人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

実はまったく切羽詰った質問でなくて恐縮なのですが。。

恋人からの高額な贈り物ってありますよね。たとえば婚約指輪がそうです。
自分は先日身の丈に合わないレベル(100万円以上)の婚約指輪を相手に贈ったのですが、こういうのって(相手方が)贈与税を払う必要は無いんでしょうか。

もし支払う必要が無いとすると、遺産相続の際の相続税回避の抜け道などでも利用できそうな・・・

当然ながら(?)ゼ●シィなどの結婚情報雑誌でもこんなQ&A、見たこと無いですし、こちらで質問させていただきました。

ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>なるほど、税務署の裁量ってけっこう大きいんですね・・・。



税法というのは税務署の観点から作成されています。
民法は庶民の観点から作成されています。

よく民法と刑法で判決が違うのは耳にするところだと思いますが、
民法、商法、税法についても同じことがいえます。

よくよく考えてみれば当然なのですが、
法律は行政府である各省庁が立案・提出することも多いものです。
利害関係にある省庁が立案するのですから、
当然自分達の業務の行いやすいように処理いたします。

そんな背景があって各法律で観点が異なることが結構あります。

なお、民法と商法は同じ見方で作成されていますが、
それでさえ両者には若干の矛盾があります。

やや脱線ぎみになりましたが、ご参考までに。
    • good
    • 0

通常、冠婚葬祭の費用(香典など)は非課税の贈与として扱われます。


結婚指輪もこれに該当しますから、とりあえずは大丈夫です。

とりあえずと書いたのは、何千万、何億もする指輪では、
税務署の判断で税金を徴収される余地はあるということです。

なお、贈与は年間いくらまでは非課税という枠があります。
その時々で変動するのですが、現在では110万円になっているようです。

それから、この贈与の問題は結構シビアで、
民法と税法で解釈が違うことがあります。
このくらいはいいだろうが民法では通っても、
税法では悪質とみなされるケースがまれにあります。

一説には夫が妻名義の口座をつくるのも問題になるとか・・・

この回答への補足

なるほど、税務署の裁量ってけっこう大きいんですね・・・。
ありがとうございました!

補足日時:2006/04/24 00:35
    • good
    • 0

結納金に贈与税はかかるかどうか


の質問のほうが良い気がしますが

とおもいましたら、過去に質問が
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1461521


ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!確かに結納金と言ったら良かったですね。
ちなみに、教えていただいた質問を見たら

>国税庁の「タックスアンサー」に贈与税の対象とならないものの一つとして、次のような記述があります。
>
>「個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞などのための金品で、社会通念上相当と認められるもの」

との記載が! やっぱり不要なんですね。よーく分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/24 00:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?

税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?不動産取得の際以外で何かありますか。銀行口座間の振込(1,000万円)後、証券会社口座に移すつもりですが税務署は把握できるのでしょうか?
実際は、私名義の証券口座→私名義の銀行口座→母名義の銀行口座→母名義の証券口座を考えています。
振込ではなく、現金の受け渡しなら把握できない等の情報教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>個人の口座の金の動きまで把握していないでしょうし、

それがそうでもないのですよ。
No.5の回答にあるように、一定の条件でいろんなところから情報を得ます。銀行、車販売店、証券会社なんかは恒常的な調査対象のようですね。それと国税税務情報と市町村の課税台帳を照らし合わせ、不自然な資金の流れ、資金出所不明な購買をチェックし税務調査へつなげるのです。

Q贈与税ってどうやって発覚?母の疑問..

