電子書籍の厳選無料作品が豊富!

ご覧頂まことにありがとうございます。
現在大学2回生の男です。
僕は高校生時代に皮膚病を発症し(その当時は病気だと自覚していませんでした)顔や背中が酷いニキビに覆われ日々手入れに苦しんでいました。顔や背中だけでなく頭にもニキビがたくさんでき赤くなり友人にもたびたび赤さを指摘されていました。皮膚科にも何軒も通いステロイドなどを渡され、症状が改善するわけでもなくストレスか何かが原因でいつかは直るだろうと思い高校時代をすごしてきました。

しかし高3の頃友人に頭が薄くなっている事を指摘されました。それは先ほども述べた頭の異常による脱毛でした。その当時はそれほど酷くはなく今ほど気にしてはいなかったのですが大学に入学して間もない頃に
ある心無い友人に頭の薄さをネタにしこれでもかと言うほど笑われ、ものすごく傷つきその時からものすごく気にするようになりました。その友人からの出来事から数回見ず知らずの学生からあからさまに薄いことを指摘されたこともあり電車では常に椅子に座らず学校の講義も一番後ろに座り 学校の休みの日には頭に関することを朝から晩まで調べ何軒も病院に通いシャンプーやら何やらで何十万も使いました。確かに僕の世代で髪の薄い人はたまに見かけますが自分の場合は心が弱いのでしょうか、とてもこの現状に耐えられませんでした。その間、顔、背中のニキビも酷くなり顔は乾燥し放題脂が出放題で鼻の側面の溝が裂けるような状態が続きました。 
そして段々外に出るのが憂鬱になり学校も休みがちになりました。これはただの甘えなのでしょうか? 今何をやっても楽しくありません。
字数がオーバーしそうなので続きは補足でしたいと思います。 よろしくお願いします。

A 回答 (11件中1~10件)

まさに私も今、顔の皮膚炎で悩んでいます。




妊娠中に皮膚炎を発症してそのまま治らず、悪化する一方で、病院へ行っても何をしても
一向に良くなりません。

治療する事自体をあきらめたような状態です。


狂ったように自己流治療を始めたり、何をしても皮膚の事ばっかり頭に浮かんで楽しめなくなったりしても
おかしくありません。

鬱っぽくなったって当然! あなたは普通です。


これから皮膚炎がどうなるか分かりませんが、学校を卒業するとあなたも周りも「大人」になります。
あなたの見た目よりも「心・能力」が重要になります。

皮膚炎に負けてしまわず、いっぱい勉強して将来社会で役に立つようにがんばってください。

社会は、あなたの皮膚炎よりもあなたの能力が重要になります。
    • good
    • 0

確かに人は見た目も大事です。

でも見た目が可愛い&かっこいいだけで付き合っている人って実はそんなにいないと思いますよ。中身がいいから付き合っているんです。
とても辛い思いをされてきたという事は読んでて伝わってきました。でも人生は嫌な事ばかりではありません。私も学生時代(といってもほんの数年前ですが)噂をされて学校に行きたくないと思った事があります。ただ、内面から暗くなってしまうと何事も楽しく無いと思い、辛いときもいつも明るく振舞ってきました。そうすると不思議と人が寄ってきて楽しくなるんです。逆にとことん落ち込んでしまうと何も楽しめなくなってしまいます。
学校でなくても良いので、何か楽しいことを見つけてみてはいかがでしょうか。まずは明るい気持ちを持ってください。そして自分に自信を持って下さい!
私、応援していますから!
    • good
    • 0

もう一つ(長くてすみません)



彼女がほしいと思う気持ちは大事にしたらいいと思います。
そんな自分を自嘲したらかわいそうじゃないですか。

たしかに,人の第一印象は外見です。だって外見しか見えないから。
だけど,付き合うかどうか,結婚するかどうか決めるのは絶対に内面です。
そう思いませんか。
    • good
    • 0

こんばんは。


大変辛い思いをなさっている方がいらっしゃるんだなぁと
時々鬱っぽくなる私がすごく励まされました。

大切な御友人がいらっしゃるようで,すごくうらやましいです。
私には友達はいません。
過去にいた親友とも,今ではただの友達となり,関係は希薄です。
それに悩んだこともありますが,今では気にしていません。

