基本情報技術者試験を独習で受験したいと考えていますが、プログラム言語の選択に迷っています。
以前とあるスクリプト言語を使用していたことはあり、オブジェクトやクラスといったプログラムの考え方のようなものは少しはわかりますので、この春に合格できるかどうかはともかくとして、独習でも理解はしてゆけるのでないかなぁ…と希望的観測をしております。
が、言語の選択に迷っておりまして、現在は自分としてはC言語かJavaと思っているのですが、何か選択の際に考慮すべき情報はありますでしょうか?

例えば、
・独習ではこちらの言語はかなり難しいと思われる、
・とっつきやすいのはこちらだろう、
・勉強のための環境はこちらがよい、
・今後他の言語を習得する際にプラスになる面があるか、などなど、

その他いろいろな情報をいただければとてもうれしいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> 身近でつかる環境があるほうが、いいということになります。



  どうもこの表現が誤解を招いているかもしれないので補足します。これは昔よく言われたことなのです。今から5年10年前は、コンパイラって結構入手困難だったのです。
 高価だったり、ライセンスが厳しかったり、使いにくかったりして、会社とか学校にないとなかなか普通の人はさわれなかったのです。
 だから、何か言語を勉強したいというというときに身近で使うことができる環境があれば、それをまず勉強しようと言われることが多かったのです。
 今はタダでJBuilderのようなものがつかえるし、gccも身近なものになったので、そういう時代ではなくなったということなのです。

 補足ついでですが、JavaとJavaスクリプトはまったく別物です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こちらもありがとうございます。
「身近でつかえる環境…」のFuumuさんの意図、よくわかりました!
すっきりしました。
(JavaとJavaスクリプトが別なのは知ってました~(^^) ですが、どうしてこの心配をしてくれたのがなんとなくわかるような気がします、うまくいえませんが安心しました~、ありがとうございました)

お礼日時:2002/02/06 22:31

ykkw_2001、余談のために再び投稿です。



>>「実践的に役立ちそうなのは、C言語だと思ってます。」
>とのことですが、これはPGやSEの仕事をするなら汎用的、ということでしょうか?

そうです。

あ、「汎用的」というより、「役に立つ」と言い換えたほうが近いかもしれません。
だから、試験の言語選択とは切り離して考えて下さい。
試験は、あくまであなたにとって通りやすそうなほうを選びましょう。
もちろん、趣味で使う分には、どのような言語でもOKなのは、言うまでもありません。
特にJavaは、仲間との話題が豊富になるでしょうからお勧めですよ。

で、話しは戻ります。
>>「実践的に・・・」
これは、あくまで、個人的な感想(オッサンのタワゴト)です。

以下、極論で、すんごく偏った意見ですので、気分を害する方がいらっしゃるかもしれません。
これを読まれるあなたが、「当然、世の中には、全く逆のことも多々ある。
このように感じるかわいそうな人も居るんだなぁ」ということを理解できる
大人であるとの前提に基づいて書きます。
(まぁ、そこまで慎重でなくてもいいんですが・・)

たとえば、自分で作ったプログラムを自分と仲間内で使う人をアマチュア、
なにか報酬・代償をもらって他人が使う場合をプロとすると、
Java は、アマチュア向け、Cはプロ向けです。
Javaは、ハード抜き、純粋にソフトの独立性があるものに向いていて、
移植性がよく、マシン依存性が少ないといわれています。
Javaの売り文句ですよね。
(素人の人だって、ウィルス作れちゃうんですよ)
だからこれからは「これ」なんですと・・・

がしかし、私に言わせると、
「とんでもないハッタリで、多くの純粋無垢で有望な若いプログラマをたぶらかし、
ツブシのきかない、井の中の蛙にしやがる、○ムウェイや○ームなどの
ネットビジネスやカルトと同レベルの悪行」
です。

親の後を継ぐまでとか、結婚相手を見つけるまでの腰掛け状態で
会社務め(SE,PG)をするような人達が、時間潰しのためにいじる言語としては、
適当なのかも知れません。
が、「仕事」として、ソフトウェアを扱うプロには、悲しいまでに「ゆるい」「ぬるい」言語です。

そもそもコンピュータなのに、アドレス、ポインタの概念がないような言語は、言語道断です。
しかもデストラクタが・・・それにあのクソいまいましい・・・・
・・・ま、言語仕様に関しては、長くなるので置いときましょう。
(コボラーやフォートラニスト、ベーシッカーに殺されるかもしれないので・・・・)