こんにちは。
以前もこちらで父の遺産の相続税などの件でアドバイスを頂き、
税務署へ問い合わせをし、非課税の金額内という事で
申告不要と言われました。ありがとうございました。

今日の質問はその延長でもあるのですが、こちらは田舎なせいか、
一般的に遺産の相続は、一度配偶者が全て受け取り、その後家庭内で
子供へ配分するとか、子供へは遺産としては配分しない事が多いようです。
遺産として配分するのではなく、子供が家を建てる時に
資金援助という形がメジャーのようです。
私なりに勉強して思ったのですが、たとえば非課税の遺産が
7000万あったとして、母と子供2人で配分すると特に問題は
発生しませんが、全て母名義にしてから受け取ると、
贈与税がかかる事になるのですよね?
それで私は、いずれ新築し資金援助をしてもらう予定でしたので、
税金のかからないように、きちんと相続という形が良いのでは?と
母に提案したのですが、「お母さんが子供にお金をあげたって、
どうして税務署でわかるの???」と、聞かれました。
私も「???どうしてかなぁ???」と返事出来ませんでした。
無知な故の、たぶん凄く恥ずかしい質問だと思います...。

恥を承知でお尋ねします。教えてください。宜しくお願いします。
それからこういった場合、どのような形での受け取りが
ベストなのでしょうか。

こんにちは。
以前もこちらで父の遺産の相続税などの件でアドバイスを頂き、
税務署へ問い合わせをし、非課税の金額内という事で
申告不要と言われました。ありがとうございました。

今日の質問はその延長でもあるのですが、こちらは田舎なせいか、
一般的に遺産の相続は、一度配偶者が全て受け取り、その後家庭内で
子供へ配分するとか、子供へは遺産としては配分しない事が多いようです。
遺産として配分するのではなく、子供が家を建てる時に
資金援助という形がメジャーのようです。
私なりに勉強...続きを読む

Aベストアンサー

>発生しませんが、全て母名義にしてから受け取ると、
>贈与税がかかる事になるのですよね?
はい。その通りです。

それで私は、いずれ新築し資金援助をしてもらう予定でしたので、
税金のかからないように、きちんと相続という形が良いのでは?と

>母に提案したのですが、「お母さんが子供にお金をあげたって、
>どうして税務署でわかるの???」と、聞かれました。
よいご質問です。
一番わかりにくいのは現金手渡しで、その後も現金で所持した場合です。
これは知りようもないですね。

一方で銀行の口座に預けますとその記録は残りますし、税務署はその記録を必要とあれば何時でも見ることが出来ますので動きがわかります。
銀行に限らず証券会社の口座も把握しているし、不動産については登記情報は税務署に行きますし。

これらにより何時でも把握することは出来ます。

ただいちいち調べているのかというと調べていません。
贈与税は結局のところ相続税脱税防止が目的の税金なので、そもそも相続税がかからないほどの資金の動きについては調べたりはしないわけです。
他方、相続税がしっかり課税されるような資産がある場合には、ひそかにチェックされています。
この場合には難しいタンス預金(つまり現金で所持している場合)であっても、見つけ出すこともあります。
これは税務署は日本の企業に始まり個人の所得をすべて把握していることなども関係し、お金の動きはよく把握し、整理させているからです。

ということで、一般庶民レベルですと、ご質問にあるように一度配偶者が全部受け取り、その後に子供に資金提供といっても、税務署はあまり突っ込まないのです。
というのも初めから遺産分割で子供に相続されたものなのか、一度母に全額相続されたものなのかは明文化されたものがなければわからないからです。
ただ銀行に全額母にという遺産分割協議書を提出していれば、税務署が調べたときにばれて税金納めろといわれますよ。

>発生しませんが、全て母名義にしてから受け取ると、
>贈与税がかかる事になるのですよね?
はい。その通りです。

それで私は、いずれ新築し資金援助をしてもらう予定でしたので、
税金のかからないように、きちんと相続という形が良いのでは?と

>母に提案したのですが、「お母さんが子供にお金をあげたって、
>どうして税務署でわかるの???」と、聞かれました。
よいご質問です。
一番わかりにくいのは現金手渡しで、その後も現金で所持した場合です。
これは知りようもないですね。

一方で...続きを読む

Q手渡しで大金を渡せば贈与税はかからない?

