乾電池の電圧は1.5Vで充電池は1.2Vですよね。
どうして電圧に差があるのでしょうか?

ホームセンターで探しましたが、充電池はすべて1.2Vでした。
1.5Vの充電池って市販されていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

電池の電圧というものは電極同士のイオン化傾向の差が大きいほど高くなります。

陰極に亜鉛、陽極に炭素を使っている乾電池は、ニッカド電池やニッケル水素電池よりも陽極と陰極の素材のイオン化傾向の差が大きいため、電圧が1.5Vと、ニッカド電池などよりも少々高くなります。

1.5Vの充電式電池ですか・・・
市販されている中では私は見た事は有りません。ですが、前にも述べました通り、電池の電圧というものは電極の素材によって異なるので、無いわけではないです。(最近発売された充電式アルカリ電池はひょっとしたら1.5Vかな?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taka113さん、回答ありがとうございます。
よろしければもう2つおしえていただけませんか?

1.電極同士のイオン化傾向の差が大きいほど電圧が高くなることについて

現在の充電池の電圧の主流が1.2Vということは、今までは技術的に
これ以上の電圧を生み出すことが難しかったということなのでしょうか?

2.1.5V-1.2V=0.3Vの差について

今、ある装置に充電池を2つ乗せて動かしています。本当は1.5Vの乾電池
2つを使用するため、3.0Vないと動かないはずですが、充電池2つの
2.4Vでも動作しています。これはなぜでしょう?
そもそも充電池は乾電池に比べ、0.3Vもの差があるのに、乾電池の
代用として使えるものなのでしょうか?

もしわかれば教えてください。よろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/03 01:30

素人相手だと思って少しおざなりな説明をしたので反省して少し丁寧に説明します


電源をvcc[V](プラス)とし閾値はvcc/2とします
cmosはnmosとpmosを組み合わせて構成されています
nmos,pmosは共にソース,ドレイン,ゲートの3端子からなります
nmosのソースはグラウンド側にpmosのソースは電源側にそれぞれ接続され
nmosのドレインとpmosのドレインは接続され出力端子となり他のcmos回路の入力端子に接続され
nmosのゲートとpmosのゲートは接続され入力端子となり他のcmos回路の出力端子に接続されます
nmosはゲートがハイレベルのときドレイン-ソース間に電子が引き寄せられ電子の通路nチャンネルが形成されonになりますが
pmosはゲートがハイレベルのときドレイン-ソース間から正孔が排除されて正孔の通路pチャンネルが形成されずoffになります
pmosはゲートがローレベルのときドレイン-ソース間に正孔が引き寄せられ正孔の通路pチャンネルが形成されonになりますが
nmosはゲートがローレベルのときドレイン-ソース間から電子が排除されて電子の通路nチャンネルが形成されずoffになります
vccが大きいとローレベルは閾値から十分低くなりハイレベルは閾値から十分高くなります
従ってvccが大きいと電子や正孔が十分加速されることとonのチャンネルが十分太くなることが相まって動作速度が速くなるのです

参考URL:http://www.sf.t.u-tokyo.ac.jp/~fuji/MOSswitch.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。

当方電気電子の知識がなく、ほとんど素人ですので
下で説明していただいた文の方が感覚的にはわかります。
少しひまがあれば深く掘り下げて勉強してみようと思います。

お礼日時:2002/02/06 22:26

これは回路中の電子の速度は電圧に依存するということなのでしょうか?:


現在の電子回路の主流はcmosLSIです
cmosの基本回路であるインバータのスイッチングスピードがインバータの入力ゲート電圧の変動幅が大きいほど早いのです
(3vだと閾値が1.5vだから変動幅は3v-1.5v=1.5v)
電子の速度が速いからと言ってもいいですが
電子や正孔が十分にインバータゲートにたまるのが速いと言った方がいいでしょうね
cmosだけではなくTTLなど他の電子回路も概ね電圧が上がれば早くなります
ただcmos以外だと上限電圧が低いので注意
    • good
    • 0

>現在の充電池の電圧の主流が1.2Vということは、今までは技術的に


これ以上の電圧を生み出すことが難しかったということなのでしょうか?

