私の婚約者(23)が昨年末より入院しております。
12/18頃より体調を崩し、近所の個人病院に通院。風邪との診断。
12/24に様子がおかしいとの事で、救急で個人総合病院に入院。
12/28髄液検査で、内科部長が「無菌性髄膜炎」の疑いはあるものの、精神的なものだろうとの事で、様子を見る事に。
12/29意識不明になるが、栄養剤等の点滴のみで様子をみるとの事になったが、いびきをかいて居た為、脳の傷害が疑わしかったので私の判断で両親を説得し12/30に転院。
その結果、「ヘルペス性脳炎」と診断。
12/31に自発呼吸が危なくなり、ICUに入りました。
その後、経過を見て血漿交換、ステロイドパルス、エンドキサンパルス等の治療を得て、2/1に「SLE」と診断されました。
経緯は簡単ですが、12/31より現在もICUにて治療中です。
意識は少しずつ戻って来た様に思いますが、まだはっきりとしていません。
「CNS」という事で、まだ予断を許さないとの事ですが、この状態からどれ位の確立で、どの程度回復が望めるのでしょうか?
昨日、面会に行った時は問い掛けに、まばたきで答えていましたが、とても苦しそうでした。
ネット上で色々と検索してみましたが、皆軽症の方ばかりで、今の彼女の状態がとても不安でたまりません。
回復には個人差や、症状によって異なる事は承知しておりますが、おおよそでも構いませんので、想像される予後を知りたく投稿しました。
医療関係の方、経験者などおられましたら、どうか教えて頂きたく思います。
長くなりましたが、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご婚約者のあまりにも予期しない出来事でさぞかしご心配であろうとお察しいたします。



私はこの方面に特に詳しいわけではありませんが、内科医として解る範囲でお答えを致します。

「CNS」と書かれていますが、CNSループスの事だろうと思います。CNSループスSLE発症後3年以上経過した患者さんに発症することが多いのですが、初発症状がCNSループスですと多彩な神経症状が全面に出現するので、診断に到達するまでどうしても時間がかかってしまう事が少なくありません。その為にどうしてもステロイド治療が遅くなってしまいがちです。

以前はCNSループスは予後不良といわれておりました。しかしステロイドパルス療法が強力に取り入られるようになってからは予後がかなり良くはなってきております。但し、ステロイド抵抗性の患者さんでは現在でもなかなか難しく、その場合書かれているようなシクロフォスファミド(エンドキサン)の大量投与を行いますが、評価はまだ確定されていません。

又別に書かれている、「ヘルペス性脳炎」ですが、このCNSループスの約4%位の患者さんに髄膜炎が合併すると報告されていますが、ウイルス感染が合併するとステロイド治療関して難しい事が多くなってしまいます。

SU-3さんの文章を拝見致しますと、率直に良くここまで持ち直すことが出来たと感じ、現在の主治医の先生方の努力が目に見えるようです。ご心配でしょうがこのままがんばって病気と戦ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難う御座います。
おっしゃる通り、「CNSループス」です。
確かに、ステロイド治療が始まったのは、「SLE」の疑いが濃厚になってからで、ステロイドパルス、血漿交換と、立て続けに行いました。
それでも、目を開ける事が無かった為、エンドキサンパルスを行ったらしいのです。
行った次の日に目は開いたのですが、意識がはっきりしているとは言えない状態でした。
今日も、血漿交換を行う予定でしたが、リンパ球の数が少なくなっているとの事で、延期になりました。
本人は、身体の痛みを訴えている様な感じで顔をしかめていました。
やはり、障害や後遺症は覚悟しているものの、どの様なものが残るのか分からない為不安です。

hubbleさんの様な、現場の方の声が聞けて大変嬉しく思っておりますが、やはり予後は全く予想がつかないものなのでしょうか?

お礼日時:2002/02/03 00:47

>やはり予後は全く予想がつかないものなのでしょうか?



