去年の年末に事故に遭いました。私は二輪で相手は4輪です。私が片側二車線ずつの道路のセンターライン側を走行中に、左前方に停車(ハザード無し)していた車が指示器をつけた直後にUターンしてきました。接触を避けようと、とっさに急ブレーキをかけ何とか接触は避けましたが転倒してしまいました。すぐに、警察を呼び人身事故にしました。全治5日です。事故当時は、相手側が保険で治療費とバイクの修理代、破れた服などのお金を支払ってくれると約束しました。しかし、後日相手側の保険会社から、接触していないのでこちらに過失は無いので保険は支払えないと言ってきました。しかし、事故当時警察の方に、双方に過失があると言うこと聴いていたので交通事故相談所に行きました。弁護士は、過失割合は、私1対9相手だそうです。相手の保険会社にそのことを伝えても保険はお支払いできませんと言われました。相手はまったく誠意も無く、連絡も一切ありません。小額裁判を起こしたいのですが、費用はいくらほどかかかるのでしょうか??また被害者が請求できるものはどのような物がありますか??できるだけ請求したいのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 厳密には、被害者・加害者・保険会社、と分けた場合、被害者と加害者の債権債務関係に対し、保険会社は、加害者との契約の範囲で示談代行をし損害金の支払をするに過ぎません。

当事者性としては、被害者と加害者との二者が本来的にはその関係の主役で、保険会社は脇役となりますが、今日、事故が起きれば保険会社が被害者との示談に向けて自働的に動くことから、保険会社の意思が実際にその事故に対する補償の範囲となり得、保険会社も約款や判例データをもとに被害者に表意することが推測され、ある程度は道理にかなったものである場合が多いと思います。
 ただし、本件事故のように、保険会社が契約者(加害者)過失なしとした場合でも、加害者に「損害賠償義務がある」ならば、保険会社の保険金支払不支払いにかかわらず、加害者は依然として当事者として責任を負っています。そして、保険金が出る出ないは、最終的には契約者(加害者)と保険会社の契約履行に関する問題として違った角度での争いになるかも知れません。
 結局ポイントとなるのは、「損害賠償義務がある」か「ない」か、になるわけですが、これは、当事者同士で協議が調わなければ訴訟で方向付ける他進展はなく、これを提訴するのは加害者ではなく被害者になります。訴訟では、保険会社を通した示談などに比べてその審理が数段シャープで、証拠がものをいうようになります。理屈の上では1:9になるとしても、それを立証しなければいけないことになるため、充分な検討準備のうえに計画的に行う必要があります。かくなるうえは、「仕込み」に重点をおかれ勝訴されることを祈念しています。
    • good
    • 0

少額訴訟は、十分に資料をそろえてから、実効にうつしてください。

なぜなら、一発勝負に近い訴訟になります。相手は、専門家の保険会社はバックに付いてくるはずです。そこで、事故状況を客観的に説明できないと有利にことを運ぶことはではません。
一度、バイクで加入しておられる保険会社に相談を。
    • good
    • 0

たとえ接触してなくても『事故は事故』です、


もし、あなたの回避行為が少しでも遅れていたら…、考えただけでも恐いですね。

幸いなことに「警察介入」ですので「交通事故証明」は取れますね、
最寄りの交番で「申請書」をもらって「交通安全センター」に請求する形になります、
まだでしたら、至急入手して「事故の内容」に相違がないか確認して下さい。

