クリーニング屋で洗濯物を出したときに消費税の計算法でちょっと気になったので質問します。
洗濯物
ズボン 2点 946円
背広上 1点 683円
計 1629円
となっております。
気になっているのはズボンの2点のところです。
税抜きは450円で税込み473円なります。
通常の計算だと450円×2点=900円
で900円×1.05 =945円となると思います。
ズボンを1点づつ消費税を計算して足すと
946円になります。
小さい話ですが、1円多く払っています。
税法ではどちらの計算が正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

消費税法は、国と事業者間の課税関係を規定した法律です。



事業者と消費者間での「消費税」と称するものは、税金ではなく
単なる売上代金の一部にすぎず、これに関する規定は存在しません。

したがって、事業者は切り上げ、四捨五入、切り捨て、いずれも選択可能です。

消費者としては、どの事業者を選ぶかということでしょう。
    • good
    • 0

平成15年度消費税法改正で、末端の消費者に対して販売する場合、総額表示が義務づけられました。



つまり、値札を見ただけで最終価格が分かるようにするためです。
(1)総額のみ 473円
(2)税抜き価格併記 473円(税抜き価格 450円)
(3)税込み価格併記 450円(税込み 473円)

このような表記にしなければいけません。つまり、商品一点ごとの最終価格で表示しなければいけないのです。

ですから、質問にあるような、後で消費税を計算する方法はとれなくなったのです。
(業者間取引に関しては、総額表示は義務づけられていません)

109円×1.05=114×2個=228円
109円×2個×1.05=229円

というように、1円得することもあります。(通常は、あまりないですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
総額表示で喜ぶの国ってことですねっ・・・
例ですが、端数を切上げた場合は、単価が115円になって、総額300円になりますから・・・
いつも国民は搾取され続けるんですかねぇ~

お礼日時:2006/04/24 13:26

前者のほうが正しいと思います。


平成16年から税法が改正されています。
参考URLを見てください。

けど、私は違うところに気になります。消費税計算で端数が出た場合、四捨五入、切捨て、切り上げかは事業者の判断でいいそうなのですが、消費者としては切り捨てて欲しいですよね。
切捨てで計算すればズボン1点で472円だと思います。切捨てで計算してくれれば、総額で消費税計算するより1円支払額が減ります。
知人の企業では端数を四捨五入していたそうですが、取引先の役所から「消費税が1円多い」というクレームが入ったそうです。
しかし、笑えるのは長距離電話でのクレームだったそうで、1円のために確実に100円以上は使ってる(笑)

参考URL:http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/sougak …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
税法では消費税計算で端数が出た場合、四捨五入、切捨て、切り上げかは事業者の判断でいいそうですが、お客の立場で有れば切捨てがいいと思います。
切り上げの場合、切捨てより1円高くなる可能性が高いので、お客さんが離れていくような気がします。店としてはどちらでもいい場合、なんで切上げを選択するのでしょうか?何かメリットがあるのでしょうか?

お礼日時:2006/04/24 13:18

どちらも正しい、というか「正しい計算方法が決められていない」というのが実情です。


まとめてでも、個別でも、「その店が統一した計算方法を取っている」ならそれでOKです。
(小数点以下の取り扱いも同様、切り捨て、切り上げ、四捨五入、どれでもかまいません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
正しい計算方法は決ってないのですか・・・
この方法だとサラミ法みたいな儲けになるような気もするのですが、そこまで小さいことは誰も気にしないんですかねっ

お礼日時:2006/04/24 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税が10%になったらうまい棒や10円菓子って11円になるのですか?

消費税が10%になったらうまい棒や10円菓子って11円になるのですか?

Aベストアンサー

本体価格が10円のままなら11円にせざるを得ない
10円の8%は、1円未満なので消費者が実質的な税負担が発生しないだけで実際には課税されている
※1 30本程度まとまった袋があるがアレはキチンと8%分プラスされる
※2 他の商品と一緒に会計した場合には、総額に対して課税される
このことから考えても、今課税されていないとは言えない

Q100円の消費税がエクス円 500円の消費税がワイ円 合計は?

100円の消費税がエクス円
500円の消費税がワイ円
合計は?

Aベストアンサー

消費税の合計は、エクス円+ワイ円

Q私の勘違い? 100円未満の消費税

先日 ホームセンターで買い物をしました。買い物をした後、忘れ物に気づき再度50円の品物を 1つ購入しました。レジで 52円です。といわれ支払いをして帰ってきました。そこで質問なのですが、100円未満の物には、消費税ってかからないとう認識だったのですが 私の間違い ですか。どちら様かお教えください。

Aベストアンサー

消費税は全ての消費に対して適応されるはずです。
ですから、10円であっても適応しています。

ご質問の内容は50円のときですね。
現在の消費税は5%のはご存知ですね?