質問のとおりです。
善悪でいえばもちろん悪ですが
手渡しだったら
ばれないですよね?
ばれないから税金はかからない?
これが脱税になるんですね。
警察につかまるんですか?

Aベストアンサー

贈与税の基礎控除額は110万円ですので、「大金」の範囲ですが、110万円以上で手渡しできる額として、一般的な市民感覚内?の額・・数百万円から1000万円強くらいと仮定します。

一般的には現金でなくても銀行口座間での異動でも税務署はそこまで調査しません、できません。

通常は家(不動産)を買う、建てる場合に、お尋ね文が来て資金の出所を調査され補足されますが、それ以外では、税務当局に補足されることはありません。

あくまでも一般論です。

Q夫婦間の預金の預け替えについて教えてください。

夫婦間の預金の預け替えについて教えてください。

我が家にしばらく使う予定のない預金が500万円程あるため、
主人と相談して定期預金にすることにしました。
そこで、私名義で新たに口座を開設したのですが、
主人の口座から私名義の口座に預金を移して定期預金にした場合、
何か法律上の問題(贈与税がかかるなど)はありますか?
夫婦のお金なので、お互いにどちらのものという考え方がなく、
何も考えずに私名義で口座を作ってしまったのですが…。

Aベストアンサー

No3です。再度投稿いたします。

>定期預金にしようとしている口座の名義は私で、
>主人名義の口座から移動するつもりでした。

あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。
No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。
今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが
大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。
それを合わせて貯金していても単なる名義借りをしているだけだと思います。
(最終的な判断するのは税務署ですけどね^^;)

それを全部自分のために使ってしまえば5分の3は貰ったと言うことですよね。
でも、まあ税務署が知らなければ請求はしてきませんが。
それで「登記や登録を伴う買い物をしたときは、」との言葉が付記されているのではないかと。

十中八九ばれないで請求はこないだろうし、
自分の給料はこれこれでこのようにして貯金しましたと説明できれば大抵は問題ありません。

でも全く問題ないと太鼓判を押すような無責任な真似は出来ません。
ネット上の匿名回答で訴えられる可能性がないとしてもね。
たとえ100人に1人しか課税される事がないとしても、その1人はそれで何十万も税金を取られるわけですから。
何百人何千人と扱っていけば必ずその一人は出てきます。
質問者さんがその1人にならないとは限りません。
ですから、法律的にと聞かれれば問題はありだし
税金かかるかときかれれば、最終的には税務署の判断することになり
申告するかどうかは質問者さんの自己責任です。

税務署の人も商売ですからより多く税金をかっぱげるとこにいくのは当然です。
でもなにもないときはどんなに少額でも搾り取ろうとしますよ。
贈与とは別の話になりますが、知り合いのもっていた土地に近所の人が
「空き地なら車止めさせてくれ」といってきたそうです。
草取りとかしてきれいにしてくれるならかまわないと知り合いは了承したのですが
どこから知ったのか税務署が、駐車場として貸している以上は代金収入があるはずだといってきたそうです。
そのため知り合いは何度か有休を取って税務署に説明に出向きました。
もし本当に代金をもらっていても田舎のこととて1年で数万にしかならないはずです。
それの税金を取るために手間暇かけているのですから私なら少額だからといって安心はしません。
まして贈与は一番税率高いですからね。

>私も贈与税のことは今まで考えたことがなかったのですが、
みなさんどうしてるんでしょうか…。
>知らないまま贈与している人も多いのでしょうね。

大抵は基礎控除などで問題のない範囲に収まりますし、
税務署に全く気が付かれないことが多いと思います。
でも可能性は低いけど税金を取られる可能性は0ではない。
あとは自己判断で。

No3です。再度投稿いたします。

>定期預金にしようとしている口座の名義は私で、
>主人名義の口座から移動するつもりでした。

あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。
No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。
今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが
大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。
それを合わ...続きを読む