相手への損害賠償ですが、
「治療費とバイクの修理代、破れた服などのお金」
さらに、怪我の程度によっては「後遺障害保険金」「慰謝料」「休業損害」なども請求の対象になります、
「破れた服とバイクの修理代」は物損(対物)ですが、
「治療費、慰謝料、休業損害、後遺障害」については、人身ですので「自賠責保険」からも支払いの対象になります。
「自賠責保険」では、傷害の場合の支払限度額が¥120万円ですので、
もしかしたら「自賠責」だけで済んでしまうかも知れません(任意保険は使わずに)、
その為、相手方の保険会社も積極的に動こうとしないのかも知れませんね。
「自賠責保険」の場合は、「被害者請求」が出来ますので、こちらも検討して下さい、
仮に、傷害の部分が「自賠責」で足りてしまえば、バイク修理代と服代だけなのですが、
「少額訴訟」を起こす前に、「内容証明郵便」で相手に請求されてみてはいかがでしょうか?
もちろん、事故証明を取ってからになりますが…。
これでも相手が何もしてこないようなら「少額訴訟」ですが、
費用は、「訴訟額¥5万円に対し¥500円」です、その他に郵便料金等が¥3000円程度…
仮に30万円程度の請求額なら¥1万円以内で済んでしまうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなりましてすみません。とても詳しく教えていただいてありがとうございました。これから積極的に保険会社と話しあってみます。それでもだめなら裁判をしようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 21:00

聞いた話なので、詳しい事は分りませんが、まず警察に相談されてはいかがでしょうか?本当は『何月何日の何時何分に○○と言った』というような念書みたいなのがあるといいらしいんですが、普通だったらそんな事しませんものね・・・。


以前公判で、接触してないけど、相手側に過失責任があるという判決がくだされた例もあるので、間違い無くお金は頂けるとは思いますが、面倒だともおもいます・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

がんばってみます。ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/07 21:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる? 先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってま

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろのドアにあたりました。相手も少しよけたらしく左の塀に擦ってしました。左よけた衝撃で右の方の運転席が開かなくなりました。

保険屋さんに話した相手のいいぶんが一時停止しないで右折してきて直進してるクルマにつっこんだ。と言ってるらしいです。

自分のいいぶんはまががり始めた頃には車いなかったし相手がいつ気づくかによって自分が一時停止したかどうかわかるとおもいます。仮に自分が右折途中で相手が右折してきた車にきずいた場合は一時停止したかわからないとおもいます。そこで引っかかるのが右折途中で車にきずいた場合一時停止したか相手はわからいのに一時停止もしないで右折してきたってゆえるんですかね?
直進してる車に思いっきりとびだしたら普通に相手の運転席のドアにおれのバンパーが当たるはずだとおもいます。そもそもミラーでうつってなくて自分が5キロ未満で右折して相手が60キロ以上で直進を走ってたら必ずぶつかると自分はおもいます。

こういったケースの場合過失割合はどうなるんでしょうか?

保険屋さんは
相手2
こちら8

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろの...続きを読む

Aベストアンサー

>右折してるのがわかったらスピードおとすなりブレーキ踏めたでしょってはなしなんですけど

その通りです。
ですから100:0にならないんです。
それが相手の過失2割なんです。

>相手が右折してきたのわからなかった場合ははなしがちがってきますけどね

この点を最も勘違いしていますよ。
わからなかったかどうかは過失に関係しません。一切関係しないんです。

Q駐車場内の接触事故 過失度合90%と相手方から請求されてますが

先日コンビニの駐車場内で接触事故を起こしました。

朝早い時間帯であったため、駐車場はがら空き状態、左隣の更に左隣に1両だけ駐車車両があり、車を前向き駐車で止めました。
買い物後、右後方の駐車場出口方向に車両の向きを変えようと、ハンドルを左に切って駐車スペースから後退して車を出す途中で、左隣に進入してきた相手車と衝突しました。

私の状況
乗車前、ギヤをバックに入れた時点で駐車場内に車両、歩行者がいないことを確認し、左後方に後退しました。その途中で衝撃、相手車の右ドアに衝突してしまいました。
ハンドルを左に切りながらの後退、また駐車スペースをひとつはさんで左側に駐車中の車がいるので、左後方のみに神経を集中してしまい、右後方の注意がおろそかになっていました。