SE、PGは「Java使えます」オンリーでは、絶対やっていけません。
一時大量生産されたCOBOLプログラマや、車のオートマ限定免許とはわけが違います。
VisualBASICやVBA、Delphi(Kylixとか)、果ては、FrontPageかホームページビルダを
いじってるほうが、よほど世の中の役に立つはずです。

#ハァハァ・・・・。ちょっと、必要以上にアドレナリンを放出してしまったようです。
#なんでこんなに興奮してしまったんでしょうか? わたし・・・。 
#しかも意味なく・・・・「たまってる」のか?脳内無線LANか?

ただ、「Java対応です」は、機器の売り文句として、まだまだ使えるので、
機器に組み込むために、つまり「Java実行環境自体を実現する」仕事のために
仕様を知っておくことはかなり有用です。

なんだか支離滅裂で、失礼しました。

#削除も甘んじて受けます>管理人様
    • good
    • 2
この回答へのお礼

心がこもり含蓄の深い再回答をありがとうございます(^-^)
#削除はされていないようですよ(笑)

やー、迷います。
SEやPGを目指す身ならばCを選ぶのですが、ちょっと違うので…。
仕事で使わないことを考えたら試験後に使う可能性が少しでも高いJavaにしようかなぁ?とも思うし、ykkw_2001さんのご回答を読むと、Cにしたほうがカッコよさげかしら?とか思ったりもして(^^;)

あと少し悩んでから決めたいと思います。

みなさまのお返事、大変助かりました、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 22:38

 FortranとかCOBOLや各種スクリプトなどを入れた大きなプログラミング言語のカテゴリーの中ではCとJavaはかなり近い関係にあります。


 普通におもちゃプログラム(とか呼ばれるようなiアプリの簡単なゲーム)を作るとしたら、JavaをボーランドのJビルダーで扱うのはかなり敷居が低いと思います。
 たとえば初心者の人でも、3日あればおみくじぐらい作れるようになります。
 JBuilderのタダ版は雑誌や本の付録CD-ROMに入っていたり、ボーランドのHPから落とせます。いわゆる統合環境なのでエディターも要りません。Windows上でも動きます。
 cはもともとunixで使われているので正統的に学ぶとしたらLinuxで扱うと後々良いのかと思いました。すいませんが、Windows上のフリーのcコンパイラは良く知りません。
 Linuxもインストールにお金も技術も要らないのですが、将来的にサーバとかネット関連の技術者を目指すとしたら、Linuxでgccなんかが、いいと思います。
 情報処理試験レベルではあんまり関係ないと思いますが、割と「低レベル」(機械に近いという意味です。)まで、アセンブラとどうレベルで扱えるのがcの特徴となっていますし。
 参考URLはボーランドです。

参考URL:http://www.borland.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答をいただきありがとうございます、お手間をおかけします。

なるほどです。
「ボーランドのJビルダーで扱うのはかなり敷居が低い」と読めばJavaによろめき、「割と「低レベル」(機械に近いという意味です。)まで、アセンブラとどうレベルで扱えるのがcの特徴」と読めば今度はCによろめきます。
うーん、もう一度本屋にいって悩んでみます。
もちろん決めるときには、Fuumuさんのご説明も参考にさせていただきますね(^^)

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 22:23

 情報処理試験程度なら、cもJavaもあまり変わりは無いと思います。

(文法的にも、難易度的にも)
 プログラミング言語の習得には、実際にコンパイルしてみるということが、かなりいいと思います。
 そうすると、身近でつかる環境があるほうが、いいということになります。
 と、言っても、cはLinuxでできますし、Sunやボーランドから、無料のJava環境が提供されているので、どちらも実質的に普通のパソコンユーザがただで使えます。
 ITブームの時はJavaプログラマが不足しているとかも言われていたのですが、cができる人ならすぐにJavaもできるようになりますし、その辺の需給環境は、すでに。
 コンピュータ言語の独習は大変かもしれませんので、近くに質問できる人がいるほうが良いでしょう。
 受験と考えると、確実に受験対策ができるcが手堅いのかもと思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

じつは「身近でつかえる環境がある」ということの判断が、恥ずかしながら自分ではよくわからないみたいです。本屋で入門書をみましたら、C言語はメモ帳とフリーのコンパイラでOK、JavaはソフトがついてるのでOK、と読めたんですが…。
CはLinux環境が必要なのですか?ただ書くだけでなく、実際にプログラムを走らせてみることのできる環境のためには、ということでしょうか?

