最近インフルエンザが流行っています。ちょっと疑問に思ったのですが人間などに、ワクチンなどを接種すると抗体ができますが植物についてはどうなのでしょう。免疫のしくみがあるのか知らないのですがあるとすれば植物の免疫についておしえてください。また、植物の免疫を強化する方法はあるのでしょうか。ご教示ください。

A 回答 (2件)

免疫の仕組みなど詳しい事に関しては”植物病理学概論”という本を、お勧めします。

紀伊国屋等の大きな本やさんに売っていますよ。
植物では免疫というよりも抵抗性という言葉の方がぴったりしていると思います。shuさんの言うように動物の持つ免疫と同じようなものは持っていませんから。
shuさんの2)で出てくる化学物質には低分子性のものから高分子性のものまであります。動物と似て、再び菌が侵入してくるとすばやく生産されたりもします。高分子性の化学物質を”ファイトアレキシン”と言います。
植物は動物と違って血液が体中を循環するみたいな仕組みがありません。なのに全身に抵抗性を獲得する事がわかっています。不思議ですよね?
この仕組みはまだわかっていないんです。

免疫を強化する方法ですが、稲の紋がれ病の薬として売られている物をトマトに茎葉散布で抵抗性を誘導できる事が知られています。この仕組みは今研究中です。これは、病原菌そのものを攻撃しているわけではないので病原菌が薬に体して抵抗性を獲得しにくいという利点があります。
まだまだ、始まって間もない研究内容ですので詳しい事がわかりません。
(私自身も未熟ですし)

分ってないとしかいう事ができなくてごめんなさい。
間違っている点がありましたら、容赦なく訂正お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありません。紹介いただいた書籍取り寄せて読んでみたいと思います。

お礼日時:2002/02/13 14:10

免疫学も植物学も知らないので、雑学として知っていることのみ。



植物も多細胞生物の1つですから、当然免疫系を持っています。しかしそれは動物のものとは大きく異なります。

1)動物のような免疫応答系(白血球を中心とした防御系)を持たない。
2)サイトカイン、一部は抗生物質としても使われるような化学成分を産生する能力によって駆逐している。
3)一部の植物にはウイルスのDNA合成(転写系)を抑制する遺伝子機構があることが知られている。
4)一部の植物では、体内のミネラル環境から微生物の増殖に適さない環境が提供されている。
5)同じ植物種でも同一の病原体に感染して全身に広まるものと、局所感染に留まり周辺へは影響のないものがあることが知られている。特定の抵抗物質は確定されていない場合でもその遺伝形態から遺伝子の違いが同定されたものもある。

免疫学というもの自体、最近の学問ですが、植物に関しての免疫学はさらに新しいものです。

参考URL:http://www.agri.tohoku.ac.jp/ppathol/Pages-j/kar …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きありがとうございます。非常に興味深く読ませていただきました。

お礼日時:2002/02/04 18:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?

大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?
ネット上で見られる植物図鑑はたくさんあるのですが、高解像度の画像で、植物の細部まで鮮明に見られるようなネット上の植物図鑑をどなたかご存知ないですか。

Aベストアンサー

こんなウェブサイトがありました。

知多半島植物図鑑
http://chitanavi.co.jp/picturebook/

ブラウザいっぱいに高解像度の植物の写真を表示します。
植物図鑑と言うには、掲載されている植物の数が少ない気もしますが、見た目は非常にきれいです。
あと、ズームレンズ機能みたいのも付いていますので、写真を部分的に拡大して見ることも可能です。

Q免疫染色時の1次抗体・2次抗体の濃度

免疫染色初心者です.よろしくお願いします.
血管内皮細胞,線維芽細胞,心筋細胞の特異的タンパクを染めるのに,Von Willbrand factor(rabbit),DDR2(rabbit),α-actinin,2次抗体としてgoat anti-rabbit IgG等の抗体を用います.こういう場合の1次・2次抗体の濃度はやはりある程度100倍,1000倍なり自分で希釈してみて決めるしかないのでしょうか?他の方の質問も拝見して,自分で調べるしかないのかなとは思いましたが,どの濃度で一番反応が出やすいというのはないのでしょうか.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