相手の状況(主張)
コンビニの駐車場に駐車しようと前進中、突然私の車がバックしてきた、あまりにも速度が速すぎたため避けられず衝突したとの事です。

現場の状況(保険会社に送付した現場写真、スケッチから)
(当方)
・左にハンドルを切った状態で、約5m後退した位置で相手車と衝突
・左後部バンパーに擦過傷、併せてバンパーが左横方向に変形
(相手方)
・私の車両の左隣に進入
・右ドアにくぼみ(深さ約5~6センチ)ドア開閉はできる状態
・ブレーキによるタイヤのスリップ痕、約1.5m
  (写真撮影、証拠写真として保険会社に送付済)

相手方の要求
過失度合は(私側90:10相手側)
後方確認もしないで急加速で後退した私側に全面責任があるとのこと。

私側の反論
・スリップ痕
 長さ1.5m、代車が相手車と似たような車なので何回か実験してみました。なかなか難しく、均一なデータが得られませんでしたが、それでも1.5mスリップさせるのはかなりスピード出さないとだめと感じました。衝突の瞬間相手車は時速20~30キロ出ていたのでは?私の車に衝突しなければもっと長いはず。
・相手側の進入経路
 スリップ痕から駐車場内の通路ではなく空いている駐車スペースを突っ切って進入(写真撮影、証拠写真として保険会社に送付済)
 通路内を通った場合、私の左後方から接近しなければならず、特に神経を集中していた方向であるため視界に入っているはず。
 駐車場内の通行規制について法的な規制はないと聞きますが、一般常識として全く無視していいものか?
・後退速度
 相手側は急激な発進と主張していますが、これについても実験しました。ギヤをバックに入れ(バックランプが点灯)、サイドブレーキ解除、再度後方確認、後退といった一連の動作で駐車位置から衝突位置まで(約5m)移動する時間は平均7秒前後でした。予めサイド解除、アクセルをかなり踏み込んで急発進させると、3秒程度でも可能でしたが、この場合相当にスピードがつきすぎ、また車両のコントロールができなくなります。当時左隣に駐車していた車両に突入するつもりでやれば可能かも。しかしそんな速度で約2tの私の車が突っ込んで、カローラのドアが5~6センチくぼむ程度とは考えられません。
・相手の当初の位置
 相手が進入した駐車場入り口から衝突ポイントまで約20m。思いっきり譲歩して相手が時速18キロ(秒速5m)で進入、こちらが5秒かけて後退したと仮定すると、私が後退開始した時点で相手はまだ駐車場外です。駐車場外の車両の行動予測は不可能に近いと思うのですが。
・行動の選択度
 こちらはいずれにしろ左右どちらかに出なければならない・・・行動範囲が限定されています。当時駐車場はがら空き、相手側は自由に駐車場所を選択できた状況です。たった2台しか止まっていない駐車場で、なおかつ1台は後退しようとしている状況、わざわざその真ん中に危険を冒して無理に入ろうとしなくてもいいように思うのですが。
・前進車と後退車の優越
 駐車場は、前進車と後退車が錯綜する事が当たり前の場所です。後退する車は視界、行動がかなり制約されます。対して前進する車は数倍の自由度を持っていると思います。極論ですが、故意にぶつかろうと思えば前進する車はいとも簡単に狙った車に衝突できます。それでも後退する側に90%の過失という事態になれば、駐車場内は当たり屋の巣窟になるように思いますが・・・

このような状況ですが、それでもやはりこちら側の過失責任が大きいと判断されるのでしょうか?

先日コンビニの駐車場内で接触事故を起こしました。

朝早い時間帯であったため、駐車場はがら空き状態、左隣の更に左隣に1両だけ駐車車両があり、車を前向き駐車で止めました。
買い物後、右後方の駐車場出口方向に車両の向きを変えようと、ハンドルを左に切って駐車スペースから後退して車を出す途中で、左隣に進入してきた相手車と衝突しました。

私の状況
乗車前、ギヤをバックに入れた時点で駐車場内に車両、歩行者がいないことを確認し、左後方に後退しました。その途中で衝撃、相手車の右ドアに衝...続きを読む

Aベストアンサー

例えここで50:50と言う回答が出たとしても保険会社が認めなければ何もなりません。
せっかくそこまで検証されたのですから、保険会社に出かけ、センター長立会いの下、交渉すべきです。

