先日、賃貸契約の更新をしました。
その際に、契約書を見せて、
「内容の変更はございませんか?」と聞かれて
「はい、ありません」と答えました。
そして、その旧契約書を丸写しで新契約書をかきました。

たしかに、現時点では変更はありません。
ですが、保証人である父が、契約期間中に定年退職してしまいます。

そこで、質問なのですが、
「退職する」ということが確実で、分かっているのも関わらず、
そのままにしたというのは、
「ウソを書いた」ということになってしまうのでしょうか?
また、そうだとすれば、どうやって書けば正しいのでしょうか?
(2枚書くとか?)
退職してしまうと、保証人として認められない可能性もあるのですが、
どうすれば良いですか?

以上、詳しい方、教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

契約書の保証人についてそはもその時点での状況で書けば問題ありません。


将来発生することは別問題です。
退職の予定が、再雇用などで伸びる場合も有るのですから。

もし、契約書の条項で、保証人の職業が変更したり、退職した場合に連絡する義務があるのでしたら、退職した時点で連絡をして、保証人の変更が必要かどうか凝議すればよいでしょう。
    • good
    • 0

 No1です。

契約書の保証人の条件が規定されている場合には、その条件に適合する保証人を選ばなければなりませんし、契約期間中に保証人の条件に適合しなくなった場合には、別の保証人を選ぶことを規定している場合には、その条件に従わなければなりません。

 が、一般的にはそこまで証人を限定した賃貸契約書はないでしょうし、そこまで規定するのであれば、保証人の所得証明書と印鑑証明書まで添付することになるでしょう。それでなければ、契約者の債務を引き受けて支払いをするだけの所得があるかどうかを、確認できません。

 あくまでも賃貸契約書の保証人としての要件が、どのように限定しているかどうかによって、保証人を選任することになります。
    • good
    • 0

 契約書の文面に保証人の職業に変化が生じた場合の通知義務があるのですか。

なければ、こちらから、わざわざ通知する必要はありません。また、実際問題としても賃料の延滞もないのに、保証人の職業が違っていることがわかっても、解約させられることはありません。
    • good
    • 0

>保証人である父が、契約期間中に定年退職してしまいます。


>「ウソを書いた」ということになってしまうのでしょうか?

退職しようとすまいと全く関係ありません。ウソではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>退職しようとすまいと全く関係ありません。ウソではありません。

では、今はまだ良いですが、退職した後はどうなるのでしょうか。
書いてある内容と、実際が異なっていてもウソではないのですか?

お礼日時:2002/02/02 17:09

 保証人の要件は、契約当事者が支払い等の契約を履行しなかった場合に、当事者に変わって債務を負担することが出来れば良いことになります。



 従って、就職していることや退職していることが、保証人の条件にはなりませんので、ご心配の必要はありません。ただし、賃貸契約の条件として、保証人は職に就いている人との条件が提示されている場合には、その条件に適合した保証人を選ぶ必要はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

>就職していることや退職していることが、保証人の条件にはなりませんので、

では、別の条件で、
契約期間内にその条件が満たされない状態になることが事前に分かっている場合、
保証人として書くことは許されるのでしょうか。
(具体例が分かりませんが)
極端な例で「書いた翌日」条件が満たせないなんて場合は、どうなんでしょう。
それでは、保証人とは呼べない気がするのですが…。

お礼日時:2002/02/02 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員採用時の保証人について。

公務員採用時の保証人について。
年金生活者の両親でもOKでしょうか。
保証人の職業ナシでもいいのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

元公務員です。前にも、ほぼ同様の質問をされていらっしゃいますね。

公務員採用時の保証人というのは身元保証人と言うことですので、借金などとちがって特に定職が必要なものではありません。ですので年金生活者の両親でも結構です。

以前にも回答したとおり、合格してから考えたら良いことですよ。身元保証人の職業の有無は採用試験には何の関係もありません。採用されてからの話です。まず、公務員試験突破目指して頑張ってください。