気軽に質問できる人はCもJavaもいないので、これは考慮してないです(^^;)。

受験対策を通じて知識や理解が深まることを望んでいるのですが、そうしたらC言語が手堅いのでしょうか?

個人が趣味などで使う可能性の高低って、C言語とJavaの間でありますでしょうか?

またまた質問ばかりですみません。

お礼日時:2002/02/02 23:51

#Javaもありになったんですか、変わっていきますねぇ。



で、試験のためなら、
>オブジェクトやクラス
が、解っているなら、Javaかなと思います。
始まってしばらくは、カンタンな問題が出るというジンクスもあるそうで、あと、方言(コンパイラやマシン依存)のあたりは、出ないとか・・・
アルゴリズムと絡めて出されると思います。

過去問題資料の多さでは、C言語ですね。#1の方もおっしゃるっとおり。
実践的に役立ちそうなのは、C言語だと思ってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「実践的に役立ちそうなのは、C言語だと思ってます。」
とのことですが、これはPGやSEの仕事をするなら汎用的、ということでしょうか?興味がありますので教えていただけたらうれしいです。(PGやSEとしての就職を考えているのではないですので、ざっと参考程度でもうれしいです。)

お礼日時:2002/02/02 23:33

こんばんわ。



言語的な仕様も似ているので、難易度的には変わりないと思いますが、過去問題はCの方が豊富なので、勉強する上ではCの方が好都合ではないでしょうか。
逆に、JAVAはそれほど難解な問題が出る確率は高くないと言えるかも知れません。

質問にあります、他の言語を学ぶ上でのメリットを考えますと、アセンブラが一番応用が利く、という評価もできそうで、何とも言えないような気がします。

参考にならないアドバイスですみません...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

過去問題が多いのはC言語、問題の難易度が低いのはJava、なのですね。(^^)

今回、この資格がどうしても必要というわけではなく、勉強の機会として考えています。どちらの言語が合格しやすいかという観点よりは、どちらが勉強になるかなぁという観点で考えているのかな、と、自分のことなんですけども、気付きました。

となると、過去問が多いC言語のほうが勉強になりそうでよいのかもしれませんね…??

お礼日時:2002/02/02 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本情報技術者試験の選択言語

先日の基本情報技術者試験を受けました(昨年秋に続いて2回目)
午前は8割とれたものの、午後が6割弱しかあっていないのでおそらく不合格だと思います。
擬似言語とプログラミング言語が両方苦手です。
時間が足りないと思うと頭が真っ白になってしまって。

TACの通学講座で勉強し、過去2回はJavaを選択したのですが、Javaはどんどん難易度が高くなり、プログラミング初学者はやめておいた方がいいという話をあちこちで聞きます。
私も全くの初心者ですし、CASLへの変更を考え始めました。
ただ、そうすると一から勉強し直しですし、過去2回Javaで勉強したのがもったいない気もします。

Javaについては、インスタンス生成などの図を余白に書きまくれば、急に難易度のあがった昨年秋より前の過去問はなんとか解けるレベルです。でも時間はかかります・・。

どちらがお勧めか、ご意見を聞かせてください!

Aベストアンサー

疑似言語が苦手な人はCASLよりJAVAの方がプログラムとして「わかりやすい」と思います。
CASLはインデントで構造的に記録する言語ではないので、どこからどこまでがひとつの塊かを探して、処理の概略をつかむのに苦労します。

実は、私はかなり前に第二種→第一種と受験しました。その当時は第一種はCASLが必須だったので、第二種をCで受験した私も、CASLを勉強することになったのです。流れ図問題が苦手だった私は、CASLの問題文の理解に苦しみました。

私はJavaを続けるのがいいと思います。「インスタンス生成などの図を余白に書きまく」らなくても問題が解けるようになれば、時間は短縮できます。

もし他の言語も勉強してみようというのであれば、Javaと文法が似ているCでしょうか。

Q基本情報の午後の言語の選択について。

今年の春はシスアドを受けたのですが
今度の秋は基本情報の受験を考えています。

そこでまだ午前午後と過去問題を解いていないので何ともいえないのですが、
午後の言語の選択はどれが難しくてどれが簡単とか難易度の差というのは実際あるのでしょうか?