1.スリップ痕
1.5mのスリップ痕は時速16.5kmに相当します。
20kmで2.25m、30kmで5.0mです。

2.前進車と後退車の優越
これは言わない方が宜しいかと。
下手をすると当たり屋呼ばわりされたとなる可能性を秘めています。
言うのであれば当たり屋と言う言葉は出さない方が良いでしょう。

Q先日、自転車(当方)と乗用車(相手側)の接触事故をおこしてしまいました

先日、自転車(当方)と乗用車(相手側)の接触事故をおこしてしまいました。時間はお昼前ですが当日は雨が降っていました。当方(26歳)が自転車で歩道を走行中、水溜りを避けようとしてハンドル切ったところ、くぼみにハンドルを取られ車道側によろけてはみ出してしまいました。その時に前方から来ていた乗用車のフロント左側と接触し、フロントガラスに乗り上げ車道に投げ出されました。怪我は鎖骨及び肋骨骨折でした。その後相手の保険会社から連絡があり、保健会社の方でも調査をするので結果が出るまでしばらく時間がかかる旨と、聞き取った状況から判断すると当方に半分以上の責任がある可能性があると言われました。ただ調査に時間がかかるのでしばらく待ってほしいとのことから時間が空きましたが、先日調査結果が出たとのことで連絡がありました。判例タイムズなどを参考にした結果、責任割合が5割以上ある場合は保険対応できない。今回の事故の場合は当方の過失が90~100あるので対応できないと言われましたが、責任割合の理由も明確にしてもらえていません。さらに相手の車両の損傷についても過失割合に応じて負担してもらうことになるとのことでした。
こうした状況での事故はこのような過失割合の対応になるのでしょうか。どう考えても理不尽(当方の過失が90~100)な対応としか思えないのですが。ちなみに相手は自動車運転過失致死で書類送検をされる予定とのことでした(確認は出来ていません)。

先日、自転車(当方)と乗用車(相手側)の接触事故をおこしてしまいました。時間はお昼前ですが当日は雨が降っていました。当方(26歳)が自転車で歩道を走行中、水溜りを避けようとしてハンドル切ったところ、くぼみにハンドルを取られ車道側によろけてはみ出してしまいました。その時に前方から来ていた乗用車のフロント左側と接触し、フロントガラスに乗り上げ車道に投げ出されました。怪我は鎖骨及び肋骨骨折でした。その後相手の保険会社から連絡があり、保健会社の方でも調査をするので結果が出るまでしば...続きを読む

Aベストアンサー

追伸です。
車道・歩道がガードレールや植栽などで分離している
その上を飛び越えて車道に飛び出したのなら、100(自転車):0(自動車)でも
納得いくでしょう(予見不可能)が、
ただ段差も無く白線などで区分しているだけの
歩道・車道でしたら、100:0は有り得ないと断言できます。

何故なら、そのような道路で自転車や歩行者がよろけて車道に
飛び出してくることが十分予見出来るからです。
まして雨が降っていれば、足元が緩くなり自転車・歩行者が
滑る可能性は格段に高くなります。
また対抗していますので、その自転車を衝突の前から十分認識できていたはずです。
事故はその瞬間の回避不能だけでなく予見可能かどうかが重要な
ポイントになってきます。

交差点で赤信号を完全に無視した自転車を自動車で引いて死亡させた事故を
担当したことがありますが、結果60(自転車):40(自動車)でした。
これは自賠責の調査事務所が出した割合です(営利目的の調査会社が出した数字では
ありません)。
私には質問者さんの事故が赤信号無視の飛び出しより、
十分予見できる事故に思えます。

また、行政処分は免許取り消し(1年間)・刑事処分は略式裁判により
罰金5,60万円だったと記憶しています。
質問者さんの事故でも、相手は行政処分・刑事処分は免れないと
思います。

