ブロッコリーのつぼみの部分が紫色に変色したものがあります
某機関に問い合わせた所 アントシアニンであるから食べても悪い影響はないといわれました
本当に問題がないのか 教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

MiJunです。



先に紹介したURLに以下の記載があります。
================================
Estimate of acceptable daily intake for man
0-2.5 mg/kg bw.*
================================
先の回答の推測値とorderが異なりますが、いずれにしても
摂取したブロッコリーに含まれるアントシアニンは150mgにはならないでしょう・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
今後、このような事があっても安心して購入・消費したいと思います

お礼日時:2002/02/04 10:03

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ANTHOCYANINS」
このページで「Acute toxicity:急性毒性」の項でマウスの経口投与のLD50からヒトのLD50を推測すると、82.5g/m2で約120gに相当します。

ブロッコリーに含まれるのは相当少量ではないでしょうか・・・?

アントシアニンのような物質は健康番組でもいろいろ紹介されてますが、量的なことは聞いた記憶がありません・・・?
そのような意味では安全なのではないでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.inchem.org/documents/jecfa/jecmono/v1 …
    • good
    • 0

アントシアニンは植物にはよく含まれている色素です。


一般に赤~紫色で、
酸性だと赤、アルカリ性だと青っぽい色になります。
果実のほか紫キャベツなどにもふくまれていて、
「紫キャベツでpH計をつくろう」
などという実験にもよく使われます。

ほんのり色が着いている程度なら
全く問題ないと思いますよ。
    • good
    • 0

「アントシアニン」は


ブルーベリーにも含まれている
健康食品にも使われているものです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(本文抜き出し)

アイバランスは北欧産の野生のブルーベリーを使用したブルーベリー加工食品です。

ブルーベリーはツツジ科の植物で、ジャムやお菓子の素材として多く利用されいます。ブルーベリーの特徴である果実の濃い青紫色は、天然色素アントシアニンによるものです。このアントシアニンはとくに果皮に多く含まれており、目の健康維持の成分として注目されています。


ブルーベリーのエキスを抽出した商品はたくさん販売されていますが、選ぶときは有効成分の「アントシアニン」の含有量がポイントです。
ブルーベリーには野生種と裁培種があります。
野生種は裁培種に比べ貴重品のため高価ですが、「アントシアニン」が約10培も多く含まれています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

下のURLは
調べたところ
アントシアニン
が目にいい事がかかれています
そのブロッコリーの紫色素が
アントシアニンならば
ご安心してお食べくださいませ

でもブロッコリーのアントシアニンはあまり聞いたことがありません

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=77904
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブロッコリーの冷凍保存方法について。

ブロッコリーをお弁当用に小分けして冷凍保存しておこうと思うんですが、テレビで母がゆでるよりも蒸す方が栄養が逃げないっていうのを見たというんですが、もう少し詳しく分かる方はいませんか?
母も最初の方を見逃してしまってあまりよくわからないようで・・・。
蒸し器だとでかいんですけど、フライパンとか小さいお鍋とかそういうのでも出来るんでしょうか?

Aベストアンサー

そのテレビ放送というのは私も見ていないですが、確かにブロッコリーは茹でると栄養が逃げるらしいです。ほうれん草とかもそうですが。
栄養が逃げやすい野菜は蒸した方がいいみたいですね。

100円ショップでも蒸し器のようなものが売ってますよ。ダイソーなら確実にあるハズです。プラスチックで出来ていて、水を張った上にアミアミのようなのを置いて、その上に野菜を置くんです。蓋付きです。それで電子レンジでチンすればOK。小さいしお手軽です。もちろん、チルドのシュウマイとかもOKですし。
台所用品のタッパーとか置いてる辺りにあると思います。

日本直販で見かけるフライパンとかでは、野菜の水分だけで蒸せるようなのが最近売ってるのもよく見かけますし。

ネットでも、野菜→冷凍保存、とかで検索すると、色んな野菜の冷蔵・冷凍保存の方法がたくさん見つかりますよ。参考になったかな???

Qブロッコリーの食べられる部分(調理出来る部分)

いつもブロッコリーは下湯でをしているのですが、どーしても硬い部分があったり、酷いと筋みたいな感じで繊維が全然食べられない(口に入れてから出す・・・きたなくて済みません)時があるのですが、ブロッコリーのこの部分はやめておいた方が無難・・というのがあれば教えて頂けないでしょうか?因みに、私も下の根元ギリギリ部分は薄く切り落としています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

購入される時に産地の確認はされていますでしょうか
輸入物で有れば足の部分は硬いので やめておいた方が無難です
国産でしたら根元ギリギリまでOKですよね
見分け方(表示して居ない?)としては
傘の部分の外側が綺麗か荒れているかで判断出来ます
国産は真空(減圧)で輸送されますが、輸入物は冷凍で輸送される為
氷焼けを起こす分、茹でても繊維質の残り感が感じられる様ですね