あなたには大切なお友達がいらっしゃるのですから,
そのお友達を本当に大切にしてあげてください。
絶対に裏切ってはいけません。
心から大事にしなければなりません。
あなたは幸せですよ。

それに,病気で辛くても,学校に行かなければならないと思う。
すばらしいと思いました。
私なんて大学時代はいかにサボるかということばかり考えていたので
情けないことです。

病気の改善方法については助言できませんが
きっとよくなると思います。

病気が原因ならダメかもしれませんが,私の知人の弟さんは
泡立てネット(百均にもあります)で泡立てた泡で洗顔を始めてから
ニキビがとてもよくなったとか。
ファンケルなどの無添加化粧品(メンズもあります)を御利用になられてはいかがでしょうか。

私も学生時代までにつらい思いをした経験があります。
でも,それは大人になればなるほど楽になりました。
今は自由だからです。
もちろん,仕事などで拘束はされますが
親からも誰からも口だしされませんから
やりたいことがやれる。嫌なら転職だってできる。
自分の努力次第でどんどん上に上がれる。

資格を取ったり,人にはできないような努力をして
今の自分が確立されつつあります。

あなたも決して負けないように。
お肌は1週間や1ヶ月では治らないかもしれませんが
数年後には必ず治っているという気持ちで
いろいろと人生設計をされてはいかがでしょうか。
思ったことを念じて努力すれば,絶対未来は切り開けます。
宗教じゃないけど本当です。

なんだかがんばってほしいな,と思ってコメントしました。
また不安になったらここで相談したらいいと思いますよ。
生きたいと思うことはすごいことだと思いますよ。
    • good
    • 0

 こんばんは。

28才女性です。
 お役に立てるかわかりませんけど、自分(皮膚科では脂漏性湿疹といわれました。)情報集めの際に、ぴん!ときたことについてまず書いてみます。

■脂漏性湿疹についての本の中でぴん!ときた「アシドフィルス菌」

本の中より「とある人の経験」
↓生え際がかさつく。フケがでる。
↓髪が少なくなった気がする。
↓脂漏性湿疹は秋冬に症状がよくでる。
冬は背広なので肩にフケが落ちるとよく目立つのが辛い。学生服もつらかった。
↓むしろ、清潔にしている。日に二度頭を洗ったり、シャンプーも特別な物を使ったり、色々なことにお金をかけている。
↓仕事先で書類にフケを落とし、破談になるかと思ったら、そこの社長も以前同じ悩みをもっていたが「アシドフィルス菌」というサプリを飲み続けすっきり直った!と教えてもらう。
↓早速「アシドフィルス菌」を注文し飲んだら、しばらくして「びっくり!するくらい直った」「なんだったんだろ…」という内容でした。

 実は、私の症状はフケが落ちるほどではありません。「極度の乾燥肌」って感じです。そして以前ま で、「肩にフケがある人」=「不潔な人」と思ってました。(ただ、私も違う症状でかなり滅入ったりしてます)本を読んで、そうじゃないことを知りました。いろんな意味で少し物事の見方が変わりました。けがの功名ならぬ、病気の功名ですね…!
 
 私もしばらくしてから、注文しました。その前に色々調べたら「ビオチン」と一緒にとると効果が高い、というようなことが書いてありましたので「ビオチン」も頼みました。「腸をきれいにしてくれる」そうです。もうご存知かと思いますが、皮膚は内側(内臓)の不調を表わしているとのことですから。髪が抜けるのも、皮膚が健康じゃないから起こることですよね。今、飲み始めて1週間くらいですが、実際「顔にはあまり変化がありません…」でも、あまり人には言えない部分がよくなりました。意外…。「ビオチン」はちなみにアトピー治療にも効果があるそうです。まだ、使い始めて間もないのでしばらく続けてみるつもりです。

 本当だったら、「これ、絶対!いいよ」って物を教えられたらいいのですが、今はこんな具合です。
 
 ただ、何でもそうだと思いますが、飲みすぎなければ「アシドフィルス菌」「ビオチン」体に悪いものではないと思います。私には効かなくてもyuijgjhgkliglkgさんには効くかも!なんて思って投稿してみました。数ある一つの情報としてとらえてみてください。私も色々試しましたが、今はこれに期待してます!神様~おねがいします~!!!

