先日、信号待ちをしているところに後ろから追突されました。
今、保険屋さんを交えて物損の方の示談交渉中です。
 ところが私の方の車が10年たつ、古い車ということで
修理代全額は出ず、保険でいうならば<全損事故>という形になるそうで
車の現在の価値価格 7万円しか出ないそうです。
 実際、7万円じゃ 修理もできないし、新しい車を購入するのも
困難です。
 その旨を加害者の方に聞いたら
1)「自分が100%悪いのは自覚していますが、保険で補えない分の責任はない」
2)「自分の責任は保険に加入することで免れています」
3)「民法上、ゲンケイを復帰する…で自分は守られている」
といってました。
 問題なのは、(3)の発言なのですが、実際にそのような法律があるのでしょうか?
 また差額修理代を払ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?

 追伸:1)民法WEB検索 http://www7.big.or.jp/~fujiko/web_minpo.htm
    というサイトでも検索にひっかからなかったです。
    2)停車中の事故ということで私の方の保険会社は交渉には出てこないです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 私の知る限りですが、不法行為責任は民法709条から検討がスタート、特別法があればそれが適用されますが、交通事故系の特別法で物損事故を規定している条文は(厳密には確認していませんが)なかったと思います。


 以上によれば、条文をみていただきたいのですが、同709条にいう「その損害を」の解釈になり、それは、原状復旧とか原状回復といわれるものとされ、車ですと保険会社の発行する「標準価格表」に概ね一律され、それも5年以上たった車ではゼロなり一桁なりという数値が記載されています。不法行為の損害賠償請求に際しては、被害者にその価額の立証責任があり、その結果こちらがそれを果たせなければいわば客観的な価格としての「標準価格表」が出てくるわけです。
 また、保険の範囲しか賠償しない、というのは普遍的なものではありません。保険会社が出した数値は、専門家の出した数値として訴訟でも信憑性は評価されることは否めませんが、それは、契約者である相手方と保険会社とで契約した限界であり、第三者であるあなたがそれを上回る請求を法的にすることを拒絶するものではないでしょう。
 詳しくお話を伺わないとその先の戦略提案はなんともいえませんが、結論としては本人訴訟を検討するケースではないかと思います。なお、契約されている保険会社が交渉に出てきたとしとも、上記の線で仕方なし、とすることが解りますのであまり期待できません。
 車を愛する者として一筆書かせていただきました。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強いお言葉ありがとうございます。
 加害者の方が警察官(かなり年配)ということもあり、法律ばかり話に持ち出してきて(自分の正当性の主張のため)、私自身 そういったことには知識としてないため非常にヤキモキしていたところなので、本当に嬉しいです。
 保険会社の提示する「全損金額」は新車価格の一割だと自分の方の保険屋さんには以前、言われました。ですが、古い車(一般的に価値がなくても本人には価値以上のものがあるのに!)というだけでこういった対応には全く納得がいきません。あまりひどいようなら、交通事故紛争センターに相談に行こうと思っていたのですが、加害者のいう「民法で守られてる」という下りが気になっていました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/03 00:43

ふざけた署長ですね



(1)直接警察署へ行って大騒ぎする。
(2)管轄する警察の本部へリークする
(3)マスコミへリークする

権力者はどこか弱点というものがあるはずです

地域の回覧版に事の顛末を載せてもらったらどうでしょう?
    • good
    • 0

生活に支障をきたしているとはお気の毒です


物損の示談交渉との事ですが
人身ではないのですか?
そうでないなら人身事故に切り替えてもらいゴネましょう。

>悪いのは自分ですが、責任を取るのは保険屋さんです」などという

との事ですが 相手はズブの素人ですね
保険やは単なる支払い手段に過ぎません
責任はあくまで運転者自身です。


別の方法ですか?
ワタシ昔同じようなフザけた相手に実行した方法です
良心のあるあなたなら 出来ないとは思いますが、

ぶつけられた自分のボロい車で(既に惜しくはない存在でした)
今度は自分が相手の車にぶつけます
フロント足回りは高くつきます。

そして開き直ります。
民事において 自力救済は禁じられています
つまり どうみても相手が悪くとも
強制して賠償を求めることは出来ません
裁判による判決が必要となります
素人の相手に裁判など出来るでしょうか?
(この程度の人間という意味です)