全くそう言うことは有りません。起電力がたまたま1.2Vだったニッカド電池とニッケル水素電池が市場で多く出回っただけだと思います。
実際にリチウムイオン電池と呼ばれる二次(充電式)電池は1セルあたりの電圧が3.0Vとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taka113さんありがとうございます。
なるほど。理解できました。
リチウムイオン電池ってデジカメの電源として使われているやつですよね。

お礼日時:2002/02/03 12:02

「本当は1.5Vの乾電池 2つを使用するため、3.0Vないと動かないはずですが、充電池2つの 2.4Vでも動作しています。

これはなぜでしょう? 」:
装置の設計時に電圧がある程度降下したも装置が動くように余裕を持って設計されているからです
cmosのLSIなら3[v]で十分に動きます
勿論電圧が高い方が処理速度が速いのですがある程度電圧が低くても許容範囲内の処理速度が保証されています
    • good
    • 2
この回答へのお礼

nuubouさんありがとうございます。

>勿論電圧が高い方が処理速度が速いのですがある程度電圧が低くても
 許容範囲内の処理速度が保証されています

これは回路中の電子の速度は電圧に依存するということなのでしょうか?

お礼日時:2002/02/03 11:50

> そもそも充電池は乾電池に比べ、0.3Vもの差があるのに、乾電池の


普通の乾電池は1.5Vからだんだん電圧が下降していき、平均すると1V程になるそうなのですが、
充電池はほぼ1.2Vで安定して出力されるそうです。
(少し容量は少ないそうです。

一般にこの1V~1.5Vの幅を考慮して設計されている物が多いので、代用出来るようです。

もっとも、これは伝聞ですが、、、良いページがあったのですが、無くなっているようです…
    • good
    • 4
この回答へのお礼

sssoheiさん、どうもありがとうございます。
余裕をもって設計がされているのですね。

お礼日時:2002/02/03 11:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニカド電池の充電について、1.2V×4=4.8V、1.2V×5=6.0

ニカド電池の充電について、1.2V×4=4.8V、1.2V×5=6.0V,などで、手元にある充電器を使うとまずいでしょうか?
ニカドは1.2V×6=7.2V/700mAhのものを分解して使いたいと思っています。

充電器は、DAIWAのAC-4Aというものなのですが、仕様がINPUT:120VAC 60Hz 15W , OUTPUT:12V DC 360mAと記載があります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ニカド(カドニカ)電池の充電については、次のように行うのが一般的です。

電池容量から、一時間放電電流=Cとした時、充電電流はC/10~C/50の範囲に収めます。
電池電圧は充電開始~満充電で変化します。なので、充電開始では過電流に注意し、満充電では自然放電連流と充電電流が同一となるのが理想的です。
これらを満足できればその「充電器」が利用できますが、それを無視すると非常に危険です。

充電器(AC-DCアダプター)の仕様である出力電圧と出力電流は、その出力電流の時の電圧が「出力電圧」となっているのが一般的で、出力電流が変化すると電圧も変化します。なので、「他の機器には使用しない事」が明記されているはずです。

また、ニカド(カドニカ)電池にはメモリー効果があって、「こまめな充電を繰り返すとすぐ使えなくなる」現象があるため、満充電しても容量(mAh)を使い切れないことが多々あります。

以上がご理解いただけない(このような質問をされる)状況では「手持ちの充電器で電池を充電する」行為は大変危険です。

Q1.2V充電池をミニ四駆のモーターに使えますか?

こんにちは。ミニ4駆や、プラモデル等に付属のモーターは、通常、単三アルカリ乾電池を使うよう、説明書に記述してありまることが多いですが、
ニカド、ニッケル水素等の1.2V充電池を使うことはできますか?

また、もし使えない場合は、どういった理由がありますか?

Aベストアンサー

#1の方がおっしゃる通り使用できます。ただし気を付けなくてはいけない点があります。通常の乾電池とNiCdやNiMhと言うような充電池では内部抵抗がかなり違います。これを平たく言うと取り出せる最大電流がかなり違うと言うことです。また、モーターを使用する場合モーターの負荷によって流れる電流が大きく異なるため、普通の乾電池では内部抵抗が大きく電池に流れる最大電流が小さいために、ただ遅くなったり、とまってしまうだけで済むことが多いでしょうが、内部抵抗が小さい電池を使用しているときこのような状態になると電圧が下がらずに電流が極端に大きくなりモーターや配線を焼損させる危険性があります。まぁ、ミニ4駆程度の負荷ではそんなことはないかと思いますが、モーターを他の用途に転用する際は注意が必要です。

Qニッケル水素充電池2本から出力電圧4V電流700mAのDCコンバータ

タイトルのようなDCコンバータは自作可能なのでしょうか?

