明治22年旧皇室典範で、皇位継承を男子のみとする事を明文化した、いきさつを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も昨年に同じ疑問を持ちまして、その時に探したのが


参考URLでした。

宜しければどうぞ。

参考URL:http://www.kokubou.com/document_room/rance/genda …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうです。紹介いただいたホームページに、私の知りたかった疑問の答えがありました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 21:07

男性と女性を差別している!などと言い出す人達もいますが、大昔の日本において「皇位継承者があまりに多すぎて内乱となっていた歴史があったのでは?」とおもっています。

何がしかの基準(制限)を設けておかないと権力を握りたいと思う人によって皇位を悪用されてしまうことを恐れていたのではないでしょうか?当然、そうした基準は明文化しておかなければ何の意味も無くなってしまう為、こうした皇室典範となっているのでは?皇位継承を男子のみとしていることの是非はともかく皇位継承者の乱立の防止とそれを悪用しようとする人間への対処としてこーした規定となったのではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皇室典範

とても初歩的なことだと思うのですが教えていただけると嬉しいです。
授業で憲法について自由なテーマでレポートを書けという課題が出て「皇室典範」について調べようかな?と思ったのですが、そもそも「皇室典範」は日本国憲法内のものなのかどうなのかわからず困っています。
また、皇室典範についてわかりやすく書かれている本などありましたら教えていただけると助かります。お願いします。

Aベストアンサー

明治憲法時代は、皇室典範は憲法と並んで憲法典を構成していたとされています。

一方、日本国憲法では皇室典範も憲法の下位にある法律典の1つとされています。
憲法2条にある「国会の議決した皇室典範」はそれを明言したものです。

本などについてですが、
「皇室典範について」で探そうとすると、はまるんじゃないかな…
うっかりすると、政治的主張に過ぎない本にぶつかる可能性が高いかも。

むしろ、憲法の解説書に書かれている天皇制の章を読むほうが、
憲法学の観点からはお勧めです。

Q明治時代の「皇室典範」で女性天皇が否定されるにいたった背景を説明してく

明治時代の「皇室典範」で女性天皇が否定されるにいたった背景を説明してください。

Aベストアンサー

公家の東久世通禧が反対したからというのが通説で

>仁孝天皇の皇女・和宮が将軍徳川家茂(いえもち)に嫁いだように、皇女といえども姓が変わり、王氏、王族ではなくなる。したがって女系継承は「万世一系の皇統」に抵触する

これに岩倉具視が乗ったということだったと思う。

それと諸外国を参考にしたということだから、イギリスのように女帝の子孫を継承者と認めない(現在のエリザベス2世はウィンザー朝最後の王で、エドワード皇太子は初代マウントバッテン=ウィンザー朝の王様)という事例も参考にして、女帝はよいが次代が困るという議論もあったのではないでしょうか。

Q生前退位を規定するための皇室典範改正

ご高齢且つご健康のすぐれない両陛下が休みなくご公務に携わっておられるお姿を見る度に、お労しくて仕方がありません。

生前退位にはどのような問題があるのでしょうか?皇室典範改正の動きは無いのでしょうか?憲法改正よりも喫緊の課題だと思うのですが、、、、

Aベストアンサー

”生前退位にはどのような問題があるのでしょうか?”
    ↑
1,昔だったら院政の問題が懸念されたでしょうが
  現在はどうですかね。
  権力闘争に巻き込まれないか、心配する必要は
  無いかも知れません。

2,天皇の崩御に伴い、元号が変わる、というのは
  国民に天皇の存在、つまり日本という国家やその
  歴史を意識させる為に、重要なことだと思います。
  
  国家というのは幻想なのです。
  人間の頭の中に存在するだけです。
  だから、常に国家というものを意識させておかないと
  人は国民になれないのです。

  日本人は、こういうことを意識しません。
  それはあまりにも当然だからです。
  しかし、
  世界各国はこれで苦労しているのです。
  米国もそうです。
  寄せ集めの人工国家である米国が戦争好きなのは、
  戦争をやると国民であることを強く意識することに
  なる、ということもその一因です。
 