■心の健康も皮膚にいいはずです。うつについて…
 楽しいと思える時間を増やす!ことがよいそうです。当たり前のことですみません。この1分を楽しむ、5分を楽しむというふうに、少しずつくせにしていくんです!

 なんて、ホントは自分に向けての言葉なんです。
 私はよい家族、友達に囲まれてますが、最近色々思うことがあり「自分が自分のものにはなりきれない」「自分がない」と落ち込んでます。甘ったれの甘ちゃんですよ。yuijgjhgkliglkgさんは多感な時期に色々大変な中ふんばってますよ。理由もなく憂鬱にはなりません。そうなってしまうだけのことがあるんです。そんなこと言われたら私なんて甘ったれの甘甘おじょうちゃんです(28才だけどね…)いとこの子供(小学生)も学校に行きたがらないそうです。大人の私でもつらいのに。皆、健康な肌になって欲しいです。応援してます。でも、ゆっくりやってくださいね。では!
    • good
    • 0

>シャンプーやら何やらで何十万も使いました



お金があるなら、日本フードの「アルファーピーエス」を、試してみて。

http://www.medi-na.com/a_pep.htm

まず、頭の中を、すっきりさせてから、頭の外のことを考えたらいかがでしょう。


補足を、読ませていただいて、根は、プラス思考の方なので、頭の回転さえ良くなれば、ほかの問題も、だんだんと解決していくでしょうね。


  人間は、もともと、弱いものです。貴方だけでは、ありませんよ。


>今まで細かいところでタイミングの悪さなどマンガの世界かと思うようなことは・・・

ご両親のことも、特別ではないと思います。
いろいろ、積み重ねて、互いにどこかで、許しあって、人間関係は成り立っているのでしょうね。


>現在大学では高校の頃からの友人が一人いるのですが・・・
>大学の方も今年ギリギリ2回生にあがりましたがこの先が不安です。

ここを、大切に考えましょう。

いろいろ、問題を抱えながらも、ご両親は、貴方を大学に入学させてくれ、シャンプーを選ぶ余裕もあるのです。

愛されて、生まれてきたことに自信を持ってください。

小さい頃も、大変だったようですが、それは、ご両親も同じように、たいへんだったと思いますよ。
親は、子供のことは、たいへんでも、苦労とは思わないでしょうが・・・


家庭環境で、運が悪かったけど、そのおかげで、自分のことを分かってくれる、大切な友人にめぐりあえたのだから、運がいいと言えますよ。

大勢でいても、ほんとの友達が出来にくい世の中ですからね。


まずは、頭の回転を良くして、大学の単位をしっかり取りましょう。


>頭の薄さをネタにしこれでもかと言うほど笑われ、ものすごく傷つきその時からものすごく気にするようになりました

これは、事実であれば、言われるのは、仕方が無いでしょうね。
だからと言って、必要以上に気にすると、余計に薄くなっちゃうかも・・・ (*^_^*)

「気にしていることを、よく平気で言ってくれるねぇ!」 とか、がんばって、切り替えしてみて。

意外と、打ち解けることが、出来たりして・・・

貴方のことが、気になるから、声を掛けてくれる・・・とてもそう思えない状況でも、どこか気になっているのよ・・・きっと!

