベストアンサー

拍子木でしょうか?

http://www.oavc-unet.ocn.ne.jp/users/link/kyouzai/mukashi/page674.html

参考URL:http://www.oavc-unet.ocn.ne.jp/users/link/kyouzai/mukashi/page674.html

Q【昔は13歳になると寺参りをする習慣が昔の日本にあったそうです】大阪の十三というのはこの十三参りの意

【昔は13歳になると寺参りをする習慣が昔の日本にあったそうです】大阪の十三というのはこの十三参りの意味があっての知名なのでしょうか?

大阪の十三と虚空蔵菩薩は関係性があるのか教えてください。

あと虚空蔵菩薩というのはどういう神様ですか?

虚空蔵菩薩の歴史も教えてください。

Aベストアンサー

十三は、京から数えて、十三番目の渡し場が十三付近にあったからです。

Qなんで火打ちいしなんですか?火の用心なんですか?

日本の昔からの習慣についてお訊きしたいのですが
よく時代劇で家を出る時お嫁さんが火打ち石?で
カチカチとしているのを見ますが何かのまじないですか?
それと火の用心~と言う時にこれまたカチカチとしますが
あれは何と言う道具で何のためにしているのでしょうか?
回答お願いします

Aベストアンサー

平次親分が出かけるとき、恋女房のお静が「行ってらっしゃい」と切り火で送り出す光景は気持ちの良いものです。
切り火の作法は、『うしろから肩越しに火花を打ちかける』のです。通常は2~3回火花を打ち悪霊を払うということらしいです。
また、ここ一番の勝負の前にも、縁起の悪い事や危険な目に遭わないようにと火花を打つこともしたようです。

3cm*3cm*30cmくらある硬い材木二本で、「カ~チ カ~チ カチカチ」と独特のリズムで火の用心を触れて回ることを、「夜回り」と言ったものです。この「夜回り」が持っているのが「提灯」と「拍子木」です。
昔は夜も9時を過ぎると、明かりも消え、物音もしない
真っ暗な闇の世界でした。
この漆黒の町を数人の男たちが、「火の用心さっしゃりましょう。カ~チカ~チ カチカチ」と歩いてくる姿は、子供たちには恐ろしいものが近づいてくるような気持ちになり、布団を頭からかぶって眠ったものです。

今は人通りもあり、夜の街はいつまでも明るく騒々しく、火の用心に迫力はなくなってしまいましたね。

Q火打ち石が普及する以前の庶民の火の起こし方

集落の場合、誰かが木の棒をこすってその火を回して近所の人が一斉に調理を始めてたんでしょうか。
どんな感じだったのか教えてください。

Aベストアンサー

火持ちの良い炭火にしておくと、少量の燃料を定期的に投入すればずっと火は保ち続けられる

最初は、木材に錐の様に加工した別の木材をこすりつけて採火した

Q【火事の後の火の用心】について

こんにちは。
日本語を勉強している中国人です。

日本人のみなさんに、ちょっと助けてもらいたいところがあります。

【いつも、火事の後の火の用心ってことして、何の意味があるのかよ?
】という話は、正しいかな? 正しくないなら、一応直してもらえませんか?

宜しく、お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は中国語を勉強している日本人です。
よろしくね。 (^o^)/

【いつも、火事の後の火の用心ってことして、
何の意味があるのかよ?】

文法的には、間違いは無いと思います。
「火事の後の火の用心」は標語・Slogan でしょうね。
分解すると「火事の後」+「の(に)」+「火の用心」です。
つまり、
火災が発生した後に、火災の予防をしても、意味が無い(効果が無い) 
の意味です。

「火事の後の火の用心」=「后悔是没有用的」=「覆水難収」
この中国語は正しいですか?

Q【歴史・日本史】日本は明治維新前まで6曜日だったそうですが、月、火、水、木、金、土、日という7曜日の

【歴史・日本史】日本は明治維新前まで6曜日だったそうですが、月、火、水、木、金、土、日という7曜日のこの月、火という漢字を決めたのは誰ですか?誰が考えたんですか?