CNSループスはステロイドパルス療法を行うまではSLEの死亡原因の大きな一つになっていました。現在では以前より改善されている事には間違いありませんが、大変難しい事が多いと思います。ご婚約者の場合、ステロイドパルス療法の開始時期、ステロイド抵抗性の存在だけでなく、ヘルペス脳炎の事もあります。(ヘルペス脳炎は1型ウイルスならば抗ウイルス剤の投与の有無で違います。)

回復された患者さんにはまったくと言っていいほど障害の残らなかったケースもあるようですが、知的障害、てんかん等の場合もあります。しかしこの事は現在治療中でありますし、まだ想像するのは大変困難と思います。定期的に主治医の先生にお聞きになってください。

意識が回復された後で、以前の励まされていた事を断片的にでも覚えている事があります。SU-3さんが患者さんのそばにいれらる時間があるときはぜひとも病気と戦う勇気を与えてあげてください。

この回答への補足

有難う御座います。
抗ウィルス剤は、転院してから投与していたと記憶しています。ステロイドパルスは1/2から3日間行いました。
血漿交換は1/15より3日間です。
エンドキサンパルスは1/22に行いました。

やはり、予後を考えるのは難しいのですね・・・
面会は一日置き位に行ってます。結婚の事を話すと、頑張ってくれるみたいですが、やはり自分の将来に不安があるらしく、険しい顔になります。
私としては、どんな状態であれ戻って来てくれればそれで良いと思っていますので、これからも一緒に頑張って行こうと思っています。

現場の方の声が聞けて、本当に嬉しく思っております。
本当に有難う御座いました。

補足日時:2002/02/03 17:10
    • good
    • 1

全身性エリテマトーデスsystemic lupus erythematosus(SLE)は膠原病の中の代表的疾患である。


若い女性に好発し、再発・緩解をくり返す全身性の炎症性疾患である。
多くの臓器が障害されるので、臨床像は多彩であり、多種類の自己抗体が検出され、とくに抗核抗体の出現が重要である。

〈症状〉
1、発熱
高熱がみられる。熱型に特徴がない。抗生物質に反応しない。
2、皮膚症状
顔面の蝶形紅斑が特徴的である。その他、指尖や爪囲の紅斑、円盤状ルプス、脱毛、レイノー現象、口腔内潰瘍などもみられる。日光過敏も重要で、日光にあたると紅斑の誘発、増悪をみ、さらには発熱、関節症状などもひき起こす。
3、関節症状
多発性関節炎をみる。慢性関節リウマチと異なり、変形強直を残さない。
4、腎症状
SLE腎症、ルプス腎炎といわれ、予後を左右する重要な病変である。蛋白尿、血尿、円柱尿がみられ、しばしばネフローゼ症候群を呈する。
5、精神神経症状
脳、脳神経、髄膜、脊髄、末梢神経などが侵される。精神症状としては錯乱、幻覚、妄想、抑うつなどをみることがある。SLEによる精神症状と、ステロイド剤投与により誘発されるステロイド精神病との識別は、臨床上しばしば問題となる。
6、呼吸器症状
胸膜炎、びまん性間質性肺炎などをひき起こす。
7、心症状
心外膜炎、心内膜炎(Libman-Sacks型)、冠動脈病変などがみられる。
8、眼底変化
網膜病変として小さな円形白斑(cotton wool spot)をみる。

〈治療〉
薬物療法:多くの場合は,副腎皮質ステロイド薬が有効であす。病気の勢いに応じて、ステロイド量が変わります。重篤な病態には、大量ステロイド薬を点滴静注することがあります。 ステロイド薬が効かない場合には、免疫抑制剤を併用することがあります。
血策交換療法:薬物療法が無効な患者が適応となります。
抗凝固療法:抗リン脂質抗体症候群による血栓症に対して,アスピリン,ワーファリンなどの抗椛固薬を使われます。

<予後>
SLE全体としての10年生存率は70%を超えている.内臓の合併症を持つ患者ほど予後が悪いが,主な死因は感染症と腎不全である.免疫抑制が過度にならないように注意する.


以上、私が以前学校の課題で制作したレポートの一部です。

この回答への補足

解答有難う御座います。

病気についての情報、学会で発表されている様な情報は、私の方でほとんど調べておりますので申し訳ありませんが必要としておりません。

医師の方から聞き出せない、予想される予後についてをお聞きしたいと思っておりますので、医療現場の声、又は彼女と同じ状態から回復された方等の経験談など、どのような経過をたどりどの様な障害、後遺症が予想されるか生の声をお聞きしたいと思っております。

宜しくお願い致します。

補足日時:2002/02/02 18:43
    • good
    • 0

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「全身性エリテマトーデス」
現在転院されているとの事ですから、専門病院で治療されていることと推測しますが・・・・?
このページの左端で「研究班名簿」にある施設が全国の専門病院です。

ご参考まで。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/tokuteisikkan/s/se8.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の解答ありがとう御座います。
ご提供頂いたサイトは既に目を通しております。
転院先も、専門病院です。

専門病院で治療を受けていても、やはり予後は不安ですし、それについてはやはり医師の方では何とも言えないらしく、両親と共にこれから先を考えると不安ばかりが募ります。
良い方に考えなければいけないのは承知しておりますが、病気を調べるごとに不安になります。

MiJunさん、情報提供本当に有難う御座います。

お礼日時:2002/02/02 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重度のリウマチで無菌室?