大きさは直径25mmの円で高さは10mmです。
材料は一般的に入手可能なものだけを使用してです。
特注しないといけない部品を使用しません。
全部の制作代金が5000円以下にしたいです。

以上のような条件でのDCコンバータを作成することは、そもそも可能かどうかを教えて下さい。

Aベストアンサー

A4です。
補足します。

「少ないLですむ」というのは小さいインダクタンス(μH)の意味です。
(誤解を招く表現ですみませんでした)

例えば2MHzくらいのスイッチングができるICであれば、10μH
くらいのインダクタンスですみます。
10μHで2A流せるインダクタは、径8mm、高5mmくらいのコアで作れます。

コアは手巻きで巻換えできるものでないといけません。
自分で、いろんな巻数、線径のものを作って、最大効率、最小起動電圧が得られるように、カットアンドトライをする必要があるからです。
データシートにある数値はまったく当てになりません。

金額的には、2~300円でできるでしょう。
しかし、このカットアンドトライには相当な技術が要ります。

ニッケル水素の電圧はmin1.1V/セルと見ておく必要があります。
効率70%が得られたとして、電池側には1.8Aの電流が流せるよう配慮する必要があります。
(ニッケル水素単3にとって、1.8Aはかなりの負担です。電池ホルダも特殊なものがいるでしょう)

ダウンボーイ・BB NEXGEN はいずれも、min 3Vと記載してありますね。
ご希望の「ニッケル水素 2個」という条件には叶いませんね。
Wizard2はリチウムイオンの4.2V仕様となっていますね。
Madmaxで使用されるMAX1675はデータシートを見ると、最大出力電流300mAとなっていて、これもご質問の条件に叶いませんね。
http://pdfserv.maxim-ic.com/jp/ds/MAX1674-MAX1676_jp.pdf

質問をよく読んだ上で、質問に適合する回答をすべきではないかと思うのですが如何でしょうか?

わからないところがあれば遠慮なく再質問してください。

参考URL:http://pdfserv.maxim-ic.com/jp/ds/MAX1674-MAX1676_jp.pdf

A4です。
補足します。

「少ないLですむ」というのは小さいインダクタンス(μH)の意味です。
(誤解を招く表現ですみませんでした)

例えば2MHzくらいのスイッチングができるICであれば、10μH
くらいのインダクタンスですみます。
10μHで2A流せるインダクタは、径8mm、高5mmくらいのコアで作れます。

コアは手巻きで巻換えできるものでないといけません。
自分で、いろんな巻数、線径のものを作って、最大効率、最小起動電圧が得られるように、カットアンドトライをする必要があるからです。
デー...続きを読む

Q恥ずかしながら教えて下さい。電圧降下の基準電圧があり105Vを基準で、

恥ずかしながら教えて下さい。電圧降下の基準電圧があり105Vを基準で、そこからの2%までが有効範囲と考えて良いのでしょうか、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。
>電圧降下で許されてる基準電圧を105Vとし、そこから2%以下までは、OKなのか?
その通りです。やはり、予想通りでしたね。

電気主任技術者関係の基礎・電気設備関係は、下記のサイトが詳しく分かり易いので、時々利用させてもらってます。
昔の、電気工事士・電験3種の資格を取り関係の無い業種に就いていますが、再確認での利用で今でも重宝しています。
サイトマップで色々確認利用してください。
電気☆入門
http://denkinyumon.web.fc2.com/
電圧降下と許容電流 ←今回の理論・解説
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkinokiso/denatukouka.html
*疑問・問題が解決した場合は、回答受付の締め切りをお願いします。
 

Q自動車用の電球ですが、12V 2W と 14V 1.5Wでは、どちらが

自動車用の電球ですが、12V 2W と 14V 1.5Wでは、どちらが明るいんでしょうか?

Aベストアンサー

12Vでは2Wが当然明るいですが、車の場合エンジンが回転して発電機が発電している時には、14.4Vのバッテリ電圧になります。

バッテリの電圧は公称;12Vですが実際には定格電圧;13.6Vであり、室内燈は実際に使われる電圧の14Vの電球が使われます。
12Vに対して14Vは約15%アップで、12Vに対して約3倍の寿命になり12Vの電球は切れ易いことになりますので、単純に明るさだけで12V/2Wの電球を使用してはいけません。
(10%で2倍、15%で3倍寿命が異なってきます。)
 


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報