採用されることをお祈りします。

Q契約書の印鑑が実印でなかった場合のその契約書の有効性について

半年ほど前に、企業間であるシステム構築の契約書を交わしました。ところが、後日、契約書に押された相手会社の印鑑が法務局に登録された印鑑と異なっていることが判明しました。
この場合、この契約書は無効になるのでしょうか。
無効だとすると結構、困ったことになるのです。

どなたがご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

法律上、印鑑証明書を添付する必要がある書類は実印でなければなりませんが、
それ以外の書類についてはどの印鑑を使用しても本人が押印したものであれば
契約の効力はあります。

gengoro8さんのご質問の場合、
公的書類でなく、ごく一般的な契約書であったとしたら、
記名した人のと同じ名前の印鑑で
記名した本人が押印したものであれば有効となります。

ただし、上記以外の場合であり故意によるものだとしたら
有印私文書偽造、詐欺などに該当する可能性があるのではないでしょうか。

Q保証人代行について

僕は現在、賃貸マンションで一人暮らしをしており、保証人は親なのですが、将来にわたっては親が死去したり失業したりするかもしれません。

僕は経済力がないため、僕自身、職業にずっとあり続けられるか分かりません。

保証人代行というものもありますが、いまいち怪しくて危険に感じます。

ほんとうに保証人の代行をしてくれる良心的なところはあるのでしょうか?

保証人代行に関して、詳しい方がいらっしゃれば、ご教示くだされば幸いです。

Aベストアンサー

不動産会社では、家賃未払いのための保証会社を扱っているところが増えてきました。それだけ、家賃を滞納する人が増えてきたこともあるし、保証人になってくれる人が少なくなってきたという理由もあります。そういったことを改善するためか、そういった保証会社が多くなってきました。
ただ、質問のケースのように、すでに契約中のところの保証人が変更する場合はダメで新規契約しか受け付けないところもあります。契約途中でも可能な会社はありますが、今までに滞納が繰り返しされていると拒否されることもあります。

このような家賃保証会社というのは、まだ設立してから期間があまり経っていない所が多く、中には怪しいところ(保証料金だけ取っておいて、後で逃げるとか)がでてくるかもしれません。しかし、実際にはまだ始まったばかりなので、そのようなことを目的としているとしても、まだ、逃げる時期ではないです。今後はわかりませんが・・・。それでも、有名なところやバックがしっかりしている会社でしたら大丈夫かと思います。

仮に、質問者さんの保証人である親御さんが亡くなった場合、どのような対応をするかは大家さんや管理会社次第です。大家さんが、代わりの保証人を探して下さいと言われればそのようにしなければなりません。代わりの保証人がいなかったり、保証するには不十分な人を探しても、大家さんがダメと言われれば退去しなければなりません。でも、保証会社がでてきたことから、保証会社に加入することで引き続き入居が可能になるケースが多くなりました。
保証会社によって支払う保証料が違ってきます。1年ごとに請求するところもあれば初回のみ請求するところもあります。どの保証会社かを借主側が選択することは難しいでしょう。結局、希望する保証会社があったとしても、管理会社が扱っていなければ加入できないからです。管理会社の中には複数の保証会社を扱うところでしたら、どちらかを決めることができるかもしれません。

しかし、保証会社に加入することによって実質的に利益を受けるのは大家さんです。勘違いをされる人がいるのですが、保証会社が代わりに家賃を払ってくれたとしても、借主はその分を保証会社に払わないといけません。保証会社に加入することによって、借主のメリットになることは、そのことによって保証人なしで入居ができるということくらいです。デメリットとしては、保証料を払わないといけないということです。

ちなみに、不動産会社によっては、保証会社の加入と保証人を要求するところもあります。保証会社に加入するのだから保証人は不要なのでは、と思われるかと思いますが、保証人をつけることによって保証料が安くなることが多いです。(例えば、保証人なしであれば家賃1ヵ月分の保証料だとすると、保証人をつければ0.5ヵ月分というような感じです。)

私が説明したのは、不動産会社が扱うような保証会社のことです。個人が保証人になってくれるような代行とは違いますのでご注意下さい。(ちなみに、個人が保証人になってくれるようなところでも、アパートを借りる時の保証人の条件には親族でなければならなかったり、同じ市内に住んでいないとダメというところが多いですので、大家さん側の方で断られることがありますので注意して下さい。実際、親族以外の保証人はあてにならないことが多いので嫌われます。)