Qブロッコリーの保存方法

ブロッコリーを1株(?)買ってくると
すぐに茹でます(実際には蒸す感じですが)

冷めたらタッパーに入れて野菜室、なのですが
大人2人では沢山食べきれず、
3日目になると色も変わり、少し匂ってきて
いつも三分の一は捨てる羽目になります。
安くない野菜なのに勿体ないことをしています。

質問は、一度に茹でずに食べる分だけ切って調理したほうが良いかと言う事です。

(茹でたものを冷凍→解凍して食べた事もあるのですが
水っぽくて美味しくありませんでした。)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 質問は、一度に茹でずに食べる分だけ切って調理したほうが良いかと言う事です。

食べる分だけ調理したほうが良いです。

そのために我が家では野菜の保存に鮮度保持袋を利用しています。老化促進ホルモン「エチレンガス」を吸収する特殊なビニール袋です。これに野菜を入れて冷蔵のいわゆる野菜室に入れています。

その中でもお勧めはこちらです。
愛菜果(野菜・果物 鮮度保持袋)
http://www.nipro.co.jp/info_section/kizai_kitchen01.html

ものにもよりますが、嘘のように長持ちします。ブロッコリーなら数日は見た目の変化も出ないほど持ちます。お試しください。

Qさつまいもの変色部分のえぐみについて

さつまいもが少し黒くなってるところを食べてしまうと、変な舌に残るようなえぐみというか苦みがありますよね?
あれって何ですか?
体に害はありますか?

Aベストアンサー

 青黒い変色でえぐみ・苦味が残るとすると、サツマイモ固有の成分のクロロゲン酸の可能性があります。これだとポリフェノールの一種ですので、体に害はない(むしろ有用かも)と思います。
 病害等による黒変の場合も、農産物の傷みは異常な量を食べない限り影響しないといわれますので、まず心配する必要はないと思います。

Qキャベツの保存方法

キャベツの保存方法
冷蔵保存
冷凍保存
真空保存
その他の保存

この中で芯をとったキャベツで一番長持ちする保存方法はどれで、どれくらい持ちますか?

Aベストアンサー

>キャベツの保存方法

     ↓
一般家庭なら、冷蔵庫の野菜室での低温・定温と高湿による保存だと思います。(約1ヶ月)

野菜は栽培状態で休眠状態にするのが保存・鮮度の面で長持ちの秘訣だと聞きます。
つまり、温度・湿度・風がチェックポイントです。
なるべくキャベツは、丸々一個を外側の傷み気味の葉も一緒にして、上下方向を変えず、新聞紙で包み(虫除け、保湿、風除け)時々は新聞紙に霧吹きで水分補給する。
傷みは、切り口・空気との接触面積から水分が奪われ、風で乾燥し、環境変化で傷みが早くなります。

それと、成長は劣化・腐敗にも繋がるので、保存時は芯に切り込みを入れ、芯下部を切り取り、そこに脱脂綿を湿らせた物を詰めておく。
そして、なるべくは休眠状態にするように約2~5℃程度の低温・温度変化の少ない冷蔵庫の野菜室とか床下に置く。
そうしますと、一部外側の葉は傷みますが、中は約1ヶ月程度は持ちます。





ご参考:ネット検索からの転載

・キャベツ

・保存環境
葉っぱ1まいづつ
キャベツは一枚一枚葉をはがして使うようにしましょう。二つに切ってしまうと切り口から水分が抜けていってしまいます。キャベツの保存で注意すべきは水分をいかに保つかです。購入の際もきったものではなく、丸ごとのを買うようにしましょう。


立てて保存する
キャベツを保存するときは芯を下に向けて立てて保存します。キャベツやキュウリなど、縦に伸びる野菜には上下感覚があり、土の中では横の状態から縦になろうとエネルギーを消費するものです。同じように横にして保存すると、上に立ち上がろうとして無駄に水分と糖分を浪費してしまい、その結果しおれるのが早くなります。鮮度を保つためにも立てて保存するようにします。


芯に切り込みを
キャベツや白菜は根を切り落とされてもなお成長しようと呼吸をしています。その結果、芯から花を咲かせるものもあります。そうなるとよけいな栄養分が消費されてしまうので芯に切り口を入れておきましょう。


芯を切り抜く
キャベツをおいしく食べれるのは1週間ぐらいです。しかし芯を切り抜いて変わりに水を含ました脱脂綿やキッチンタオルを詰めておけば2週間は持ちます。脱脂綿はかわかないようにときどき水分を補給してください。


切って冷凍保存
キャベツをあらかじめせん切り、あるいはざくぎりにしておいて水につけてしっかりと水分を含まして、水切りをしたあとに冷凍保存をしておけば、水分もぬけにくく、料理の際の手間も省けて便利です。

>キャベツの保存方法

     ↓
一般家庭なら、冷蔵庫の野菜室での低温・定温と高湿による保存だと思います。(約1ヶ月)

野菜は栽培状態で休眠状態にするのが保存・鮮度の面で長持ちの秘訣だと聞きます。
つまり、温度・湿度・風がチェックポイントです。
なるべくキャベツは、丸々一個を外側の傷み気味の葉も一緒にして、上下方向を変えず、新聞紙で包み(虫除け、保湿、風除け)時々は新聞紙に霧吹きで水分補給する。
傷みは、切り口・空気との接触面積から水分が奪われ、風で乾燥し、環境変化で傷みが早...続きを読む

Qジャガイモの黒く変色した部分は腐敗じゃない?

