我が家の玄関先に「石敢當』と言う文字が刻んである40センチ位の円柱形の石が昔からあるのですが家族の誰もどんな石なのか知りません。おそらく、他界した祖父は知っていたのだろうと思うのですが、周りの方は、沖縄の石ではないか、そして、魔除けではないかと言うのですが沖縄と言えばシーサーだと思うのでちょっと疑問です。この石は何かの価値がある物なのでしょうか?何方か石に詳しい方が、いましたら教えていただけませんか?どかしたり、移動して良いのか困っています。

A 回答 (3件)

中国由来の,沖縄に多く見られる魔よけです.


沖縄では,魔物や幽霊はまっすぐしか進めないと考えられており,道の突き当たりの塀や門に「石敢當」と書いた石を置いたり,塗りこめてあったり,直接書いたりしています.
沖縄だけでなく,日本各地に残っているものもあります.
一番北のほうでは,青森県黒石市にあります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。沖縄のことも全く知らなかったので大変勉強になりました。

お礼日時:2002/02/04 17:08

魔物(まじむん)は角を曲がるのが苦手でひたすら直進してくるのだそうです。

それで道の真正面に家があると魔物がまっすぐに入ってきてしまうのでこの魔除けを掲げて侵入を防いでいます。この魔除けで直進してきた魔物は敢えて石に当り砕けてしまうのだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。大変勉強になりました。

お礼日時:2002/02/04 17:14

石敢當 というのは沖縄の家の玄関には必ずと言っていいほどあります。


それは、円柱形の石だったり、塀に組み込まれていたりと形は様々ですが。。。
沖縄では、道に魔物がいるといわれ、
石敢當 が玄関のあたりにあることで、
魔物が家の中に入ってこなくなるということらしいです。
言うなれば魔除けですね。あなたのおっしゃるとおり。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。大変勉強になりました。

お礼日時:2002/02/04 17:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沖縄の人に質問。「ちゅらさん」の登場人物がなにかにつけて「さ~」って言ってるけど、実際に言ってますか?

沖縄の人に質問です。
NHKドラマ「ちゅらさん」を見ていると、出演者が何かにつけて「さ~」と言っているのが、印象的です。
でも、いままで沖縄が舞台になっている映画やドラマでそう言う言葉使い聞いた覚えがありません。実際に沖縄の人はこういう言葉使いをしてるのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、小、中、高の10年間を沖縄ですごしました。
(ちなみに高校はちゅらさんのあの高校)

沖縄方言とは別に、沖縄独特のいいまわしがあります。
例えば、関東の人は、~じゃん、とか使いますよね!?
関西で、~~やで、~~やんとか言いますよね、そんな感じで、
沖縄では、なんにでも~~さ~、~~さーね、と使います。
あともうひとつ独特なのは、相づちを打つときに、相手が言ったことに対し、
そうだね、ほんとにそうだよねー、という時に、だからよ~。と言います。

したさ、(したよ)、したらさ、(そしたらね)、~~さ~ね~(~~だよね)
みたいな感じでしょうか。
私はうちなーネイティブじゃないので、ネイティブの方あとはよろしく(笑)

Q輝石とはどういう石をいうのでしょうか?

宝石などで“キセキ”と言う言葉を耳にしますが、どのような石を言うのでしょか?質、光度、硬度などにも基準はあるのでしょうか?また“ハンキセキ”とは?
また“輝石”でなく、“貴石”と書くとも聞いたのですが、どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