相手の保険やがしゃしゃり出てきても
いや納得がいかないと 延々とごねれば
これでOKなんです

ウチの父親の実家は”ヤ○○”なので
泣き寝入りと言う事は子供のころから許されていませんでした
やられたら10倍にして返す!

ちょっと主旨が違うかもしれませんが・・・

お大事に
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご伝授ありがとうございます。
 事故の方はすでに人身に切り替えてあります。ですが、物損の方を先に示談したいらしいのです。加害者がトアル警察署長ということで、加害者側の保険屋さんも強気の交渉で本日もゲンナリです(あまりの態度に頭きて、本社に訴えましたが)。p_21さんの考え方、共感できます。ただやはり実行となると話は別ですが。やっぱり警察なんてロクなのいないや…と改めて思い知らされました。

お礼日時:2002/02/04 13:55

補足程度にしかなりませんが


相手の言う事については確かに一理あります。
ただ 開き直っているところが頭にきますが・・・

まあ ワタシなら別の方法で懲らしめてやりますけど、

さて金額について納得がいかなければ
訴訟というはこびになります
保険会社とは あくまで営利団体でありますから
判決レベルでの保証額に比べ若干低い金額提示に
なるのが普通です

ですからそういった意味では訴訟をする意味はあります。

低年式車にのると こういったところで
困った事態になるんですね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですね、私が同じ立場になった場合そういった考えが浮かぶと思います。ですが、私ただいま「背骨」を傷めており、通常生活どころかほぼ寝たきり生活を強いられています。そういったことについても「悪いのは自分ですが、責任を取るのは保険屋さんです」などという発言が出てくる上に、見舞い・見舞いの言葉もありません。まるっきり「ぶつけられ損」という感じになってしまい、はっきり言って“くやしい”です。(要するに誠実な態度が全然見られないので、私も二つ返事ができないのです)
 訴訟の方ですが、もし起こすとしたら「交通事故紛争センター」に持ち込もうと考えています。そうなる前に自分でできるだけ頑張りたいと思っています。
 心強いお言葉ありがとうございます。
p_21さんの「別の方法で懲らしめる」をぜひ伝授させていただきたいです。

お礼日時:2002/02/03 00:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【民法】インターネットに加入する時に言われた速度と実際の速度が違う場合

【民法】インターネットに加入する時に言われた速度と実際の速度が違う場合(数量指示売買?)

【民法に詳しい方お願いいたします】

インターネット100Mに加入する時に、営業の者に
「【光】なので、上りも下りも100Mになるので、とても早くなるよ」といわれました。
(光に加入前はケーブルで29Mほどのもの)
中国のサイトを見るのに今までとても時間がかかっていたので、
これで、早くなるんだぁ~、嬉しい!って期待して加入したら
なんだか、以前より遅くなったような感じでした。
実際に速度を計測したら、上りも下りも20Mくらいで、
やはり、以前のより少し遅くなったような気がします。

期待していた結果、営業の人が言っていた結果が得られず、とてもがっかりです。
工事もして、高いお金を払って変えた結果がこれだと
納得いきません。


こういう場合、民法ではどういった被害者保護がありますか。

某光さんにお電話しましたところ、営業所のものが言ったことに対しては責任が取れない、
某光さんとは関係ないような感じで言われましたが、
使用者責任などがあるかと思われます。

具体的にどういった保護があるのか教えてください。

よろしくお願いいたします。

【民法】インターネットに加入する時に言われた速度と実際の速度が違う場合(数量指示売買?)