追伸です。
車道・歩道がガードレールや植栽などで分離している
その上を飛び越えて車道に飛び出したのなら、100(自転車):0(自動車)でも
納得いくでしょう(予見不可能)が、
ただ段差も無く白線などで区分しているだけの
歩道・車道でしたら、100:0は有り得ないと断言できます。

何故なら、そのような道路で自転車や歩行者がよろけて車道に
飛び出してくることが十分予見出来るからです。
まして雨が降っていれば、足元が緩くなり自転車・歩行者が
滑る可能性は格段に高くなります。
また対抗していますの...続きを読む

Q人身事故の慰謝料について質問です。 人身事故で最初は過失割合が8(相手):2(旦那)となっていました

人身事故の慰謝料について質問です。

人身事故で最初は過失割合が8(相手):2(旦那)となっていましたが、8:0にしていただけました。
私は妊婦で事故当時運転する旦那の車に同乗していました。

事故の翌日に整形外科を受診したところ、
私→腰推捻挫 頸椎捻挫 左骨盤打撲 切迫流産
夫→腰推捻挫 頸椎捻挫
と診断をうけたので警察に報告をし、人身事故に切り替えてもらいました。

私 治療期間 125日 通院期間 90日 です。
私の方はこの事故により切迫流産になり仕事を止め自宅安静しています。
なので休業損害を主婦へ切り替えてもらいました。

夫 治療期間 125日 通院期間 90日 です。
旦那は夜勤の仕事をしている為夜勤明けで通院をしていた為特に仕事を遅刻早退休むことはありませんでしたが、首からの痛みで常に手に痺れあるので現在後遺症障害を申請中です。

以上の状況を踏まえて、慰謝料の計算に関してアドバイスをお願いします。

私 治療期間 125日 通院期間 90日×2=180日なので
通院慰謝料→125日×4200円=525000円
主婦休業損害 通院期間90日×5700円=513000円
全て足した金額 525000円 + 513000円 =1038000円でお間違いはなかったのでしょうか?

交通費は16800円でした。
治療費用は保険会社から直接払って貰うようにしていました。

夫 治療期間125日 通院期間90日
仮に後遺症障害が認められなかった場合。
通院慰謝料 125日×4200円=525000円

交通費は私と一緒に行っていた場合はどうなるのでしょうか?
治療費用は私と同じく保険会社に直接払って貰うようにしていました。

以上の計算法や認識でお間違いなかったでしょうか?

無知なので詳しく教えて頂ければと思います。

人身事故の慰謝料について質問です。

人身事故で最初は過失割合が8(相手):2(旦那)となっていましたが、8:0にしていただけました。
私は妊婦で事故当時運転する旦那の車に同乗していました。

事故の翌日に整形外科を受診したところ、
私→腰推捻挫 頸椎捻挫 左骨盤打撲 切迫流産
夫→腰推捻挫 頸椎捻挫
と診断をうけたので警察に報告をし、人身事故に切り替えてもらいました。

私 治療期間 125日 通院期間 90日 です。
私の方はこの事故により切迫流産になり仕事を止め自宅安静しています。
なので休業損害を主...続きを読む

Aベストアンサー

自賠責のみの計算ですとそうなりますが、
治療費を含め総額が120万円を超えると任意保険
での計算となります。

これは120万円を超えた部分ではなく根っこから
計算しなおします。
その場合には、家事従事者の損害5700円は実通院日数
分はもらえず、また慰謝料も低減されますので、
計算は異なります。

これは裁判での計算方式も同じで、別に保険会社が
値切っているわけではありません

8:0にしてもらったのは物損の方ではないですか?
物損ならそれは片賠方式と言って、ありえますが、
人身事故は自賠責は貴方の過失が7割以上ない限り
減額はありませんが、任意保険での計算では貴方の
過失分の2割は引かれる可能性があります。

その点相手の保険会社に確認していますか?