6曜日のときはどのような漢字を使っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

六曜は、先勝(せんがち)→友引(せんがち)→先負(せんまけ)→仏滅(ぶつめつ)→大安(たいあん)→赤口(しゃっこう)の順で繰り返す曜日の事で今もなごりがあります。

また、旧暦の各月の1日は以下から始まると決められています。
旧暦の1月・7月:先勝から始まる
旧暦の2月・8月:友引から始まる
旧暦の3月・9月:先負から始まる
旧暦の4月・10月:仏滅から始まる
旧暦の5月・11月:大安から始まる
旧暦の6月・12月:赤口から始まる

なので、6月30日が、仏滅の場合でも、7月1日は先勝になります。
1日には前の続きでは無く、リセットされる訳です。

7曜日に関してはもの凄く長くなるので、発祥の時のエッセンスのみにします。

7曜日の概念は古代バビロニアで形成され、エジプトやギリシャ、古代ユダヤに伝わって完成されたと伝わっています。

天動説において地球の周りを巡る7つの大きな星(天体)を「動きの遅い順」に並べると、 [土]→[木]→[火]→[太陽(日)]→[金]→[水]→[月]の順番になります。
これを1時間毎に繰り返すと、7日(168時間)で1週します。

1日目:土|木|火|日|金|・・・・
2日目:日|金|水|月|土|・・・・
3日目:月|土|木|火|日|・・・・


これを縦に採って来ると[土]→[日]→[月]→[火]→[水]→[木]→[金]が繰り返されます。

六曜は、先勝(せんがち)→友引(せんがち)→先負(せんまけ)→仏滅(ぶつめつ)→大安(たいあん)→赤口(しゃっこう)の順で繰り返す曜日の事で今もなごりがあります。

また、旧暦の各月の1日は以下から始まると決められています。
旧暦の1月・7月:先勝から始まる
旧暦の2月・8月:友引から始まる
旧暦の3月・9月:先負から始まる
旧暦の4月・10月:仏滅から始まる
旧暦の5月・11月:大安から始まる
旧暦の6月・12月:赤口から始まる

なので、6月30日が、仏滅の場合でも、7月1日は先勝になります。
1日には前の続きでは無...続きを読む

Q火の用心! カンカンの音を出す木の道具って??

よく夜の防犯パトロールなどで、「火の用心」のあとに木の棒でカンカンと打ち鳴らす道具がありますが、この道具は何というのでしょうか?防犯用に町内で準備したいことから相談です。

Aベストアンサー

拍子木ですよね。
楽器店、舞踊道具店などで売っていますが、結構高いですよ。材質がいいのでしょうか?結構な値段です。
最近でも防災用品として需要があるのでしょうか。防犯グッズの通販でもありました。

参考URL:http://www.mametan2.com/bouhan_hoka10.htm

Q鹿児島の言い伝え 昔からの習慣

鹿児島に昔から伝わる言い伝え、
怖い言い伝え、習慣などに興味があります

大学に入り、自分の好きな物を調べてこいと言われ、PCを開いたのですがあまり見つからなくて…
皆さんのこれいいよっていうのがあれば、名前だけでもいいので教えてください

Aベストアンサー

既に色々な方が色々答えているので、それと被らない程度の話を少々。

・怖い言い伝え
よくある怪談ですが、ゲゲゲの鬼太郎でおなじみの「一反木綿」は鹿児島の妖怪らしいですよ。
まあ、似たような怪談は全国どこにでもあるので、うちが発祥だ!…とも強くは言えないんですけどね。
なんでも、遅くまで外で遊んでいると一反木綿が襲ってくるだとかなんとか・・・まあ、よくある怪談ですね。
下にリンクを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%8F%8D%E6%9C%A8%E7%B6%BF

・習慣
確かに鹿児島の人は芋焼酎をよく飲みます。それ以外は飲まないってくらい飲みます。
その極め付けがグラスによく現れているんですが・・・
鹿児島のグラスにはお湯割り用に、横線が入っています。
それでその線の脇に5:5とか6:4とか7:3とかの文字が書いてあって、
この線の通りに焼酎とお湯を入れると、その通りに割ることが出来るんです。