【民法に詳しい方お願いいたします】

インターネット100Mに加入する時に、営業の者に
「【光】なので、上りも下りも100Mになるので、とても早くなるよ」といわれました。
(光に加入前はケーブルで29Mほどのもの)
中国のサイトを見るのに今までとても時間がかかっていたので、
これで、早くなるんだぁ~、嬉しい!って期待して加入したら
なんだか、以前より遅くなったような感じでした。
実際に速度を計...続きを読む

Aベストアンサー

今時の営業マンで「光ケーブルなので上りも下りも同じ100MB/秒です」などと誇大な(程度によりウソとも言えます)営業トークを言うとはにわかには信じがたいのです。

私も光ケーブルでネットをしていますが、一世代前のDSLですら上りは下りの数分の一、よくて下りの50%前後と言うのが常識でしたし、それは光ケーブルでもまったく同様です。それを知らない営業マンだと、契約の効果そのものに影響を与える、つまり錯誤を理由とした契約解除を求めること、言い換えれば「上りも下りも100MB/秒だと、事実でない勧誘にだまされて契約を結んだ。だから契約を解除する」と主張することも可能になる、と思います。

この場合、「上りが下りに比べれば遅い、と言うことはもう世間では常識だ」とは通信会社が主張することは出来ません。事業者が知っていることが消費者の常識とは言えないからです。

あなたに営業を掛けた者が勤務する会社と、某光(何のことですか?)とはどんな関係でしょうか? 仮に代理店契約があるとすれば、その代理店従業員が事実ではないことを言って契約させても、親会社は責任を取らねばなりません。代理店は親会社の名であなたと契約しているはずですからね。

適用できる法律は消費者保護法(不実告知による契約の取消)、そして民法(錯誤による契約の解除)です。自治体が運営する消費生活センターがあなたの相談に乗ってくれるでしょう。アポイントを取って出かけて下さい。

ただし最近は一次代理店を騙って契約を結ばせ、手数料だけを受け取るいかがわしい業者もいるようですから、よくその2社の関係をお確かめ下さい。

光ケーブル以前に何をお使いだったかが分かりませんが、電話回線を使うDSLよりはほぼ間違いなく上下とも速くなるはずです。しかし初期設定のままだとその効果が見られないことも事実です。私も最初は下りでたった7MB/秒しか出ずにがっかりしましたが、設定を変えたりして現在は75-80MB/秒は出ています。ウイルスの存在が速度を遅くさせることもあります。また特定のサイトからのダウンロード速度は、DSLでも光ケーブルでもあまり変わらないことも珍しくありません。そのサイトへのアクセスが集中する時間帯に限って遅くなることもあります。

なお他の回答者さんもおっしゃるように、100MB/秒とはあくまでも理論上の速さであり、現実にその速度が出るわけではありません。

よい解決が生まれるようにお祈りしています。

今時の営業マンで「光ケーブルなので上りも下りも同じ100MB/秒です」などと誇大な(程度によりウソとも言えます)営業トークを言うとはにわかには信じがたいのです。

私も光ケーブルでネットをしていますが、一世代前のDSLですら上りは下りの数分の一、よくて下りの50%前後と言うのが常識でしたし、それは光ケーブルでもまったく同様です。それを知らない営業マンだと、契約の効果そのものに影響を与える、つまり錯誤を理由とした契約解除を求めること、言い換えれば「上りも下りも100MB/秒だと、事実でない勧誘...続きを読む