50円の5%とは2.5円ですが、現在の日本では単位の一つで銭という単位が持ちられていますが、実際に流通している貨幣にはありません。
そのため、1円未満の金額に対しては「切捨て」という処置をとっていることが現状です。

そのため、税込みで「52円」といわれたんですね。
ですから、レジでいわれた金額は間違いではありません。

Q課税売上1000万円以下での消費税込入金の取り扱い

過去5年以上の年収総額が500万円未満の私が、消費税含みの金額として、(代金) 10万円 + (消費税)0.8万円 = 10.8万円の支払いを受けた場合、消費税を納入する必要はあるのでしょうか。ご教示いただけると助かります。

現状、私は依頼があれば、アルバイト的に翻訳の仕事をしています。

今回、ある顧客からの翻訳作業ご依頼があり、訳文の納品が完了しましたが、代金の支払いは、先方の社内経理規定から、消費税含みで支払う必要があるというご指定でした。顧客規定によりますと、消費税額を明記した請求書が必要であり、それに従い消費税込で支払わなくてはならないきまりだそうです。

ここでは仮に、この作業の翻訳代金が10万円だとしますと、消費税(8%)が0.8万円ですから、顧客のご要求に従えば、代金10万円+消費税0.8万円と表示した請求書でお支払いいただくことになります。ここでの0.8万円は、「消費税としてお預かりした」ものだと思いますので、確定申告・納税の時期に納付しなくてはならないと考えます。

今日まで、翻訳代金をいただくときは、消費税を含めない金額で計算・請求し、お支払いをいただいておりました。翻訳代金の年間合計額は、過去5年以上200万円を超えてはいません。年金を含めても、私個人の収入は500万円以下です。翻訳代金は、確定申告時雑収入として所得税を納入しています。

一方、課税売上高が1000万円以下の場合は消費税の納入が免除される(納税義務がない)と聞いております。私の場合この1000万円以下に該当し、納付が不要ですから、0.8万円が手許に残ってしまいます。顧客から代金を余分にいただいてしまったままの形になり、釈然としません。

このまま納付せずに、私の懐に入れても良いのでしょうか。アドバイスただければ幸いです。

過去5年以上の年収総額が500万円未満の私が、消費税含みの金額として、(代金) 10万円 + (消費税)0.8万円 = 10.8万円の支払いを受けた場合、消費税を納入する必要はあるのでしょうか。ご教示いただけると助かります。

現状、私は依頼があれば、アルバイト的に翻訳の仕事をしています。

今回、ある顧客からの翻訳作業ご依頼があり、訳文の納品が完了しましたが、代金の支払いは、先方の社内経理規定から、消費税含みで支払う必要があるというご指定でした。顧客規定によりますと、消費税...続きを読む

Aベストアンサー

>ここでは仮に、この作業の翻訳代金が10万円だとしますと、消費税(8%)が0.8万円ですから、顧客のご要求に従えば、代金10万円+消費税0.8万円と表示した請求書でお支払いいただくことになります。ここでの0.8万円は、「消費税としてお預かりした」ものだと思いますので、確定申告・納税の時期に納付しなくてはならないと考えます。

いいえ。考え違いをしておられます。

過去5年以上、いずれの年も年間課税売上高が1000万円未満ならば、あなたは免税事業者です。ですから、顧客から預かった消費税を納付する義務がないのです。

ですから、

>顧客から代金を余分にいただいてしまったままの形になり、釈然としません。

あなたが釈然としようがすまいが、消費税法上は、顧客から預かった消費税を納付する義務が免除されているのです。ですから、あなたの懐に入れて構いません。

もし、どうしても納得できないのであれば、私がもらっておいても
いいですよ。(^^;

Q10円の商品を10個買ったら消費税が10%に!?

よく子供と一緒に駄菓子を購入するのですが、今日レシートを見て初めて気がつきました。10円の商品が内税表示方式で11円になっており、10個で110円でした。以前の外税方式なら10円×10個×1.05で105円。たった100円の買い物をしただけなのに5円も金額が変わってしまうのかと驚きました。少額とはいえ何だか・・・と思ってしまいます。確か1円未満は切り捨てだった気がするのですが、その辺も改正されてしまったのでしょうか?または10円とか細かい数字の時だけ繰り上げになるのでしょうか?まさか政府はこんな小さな計算からの増税をあてにして内税方式にしたはずはありませんよねぇ・・・どなたか詳しいかた教えて下さい宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私はレジのプログラムがおかしいとは思いませんが…
スーパーに置かれるような商品を扱う会社にいるので、こういう流れだと思います。
10円+消費税0.5円の商品があった。
ところが内税表示になったので、これを何とかしないといけない。もちろん消費税込み10.5円にしてもよいわけですが、現実問題として0.5円のおつりは払えないですから、しょうがないから(消費税込み)10円にするか、11円にするかのどちらかしかありません。これはどちらでも良いわけで(メーカーと販売店の裁量)この場合11円にしたわけでしょう。
もともと消費税込み10.5円で売っていた商品が11円になったのですから0.5円の値上げです。
レジのほうは登録を11円でしていますから、10個買えば110円です(以前は10.5*10=105)
この10個で5円余計に払った分のうちやく4.8円はお店の得、0.2円が税金が増えた事になります。
まあ、こういうケースは金額の少ない商品において結構顕著に現れますね。金額が張れば関係ないです。
スーパー関連ではこういうので得することもあるんですよ。例えば、スーパーの商品は、ごろの良い数字の値段になっているものが多いですよね。199円とか。以前は199円+5%=209円払っていた商品ですが、内税になったといって、209円表示にしたら、ごろが悪い。あくまで199円で売るわけです。実質的値下げです。(もちろん便乗して¥1980を¥2180にしちゃうという事もあるわけですが)。ただこの場合、販売店や、製造会社の利益が減るわけで(消費者の消費税分安く売るわけだから)景気回復という面ではマイナスです。

私はレジのプログラムがおかしいとは思いませんが…
スーパーに置かれるような商品を扱う会社にいるので、こういう流れだと思います。
10円+消費税0.5円の商品があった。
ところが内税表示になったので、これを何とかしないといけない。もちろん消費税込み10.5円にしてもよいわけですが、現実問題として0.5円のおつりは払えないですから、しょうがないから(消費税込み)10円にするか、11円にするかのどちらかしかありません。これはどちらでも良いわけで(メーカーと販売店の裁量)この場合11円にしたわけでし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報