私の女友達に付き合ってる彼氏の奥さんが重度のリウマチで、第一級身体障害者で無菌室で寝たきりだそうです。彼女は彼氏の言葉を信じています。然し私はどうにも解せません。
リウマチは重度になれば立つことも辛いとは思います。身体障害者の認定は下りるかもしれませんが、寝たきりはあっても無菌室へ入室する病気でしょうか?どう考えても嘘の気がしてならないのいです。事実あるんでしたら私の知識不足で済みますが、もし嘘でしたら彼女に真実を伝えたいと思ってます。是非皆様のご意見を聴かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

無菌室について誤解している人がいますが、普通の化学療法中の発熱性好中球減少症では無菌室は不要です。骨髄移植とか白血病の一部の治療中とか、ごく一部のみ適応になります。
仰るとおり、悪性リウマチでも無菌室は使う事はないかと思います。

ただ、例えば、多剤耐性菌などがでて隔離されているのを、素人さんが無菌室管理とか勘違いしているような状況はありうるかと思います。

Q全身性エリトマトーデス(SLE)について

 全身性エリトマトーデス(SLE)の治療法に関する質問です。
 この病気の治療のためには、ステロイド剤の服用が効果があるとのことですが、その効き目には個人差が大きいでしょうか?
 すでに蝶形紅斑が顔にあらわれている女性がステロイド剤を服用した場合、ステロイド剤が非常に効く患者さんであれば、何日くらいで蝶形紅斑が消える(もしくは目立たなくなる)のでしょうか?服用した次の日には消えている、なんてこともあるのでしょうか?
 それともう一つ、仮定の話での質問なのですが、SLEの女性に使うべきステロイド剤を、何の病気にもかかっていない健康な男性が誤って飲んでしまった場合、次の日どんな副作用が現れますか?
 SLEとその治療法について詳しく知っておられる方がいましたら、教えてください。 

Aベストアンサー

SLEを発症して4年になる者です。

私の場合、入院してプレドニン50mgから始め
2ヶ月半かけて退院できるまで漸減していきましたが、
顔と上腕の紅斑が目立たなくなるのには
大体1カ月くらいかかったと記憶しています。

ただ、現在14mgを服用していますが、
顔に若干紅斑は出ています。

それからステロイド剤を健康な方が飲んでしまった場合の件、
専門家ではないので想像ですが・・・

ステロイド剤治療は、『副腎皮質ホルモン』という
健康な人ならば自分の副腎で必要量分泌されるホルモンを
人工的に投与するものですよね。

量にもよるかと思いますが、一度飲んだくらいでは
特に影響はないのではないかと・・・

ちょっと元気になっちゃうかもしれませんよ?(^^;

Q遺伝子診断・出生前診断・着床前診断の違い

以前別のことについて、質問しましたが、今回は、上記3つの違いを教えてください。これは受精卵の時期によって違うだけなのでしょうか?また問題点なども変わってくるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療従事者です。

まず、それぞれの用語ですが、
カバーしているものが違います。

遺伝子診断は、生殖に関わる段階のみならず、
例えば、ハンチントン舞踏病の繰返し配列の解析や、
その他疾患の原因遺伝子の検索、
薬剤に対する感受性の違いなどを検索するために行う検査・診断のことです。

それに対して、出生前診断、着床前診断は、
受精卵~胎児の過程に行われる検査・診断のことです。
出生前診断は、着床前診断を含み、
羊水や絨毛細胞による染色体検査、
広く言えば、超音波による胎児の検査も含みます。
一方、着床前診断は、
体外受精によって得られた受精卵が、
およそ8細胞に分裂した段階で、分割した一つの細胞を取り出し、
その遺伝子を解析するものです。
そのことによって、妊娠成立前に診断をすることが可能になります。
現在、デュシェンヌ型筋ジストロフィーなどの重篤な疾患の診断にのみ用いられていますが、
今後、習慣性流産の診断などにも用いられる可能性があります。