Qハリーウィンストンのマリッジリング。ブランド価値…?悩んでいます。

ただいまマリッジリング購入のために色んなブランドを検討中です。

中でもハリーウィンストンから去年出たばかりの、
スクエアのプリンセスカットのダイアがついたシンプルな
マリッジリングが気になっています。
ハリーウィンストンなんて恐れ多い…と思いつつ、
もう二度と行かないかもしれないからと思い足を運んでみたところ、
店内の雰囲気も接客もさることながら、指輪もとてもシンプルで上品で魅了されました。
特に彼が気に入った様子で、最初ダイア入りはいやだと言っていたのに
すっかり買う気になっているようでした。

しかし、
私→23万、彼→25万で合計48万円とかなりお高いです。
もともと私のほうは最初からダイア入りを希望しており、
予算は二人で30~35万円とちょっと高めに設定いたのですが
それもかなりオーバーしてしまいます。

デザイン的にはシンプルでブルガリのマリーミーなどとも似ています。
(ダイアのつき方が少し違っていて個人的にはハリーの方が好みなのですが…)
マリーミーのダイアひとつの指輪が17万弱だったと思うのですが
ハリーウィンストン約8万ほど高く出す価値があるとすれば、
そのブランドのネームバリュー以外に突出するものがあるのでしょうか?

ダイアといえばハリー!といわれるように、確かにハリーのダイアは
綺麗ですが、埋め込み式の小さなスクエアカットのダイアですので
お店で見るだけではいまひとつ差がわかりません。
そしてブルガリは気軽に立ち寄れますが、ハリーは雰囲気的に気軽に
立ち寄ることがはばかられるので何度も見ることも難しそうです。
(恥ずかしながら初回は雰囲気に呑まれて正直マリッジリングのダイアのことはあまり覚えてません…)

みなさんは23~25万円を出してハリーのシンプルなマリッジリングを
買う価値が、ブランドのネームバリュー以外にあると考えられますか?
あまりアクセサリーに興味のない彼がほしがっているので
是非買ってあげたいとは思うのですが、ハリーはあまりにも敷居が
高すぎて今まで考えたことがなく、いまひとつふんぎりがつきません。
なにせティファニーのハーフエタニティが買えてしまうお値段です…
(ハーフエタニティは考えていませんが)
憧れはありますが、それだけで買ってしまってよいものやら…
どうぞご意見をよろしくお願いします。

ただいまマリッジリング購入のために色んなブランドを検討中です。

中でもハリーウィンストンから去年出たばかりの、
スクエアのプリンセスカットのダイアがついたシンプルな
マリッジリングが気になっています。
ハリーウィンストンなんて恐れ多い…と思いつつ、
もう二度と行かないかもしれないからと思い足を運んでみたところ、
店内の雰囲気も接客もさることながら、指輪もとてもシンプルで上品で魅了されました。
特に彼が気に入った様子で、最初ダイア入りはいやだと言っていたのに
すっかり買う気...続きを読む

Aベストアンサー

宝石好きの素人です。

最近雑誌などによく掲載されているリング(平たいリングの中央にエメラルドカットの石が横長に埋め込まれている)のことを仰っているのだと思います。

私としては、買う価値が、ブランドのネームバリュー以外にはないと思います。逆に、ハリーウィンストンもそこまでつまらない商品を作るようになってしまったか・・という気持ちです。

たとえはわるいですが、お中元に虎屋の小型羊羹を2本もらったような気分です。
『たしかに、虎屋ですけど・・・でも、こんな小型羊羹をもらうくらいなら、塩野あたりの普通のサイズの羊羹がふさわしくないか??』という気分です。

ハリーウィンストンのエタニティリングだって100万円前後からあるじゃないですか?最近は、ちょっとダイヤが少ないリングを60万円位で発売しましたし(←これも私は気に入らないですが・・)。海外ではもっと安く買えます。
当座はシンプルな結婚指輪を買って、お金をためつつ、海外旅行でエタニティにチャレンジが良いと思いますよ。