参考URL:http://www.medi-na.com/a_pep.htm
    • good
    • 0

2回目の投稿ですが、



私の場合も20年間の間に様々な薬遍歴が
ございましたが、前回紹介した
南部地域病院・皮膚科
http://www.tamanan-hp.com/
で(太陽光線に準ずる)電気光照射&
ビタミンD型軟膏を塗り始めてから
快方にむかっています。
 東京から地方に戻ってからも類似の薬を
処方してもらって使っていますが、


 私の場合「(活性型VD3 角化症治療薬)
      ボンアルファ 軟膏」

が一番相性にあっているようです。
「脂漏性皮膚炎」「乾癬」ともに効能度の
高いものですので、1年以上も塗り続けていると
見違えるほど肌色色の部位が復活してくると
思います。
 →実際、10代の頃に比べて患部が約3分の1に
縮まりました。

 あと、専門医の指導もないのに他の軟膏との
併用は悪化の道をたどることになりますので
注意が必要です。
 かきむしった手で他の部位を触るのもよくないと
患部を広げるおそれがあると思いますので
注意が必要です。

 心の病の対処法については(他の方への)投稿を以前
致しましたので、そのままコピペ致しますね。

 ~下記(別の方への)以前の投稿~

哲学基本論理の中に
「実存主義」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E5%AD%98% …
「二元論」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%85%83% …

という概念があります。
「実存主義」は自意識が異常に発達しすぎた
現代人が陥りやすい病的な意味(悪い意味)合いも含んでいて人間の知覚のみで
判断される現実的現象のみに捉われた
愚かな状態を指すと解釈する事も可能です。
 (現実を直視する事は大切な事も多いですが)
実存主義的考え方に捉われすぎると、
他人と自分とを比較しがちになってしまいますね。
その波及効果で、過度に「優越感」「劣等感」を
感じやすくなります。資本主義社会という
競争社会に生きている場合、更にその感じ方が
強くなるでしょう。

 「(心身の哲学における)二元論」は
心(精神)と物質(肉体等の現実といわれるもの)を
2つに分けて捉えるもので、
日常的にも一般的な感覚として、この考え方
を有している方が多いと思います。
これと対照をなすものとして、「(心も物質も根本的
には同じ種類のものだとする)一元論」があります。

 ただ、一元論的考え方において(精神より)
肉体を重視してしまうと、前述の「実存主義」的
悪思考に陥ってしまいがちですので、
注意が必要です。

 自己の肉体に劣等感を感じやすい人の場合
まさしく、このような悪思考に陥ってしまい
がちですので、私見ですが、
下記のように考えてみたら幾分か心が楽になる
と思います。

 すなわち、一元論を「心(精神)」のみと
捉える考え方で「肉体等の現実など存在しない」と
捉えるわけです。

 映画「マトリックス(1999/米)」シリーズをご覧に
なられたでしょうか?
 あの映画の背景にあるのは、まさしく「実存主義」
と「二元論」に陥りがちな現代人に対する
メッセージともとれなくもありません。

 「2030年代の現実世界」において主人公は
睡眠状態でコンピューターにつながれ
「1999年の仮想世界」を主人公は現実
だと思い込んでいるわけです。
 この作品では「2030年代の現実世界」
が確かに現実ではあるのですが、これを
「年代不特定の精神世界」と捉えなおすと
「心(精神)」のみの一元論の世界が
よく分かると思います。

「心(精神)」のみの一元論的考え方を
脳裏に染み込んでいると「心の悩み」が
ほとんど解消されると思います。
 ただ、この心の域に達するには
ある程度の努力は必要です。
下記一冊の書籍を読み続ける事も一方法です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4531001 …


以上、ご参考までに。頑張ってください。

 
 
    • good
    • 0

No.1です。



本当に大変な毎日でしたね。。。
ただ、一つだけ思い違いをしていますよ。友人は数ではなく、質です。
>本当にその友人がいなかったら今どうなっているだろうと思うほど大学には友人がいません。
このように助けてくれる友人は、”友人”と呼ぶに値する人です。貴重な友人と一緒に大学時代を乗り越えるようになっている。すごい運だと思いませんか?