  中国や韓国も、苦労しています。
  だから中国は必要以上に愛国心を強調し、韓国は
  反日なのです。
  皆、人民を国民にする為の方策です。

  かく言う日本も、つい百年前までは、似たような
  ものでした。
  日本人という意識よりも、薩摩藩人、会津藩人という意識の方が
  強かったのです。
  それで、維新後、山県有朋と西周が相談して、天皇を
  持ってくることにしました。
  お前らは、薩摩藩の人間という以前に、天皇が治める
  日本という国の国民なのだ。
  つまり日本国民である。
  
  という刷り込みです。
  西洋は、宗教改革を契機に、この国民意識醸成に成功
  したのですが、アジアで最初に成功したのは日本です。
  

”皇室典範改正の動きは無いのでしょうか”
     ↑
生前退位の話は聞きませんねえ。

”憲法改正よりも喫緊の課題だと思うのですが、、、、 ”
     ↑
摂政という制度がありますので、無理して生前退位を
認める必要性は乏しいと思います。

憲法 第五条
皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、
天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。
この場合には、前条第一項の規定を準用する。

皇室典範16条
天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、
国事に関する行為をみずからすることができないときは、
皇室会議の議により、摂政を置く。

”生前退位にはどのような問題があるのでしょうか?”
    ↑
1,昔だったら院政の問題が懸念されたでしょうが
  現在はどうですかね。
  権力闘争に巻き込まれないか、心配する必要は
  無いかも知れません。

2,天皇の崩御に伴い、元号が変わる、というのは
  国民に天皇の存在、つまり日本という国家やその
  歴史を意識させる為に、重要なことだと思います。
  
  国家というのは幻想なのです。
  人間の頭の中に存在するだけです。
  だから、常に国家というものを意識させておかない...続きを読む

Q皇位継承について

近前代の日本の皇位継承と、中世以来現代までに複数の女王をうんだイギリスとの王位継承の共通点と相違点は何ですか?

Aベストアンサー

日本とイギリスの王位継承というよりも、西欧と東洋の継承に関する考え方の違いですが、
西欧においては、嫡子が王位継承するのが一般的です。
女性にも継承権があり、女王を認めない国の場合は、継承権を持つ女子の夫が王位継承します。
そのため、王位が傍系に移ると、別王朝ということになります。
一方東洋においては、女性に継承権はなく、嫡子が途絶えた場合は、傍系に移行しても同一王朝として扱われます。
そのため、西洋的な感覚ですと、日本の天皇家は、200年たらず続いているだけということになります。

Q皇室典範は法律ですか?

天皇の継承問題で、皇室典範が注目されています。


いかめしい名前ですので、どうも法律ではないような気がします。

現憲法より先にできているという点からも、そう思えます。


また、どちらにせよ、憲法との関係で整合性など検討されているのでしょうか?


憲法の下に定義される天皇ですから、その趣旨に基づき、もし典範に矛盾があ

るなら正すべきものと考えますが、いかがでしょうか?


皇室典範は皇室に受け継がれた「家法」で、尊重されるべきとは思いますが、

事が起こって、憲法と食い違う場合は、もちろん憲法の趣旨に合うよう修正

されるべきものと思います。


また、これまで皇室典範は修正、あるいは改変されたことはあるのでしょうか。

字句ではなく、大きなものだけで良いので、ご教示ください。



日本国統合の象徴たる天皇は、昭和、平成と無事継承されてきました。

年号は西暦よりも、区切りとして親しみやすく、真善美の象徴として

今後もそのように穏やかに継承されていくことを切に望んでいます。

天皇の継承問題で、皇室典範が注目されています。


いかめしい名前ですので、どうも法律ではないような気がします。

現憲法より先にできているという点からも、そう思えます。


また、どちらにせよ、憲法との関係で整合性など検討されているのでしょうか?