不動産会社では、家賃未払いのための保証会社を扱っているところが増えてきました。それだけ、家賃を滞納する人が増えてきたこともあるし、保証人になってくれる人が少なくなってきたという理由もあります。そういったことを改善するためか、そういった保証会社が多くなってきました。
ただ、質問のケースのように、すでに契約中のところの保証人が変更する場合はダメで新規契約しか受け付けないところもあります。契約途中でも可能な会社はありますが、今までに滞納が繰り返しされていると拒否されることもあり...続きを読む

Q会社と取り交わした雇用契約書について質問があります。その雇用契約書には

会社と取り交わした雇用契約書について質問があります。その雇用契約書には残業時間40hまでは残業代を支払うと記載されてあります。入社してから毎月の平均残業時間は50hです。退職時に40hを超えた分の残業代は請求できるのでしょうか?

Aベストアンサー

お礼、読ませていただきました。

勤務票などの勤務実態がわかり、給与で計算に不利益がわかるように給与明細など、さらには、雇用契約書の控などでしょうかね。

ただ、退職される意思がおありなのでしょうか?
退職の予定が出来ていない状態での勤務では、不満が続いてしまいますよ。

質問のような計算をされたりしている人はあなただけでしょうか?
何人もいるような状態で、あなたが芝居などが出来るのであれば、匿名などで労働基準監督署へ相談し、会社への指導をしてもらうことも可能かもしれませんね。
不満を改善して長く勤めたりを考えることも大切ですよ。
ただ、監督署へ相談したのがあなただと会社へ知られて不利益な取り扱いを受ける可能性もあるでしょう。もちろん、このようなことでの不利益な取り扱いを行えば、会社は違法行為となるかもしれませんが、違法につながることを立証できないような内容であれば、辛いこととなりますね。

事前に労働基準監督署で相談などを行い、証拠集めを含め計画的に行うことも良いかもしれません。

Q身元保証人について

私の妻の母親が再就職するにあたり身元保証人になってほしいとの依頼を受けました。
因みに、保証人は2名で内1名は母親の夫であり、もう1名の保証人が必要とのことで私が引き受けることになりました。
身元保証人に係わる記載事項等について質問させてください
(1)妻の母親の身元保証人に私がなることは可能でしょうか?
 (基本的な質問ですみません)
(2)本人との関係
 (名称を何と記載すればよいのでしょうか?)
(3)職業
 (現在、求職中です)
大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1)卑属が尊属の保証人になってはいけないという規定はないはずです。だから、その会社がそれで
いいと言えば構わないでしょう。

2)女婿 または 娘婿

3)無職 か 求職中 とするしかないのでは・・・

 なお、身元保証人は、被保証人が会社に損害を与えたとき(といっても単なるミスではなく、
使い込みなど)、本人が賠償できなければ賠償する責任があります。保証期間は、取り決めが
ある場合は最長で5年、なければ3年で、保証人が死亡しても、その人の相続人には責任が
引き継がれません。

いずれにせよ、経済的な保証をするものですが、経理など特別な仕事をするのでない限り、
「無職の人ではだめ」などとは言わないと思いますよ。

Q契約書を交わした企業があります。その企業に対して契約書どおりの請求金額

契約書を交わした企業があります。その企業に対して契約書どおりの請求金額を払ってもらいたく、話をしますが、まったく請求金額を払おうとしません。どうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>どうしたらいいのでしょうか。