以下のサイトは、同じ皮膚病で悩む人たちのサイトです。
【脂漏性皮膚炎及び酒さを持つ人のサイト】
//otyaken.blog.ocn.ne.jp/dermatology/2005/09/post_2437.html

同じような悩みを持つ人たちと接点を持つのも必要ですよ。思わぬ情報が入ってくることもあります。

あと、ご家庭に色々と事情があるようですが、思い切って一人暮らしをされてみても良いかもしれませんね。自分で生活をしてみる、そうすると、孤独感はあると思いますが、今までと同じであれば、それ以上(以下?)になることはないですよね。それならば、自分の生活を切り盛りして、食事にも気をつけられるし、コントロールをできるようになります。

>このまま死んだら負けというか死に対する恐怖心というものがあるということもありますが生きていたいです。
これは重要なことですよ。健康な部分がちゃんと残っているのです。つらくても、この先をどう乗り越えるかで、人生は変わってきます。人生の過去は変えることは不可能ですが、自分の未来を変えることは十分可能です。するかしないかの違いです。

あまりにも出れないほどであれば、学生相談など、カウンセリング等を利用することも考えましょう。
良くなる方向へ、今は力を使うときです。
    • good
    • 0

かゆみは強くないですか?



もしかゆみが強くなかったのならば
それだけでも羨ましいです。

 私の場合、左足すね周辺の広範囲、局部の全域、左後頭部の100円玉くらいの部位に
17歳の頃からひどくなってきた(アトピーに順ずる)「乾癬」に悩まされ
約20年経過した今でも痒さと戦っています。
 東京のエキスパート専門医に「ビタミンD」
軟膏と(太陽光線に順ずる)電気光線によって
幾分か静まる時期もありますが、
夏場と冬場は特にかゆくて、かきむしって血が
出るほどです。おそらく、かいた手で身体を触った
ため飛び火したものと思われます。
耳の中もけっこうあれてますから。

 ただ、救いなのは、洋服を着ると「患部」が
見えないので助かりますが、この慢性病の
ため、たまに(かけなくて)もぞもぞしている
事があるため、これまで変な誤解をされ
辛い経験をした事が何度かあります。
特に、大昔に大学入試の際に、試験中にもぞもぞ
しているとカンニングと疑われたことです。
あれは、本当に辛かった。というより、かゆさと
屈辱感から、試験中に途中退席しましたけど。
 また、女性の前で、局部がかゆくなり、股を
もぞもぞさせていると、白い眼で見られた事も
ありましたよ。

 貴殿の場合もかなり辛そうですが、ニキビに関しては私の兄が特にひどかったですが、
かなり年齢に関係している皮膚病ですので、
なるべくつぶさないように(痕が残りますから)
専門医の指導の下
薬を地道に塗れば、相応の年齢を超えると自然に
治ると思いますよ。兄の場合は20代後半から
快方にむかい、今ではすっかりきれいです
(つぶした痕跡は残っていますが)。
 皮膚科の真のエキスパートは、ネット検索や
テレビで何度か放送されている個人病院でも
出てきている名医を探すのも一方法ですが、
やはり、大学病院等の大きな総合病院の中から
ピックアップしていくのが無難です。

 個人的意見で恐縮ですが、私の場合、
東京・多摩の南部地域病院に通ってから
昔と比べて幾分か快方にむかっています。

 あと、脱毛ですが、これは男性ホルモンの分泌
の多い人がかかるケースが多いようですので
昨年暮れにようやく厚生省から認可された
下記(飲む育毛剤)などはお薦めです。
 http://www.kaminavi.com/propecia/
皮膚科の中でも処方してくれる所は限られて
いますのでネットで検索してから当院に
通院することもベストです。
 また、この薬は通販でも入手できますが、
副作用の関係で、医師に処方してもらう方が
ベストでしょう。

以上ご参考までに。
大変でしょうが、なんとかプラス思考で現状を
乗り切ってください。
    • good
    • 0

うつ病を心配されているようですので、うつ病の症状について書きますと



・物事に対する興味を失う。また、「喜び」の感情を失う。
・悲観的になる。また、不安な気持ち、イライラする気持ちがある。
・自分を責める気持ちが強くなる。
・集中力がなくなる。日常的な仕事をこなすのが億劫になる。
・優柔不断になる。些細なことも、決断できなくなる。
・体重減少(または増加)がある。
・睡眠障害(寝付きが悪い、夜中・明け方に目が覚めて、それきり眠れない)がある。
・現状から早く抜け出さなければという、焦りの気持ちがある。
・1日のうちで、気分の比較的良い時と悪い時とがある(気分に日内変動がある)。
・性欲が減退する。
・自分には生きている価値がないと考える。希死念慮・自殺企図がある。
・涙もろくなる。自分は孤独であると感じる。
・妄想がある。
・生きるか死ぬか、仕事を続けるか退職するかなど、白黒どちらかに決めなければ気が済まない(休養する、休職するなどの選択肢では納得できない)。

