標準状態では高校の時には1atm、0℃と習っていたのですが、大学に入ってからは1atm、298.15Kとも習いました。どうやって使い分けるのですか??おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はい,化学の世界では,



・1atm,0℃・・・気体の標準状態
・1atm,25℃・・・熱力学の標準状態
という区別がされています.

・気体が標準状態では22.4Lというのは,1atm,0℃の場合です.
・熱力学などの問題では,25℃を基準とするのが通例です.ですから,標準生成エンタルピー,標準生成エントロピーなどの「標準」というのは,25℃のことです.こんな感じで区別はつきますか?
ちなみに,なぜ25℃なのか・・・は忘れました.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2002/02/02 13:09

えーーと、僕はまだ高校生なので、298.15Kという数値を初めて見ましたが、


要するに25℃の事ですよね。確か、H2Oが安定した理想気体の値を出す温度ですよね・・・?(自信なし。)
多分、エントロピー計算の時に出てきたのだと思うのですが、エントロピーは
とりあえず、基準値である値を決める必要があるので一番安定値をとるのが
いいので約25℃をとったのではないでしょうか?
細かい298.15Kまではどういうデータから導き出したかは分かりませんけど・・。
(そこら辺は大学の授業でやったのではないでしょうか?)

こんな感じだとは思うんですけど、やっぱり大学生以上の方に聞いた方が
確かですね・・・(汗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、大学生なのに・・・(>_<)
ありがとうございました。 

お礼日時:2002/02/02 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q37℃は何Kですか?あと100Kは何℃ですか?

絶対温度=セ氏温度+273なので、
37℃は何Kか?
37℃+273=310K
100Kは何℃か?
100K-273=173℃

上の答えであっているのでしょうか?

Aベストアンサー

 
K = C + 273.15
37℃は何Kか?・・310.15K

C = K - 273.15
100Kは何℃か?・・・-173.15℃
 

Q15℃、比熱1[kcal/Kg・K]の水100kgと、

15℃、比熱1[kcal/Kg・K]の水100kgと、
20℃、比熱0.3[kcal/Kg・K]の有機溶媒40kgと
を混ぜると全体として何℃になるか?
※両者は互いに不溶
という計算では、最終温度をTとして
100*1*(T-15)=40*0.3*(20-T)
の式を解くと求められる。という計算方法であっていますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1) よく考える事、
2) 100x1x(T-15) は みず 100kg が 15Cから T C に 上昇する時のエネルギーで
   100 (kg) x 1 (kcal/(kg K)) x (T-15) (K) で 単位はkcal です。 ( T+273 - (15+273) ) (K) です。
3) 右辺のは 有機溶媒40kgの20CがTCに減少してそのエネルギーをみずに与えるわけです。
   無論、溶液の入れ物の温度の変化は無視しています。
   40 (kg) x 0.3 (kcal/(kg K) x (20-T) (K) で単位はkcal. (20-T)=(20+273 - (T+273)) (K) desu.
4) 単位を考えると、わかります。入れ物の熱容量はここでは考えていません。

Q大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻

大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻みで教えてください。

大気中の水分量
-5℃ :
0℃ :
5℃ :
10℃ :
15℃ :
20℃ :
25℃ :
30℃ :

湿度は外気とします。

Aベストアンサー

こんなものかな?
http://www.hm2.aitai.ne.jp/~yamamasa/tenki/situdo/situdo/howasui.htm
こんなのも。
http://idea.eco.coocan.jp/kousaku/k1-tsuri/seidenki/suijyouki.html
普通はこんなので、
http://www.eccj.or.jp/b_tuning/gdbook/6_1.pdf

Qメタンガス ch4 1kgが完全燃焼する時の理論空気量は? メタンガス ch4 1kgの完全燃焼

メタンガス ch4 1kgが完全燃焼する時の理論空気量は?

メタンガス ch4 1kgの完全燃焼
ch4 + 2O2 → CO2 + H2O
この場合酸素 2m3N 必要です。
どんな理論や計算方法から、
酸素が2m3Nが必要なんでしょうか?
素人にわかるように解説願います

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
1級ボイラー技士の平成21年度後期B、問4の問題は、メタン(CH4)1m3Nを完全燃焼する場合の理論空気量を求める問題です。
したがって、質問文のCH4 1kgとは条件が異なります。
CH4 1m3Nを完全燃焼させる酸素量は、CH4 1molに対して、酸素(O2)2molですから、気積はCH4の2倍となります。
したがって、酸素(O2)は2m3Nとなります。
理論空気量は、酸素濃度21%で算出するので、理論空気量=2/0.21≒9.5m3Nとなります。
もとの問題は、CH4の気積が与えられているので、反応式から、CH4に対して2倍の酸素が必要な事と、理論空気量に対する酸素の割合がわかれば、解くことが可能です。

Q50gの窒素の200kPa、27℃での体積

自分でやってみたのですが、23Lで合ってますかね?
窒素の原子量は14です。

Aベストアンサー

標準状態を、273[K]、100[kPa]、標準状態でのモル体積を22.4[L/mol]とする。
理想気体とすれば、

50[g]/28[g/mol]*100[kPa]/200[kPa]*300[K]/273[K]*22.4[L/mol]=22[L]

という計算だが、それぞればらして考えてください。

なお、単位も入れた式を書いたので、単位も計算しましょう。斜め棒[/]は分数の横棒「―」と同じです。約分できて、
左辺[L]=右辺[L]
で、計算式が正しいことが確認できるでしょう。

28[g/mol]というのは、「1[mol]は28[g]です」ということです。以下、同様。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報