土地利用変化による温室効果ガスの上昇について、その理由と具体的な抑制方策について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは


具体的な抑制方法、特に実現可能となるとなかなか難しいですね。簡単にできれば誰も苦労しませんよね。
さて、レポート程度なら
温室効果ガスには色々ありますが、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、フロン、SF6などがあります。この中で土地利用との関係を結びつけるとすると、関係のありそうなのは二酸化炭素とメタン(僅かですが亜酸化窒素も)です。もし、森林から農地になって畜産が行われるとメタンの排出量が増加します。畜産系のレポートなら、飼料の管理やメタン発酵を抑制することが対策でしょう。
また、土地造成によって道路が出来て交通量が増えると、二酸化炭素が増加します。ですから、車を使用しないような街づくりが重要でしょう。教科書的には、植林を行い、緑を増加させることで抑制が出来ることになります。
しかし、このような対策だけでは実現はなかなか難しいでしょうね。車を使うのは人で、地球環境を良くしようとする様な各自の自主的な努力無くして、抑制は難しいからです。
土地利用が変わっても、交通量が分散されるだけで、地球環境としてみれば抑制される訳はなく、変化しないのです。
あまり参考になりませんが以下のURLを付けておきます。

参考URL:http://www.jal-foundation.or.jp/html/TaikiKansok …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報