このような症状が見られる場合、うつ病の可能性があるとされています。
必ずしも、これらすべてが当てはまるわけではありませんが、一応の目安となる特徴です。
これらのうち、いくつかの項目にあてはまるものがあり、その状態が長期間持続している場合に、うつ病の疑いがあります。
(これらの状態が1ヶ月以上続く、という定義もあります)
 
また、その他に、「仮面うつ病」と呼ばれるうつ病の場合、身体症状を伴うことがあります。
※ 仮面うつ病とは
うつ病が、精神的な苦痛ではなく、身体的苦痛として表れている場合を指して言います。
身体的な症状が見られるものの、身体的異常がみとめられず、原因が精神的なことにあるだろうと判断される場合などです。

主な身体症状
頭痛、めまい、しびれ感、肩こり、疲労感、胸部圧迫感、呼吸困難、口が乾く、便秘・下痢、月経不順 等


上記のような症状が見られる場合、精神科にかかってみることをお勧めします。
心療内科は、専門知識のない内科医がやっていることもあるそうなので、精神科をお勧めします。
うつ病は、珍しい病気ではありません。精神科にかかることも普通のことです。風邪をひいたら内科に行くのと同じことです。恥ずかしいとか、怖いとか、思わないでくださいね。

あと、気休めになってしまうかも知れませんが…
頭の薄さは人の価値を判断する基準になりません。
それを嫌がらせで笑ったりするような人間の言動に振り回されるのは時間がもったいないです。
私の旦那も、年齢の割に頭が薄めですが、全く気にしてません。義父も薄いので、将来自分もああなるな、と子供の頃から思っていたそうです。
で、子供の頃からの人生の目標は『ハゲる前に結婚すること』だったそうです。結婚してから聞きましたけど…
こういうお気楽な人間もいます。
余談ですが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当てはまることは多々あります。

また、孤独感に対しては強く高校時代よく友人に借りた恋愛漫画を読んでいたこともあり影響されてか、いつしか自分も異性友達ができ恋人ができたりするんだろうかと夢見ていました。しかし小学校の頃に女子からばい菌扱いされていたことがトラウマにっていたこともあり今まで恋人どころか異性友達もできたこともありません。それにプラス今の自分の状態を鏡で見るたびに情けなくなり恋愛なんぞとほざくなよと自分にいいたくなります。せめてこの身体の異常、出るならばせめて大学卒業後に出てくれればなと思いました。しかし、孤独感はいっそう増し学校にいるカップルに嫉妬したりこのさき、一生一人ではないのだろかと不安がよぎったり家で考え込んでぼーっとすることもしばしばあります。
大学の方も今年ギリギリ2回生にあがりましたがこの先が不安です。授業に出なくてはならないという気持ちと外に出たくないという気持ちが対立しています。
すべてまとめてこの先どうなるか不安で仕方ありません。 この先本当にいいことが一度もなく一人寂しくしんでいくんだろうかとか、このままだと結局留年して結局大学をやめてフリーターになってくらい人生を送るのかなとかどうしてもマイナス方面にしか事を運べなくなってしまいました。
正直この先生きていても意味はないのだろうかと思うこともしばしばあります。死んだらどうなるだろうと考えたことはありますが実行したりしたことはありません。なぜか矛盾して逆に生きていたいとおもってしまうのです。このまま死んだら負けというか死に対する恐怖心というものがあるということもありますが生きていたいです。
しかし自分の存在をなかったことにしてくれるボタンがあるなら少し押すかどうか考えてしまうかもしれません…
今文章を書いている最中も思うんですが本当になんか弱い人間ですねよね。心を鍛えるためお寺でも行こうかなとか思ったりしますが…

お礼日時:2006/04/23 23:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!