なにしろ製造ロットによっても力価がばらつくし、抗原の量や濃度
によっても見えやすかったり見え難かったりなので、ある程度は自
分で決めてくしかないと思います。まぁ、とりあえず100倍くらいで
染めてみて、不満がなければそのままGo!ってのもアリでしょうね。

それか、DAKOあたりの「順番にかけるだけで、医者でも染められ
る」と豪語しているヤツを使うんですね。あそこはカタログに、推
奨希釈率を載せています。第VIII因子なら、50倍くらいで使えって
親切に書いてありますよ。とりあえずそれに従ってれば、大コケは
しません。本当はもっと薄くても染まるんですが。

Qインターネット上で閲覧できる植物図鑑のサイトを教えて下さい。

名前がうろ覚えで申し訳ないのですが、枝も葉も食べることのできる食用植物「シズ」が写真入りで掲載されている、インターネット上で閲覧できる植物図鑑をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

できれば、公式サイトを教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「シズ」という和名や科名で調べてみたのですが見つかりませんでした。
インターネット上の植物図鑑を紹介します。

ハイパー植物図鑑
 http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/plant/plant.html

デジタル植物図鑑
 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/96plant/new.plant.html

ガーデンエクステリア植物図鑑
 http://www.shinnikkei.co.jp/exterior/zukan/

Q液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか?
またそれは考え方として一般的ですか?

私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、
自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。

これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、
著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

Aベストアンサー

私は、液性免疫はB細胞による抗体産生、
細胞性免疫はT細胞による働きだと思ってました。
つまり、獲得免疫のなかに液性免疫と細胞性免疫が
含まれるということです。

ただ、液性免疫系とか細胞性免疫系って
言葉になると意味が違って、
自然免疫・獲得免疫関係なく、
液性のもんなら液性免疫系で、細胞が関わるなら細胞免疫系
って使い方をしてると思います。
自然免疫の液性免疫系のものだと、抗菌物質とか補体とか
があると思います。

一般的かどうかはわかりませんが・・・。

Q熱帯植物図鑑

日本語で書かれた熱帯植物図鑑(書籍)にはどんなものがありますか。できれば新しいのを紹介してください。

Aベストアンサー

「花図鑑観葉植物・熱帯花木・サボテン・果樹
(草土出版)2000.9」ISBN:4-7952-9570-0
などはいかがでしょう。

現実には、ほとんど刊行が無いですね。

国立国会図書館「NDL-OPAC」で
「件名」の欄に『熱帯植物』と入れてサーチしてみて
ください。
東京都立図書館も同様です。詳細検索にして「件名」から検索します。

 「件名」は図書館の図書分類で共通用語になっていますから、タイトルor書名で見つけられないときに使うテクニックです。

参考URL:http://opac.ndl.go.jp/Process

Q免疫染色について(抗体)

免疫染色に用いる抗体において同じ物質に用いるものでも、エピトープがC末端のものとN末端のものがありますが、どのように使い分ければいいのでしょうか?ペプチドの合成系を見たいのであればC末端のものを使用すればいいのでしょうか?抗体作成をしたりするラボではないため、そもそもポリクロでこのような違いがあることが充分に理解できておりません。初歩的なことかもしれませんがどなたか教えてください。

Aベストアンサー

例えば、タンパク質の一部を削った変異体を使った実験をして、
それを検出したいというときに、N末端を削った変異体を用いているのにN末端をエピトープとして作った抗体を使うのはまずいですよね。

そんなときは、C末端をエピトープとした抗体を使います。

後、自分がある細胞に導入した一種類のcDNAから、思ったよりも小さな分子量のタンパク質ができているとN末端を認識する抗体で確認されたとします。
その時に、C末端を認識する抗体を用いて確認しても同じ分子量で確認されるのであれば、完璧に証明してわけではないですが、
「分解されて分子量が小さくなっているわけではない」と予想することはありました。

それ以外では、特に使い分けをすることはないと思います。
少なくとも私はしたことがありません。
検出できる抗体を探していて、たまたまC末端を認識する抗体ではダメで、N末端のほうは使えたということはあります、その逆もあります。
結局、使えることが重要ですので。

>ペプチドの合成系を見たいのであればC末端のものを使用すればいいのでしょうか?