たしかに、ハリーウィンストンの石は美しいですし、一部はすばらしいデザインのものもあります。ただ、モノによっては、欧米人を想定して作っているせいか、日本人の私がはめると隣の指が痛いデザインもあるので、試着して慎重に買ったほうがよいですよ。

宝石好きの素人です。

最近雑誌などによく掲載されているリング(平たいリングの中央にエメラルドカットの石が横長に埋め込まれている)のことを仰っているのだと思います。

私としては、買う価値が、ブランドのネームバリュー以外にはないと思います。逆に、ハリーウィンストンもそこまでつまらない商品を作るようになってしまったか・・という気持ちです。

たとえはわるいですが、お中元に虎屋の小型羊羹を2本もらったような気分です。
『たしかに、虎屋ですけど・・・でも、こんな小型羊羹をもらうく...続きを読む

Q別の口座に貯金を移すには

別の銀行に貯金を移す方法について教えてください。
ある地方銀行にこれまでためてきた貯金があるのですが、引越しに伴いゆうちょ銀行にお金を移したいなとおもっています。
ただ、振り込みで移すと結構な手数料を取られるし、銀行の窓口でお金を引き出して、それをゆうちょ銀行に持っていけばいいのかなとも思うのですが、それだと大金を持っている移動中は危険だし、引き出すときに店員さんにいろいろ言われそうでなんとなく気が引けます。
オレオレ詐欺のためATMでは50万円までしか引き出せません。
これまでためるだけで貯金をさわったことがないので、どうして良いのか良くわかりません。どうするのが一番良いのでしょうか?

Aベストアンサー

手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で…

1) あくまで手数料は0円で
 ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。
   リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。

 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円ずつ下ろして即ゆうちょ銀行のATMで口座へ入金する。
   移したい金額にもよりますが、まずもって面倒くさい。500万円で10日も掛かるし…1000万円なら………



2) 多少は手数料が掛かっても…
 ・ 回答者#1さんの案2に準じてゆうちょ銀行のATMで地方銀行のキャッシュカードで50万円ずつ下ろして、即ゆうちょ銀行のキャッシュカードで入金。
   1日あたり50万円ずつしか移せないのがネックですし、50万円毎に105円掛かる手数料も500万円移動しようとすると1050円掛かります…
   250万円以上預金を移動したい場合は、次の案をお勧めします。

 ・ 地方銀行の窓口で、自己宛小切手(銀行渡り)を振り出してもらう。
   自己宛小切手とは、自己資金(この場合は、地方銀行に預けてある預金)を元に銀行が振り出す小切手で、持参人もしくは特定の者(この場合はあなた)で無いと現金化出来ず、また、銀行渡りにすることにより金融機関の窓口でしか換金出来ません。更に、紛失・盗難時に警察および振り出した金融機関 更に、裁判所に届け出ることにより、事故小切手となり、その情報が他の金融機関にも通知されて、その後の換金化が阻止されます。
手数料は、1通 525円程度ですので、250万円以上の預金移動の場合は、ATMで50万円ずつ移動する場合の他行引き出し手数料(525円)と同等もしくはそれ以下になります。次に挙げる振込手数料(窓口他行宛 840円)と比べても手数料が安く済みます。


3) 手数料に糸目は付けない場合…
 ・ やはり、振込みでしょう。
   ATMの振込みは、1日あたり150万円までの制限が掛かると共に、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、420円~630円程度の手数料が掛かります。
   窓口なら、1度の振込みで移動したい預金全額が処理出来ますが、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、630円~840円程度の手数料が掛かります。



手数料は、高額な資金の移動に伴う安心料と考えれば、決して高いとは言い切れません。
この場合私なら、自己宛小切手を振り出して、小切手の内容・発行番号・発行支店等をメモに記入してから、ゆうちょ銀行の窓口に駆け込んで入金します。


自己宛小切手について
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/kogitte.jikoatekogitte.htm

手形・小切手のはなし
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/tegatanohanasi.htm

参考URL:http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/

手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で…

1) あくまで手数料は0円で
 ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。
   リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。

 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q親への仕送り、税金は?