まずは、相手に一生懸命にお願いです。

それでもダメなら、公正な第三者に相手と自分の言い分のどちらが正しいかの判断を仰ぎ決めてもらいます。
すなわち裁判(公正な第三者)で決着をつけることになります。

Q高校の誓約書の保証人について教えてください

過去の、質問を検索して調べてみたのですが、少しわからない事があるので、ご回答お願いいたします。

私立高校へ提出する書類に、誓約書(確約書)というのがあるのですが、
保証人を記入しなくてはならないようになっています。
保証人の条件として、25歳以上の世帯主で、必要に応じて保護者の代理ができるもの(県外在住可)となっています。
こういうものは形式的なものだと思うので、最初は、遠方に住んでいる、父親に保証人をお願いしようと思っていました。
しかし、保証人の欄には、住所、氏名の他に、職業や職場の住所、電話番号などを、記載しなくてはなりません。
父は、とっくに定年退職しており、年金暮らしです。
やはり、職業などをしっかり記載することになってる場合は、ちゃんと仕事を持っている人に保証人にするようにという意味なのでしょうか?
もし、父に保証人にした場合、職業欄は無職と記載するのでしょうか?
ご経験者や、ご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

 大丈夫ですよ。
 私も定年している方にお願いしました。
 職業欄に何て記載するかは分からないです。。
 すみません><

Q契約書の一部が変更・差し替えができるようになっていた場合、その契約書は有効ですか?

・メールで交わした契約書において、免責事項など相手にとって有利な部分がURLになっており、変更・差し替え可能となっています。

・URLの部分は有効でしょうか?

・契約前にURL内容を保存し忘れてしまいました。

普通、契約書は1枚になっているか、割り印が押されていますよね。
URLでくっつけたとしたら、「契約書にはさみこんだ紙」ではないでしょうか?
(ダウンロードを忘れてしまったのですが、)仮にちゃんとダウンロードしていたとして、後日相手方が書き変えたとしたらどうなるのでしょうか?

============================
*** 御中

お申込月日 :平成20年9月*日    
営業担当  :***

■お申込み企業情報
御社名   :***
郵便番号  :***
ご住所   :***
電話番号  :***
FAX番号   :***
代表者様名 :***
担当者様メールアドレス:***
契約期間  : 1年

サービス開始予定日:2008年9月*日

登録料金  :***円(税込み)


■利用規約
利用規約をダウンロードしていただけるURLを以下に記しておりますので、内容をご確認の上、保存いただきますようお願い申し上げます。

利用規約 ダウンロード用URL
http://***
============================

法律の条項を一緒に教えていただけると大変助かります。
よろしくお願いします。

・メールで交わした契約書において、免責事項など相手にとって有利な部分がURLになっており、変更・差し替え可能となっています。

・URLの部分は有効でしょうか?

・契約前にURL内容を保存し忘れてしまいました。

普通、契約書は1枚になっているか、割り印が押されていますよね。
URLでくっつけたとしたら、「契約書にはさみこんだ紙」ではないでしょうか?
(ダウンロードを忘れてしまったのですが、)仮にちゃんとダウンロードしていたとして、後日相手方が書き変えたとしたらどうなる...続きを読む

Aベストアンサー

署名捺印された契約書であっても、電子メールやWEBページなどの電子データであっても、裁判上は、契約内容を証明する一つの証拠にすぎません。

これら証拠をどの程度信頼するかというのは、裁判所の自由な判断です。

一般的には、ご指摘のように、一方の当事者がいつでも(改ざんしようと思えば)改ざんできるという状態であれば、裁判所のその証拠に対する信頼度はそれなりに低いものとなるはずです。

もっとも、裁判所は、裁判内で主張される全ての事情を考慮して事実の有無を判断します。したがって、「改ざんされる可能性がある」という一つの事情を取り上げて、有効か無効かを問うことに、あまり意味はありません。

Q賃貸保証人について

教えて下さい 去年家を借りた時には保証人をたてることができずに保証会社を通し 現在に至るのですが、今、私の彼氏が保証人を申し出てくれており、以前「親戚や勤め先以外の人間でないとダメ」と聞いたことがあるので、実際のとこが知りたいです。彼とは年内入籍の予定の間柄です。ただ、彼の職業が不動産で、同じく前に不動産勤めの人の保証人は立てられないと聞いたことも。文が稚拙ですがよろしくお願いします

Aベストアンサー

#1補足です

一般に保証会社ですでに契約が出来ている場合、変更を嫌がるでしょう

・不動産屋にバックマージンが有るかも知れません
・大家も保証人変更でメリットが有りません

で、当てにならない保証人より保証会社を選択するでしょう

Qマンションの貸主が変わった場合、連帯保証人が通知を受けておらず新契約書に署名押印していない場合、連帯保証は無効か?