さらに

Q中型バイクと自動車との接触事故の過失割合について

先日、対向1車線の道路を右折して駐車場の入口に入ろうとした所、対向車線が渋滞中で、しばらくセンター寄りに停止していました。

対向車線が少し動き始め、ちょうど駐車場から出てくる車もあり、入り口付近の対向車が停止した状態で止まってくれました。

出庫する車は左折だったので、出入口付近で、すれ違ったのですが、その瞬間、止まってくれた車の影から、バイクが直進してきて、私の車の助手席にぶつかる形で、接触しました。

幸い、当方も10km以下でソロソロと前進していて、バイクの方も、スピードが出ておらず、大怪我には至りませんでした。(しかし、人身です)

バイクは、数10m先の交差点の(私から向かって)右側から、左折してきて、渋滞している車の脇を走行してきたのですが、横断歩道にかかるくらいまで、対向車の渋滞の列が連なっていたため、私側からは、接触するまで、バイクの姿は、確認できませんでした。
また、バイク側も出庫する車の姿は確認していたけれど、入庫する車(私の車)は、見ていなかったとのことです。

道路外へ出るための右折自動車と、直進するバイクとの接触の過失割合は9:1であること、また、渋滞中のバイクのすり抜けによる接触は、1車線の幅が狭い場合、7:3であること、という凡例を知りました。

私としては、上記も踏まえて、8:2と考えているのですが、保険会社の担当者は、「過失割合を判定する資料が相手方も同じ物を使っていますので、(8:2というのは)どうでしょうね?」という感じでした。

この場合、バイクの「すり抜け」行為は、考慮されないのでしょうか?

先日、対向1車線の道路を右折して駐車場の入口に入ろうとした所、対向車線が渋滞中で、しばらくセンター寄りに停止していました。

対向車線が少し動き始め、ちょうど駐車場から出てくる車もあり、入り口付近の対向車が停止した状態で止まってくれました。

出庫する車は左折だったので、出入口付近で、すれ違ったのですが、その瞬間、止まってくれた車の影から、バイクが直進してきて、私の車の助手席にぶつかる形で、接触しました。

幸い、当方も10km以下でソロソロと前進していて、バイクの方も、スピー...続きを読む

Aベストアンサー

今回は大きな事故ではないとのことでよかったですね。
私も同じ事故の経験者です。(バイク側ですが)

渋滞中の車列で、車が譲ったため、同じ車線を走行中のバイク(私)は右折車と激突しました。幸い同じように速度は非常に遅かったのでたいした怪我にはなりませんでした。で過失割合ですが、保険会社の提示は 8(車):2(バイク) でしたが、いろいろと交渉するうちに 9(車):1(バイク)でまとまりました。

確かに車のほうから見るとすり抜けと思いますよね。
もっともだと思いますが、一つの車線で停止している車のよこを車線内で走行することは特に問題とされませんん。もちろんこの幅が2.5m以下のように普通通れない幅であれば問題だとは思いますが、たいていの道では3m以上(私のケース)はあるはずです。ちなみにバイクはたいてい道の左側を走行することになっていて、原付などを運転していると、たいていの車は同一車線で追い越していきますよね(すり抜けと同じです)。

バイクではなくて、自転車や、走った人がワンボックスみたいに見えにくい車から出てきたとしたらどうでしょうか? そう考えると車側の過失の問題と考えられますよね。

私の経験では自分もよく車の動きを見ていなかったと反省しています。

お互い気をつけましょう。

今回は大きな事故ではないとのことでよかったですね。
私も同じ事故の経験者です。(バイク側ですが)

渋滞中の車列で、車が譲ったため、同じ車線を走行中のバイク(私)は右折車と激突しました。幸い同じように速度は非常に遅かったのでたいした怪我にはなりませんでした。で過失割合ですが、保険会社の提示は 8(車):2(バイク) でしたが、いろいろと交渉するうちに 9(車):1(バイク)でまとまりました。

確かに車のほうから見るとすり抜けと思いますよね。
もっともだと思いますが、一つ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報