Q民法516条と民法468条の違いは・・・ 

異議なき承諾
異議を留めない承諾

との違いはなんでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨がわかりかねます。
1「民法516条」は下記のように債務更改に債権譲渡の「468条1項」を準用するという規定です
2ご質問の「異議なき承諾」「異議を留めない承諾」の文言は法文にはありません。
3民法の解説書の著者の表現方法の差ではないのでしょうか。
4ご質問の条文は次の通りです。
更改
第516条 第468条第1項ノ規定ハ債権者ノ交替ニ因ル更改ニ之ヲ準用ス
債権譲渡
第468条 債務者カ異議ヲ留メスシテ前条ノ承諾ヲ為シタルトキハ譲渡人ニ対抗スルコトヲ得ヘカリシ事由アルモ之ヲ以テ譲受人ニ対抗スルコトヲ得ス 但債務者カ其債務ヲ消滅セシムル為メ譲渡人ニ払渡シタルモノアルトキハ之ヲ取返シ又譲渡人ニ対シテ負担シタル債務アルトキハ之ヲ成立セサルモノト看做スコトヲ妨ケス
2 譲渡人カ譲渡ノ通知ヲ為シタルニ止マルトキハ債務者ハ其通知ヲ受クルマテニ譲渡人ニ対シテ生シタル事由ヲ以テ譲受人ニ対抗スルコトヲ得

Q民法第90条、民法第709条の条文を教えて下さい。

民法第90条、民法第709条の条文を教えて下さい。
できれば現代語に訳していただければ幸いです。

Aベストアンサー

民法はカタカナ混じりで読みにくいですよね。国民のための法律なのですから、もっと読みやすくしてもらいたいと私のような素人は感じてしまいます。

第90条は『公序良俗違反』ですね。
第709条は『一般の不法行為-要件と効果』。
いずれもよく出てくる法律です。

カタカナ条文は参考URLを探してください(すいません)。

現代語訳というのがどこまで求められているのか不明ですので、ここでは簡単に。

90条については「公序良俗に反する法律行為は無効である」です。
709条については「故意や過失で他人の権利を侵害したものは、それに起因する損害を賠償しなければならない」、って感じでしょう。

『公序』『良俗』『無効』『法律行為』『権利』などの一つ一つの単語をきちんと説明すると大変長くなってしまうので省きます。法律以外の場で用いられるときと若干意味合いが違いますので法律用語集などでお調べください。

参考URL:http://www.lec-jp.com/law/houritsu/m_12.html

Q「民法708条」「民法90条における善意の第三者」

民法90条における公序良俗違反の契約についてですが、この公序良俗違反の行為は、社会的に許されないものなので、絶対的にその効力を認めることはできず、よって、AB間の契約が公序良俗違反で、BがCに不動産を転売していたような場合では、Cが善意であっても、AはCに対して、契約の無効を主張することができると思うのです。
ところが、同708条では、「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。」としています。
したがって、「民法90条→契約の無効を主張することができる。」一方で、「民法708条→給付したものの返還を請求することができない。」となり、矛盾が生ずるような気がするのですが、これにつき、ご教示よろしくお願いいたします。

(不法原因給付)
第七百八条  不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

(公序良俗)
第九十条  公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

Aベストアンサー

矛盾しないです。
無効は、法律上の効果が生じないことですから、最初からなかったことで追認しても時の経過でも有効にはならないです。
有効でないから、履行期が未だなら履行する必要なく、履行が終了しておれば、元に戻すよう請求できます。
しかし、無効な法律行為は公序良俗だけではなく、要素の錯誤、虚偽表示、意思能力の欠缺、遺言の欠缺、婚姻の人違いなど幾つもあります。
その中で、「不法な原因」である公序良俗だけは、履行が終了しておれば元に戻すよう請求できないとの条文が民法708条です。
従って、公序良俗で売却した不動産は、転売していてもしていなくても返還請求できないです。
この点、要素の錯誤での売買ならば、転売していてもしていなくても返還請求できます。

Q「民法(民法第一編第二編第三編)」の施行日

「民法(民法第一編第二編第三編)」が施行されたのはいつでしょうか。公布日は明治二十九年四月二十七日と分かるのですが、施行日が分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さんの回答でよいと思います。(『小六法』で確認しました)
国会図書館の「日本法令索引 法令沿革一覧」にも「明治31年7月16日 施行」とありますので,間違いないでしょう。
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=AAAG%2B1AADAAAACmAAF%3A%3A


人気Q&Aランキング

おすすめ情報