ご参考まで。

Q病院のICUについて

つい最近の話ですが、私の家族が救急搬送され、ある総合病院のICUにしばらくお世話になったことがありました。大抵今までかかったことのある病院のICUでは面会時間は1日でも2回、1時間ずつぐらいに制限されており、ご家族親族のみという決まりがあるのが一般的だと思っていました。おそらくそういう病院は、面会時間にかからない時間帯に患者さんの処置をしたりしているのだろうと思いますが、その病院は、24時間面会OK、知り合いであれば友人でも誰でも入れる、という状況で、一回中に入ると一日中ずっといて、処置をずっと見ている家族もいるとのことでした。例えば、ちょうど私が入った時も隣のベッドの患者さんが急変したらしく、カーテンだけで仕切られた向こうでかなりシビアな処置をしているのが丸聞こえで、いたたまれなくなって外に出ました。
この病院に勤める知り合いの看護師にきいたら、昔は面会時間をきっちり設けていたけど、なぜいつでも顔を見られないのか、と患者さんの家族から投書が大量に入り、数年前今のようなシステムになったようなことを聞きました。
一回、これはひどいと思ったのが、少し時間がかかる処置のためにICUの外に出されたある患者さんの家族が、まだかまだかと言ってICUの入り口のブザーを5分おきぐらいに押しまくり、その度に看護師が出てきて対応しているのを見ました。
最近の病院ってこんな流れなんでしょうか?患者さんの安静、治療のために、面会時間を設けるのは普通なのではないでしょうか?これはいくら投書されたからとはいえ病院が折れるところではないと思います。
すいません、素人ながら疑問に感じたので、質問しました。

つい最近の話ですが、私の家族が救急搬送され、ある総合病院のICUにしばらくお世話になったことがありました。大抵今までかかったことのある病院のICUでは面会時間は1日でも2回、1時間ずつぐらいに制限されており、ご家族親族のみという決まりがあるのが一般的だと思っていました。おそらくそういう病院は、面会時間にかからない時間帯に患者さんの処置をしたりしているのだろうと思いますが、その病院は、24時間面会OK、知り合いであれば友人でも誰でも入れる、という状況で、一回中に入ると一日中ずっといて、処...続きを読む

Aベストアンサー

患者が軽い感染症を起こしただけで、命にかかわるような
重症患者ばかりを扱う「本物の」ICUならば、めちゃくちゃ
厳しいですよ。
手洗いはもちろん、帽子やガウンまで着せられますから。
でも、そんな「本物の」ICUは数が少なくなり、
「ちょっと」ICUが多くなっているのですよ。

なぜなら、厳重なICUでも、ちょっとだけICUでも、
取れる料金は同じ。
ならば、ちょっとだけICUを作って、高い料金を取った方が
病院経営に役立つ。
その程度のICUならば、家族の面会を制限する必要もなく、
制限することで、文句を言われる方が、業務に支障を
きたします。

地域の基幹となるような総合病院のICUには、
そんな本物のICUがあります。

ちなみに、差額をとられるのは、ちょっとだけICUですよ。
本物のICUは、差額ベッド代を取られません。

Q死亡診断、および診断書記載について

うちの親がそう遠くないうちに亡くなります。いまは特養に長期入所中で、その場で看取って頂くつもりです。ただ、同所は現役を引退された老齢の嘱託医が1人おられるだけで、夜勤帯、土日は看護師もおりません。そこで質問ですが、日勤帯は多分大丈夫なのですが、嘱託医のいない時間帯に(結構なお年で、夜間、休日の呼び出しなどがあまりままならないようなのです)、私の兄弟に医者がおりますので、その者を呼び出して、看取ってもらい(死亡宣告、診断です)、死亡診断書を書いてもらう事は可能なのでしょうか?その特養と契約していない医師が身内に対してこのような事ができるのか、法的に問題はないのでしょうか?お教え願いたいと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医者であれば死亡診断書を書くことはできます。 診療中でない場合(生前に死亡の原因となった疾病を診察したことがない場合)は死体検案書を書くことになっています。 瞬間を看取った場合は診察を行ったとも考えられますが、診察した場合は診療録に記載しなくてはいけなくなりますので、勤務先の診療録をつくり往診したことにしなくてはいけません。 開業医なら勝手にやることはできますが勤務医の場合は勤め先の許可が無いとできません。 

あとは、特養が良いと言えば問題ないと思います。
http://www.tokyo.med.or.jp/kaiin/handbook/linkdata/130-141.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報