H15年3月に弟がマンションを借りるとき、私が連帯保証人になりました。
H17年12月になっていきなり「家賃を6ヶ月滞納しているから本人の代わりに払え」とマンションの管理会社から電話が来てびっくりしました。

管理会社の名前に聞き覚えがないため、とにかく会って事情を聞いてみましたところ、以下の事実が判明しました。
1)私が連帯保証人として署名捺印したときの貸主(A)の財政状態が悪化し、債権回収会社(B)へ物件が譲渡された。
(B)と弟との間で新たな賃貸借契約が交わされていた。
その契約書の契約日の欄は空欄。連帯保証人の欄に私の住所氏名等が書かれていたが、当然私は自署していない。押印も無い。
2)その後(B)はH17年4月にデベロッパーの(C)へ物件を譲渡。(C)と弟との間で新たな賃貸借契約が交わされていた。
やはり契約書の連帯保証人の欄には私の住所氏名が書かれていたが、当然私は自署していない。押印もしていない。
3)私に電話をかけてきたのは(C)の子会社で、(C)の物件の管理を行っている。

このような場合、私は貸主変更の通知を受けていないし、契約書に押印もしていないので、
・契約書は無効であり、
・(B)に対しても(C)に対しても、私は弟の連帯保証人ではない
と言い切れるでしょうか。
よろしくアドバイスお願いします。

H15年3月に弟がマンションを借りるとき、私が連帯保証人になりました。
H17年12月になっていきなり「家賃を6ヶ月滞納しているから本人の代わりに払え」とマンションの管理会社から電話が来てびっくりしました。

管理会社の名前に聞き覚えがないため、とにかく会って事情を聞いてみましたところ、以下の事実が判明しました。
1)私が連帯保証人として署名捺印したときの貸主(A)の財政状態が悪化し、債権回収会社(B)へ物件が譲渡された。
(B)と弟との間で新たな賃貸借契約が交わされていた。
その契約書の契約...続きを読む

Aベストアンサー

以前不動産屋に勤めていたので、何かの足しに。
結論から言えば連帯保証人では無いです。
が、家賃の滞納が貸主(A)の時の物であれば保障責任がある事になります。
物件は譲渡されたが、賃貸契約も一緒に譲渡された訳では無いです。その証拠に(B)は弟さんと賃貸契約を結び直しているのです。
貴方はあくまで(A)と弟さんの賃貸契約の連帯保証人として署名捺印している訳で、(B)や(C)との賃貸契約の連帯保証人であると自分でも知らなかった&認めていない(署名捺印無し)訳です。

(B)も(C)も賃貸契約書を交わす時、「あれ?契約書に連帯保証人さんの実印が無いですね?これでは駄目ですので、ちゃんと本人に記入捺印してもらって下さい」と言わないので、言わば連帯保証人無しで賃貸契約を結んだ事になっているのです。
この契約内容(連帯保証人抜き)で良いと(B)も(C)も判断した。と思われても反論出来ないので、全うな不動産屋ならこんな初歩的なミスはしません。

余談ですが、弟さんの家賃滞納は事実なのでしょうから債務は残ります(強制退居になっても)。
不動産屋の横の繋がりはあなどれないので、新しい住居を借りようとしても、家賃滞納で追い出された人物と新たに賃貸契約を結ぶ事は難しいと思います。

以前不動産屋に勤めていたので、何かの足しに。
結論から言えば連帯保証人では無いです。
が、家賃の滞納が貸主(A)の時の物であれば保障責任がある事になります。
物件は譲渡されたが、賃貸契約も一緒に譲渡された訳では無いです。その証拠に(B)は弟さんと賃貸契約を結び直しているのです。
貴方はあくまで(A)と弟さんの賃貸契約の連帯保証人として署名捺印している訳で、(B)や(C)との賃貸契約の連帯保証人であると自分でも知らなかった&認めていない(署名捺印無し)訳です。

(B)も(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報