食べ物では、鶏飯が既に出てますけど・・・
鹿児島の人は鶏肉を刺身(つまり生)でも食べます。
「とりさし」と言って結構おいしいんですよ。
まあ、食中毒の心配があるので、鹿児島以外ではとても食べられないんですがね。
鹿児島がそれほど厳しい条件で鶏を飼育してしているのかは知りませんけど、
鹿児島を出るまでは、食中毒の心配なんてしたこと無かったです。
(ちなみに県外に鶏肉を出荷する場合には、必ず加熱処理をするようになっているそうです)

その他の習慣を列挙すると・・・
・天気予報で「桜島上空の風向き」が予報される。
・そもそも桜島はしょっちゅう噴火するが、あまりに慣れきっているのでまず動じない。
(自分が住んでいる地域が風下になった時だけ、屋外に洗濯物を干さない・・・等の対処をする程度)
・降灰が確認されると、役所から灰専用のごみ袋(克灰袋)が無料で配布され、
火山灰を入れて専用のごみ捨て場に置いておくと、役所が回収してくれる。(どこに運ばれるのかは知らない)
・ラーメン屋に行くと何故か大根の漬物(多くは千枚漬け)が無料で食べられる。
・素うどん=「さつま揚げ」が一切れだけ入ったうどん
・「びんた料理」という、魚の頭だけをまるごと食べる料理がある(鹿児島弁で頭=びんた)
(どうでもいい話ですが、張り手を表す「ビンタ」の語源でもあります)
・お彼岸でなくても、常にお墓が綺麗でみずみずしい生花が生けてある。
・お墓によっては、屋根がついているお墓もある。
・何故か皆「ちゃわんむしの歌」が歌える。(これはテレビのおかげで結構有名かも)

既に色々な方が色々答えているので、それと被らない程度の話を少々。

・怖い言い伝え
よくある怪談ですが、ゲゲゲの鬼太郎でおなじみの「一反木綿」は鹿児島の妖怪らしいですよ。
まあ、似たような怪談は全国どこにでもあるので、うちが発祥だ!…とも強くは言えないんですけどね。
なんでも、遅くまで外で遊んでいると一反木綿が襲ってくるだとかなんとか・・・まあ、よくある怪談ですね。
下にリンクを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%8F%8D%E6%9C%A8%E7%B6%BF

・習慣
確かに鹿児...続きを読む

Qマッチ一本火の用心を言って回るときの木製の道具

昔々、マッチ一本火の用心!と言って歩いている人が、カンカン(擬音が違ってたらすみません^^;)と鳴らしていた、
木が二本の道具はなんという名前ですか?
思い出せなく・・・とても困っています。
どなたか教えてください!

Aベストアンサー

拍子木(ひょうしぎ)

Q昔の火起こしのやり方

よく木を擦ったりして一生懸命火をおこしてたり、火打石を叩いてたりするのを見た事あるんですが、実際火打石で火をおこすのは結構大変なんじゃないでしょうか? いくら燃えやすいものでも、ちっさい火花程度で燃え上がらせるのはかなり根気が要りそう・・・・(やった事無いから憶測ですが)
それに世界は広いですから、まだ工場とかでマッチを量産するような時代じゃなかった何世紀か前の別の国では、火打石以外に面白い火起こし道具があったりしたんでしょうか? ロウソクなんかは紀元前にはもうあったらしく、じゃあそのロウソクの火をどうやってつけていたのか・・・・
考えれば考えるほど疑問になってきます。

Aベストアンサー

握りこぶしくらいの大きさの火打石
ながさ10cmくらい幅5cmくらいの包丁のような鉄器、鎌という
油を染ませた麻の棉
火打石楡の棉を載せてその部分を鎌で打ちます
火花で綿に火が点くのです
60年位前には日本でも野良仕事や墓参りに使っていました

ニューギニアでは今でも木を擦って火を起こしている地方があります

火打石は石器時代には使われていたと思います
フリントストーンエイジ(石器時代)というくらいですから
石器を加工するときに出る火花を着火具として利用するのは自然だと思います


人気Q&Aランキング