憲法の下に定義される天皇ですから、その趣旨に基づき、もし典範に矛盾があ

るなら正すべきものと考えますが、いかがでしょうか?


皇室典範は皇室に受け継がれた「家法」で、尊重されるべきとは思いますが、

事が起こって、憲法...続きを読む

Aベストアンサー

皇室典範は日本国憲法第2条及び第5条を元に、主に皇位継承と摂政について定められた法律です。
1949年(昭和24年)に総理庁、宮内府をそれぞれ総理府、宮内庁と改めるため改正されました。大きな内容変更はありません。

Q皇位継承問題について調べています。

皇位継承問題について調べています。
すると、世襲親王家というものにたどり着いたのですが、調べれば調べるほど頭がこんがらがってよく分かりません。

簡単にまとめると、
江戸時代にはたくさんの宮家があり、その中で4つの宮家が「世襲親王家」だった。
けれど皇室典範が変わって、宮家を減らした。
だから天皇の跡を継ぐ人が必然的に少なくなった。

…ということでしょうか?

これが正しいのなら、現在では「世襲親王家」というものは存在しないのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

>江戸時代にはたくさんの宮家があり、その中で4つの宮家が
「世襲親王家」だった。

江戸時代には「たくさんの宮家」は存在しません。
4つの「世襲親王家」だけが存在しました。
宮家が多かったのは明治時代からだと思います。

平安時代には皇子は親王として独立した家を持っていましたし
その子孫が王 として続くこともありました。
実際には政治・経済的に当時の皇族はそれほど力が強くなかったので
(なんといっても摂関だった藤原氏がトップ)
源氏などの臣下にくだるパターンが多かったと思いますが。

平安時代末から鎌倉くらいに跡継ぎ以外の
皇子が出家させられてお寺に入る、というパターンが
出てきます。子孫は持てませんが、一応これで経済的には
それなりの優遇は得ました。

室町時代あたりから政治的事情で
「代々親王」を名乗れる皇族の家 が出てきたようです。
さらに江戸時代
後継の問題を考え、いろいろな経過をへて
四つの親王家 というものが
成立したようですね。

江戸時代は皇室の力 は徳川家に押さえられて
いましたから、この四つだけが宮家として認められています
(経済的な面から徳川家の支援を受けないといけないことも
ありましたし)。一方で、宮家に属せないほとんどの皇族男子は
出家してお寺の主になるしかありませんでした。

明治時代になると、皇室中心の世の中となり、
今まで出家させられていた皇族達も
還俗して家をたてましたので、宮家がとても多くなりました。

今は宮家 の主となれる人は制限があったのでは
なかったかな・・・

大体そんな感じと思いますが
念のため貼っておきます(もう見ておられるかな?)

宮家
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%AE%B6

>江戸時代にはたくさんの宮家があり、その中で4つの宮家が
「世襲親王家」だった。

江戸時代には「たくさんの宮家」は存在しません。
4つの「世襲親王家」だけが存在しました。
宮家が多かったのは明治時代からだと思います。

平安時代には皇子は親王として独立した家を持っていましたし
その子孫が王 として続くこともありました。
実際には政治・経済的に当時の皇族はそれほど力が強くなかったので
(なんといっても摂関だった藤原氏がトップ)
源氏などの臣下にくだるパターンが多かったと思い...続きを読む

Q「皇室典範」改正なぜ難しい?

天皇陛下が「生前退位」のご意向を示されている、という報道がされています。未だ天皇陛下ご本人の発言はないようですが、もし「ご高齢」を理由に天皇陛下のご意志であるならば、それを尊重して差し上げたらどうか?とも思うのですが、一方で政治家の多くが「『皇室典範』の改正は、難しい」という声が聞こえてきます。どういう点で、「難しい」のでしょうか?