私はC言語が一番得意でそれを選択しようかと思うのですがどこかでCが一番難しいと聞いたので
今から勉強するのであれば、違うものを選択したほうがいいのかと。

C、JAVA、アセンブラなら経験があります。

皆さんはどういう基準でどの言語を選んでいますか?
やはり得意なCを選んだほうが得策でしょうか?

Aベストアンサー

毎年選択問題の難易度も違いますし、いろんな言語を勉強なさったようなので、問題を実際に見て簡単そうなのを選択すればいいんじゃないでしょうか?
2問選択問題ありますが、どっちも同じ言語じゃなくてはダメというルールもありませんしね。

ちなみに私は去年の秋に受かったのですが、その時は2問ともアセンブラで受けました。
他が不得意で、しかも簡単だったので。
必須の方で過去問がまんま出題されてて、ラッキーでした♪

受験頑張って下さいね!!

Qアセンブリ言語は原始プログラムですか?

質問(1)

アセンブリ言語というのは、
add $S1, $S2
みたいなやつですよね?

wikipediaで「ソースコード(ソースプログラム、原始プログラム)」の注釈1,2を読むと、
注1:【機械語の命令に記述するアセンブリ言語(アセンブラ)が存在するが、このアセンブラ用の文字列で記述されたプログラムはソースコードとは呼ばれないのが普通である。】

注2:【アセンブリ言語で書かれたプログラムはソースコードと呼ばれない】

と書かれてあります。
でも、
他の教材では
アセンブリ言語で書かれたプログラム(原始プログラム)
と書かれています。

どっちが正しいのでしょうか?


質問(2)
目的プログラム(オブジェクトプログラム)とは、
IT用語辞典によると
【オブジェクトプログラムとは、ソースプログラム(人間が認識できるプログラム言語で高水準言語など?)をコンパイラで機械語に翻訳したプログラムのことである】
とありますが、
ソースプログラムをコンパイラで翻訳するとアセンブリ言語になるんではないのですか?

そのアセンブリ言語をアセンブラで翻訳して機械語になるのではないのでしょうか?



どなたかご教授ください。
お願いします。

質問(1)

アセンブリ言語というのは、
add $S1, $S2
みたいなやつですよね?

wikipediaで「ソースコード(ソースプログラム、原始プログラム)」の注釈1,2を読むと、
注1:【機械語の命令に記述するアセンブリ言語(アセンブラ)が存在するが、このアセンブラ用の文字列で記述されたプログラムはソースコードとは呼ばれないのが普通である。】

注2:【アセンブリ言語で書かれたプログラムはソースコードと呼ばれない】

と書かれてあります。
でも、
他の教材では
アセンブリ言語で書かれた...続きを読む

Aベストアンサー

●回答(1)

後者が正しいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ソースコード

の編集履歴を参照してみましたが,
「アセンブラ用の文字列で記述されたプログラムはソースコードとは呼ばれないのが普通」
というのは,この箇所を書いた
2009年6月18日 (木) 11:26 Tosaka (全体に加筆と編集)
という人の独断でしょう。アセンブリ言語であっても上記ページ内の定義に該当するのにどういう理由でアセンブリ言語だけを除外しているのか,この執筆者はその根拠を示していません。

●回答(2)

IT用語辞典が正しいです。アセンブラ言語のソースコードと,目的プログラムとは別物です。

コンパイラは翻訳結果として機械語(目的プログラム,実行プログラム)を出力できればいい。翻訳結果としてアセンブラ言語を出力できるコンパイラ製品もありますが,その機能を持っていなくてもコンパイラと呼べます。

http://okwave.jp/qa5107126.html?ans_count_asc=0 の私の過去の回答No.3, No.7

●回答(1)

後者が正しいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ソースコード

の編集履歴を参照してみましたが,
「アセンブラ用の文字列で記述されたプログラムはソースコードとは呼ばれないのが普通」
というのは,この箇所を書いた
2009年6月18日 (木) 11:26 Tosaka (全体に加筆と編集)
という人の独断でしょう。アセンブリ言語であっても上記ページ内の定義に該当するのにどういう理由でアセンブリ言語だけを除外しているのか,この執筆者はその根拠を示していません。