某社のポテトを宅配してもらったところ、一部が真っ黒に変色しておりました。
焦げとは違い、元の組織自体が黒かったような感じでした。
腐っているのかと思い、販売会社に調査を依頼したところ、
・ジャガイモが急成長した際に内部が空洞化し黒くなる"ホローハート"と呼ばれる現象と推察される
・輸入時に取り除いているが、チェックが不充分で混入してしまった
・健康に有害なものではなく、製造工程で高温加熱加工している為、食しても人体に影響はない
との回答がありました。

けれど、「ホローハート」で検索してもアクセサリが引っかかるだけでした。
ジャガイモが急成長すると、黒く変色することはありえるのでしょうか。
また、ホローハートと呼ばれる現象は存在するのでしょうか。
食べはしなかったので体調は崩しておりませんが、今回以外にも同じ変色したポテトがよく見られるので、不安になっております。
お知恵を貸して下さいm(_"_)m

Aベストアンサー

日本語で黒色心腐(ぱんだ、あんこ)
英  名で Black heart
http://www.geocities.jp/a5ama/blackh.html

海外サイト  に Hollow Heart
http://instruct1.cit.cornell.edu/courses/hort220/potato_defects/physiological_defects.html

Qお寿司の保存方法

お寿司の保存方法ですが 特にシャリの方ですが ぼそぼそにならない保存方法は無いでしょうか?2日ぐらい持てばいいのですが いなりとかちらし寿司などです。

Aベストアンサー

新聞紙に包んで野菜室に入れておけば、ごはんが硬くなりません。私はよく京都の鯖寿司を買いますが、お店の方からその保存方法を教えていきました。ラップで普通の冷蔵に保存すると硬くなります。

Qなすの皮の紫色の部分

なすの皮の紫色の部分には、ポリフェノールが含まれているかいないか教えてください。

Aベストアンサー

アントシアニンと呼ばれるポリフェノールが入っていますよ。
これはブドウと同じ物です。

Qアサリの保存方法

アサリを沢山取ったのですが、一度に食べきれないので、どうにか保存をしたいと思います。むきみでの冷凍保存は、知っていますが、殻付の保存方法を、教えてください。又その保存方法でどのくらい、日もちしますか?

Aベストアンサー

 砂抜きして、良く洗ってそのままジップロックなどに入れて(1回分ずつ)冷凍してますよ。TVで「シジミは冷凍した方が栄養価が高くなる。」と言っていたので、「それじゃアサリもそのまま冷凍できるな。」と思ってやっています。

 凍ったまま調理します。おいしさは変わりませんよ。日持ちは冷凍庫内の温度や凍るまでの時間によって違うそうなのですが、3週間は大丈夫だと思います。

Qぶどうジュースでもアントシアニンなど入ってますか?

ぶどうジュースでもアントシアニンなど入ってますか?
ブルーベリーが目に良いらしいのですが、近所でブルーベリーを扱っている店がありません。
ウェルチというぶどうジュースなら売っているのですが、ぶどうもアントシアニンは配合されているのでしょうか?

Aベストアンサー

葡萄(赤い色のもの)にも、アントシアニンは含まれます。

アントシアニンを含む主な食品:
クワ・クランベリー・カシス・ハスカップ・ブルーベリー・ブラックベリー・プルーン・ビルベリー・ブドウ・ラズベリー・イチゴ・赤キャベツ・ナス・黒米・黒豆・黒ゴマ・ムラサキイモ・小豆・赤たまねぎ・赤シソ

ただ、アントシアニンが目にいいというのはいわゆる「民間療法」の域をでておらず、アントシアニンを薬効成分とする医薬品はありません。
動物実験等で、ある程度の薬理作用があるとの実験結果はでていますが、必ずしも健康が増進することを保証するものではありませんので、その点を理解した上で召し上がってください。

ちなみに、生ブルーベリーは扱いのある店でもごく短い期間しか販売しません。
逆に、冷凍ブルーベリーは通年扱っているスーパーが多いです。
半解凍でシャーベット代わりに食べるとおいしいですよ。
ブルーベリージャムやブルーベリー入りの健康食品もありますので、一切ご近所に扱いがないという事はないかとおもいますが。
どうしてもという事でしたら、通販もありますしね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報