Aベストアンサー

Q1. 天皇陛下のご意志であるならば、それを尊重して差し上げたらどうか?
           ↓

質問者さんは、天皇陛下ご本人の発言はない。と云われますが…。

2016年7月16日午前2時に公表された新聞記事では、天皇陛下御自身は「早期
退位の希望を持たれてはいない」また「まだまだこのままのペースで臨む」と明言。
側近らにも、退位という文言や時期を明示したことはない、と報道されております。
ソース (天皇陛下、早期退位の希望せず 公務「このペースで臨む」)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016071501002386.html

◎従って、「生前退位」は陛下の意思ではなく、尊重する必要性もありません。


Q2. 『皇室典範』の改正は、どういう点で、「難しい」のでしょうか?
           ↓

天皇陛下が、仮に「生前退位」=正しくは「譲位」の意向を持っていたとしても…。
陛下のご意向で政府が皇位継承について定めた「皇室典範」を変えてしまうとなれば、
憲法第4条の「天皇の政治への関与」を禁じる。に抵触する可能性があります。

また、陛下のご意向のみで譲位を自由に行えてしまうなら、憲法第5条の天皇が国事
行為を任せる「摂政」という制度を無視することとなってしまい憲法違反となります。

◎つまり、陛下のご意向で、皇室典範(法律)の改正などの「政治的な事柄」が「左右」
 されるような事があってはならないからなのです。

◎また、政権や内閣の意向で自由に「皇室典範」を変えられるとなれば、政権や内閣
 の意向で自由に天皇を譲位させたりすることも可能となり、国民の象徴たる天皇を
 貶めるものとなってしまいます。

ですから「皇室典範」の改正は、憲法に違反しかねない判断に踏み込むことですから
慎重な姿勢を崩さず、総理官邸外で極秘裏に第三者委員会が必要な法改正を手探りで
探っているのが安倍内閣の現状らしいです。簡潔に述べれば「難しい」のです。

尚、政府内には「譲位」は無理と考えた上で、摂政を置く条件の方を緩和する皇室典
範16条の改正を検討すべきとの意見もあるようですが、政権や内閣の意向で自由に
改正することの是非の問題から、こちらも実現は「難しい」ようです。

従って、陛下のご意向でも、政権や内閣の意向でも「皇室典範」の改正は適法にすぐ
に行える性質のものではなく、その時期(タイミング)と要件との整合性が如何に困難
かお解り頂けると思います。


▼ここからは、騒動についての余談になりますので。お時間あればご一読ください。

今回の「生前退位」騒動で不思議なのが「譲位」を生前退位と全ての報道が呼ぶこと。

また、TVや新聞などで、憲法第5条の天皇が国事行為を任せる「摂政」という制度を
全くと言っていいほど報じません。

誰が考えても、本来の「摂政」を置くのが一番早く、問題も無く、改憲や皇室典範を
も変える必要もありませんから、一番に検討すべきことであるはずです。

それをなぜなさらないのでしょうか? それとも成しようがないのでしょうか?

こうなると考えられるのは、皇太子殿下が「摂政を務められない」状態であることが
一番有力な答えでしょう。

皇太子も雅子妃も一切の神事が行えません。それは雅子妃が創価学会絡みの方である
ことが大きいとの説もあり、激務の神事は体力的にも精神的にもお二人には適正がな
いとも云われます。数十年も続く適応障害って奇病を病む雅子妃には不可能でしょう。

また、雅子妃の父、小○田恒の外務省絡みで国連、潘基文と韓昇洙という韓国勢に
「水の大使」などと持ち上げられて、皇太子は既に取り込まれて久しく、更に、中国
の習近平の妻で人民解放軍少将との、日本政府をないがしろにした交流など黒い噂も
あり、中国にも取り込まれているかも知れません。

また、皇太子は精神的にも心情としても神事などの激務は無理であり、体調も優れず、
外出時には尿パッドを必要とされておられるとの説もあります。

ですから、今すぐに摂政として、皇太子を置くとこれらの不都合な真実(醜聞)が…。
表舞台に晒されてしまい、国民の声などの世論が高まると次期天皇陛下への道が危ぶ
まれ、愛子天皇への道は閉ざされる事態もないとは断言できません。