●回答(2)

IT用語辞典が...続きを読む

Q基本情報試験、言語対策

 今年の春初級シスアドを合格しまして、今は基本情報処理を勉強しています。午前の勉強は大体終わりそうなので午後の勉強に入ろうかと考えています。そこで、言語の問題なのですがC言語はやはりかなり難しいものなのでしょうか?私は学生時代にC言語はやっていたのですが、レベル的に言えば、配列、構造体、関数は一応使うことができるレベルでした。しかし、ポインタはいまいち使いこなすことができませんでした。設計書などを書くことはできなかったので頭の中で考えてデバックしながらやっていました。今は仕事柄ACCESS,EXCEL等でVBAを毎日やっています。VBAは文法的にはネットなどで勉強したらすんなりとけこめました。それも設計書は書くことはなくデバックして確かめながらやっています。このレベルでC言語を選択するのは無謀でしょうか?よく簡単で進めてくれているのはCASLIIなのですがこれのほうがいいでしょうか?だれか意見をお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは コメットさんです、(^^;;(九重佑三子 Ver)

>もう一つお聞きしたいことがあったのですが、いろいろ調べてみて多くの方がアイテックさんの「基本情報技術者午後問題の重点対策」を進めてくれていたようですが、この本でC言語等のプログラムの勉強などもできるものなのでしょうか?

これ 見ましたよ! 後輩の子がもってましたよ(^^
最新版ではないのですが、いくつかこのアイテックさんから予想とか重点とか出てますがこれでOK、カバーできると思います。
他の参考書をも見ましたがアイテックさんのほうがいいです。
解説とかみても 無駄がなくてシンプルでいい感じだと思う。
多くの方がお勧めするHPも見ましたし、私もいいと思う。

まあ 理解する しにくいは相性みたいなものがあると思うのですが。。。
でも、そう何冊もいりませんよ、参考書は。
私も3冊くらい。
基礎と重点と過去問題 これだけ。
あとは今のご時世ならネットでもeラーニングでもなんでもあるんで活用してみて。

私もみたけど、やっぱり試験問題は型にハマってます。
少しの捻りはありますが、やっぱり同じです。
どんな処理をしているのか読めていれば問題ありません。
といいながら自分はCASLでしたけどね(^^;;

で、実際に理解できないときはサンプルコードでも打って
ブレークポイントをビシバシおいて追っていけばどんな処理しているのか見て覚えるほうがご質問者様にはいいのかなと。
今までのよう机上の勉強よりも実習ってことで。

ご質問者様はテキトーな理解(試験の理解)ってのが出来ないタイプなのかなって感じです。居ますよ、デバックで追って覚えるタイプって。
(^^なので がんばってくださいねー

こんばんは コメットさんです、(^^;;(九重佑三子 Ver)

>もう一つお聞きしたいことがあったのですが、いろいろ調べてみて多くの方がアイテックさんの「基本情報技術者午後問題の重点対策」を進めてくれていたようですが、この本でC言語等のプログラムの勉強などもできるものなのでしょうか?

これ 見ましたよ! 後輩の子がもってましたよ(^^
最新版ではないのですが、いくつかこのアイテックさんから予想とか重点とか出てますがこれでOK、カバーできると思います。
他の参考書をも見ましたがアイテッ...続きを読む

Q基本情報の言語に

基本情報の言語に C#.NETが個人的にはいつかは加わると思うのですが、加わるとすれば次回というのはやはり無理(ありえない)なんでしょうか?

Aベストアンサー

この業界で20年、飯食ってますが、質問者さんの2つの言語が基本情報の試験の言語に選定されることは、99.9%ありえない。

特定のベンダが規約を策定した言語を、パブリックを是とする情報処理試験で採用されるには、デファクトスタンダードとならなければ無理。

C#、ドットネット、使用しているコンピュータ技術者は、COBOL、VBの技術者の1000分の1以下というのが現状。

1960年代から1980年まだは、IBMの天国。IBM嫌いというエンジニアがいたことで、80年代からUNIX,Windowsの乱立時代に突入。まだ、どこの会社が世界を牛耳るか不透明ですが、マイクロソフトを嫌っているエンジニアは多いですから。わたしも、マイクロソフトのおかげで、仕事しにくくなっている部分もありますからね。(まぁ、メリットもありますが..)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報