「貴石と輝石どちらが正しいか」について
「貴石と輝石とはまったく関係がない、」と言うのは正解です。ご存知、「輝石」は石英、長石、雲母、かんらん石~~etcと言った火成岩を構成している鉱物の一種の事ですね。
しかし、今回の問題は、ちょっと一味違って、もう少し奥の深いものになります。それは異物同名、すなわち、同じ発音の和名が二つあることで混乱を招いているのですね。
生物界でも蝶類の「ヤマトシジミ」貝類の「ヤマトシジミ」や鳥類の「ヤマホトトギス」貝類の「ヤマホトトギス」などがあります。他にも沢山ありますが、これらはカタカナ表記では全く区別がつきません。
このような異種同名のことを正式には「ホノニム」と呼びます。どうしても避けられないホノニムの場合、教科書などでは「鳥類の」とか「貝類の」等の枕詞が必要となります。今回の場合も「宝石の」や「火成岩の」等の頭が入っていると混乱は全く無かったものと思われます。
教科書や入試問題を作成する段階ではこのような「ホノニム」や「シノニム」に対する配慮が充分に必要であり、かつ、混乱を避ける為にも慎重に対処しなければいけません。
また、回答に「輝石」は、正式な鉱物の[学名!!] とありましたが、これは誤りで、「輝石」の場合、正式には「標準和名」と言う扱い方がされます。「学名」とはラテン語により構成される世界共通の標準名の事を指します。そして当然、学名は全てアルファベットで表示され、命名規約学会「リンネ創設」により決定されます。
今回の「貴石」や「半貴石」の場合は正式に標準和名として認定されているか否かは判りません。
「ズワイガニ」「エチゼンガニ」「マツバガニ」・・・違いますか・・・「うんしゅうみかん」「えひめみかん」「ありたみかん」「みっかびみかん」・・・違いますか・・・さあ、どれが正しい標準和名でしょうか・・・・・・
教科書が「普通書かない!!」や「一般的ではない!!」和名・・・と言うのでは困ります。
業者が営利目的で扱う和名「いわゆる俗称」、国によって正しく定められた和名、商品によっては「登録商標取扱事項」としてもめることもあります。和名の問題は皆さんが思っているより深く、難しいものなのです。

「貴石と輝石どちらが正しいか」について
「貴石と輝石とはまったく関係がない、」と言うのは正解です。ご存知、「輝石」は石英、長石、雲母、かんらん石~~etcと言った火成岩を構成している鉱物の一種の事ですね。
しかし、今回の問題は、ちょっと一味違って、もう少し奥の深いものになります。それは異物同名、すなわち、同じ発音の和名が二つあることで混乱を招いているのですね。
生物界でも蝶類の「ヤマトシジミ」貝類の「ヤマトシジミ」や鳥類の「ヤマホトトギス」貝類の「ヤマホトトギス」などがありま...続きを読む

Q水晶(透明感や表面に艶のある石)に、528Hzの音叉で音を浴びせると、 石がさらに透明感や艶を増しま

水晶(透明感や表面に艶のある石)に、528Hzの音叉で音を浴びせると、
石がさらに透明感や艶を増します。
これは、なぜでしょう?

自分の考えとしては、

石や人間など。。。
物質は全て振動を発しています。
しかし、
日常の中で様々な影響を受けて、もともとの正常な振動が乱れてきます。

528Hzというのは、あらゆる物質に対してほぼ万人受けする特効薬ような周波数で、
その周波数を浴びることで、乱れた周波数を整えてくれて本来の輝きを取り戻す。。。

のではないか?と思いました。

528Hzのコトを色々と調べましたが、
スピリチュアル、精神的な意見がほとんどでした。

そういう事を信じないわけではないですが、
精神面以外に、科学面?でもなにか理由があると思うのです。

それが知りたくて質問させて頂きました。

鉱物学を学ばれている方や、
このような事に詳しい方がいたら、
是非教えていただけると幸いです。

もしかしたら、
ジャンルが相応しくないかもしれません。
申し訳ないです。

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい質問。
528Hzという「自然数」である理由はなぜですか?528.0017438Hzとか527.9992597Hzではなぜダメなの?半音である259Hzや倍音の1,056Hzはなぜダメなの?
それって鉱物に共鳴しているのでは無く、人間の眼球が共鳴しているのでは無いの?
写真ぐらいアップして欲しいです。
現在水晶振動子やレーザーを用い非常に精密な振動数の音波や、電磁波を発生させられます、実験結果が出たらまたどうぞ。

Qシーサーについて

沖縄のシーサーについて、プレゼンテーションしようとおもっているのですが、その写真などはみつかっても、詳しい情報がえられません。 その歴史や起源、狛犬との関係などどんな簡単なことでもよいので教えてください。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記URLが参考になるかとおもいます

参考URL:http://shisa1.com/sisa.htm

Qちゃんと学校で歴史教育を学んだ人は沖縄では泳ごうとは思わないそうです。 沖縄は第二次大戦で住民の1

ちゃんと学校で歴史教育を学んだ人は沖縄では泳ごうとは思わないそうです。

沖縄は第二次大戦で住民の1/4が殺されたので、本土の代わりにお亡くなりになって頂いた沖縄の方々に申し訳なくて沖縄に行くと沖縄の方々に頭を下げるしか出来ないそうです。

要するに沖縄に行って沖縄の海で泳いでいる人は日本の歴史を学んでいないバカかアホだけという認識です。

間違っていますか?

ちなみにこの意見は私の考えではなく、みなさんが好きな国民的スターの意見です。

Aベストアンサー

それを言うと、広島や長崎は?。中心部は全滅ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報