そして今回の参院選での安倍政権の圧勝で「改憲」が現実味を帯びてきており、以前
に女帝(愛子天皇)擁立への布石である、女性宮家創設を潰した安倍政権が万世一系、
男系とのことを憲法に載せるかもしれないとの、皇太子擁護派の危機感などの思惑を
ひしひしと感じます。(現実に皇室典範は極秘裏に必要な法改正を進めています)

今回、意図的にリークした「勢力」は、海外の論評をも巻き込んでいずれは「愛子天
皇擁立」との世論へ誘導したいのだろうと考えられます。

尚、リークした「勢力」とは、推測ながら、皇太子を常に擁護し、愛子妃を溺愛する
雅子妃の父、小○田恒と、外務省出身の川○裕前侍従長か、河○周夫現侍従長あたり
が画策して、報道機関へリークしたものと思われます。

◎今回の騒動は、憲法上も皇室典範からも、ただ「摂政」を置けばいいことなのです。

▼ 摂政を置く論議を「意図的に伏せて」「避ける」裏側にこそ着目しましょう。

なぜ「摂政」を飛ばして「生前退位=譲位」にしか話を向かわせないのでしょうか。

更にTVなどでは、万世一系、男系を推す安倍政権へのバッシングも重なり、「愛子天
皇擁立」論が…現実として出てきており、声高々に解説する識者も出る始末…。

一昨夜の陛下御自身は「早期退位の希望を持たれてはいない」また「まだまだこのま
まのペースで臨む」と明言された。との報道で疑念から確信に変わりました。

つまり、この「生前退位」騒動の真相とは、皇室の伝統を破壊しようと企てている
「女性宮家」創設と「愛子天皇」擁立派の、安倍政権に対する乱というわけなのです。

私としては、皇太子殿下はご自身の為、雅子妃の為にも早急に「廃太子」を行い…。
万世一系、男系の皇室の伝統を重んじて、神事も行え、海外での評価も高い、秋篠宮
殿下を摂政に置くことが、全てに於ける最良の解決策と考えます。


 -----以上、ご参考となれば幸いです。(余談が長くなり失礼しました)-----


.

Q1. 天皇陛下のご意志であるならば、それを尊重して差し上げたらどうか?
           ↓

質問者さんは、天皇陛下ご本人の発言はない。と云われますが…。

2016年7月16日午前2時に公表された新聞記事では、天皇陛下御自身は「早期
退位の希望を持たれてはいない」また「まだまだこのままのペースで臨む」と明言。
側近らにも、退位という文言や時期を明示したことはない、と報道されております。
ソース (天皇陛下、早期退位の希望せず 公務「このペースで臨む」)
http://www.chunichi.co.jp...続きを読む

Q天皇家の天皇継承は男子である という原則があります。一方 男子のY染色

天皇家の天皇継承は男子である という原則があります。一方 男子のY染色体の遺伝子は 延々と祖先の遺伝子が伝わるのです。そこで天皇家の男子のY染色体遺伝子は何であるか 興味のあるところです。今のところ確認されたという話は聞いていません。どなたか ご存知の方はおられないでしょうか。 

Aベストアンサー

なかなか難しいでしょう。
男系が系図上確認できる皇族ではない方々というと、おそらく旧宮家の方々しかいないのではないでしょうか?(竹田恒泰さんとか)

誰と誰を比較するかもわかりませんし、何世紀もはなれてしまえば、系図と遺伝的祖先が一致するかも怪しいです。

Q皇室典範

皇后陛下の体調が思わしくないという報道がありました。
ご高齢ですから、あまり負担のかかるご公務を減らしていくようにできないのでしょうか。
ところで、以前盛んに皇室典範の見直しをいっていた国会議員の先生方は、
今は何も行動してないんですかね。
グッドタイミングで、
秋篠宮家に男子誕生したことで、うやむやになってしまった感がありますが、
皇室典範は見直すべきだと思います。
僕は天皇家は特別だと思うので、今のような飾りではなくもっと発言力のある、権威のある天皇家にしていくべきだと思っています。
また、血筋を残すためには、側室も必要なのでそのためのコンテストを行い、
優秀な血を残していくべきだと思います。
皇室典範に関する議論、どうして全くなくなっちゃったんですか。
また先に延ばしても同じ事が出来しますけど。