大学生の頃父が亡くなり片親です。
母の老後が心配なので仕送りを考えています。

母は体調が優れず現在働いいていません。
祖母の介護もあるので今後も働きに行けないかなと思っています。

なので毎月15万ほど仕送りをしたいと考えているのですが年間110万円を超えてしまうので贈与税がかかるのではないかと不安です。

家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからないという文面を見つけたのですが本当でしょうか?
その場合15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでしょうか?

私も今後結婚をし子供が出来て産休や育休取得となると毎月15万円の仕送りは難しくなるかもしれないので10万円ほどを生活費に、残りの5万円は貯蓄してほしいなと思っています。

この場合10万円は生活費として非課税。
貯蓄に回す5万円×12ヶ月=60万円、で年間110万円に収まるから非課税ということになりますか?
それとも15万円×12ヶ月=180万円に課税となってしまうのでしょうか。

税金にお詳しい方、ご回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

大学生の頃父が亡くなり片親です。
母の老後が心配なので仕送りを考えています。

母は体調が優れず現在働いいていません。
祖母の介護もあるので今後も働きに行けないかなと思っています。

なので毎月15万ほど仕送りをしたいと考えているのですが年間110万円を超えてしまうので贈与税がかかるのではないかと不安です。

家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからないという文面を見つけたのですが本当でしょうか?
その場合15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでし...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからない…本当でしょうか?

本当です。
国税庁のサイトにも以下のように説明されています。

『贈与と税金>贈与税がかからない場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
>>2.夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの…

ちなみに、なぜそういう取り扱いになっているのかといえば、「税法」も「民法の考え方」をベースに作られているからです。

『扶養の義務とは? - 民法の取扱説明書』
http://minnpou.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

>…15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでしょうか?

厳密なことを言えばそういう「理屈」にもなりますが、「生活費」というのは(突然の出費などで)変動するものですし、「仕送りは、使いきらないと課税されてしまう」という考え方は「極めて不自然、不合理」です。

ですから、「平均すればこれくらい」というようなアバウトな考え方で問題ありません。(もちろん、常識的な範囲の金額でということです。)

>…10万円は生活費として非課税。…60万円、で年間110万円に収まるから非課税ということになりますか?

おっしゃるとおり、「理屈」はそういうことになります。

>それとも15万円×12ヶ月=180万円に課税となってしまうのでしょうか。

それはありません。
また、【仮に】、「生活費は自分で稼いで、仕送りは全額貯蓄してしまう」としても「180万円-基礎控除110万円=70万円」が課税対象です。

*****
(備考1.)

ご存知かとは思いますが、お母様に収入がないのであれば、fujimichi4さんは「扶養控除」を申告することができます。

『扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
『生計を一にするQ&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※あくまでも税法上の「考え方」です。「生計を共にする」とも違います。

『一宮市|所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

*****
(備考2.)

※ここからは、ご質問とは直接の関係はない「国税とは?」「贈与税とは?」というような話になりますので、不要であれば読み飛ばしていただいて差し支えありません。

---
「所得税」も「贈与税」も「納税義務者」の【自己申告】にまかされた「申告納税制度」という仕組みを採用しています。

つまり、「申告の義務があるかどうか?」については、まずは(国ではなく)【自分自身(国民自身)が判断する】のが原則ということです。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。

そのような前提があったうえで、「国(実務上は国税局や税務署)」の【見解】と相違があった場合に、「訂正(修正申告)」を求められたり、「国税局や税務署」の判断で税額を決定されたりすることがあるということです。