経験上、作りかけのタンパク質が検出されることはないと思います。
例えば、100アミノ酸残基のタンパク質の作製途中の50残基のタンパク質や20残基のタンパク質を検出することはほとんどないです。

例えば、タンパク質の一部を削った変異体を使った実験をして、
それを検出したいというときに、N末端を削った変異体を用いているのにN末端をエピトープとして作った抗体を使うのはまずいですよね。

そんなときは、C末端をエピトープとした抗体を使います。

後、自分がある細胞に導入した一種類のcDNAから、思ったよりも小さな分子量のタンパク質ができているとN末端を認識する抗体で確認されたとします。
その時に、C末端を認識する抗体を用いて確認しても同じ分子量で確認されるのであれば、完璧に証明し...続きを読む

Q植物の図鑑

植物の図鑑で、いいものはないでしょうか?
子供向けというよりは、本格的なものです。

図は、写真のものでも、絵のものでもいいものがあれば教えてください!

Aベストアンサー

植物の図鑑といえば牧野先生でしょう。

北隆館という出版社から復刻も含めて出版されています。プロ使用に十分耐えます。

参考URL:http://www.hokuryukan-ns.co.jp/books/zukan.html

Q免疫染色 抗体の動物種・・・

こんにちは。よろしくお願いします。

免疫染色を行っています。

一次抗体、二次抗体をのせて、発色させて抗原の位置を観察する原理は分かるのですが、動物種をどうそろえるのかが、イマイチ分かりません・・・

一次抗体と二次抗体の動物種を別にする理由はどうしてでしょうか?

また、ブロッキング剤は、全く関係ない動物種にすれば良いのでしょうか?

すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 目的のタンパクがラットのタンパクXの場合、その抗体を作るには、ラット以外の動物種に免疫します。例えば、ウサギにラットタンパクX(抗原)投与して、抗体を作ります。こうして出来た抗体は、抗ラットタンパクXのウサギ抗体です。これが一次抗体。
 この一次抗体(ウサギ)と結合する二次抗体は、当然、ウサギでは作れないので、例えばヤギで作ります。よって、当然、一次抗体(ウサギ)と二次抗体(ヤギ)は、動物種が異なるものになるわけです。
 ブロッキングは、BSAで十分だとと思います。

Q植物図鑑を眺めたりする人と出かける場所について

友人で植物図鑑を眺めたり、釣をしたりするのが好き人がいます。
どういうとこに行ったりすると相手は喜ぶのでしょうか?
水族館とか博物館でも相手は喜ぶのでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

友人の方とは少し違いますが、私も釣りや昆虫が大好きです。

植物なら博物館か植物園で、個人的には都内なら夢の島熱帯植物園などがお勧めです。
遠出してもいいんだったら、近場の山や湿地などで珍しい植物を見るというのも面白いです。
釣りなら水族館でOKですが、海釣りをするのであれば地元の魚の展示が充実している江ノ島水族館などがお勧めです。
あと、食事などのついでに一緒に釣具店に行っても喜ぶと思いますよ。

こういう趣味を持つ人は、もちろん個人的に近場の博物館や植物園にすでに行っていると思いますが、何度行っても面白いと思いますし、結構いつでも期間特別展示なんかがやっていますので、それに同行しても喜んでもらえると思います。

面白い話が聞けるかと思いますので、是非楽しんでください!

Q免疫染色の抗体前吸収処理について

免疫染色の時、抗体の特異性の確認のために、ターゲットのペプチドなどで前吸収する処理がありますが、いくらペプチドの濃度を上げても、なんだかシグナルが残ってしまいます。。。。

抗体のメーカーに聞いたところ、
4℃オーバーナイトでインキュベート後に、遠心処理をして、免疫複合体を沈殿させなさい、といわれました。

抗体と抗原がくっつくと不溶化するものなんでしょうか?それを遠心して除かないと、シグナルが消えないのはあたりまえ?

誰か教えてください。

Aベストアンサー

>抗体と抗原がくっつくと不溶化するものなんでしょうか?

不溶化する場合としない場合あり。ペプチドだと不溶化しない場合が多いかも。

ペプチドを固定化してそれに抗体を吸着させることがかんがえられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報