Aベストアンサー

天皇の権威はともかく、発言力を増すことはどうでしょう。
それだけ政治に巻き込まれる危険が増す、と
いうことになり、かえって、天皇家の寿命を
縮めてしまうように思えます。

天皇家は無力であるが故に、今日まで残ることが
出来たのではないでしょうか。

血筋を残すために皇室典範を変える、というのは
賛成です。
側室は無理でしょうから、天皇になれる皇族の範囲を
増やすのが現実的だと思います。

天皇家に関することは微妙ですから、保身ばかりを
考えている政治家は、できれば触れたくない、という
のが本音なのでしょう。
国家、百年の計を考えている政治家がいない、ということの
証拠だと思います。
残念なことです。

Q旧海軍の伝統を継承するって・・具体的に伝統って何

海上自衛隊は旧帝国海軍の伝統を継承してるって聞きますが、伝統って具体的に、どんなことですか?

陸上自衛隊は伝統を継承してないんですか・・・・
スタートが一緒の海上保安庁も旧海軍の伝統を継承してますか・・・
航空自衛隊は・・・帝国陸・海軍のどちらを継承してますか・・・

Aベストアンサー

こんにちは


> 海上自衛隊は旧帝国海軍の伝統を継承してるって聞きますが、
> 伝統って具体的に、どんなことですか?

江田島でしょうね、ズバリ

旧海軍兵学校(海軍の士官養成学校)、現在の海上自衛隊幹部
候補生学校(及び第1術科学校)、です。

兵学校時代から、同じ場所で、また校舎の多くも昔からの建物を
そのまま使っていて、教育内容も(旧海軍時代からの)共通性が
多々あります。

学校のHP(↓)のメニューに「伝統」なんて項目があるのは海自
だけですね。(笑 まぁその中身を見ていただくと、概ねどんな事
がずっと継承され続けているか?が判ると思います。

http://www.mod.go.jp/msdf/mocs/mocs/index.html

併設されている「第1術科学校」(砲術、水雷、掃海、航海、通信
などの隊内教育機関)も含め、敷地全体が歴史的建造物の宝庫
みたいな環境ですんで、卒業時にはすっかり「帝国海軍士官」で
しょうなぁ(苦笑

構内の一部の建物は一般人でも見学可能ですんで、機会があっ
たら是非訪れると、いいですよ。
山本五十六閣下はもちろん、東郷平八郎閣下、や勝海舟、坂本
龍馬、などのゆかりのものなども展示してあって、いやもう歴史の
重みをひしひしと感じます。


> 陸上自衛隊は伝統を継承してないんですか・・・・

そうですねぇ、海自とは180度異なって、教育は全然いちから新
しい仕組みを作っちゃいましたし、旧帝国陸軍出身者との人的
交流もある時期までは厳しく制限されていましたんで、あまり
積極的には旧軍の伝統は受け継いでいないですね。


> 航空自衛隊は・・・帝国陸・海軍のどちらを継承してますか・・

んーーーーーーー、どちら、では無く・・・

米軍ですかねぇ、やはり (^^ゞ

こんにちは


> 海上自衛隊は旧帝国海軍の伝統を継承してるって聞きますが、
> 伝統って具体的に、どんなことですか?

江田島でしょうね、ズバリ

旧海軍兵学校(海軍の士官養成学校)、現在の海上自衛隊幹部
候補生学校(及び第1術科学校)、です。

兵学校時代から、同じ場所で、また校舎の多くも昔からの建物を
そのまま使っていて、教育内容も(旧海軍時代からの)共通性が
多々あります。

学校のHP(↓)のメニューに「伝統」なんて項目があるのは海自
だけですね。(笑 まぁその中身を見ていただくと、概ね...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報