ですから、「自分の判断(申告)におかしな点はない」という自信があるのであれば、必ずしも国の判断に従う必要はありません。

『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm

ちなみに、「そもそも申告していない」場合は、「見解の相違」そのものが起きようがありませんので、「国税局や税務署」が、「申告義務があるのに申告していないことを把握した(情報をつかんだ)」場合に、「見解の相違が起こりうる」ということになります。

---
結局、何が言いたいのかといいますと、「誰が見てもあきらかなこと」は争う余地がないのは当然ですが、「仕送りのうちいくらまでが生活費として妥当か?」というような、「(誰にでも当てはまるような)明確な基準がないこと」については、「国民(納税者)と国(税務署)の双方が納得できる落とし所を探る」ようなことも必要になるのが「申告納税制度」ということです。

ですから、原則として、「自分が正しいと思う通り」にすればよいのですが、「自分の判断に自身が持てない」ということであれば、「税務署」へ事情を話し、「お互い納得できるライン(金額)」を事前交渉しておくべきということになります。

『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

---
ちなみに、「国税局や税務署」は、「申告義務があるのに申告しない者(つまり脱税を行っている者)」の調査ばかりしているわけではありません。

まずは、「申告した者の申告内容」を調査するのが主な仕事になるのですが、「贈与税の申告漏れ(無申告)」は、そのような調査のうち「相続税の申告内容の調査」で発覚することが多いようです。

裏を返せば、「(国民の)身内同士のお金のやりとりなど税務署はいちいち気にしていない(そんな暇はない)」、しかし「それなりの相続財産がある(申告漏れがあれば徴税額も大きくなる)」場合は、「過去のことまで徹底的に調べる」ということです。

もちろん、「明らかな脱税」を「徴税額が少ないから」とスルーしてばかりでは納税者(国民)になめられてしまいますから、「税額が少なければすべてお目こぼしになる」ということではありません。

これについては、以下の記事が参考になります。
「贈与税」についてではありませんが、「税務署の行っている調査(仕事)」ということでは「贈与税」についても同様です。

『確定申告後に税務署から来署案内?』(2011/01/18)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html
『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

*****
次に、「贈与税」を考えるときに重要なこととして、「贈与税は相続税(の仕組み)を補完するための税金である」ということです。

たとえば、「遺産を相続した家族にかかる相続税を減らしたい」と考えるのが人情ですから、「生きているうちに財産を贈与してしまえば相続税がかからない!」と誰しもが考えることでしょう。

しかし、それを許せば「相続税」は意味がなくなってしまいますので、「そのような行為は脱税である」という考え方のもとに作られたのが「贈与税」ということになります。

---
しかし、そうなると「お年玉(財産)をもらった子供も贈与税の申告をしなければならない」、あるいは「家族に仕送りするのも財産の贈与だからすべて申告の対象である」という「理屈」になってしまいます。

しかし、常識的に考えて「おかしな理屈」であるのはあきらかです。

国としても、「毎年、税務署に贈与税の申告者が押し寄せる」ことになっても困りますから、「ならば、一定の額までは申告不要にして、生活や教育に使うお金も贈与税の対象外とする」というような規程が作られたわけです。

ですから、「110万円」という金額も、あくまでも「そのぐらいが妥当であろう」という線引きにすぎませんので、「110万円をほんの少しでも超えたら絶対申告すべし」というようなものではありません。

そもそも、前述のように「いくらぐらいが生活費として妥当か?」の解釈によって「課税対象となる(ならない)範囲」も容易に変わってしまうわけですから、「その人の家庭の事情」を考慮することで、結局は「人それぞれ」「ケース・バイ・ケース」にならざるを得ないということです。

*****
(その他参考URL)

『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからない…本当でしょうか?

本当です。
国税庁のサイトにも以下のように説明されています。

『贈与と税金>贈与税がかからない場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
>>2.夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの…

ちなみに、なぜそういう取り扱いになっているのかといえば、「税法」も「民法の考え方」をベースに作られている...続きを読む


人気Q&Aランキング